« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の21件の記事

孫。マゴマゴ

昨日、夕食直前に、夫がこちらに来ました。

車検に出した車が、遅くもどったみたいです。

さあ!

上の孫娘「あーちゃん」は、大喜び。

下の孫「ひーちゃん」は、この前のとき、人さらいにあったごとく、泣き叫んだのに、ちょっと慣れたのか、「じいちゃん!」ってニコッ。(^◇^)

あーちゃんは、ぺったんこ餅になって、もう離れません。

「爺じ」の安売りが始まります。

調子に乗ってきて、ハイになって、笑い声が止まらないよ。

私が20日いて、一度も一緒に寝るって言わないあーちゃんが、2日しかいない夫と寝るんだって!

「爺じと寝るの。♡」

これじゃ、爺じも、たれ目が、ますます、たれるよね。

ママより、パパが好き。

婆ばより、爺じが好き。

「オミャアは、生まれついての、男好きかあ~~~!!」

悔し紛れの、悪態ついちゃうよ。<`ヘ´>

なんとも、情けない婆ばです。

ビールでも飲もうか!

| | コメント (18) | トラックバック (0)
|

山までドライブ

蒸し暑い朝、湿気は多いけど、空は晴天。

孫娘を、保育園に送りがてら、森林公園までドライブした。

新緑と、山アジサイが、美しい。

緑の中に、青いアジサイ、白い花のヤマボウシ、終わりかけのツツジ。

枝の覆う道は、ひんやりとして、気持ちがいい。

「免疫、上がった?」

娘の声に

「もちろん!」

久しぶりに、ゆったりしたお散歩をした感じ。

見晴らし台の横の草ッパラ、ワラビの姿を見つけちゃった。

ほんの少しだけど、湯搔いたから、明日、夫が迎えにきたら、ビールのつまみに、煮てやろう。

何年ぶりの、山菜とり?Img_2380

| | コメント (20) | トラックバック (1)
|

トラちゃん

mimosaさんのブログで、娘さんの学校で、子猫の貰い手を捜しているという記事がありました。

子猫の運命が、明るいとは、何故か思えません。

1~2匹ならまだしも、8匹は多すぎます。

♡猫一話

昔、我が家と何故か縁のある、1匹の猫の思い出を書きたいと思います。

その猫は、トラ猫で、どちらかといえば、風来坊でした。

何時も我が家の猫のご飯を食べ、始終遊びに来ていました。

抱かれることは嫌いで、自由気まま、毎日来ていたのに、半年ほど姿を見ないまま、秋がきました。

大きなお腹をした、トラを道路上で見かけ、「トラ!」と声をかけたら、その日から、また我が家に来るようになり、夫の顔をなめて甘えるんです。

食事は我が家で食べる日々が、はじまりました。

そのうち、トラのお腹がぺッタンコになり、「どこで、赤ちゃん、産んだんや?」と聞いたんだけど、答えることもなし。

寒い日、しぐれて、雪が降り凍るような夜、トラは夫の枕もとに座りました。

「子供、連れてきていいぞ・・」

トラは急いで出かけました。

まず1匹、2階で寝ている夫の枕もとに、運んできました。

それから、私を起こし、段ボールにタオルを敷いて、準備をしてあげました。

朝、覗いたら、2匹いました。

仕事から帰ったら、5匹いました。

それから、しばらくのあいだは、子育てをバッチリし、2か月ほどしたら、プイと出て行ってしまいました。

この家は子供に、トラには、まだ帰る家があるようです。

子供は、きれいなオスで、友達が2匹もらってくれました。

また、数か月過ぎ、我が家に顔を見せるようになり、出たり入ったりしていたけど、悪いものを食べたのか、苦しんだと思ったら、亡くなってしまいました。

我が家は、国道のそばにあり、子供たちは、2年と生きることもなく、みな交通事故で亡くなり、子孫はいなくなりました。

利口な猫らしい猫、母性の強い猫、本来は、抱かれることなんて嫌いなのに、面倒をみてほしいときは、平気で甘える猫、打算的な猫、人の言葉が分かる猫、すごい奴でした。

今、飼っている猫ちゃんは、おっとりしているだけの、お馬鹿さん。

箱入り娘です。

| | コメント (16) | トラックバック (0)
|

庭仕事

雨が降ったら、草がボウボウ、腕のこと考えたら、やってはいけないと思ったけど、好きなことの一つ、止められないよ。

曇り空だし、暑くないし、エイ!

軍手はめて、長そで着て、綿パンはいて、帽子かぶってスタートです。

地面が緩んでいるから、草も取りやすい。

どんどん夢中になり、なめくじ(フン!)ミミズ(フン!)ちいちゃい芋虫(フン!)

ナメクジが服に付けば、指でピィと飛ばし。

頑張っちゃいました。

2時間で、籠4杯、すごいね。

Img_2359 土手に咲いてるアジサイ。

青より赤くいい色。

梅雨に似合うよね。

この家にあるのは、「アナベル」白いアジサイです。

青いのもあったけど、婿さんが、草刈り機でちょん切っちゃった。

やってられん!

     ***

Img_2362

去年、鉢にあふれるほど咲いていた、ペチュニア。

地面に、チョコチョコ、挿しておいたら、一面に増えました。

挿し木で、充分なら、買うことなんてないよ。

そう思ったら、安い花です。

ローズマリーも、挿し木で、あちこち増えています。

来年は、もっと増やそおっと。(^◇^)

| | コメント (22) | トラックバック (0)
|

病院の紹介

天気が悪いと、大好きな庭にも出れず、家の中で時間をつぶさなくちゃなりません。

テレビも面白くないし、久し振りに、昼ごはんの後、、グッスリお昼寝をしました。

      ****

今日は、私の行っている病院の紹介を、少々したいと思います。

紹介?

悪口かもしれん?

皆さん、写真付きで抗がん剤室なんか、公表していますが、私にはとてもそんなことできません。

その理由は、悲しいことに、余りにもみすぼらしく自分でさえ、

「え~~ここで~~うそぉ~~!!」

っていうくらい、お粗末なんです。

初めての日、私に与えられたポジションは、ビニールが破れた丸椅子と、モノが載っているところへタオルをおいただけの腕台、そこで1時間30分注射をしました。

部屋は処置室、狭くて看護師さんは、よけて通るし、モノを採るときは、いざってやらなければなりません。

その部屋で、多いときは、5人ぐらい並んで、ピーチクパーチクさえずるの。

カーテンの向こうは、主治医が診察しています。

「僕らの注射は、10万もするんだぜ。なんでこんな場所なんだ!テレビぐらい置いてくれりゃあいいじゃんか。なあ~~」

「ホント、サービス悪いよね。病院丸儲けしてんじゃな~~~いぃ」

いろんながん患者が、文句タラタラ、タラタラ。

それでも、何人かいれば時間も早く過ぎ、「もう、終り」「早い!」

一人のときは、地獄だよ。

じっと、座ったまま、時間をつぶすものもなく、行ったり来たりの看護師さんを目で追い、まだかなと点滴の袋を見上げ、「遅いみたい、早くして!」と、調整してもらうことだけが私のすること。

やんなるね。

だから、もう2度とやりたくないのよ。

今度は、病院かえたいよ。

おまけに、私の主治医、大きな病院に転勤してしまい、今の主治医は、柴田理恵を若くしてきれいにして(それなりにだよ)おばさんっぽさを、削ったくらいの先生。

会話は、し易いけど、初めからじゃないから、なんか不安。

みんないい人で、今んとこ問題はないけどね。

抗がん剤室の紹介でした。

病室もこんなもんだけど、またにします。

| | コメント (18) | トラックバック (0)
|

オフ会

5時、娘夫婦に送ってもらって、待ち合わせの場所へ、ほどなく、ぽたちゃんが現われて、今日は、私の初めてのオフ会です。

他のメンバーは、みー子さんとちいさん、みんな、初めて、合った人ばかりなのに、いっぱいお話しました。

最初から、笑いっぱなしで、すごく、楽しかったです。

みー子さんと私は、ビール、ワインと、お酒を酌み交わし、こんなにおいしいお酒あり~~~というくらい、気持ちよく飲ませていただきました。

ぽたちゃんは乳がん、みー子さんは悪性リンパ腫、ちいさんは白血病、病気は違うけど、みなこれまで、闘ってきた同志です。

病気になる前の私なら、知り合うこともない人たち、そして、知り合えたことに、感謝したい人たちです。

美味しい料理も、写真撮るの忘れちゃって、気づいた時は、胃の中でした。

参加メンバーの写真は、修正の技術がないため、載せることができません。

この頃に、珍しい、写真なしの記事、たまにはいいですか?

私の免疫、100日延びたな。

アイム、ハッピー♪

| | コメント (24) | トラックバック (0)
|

4つのお話

朝から、じゃじゃ降りの雨です。

昨日、遅ればせながら、この地方も梅雨に入りました。

雨も必要ですが、鬱陶しい季節の訪れです。

   ♡  ❤  ♡

明日、夜、お出かけの予定ができました。

私にしては珍しく、術後初めての、夜のお出かけ、すごく楽しみです。

白髪交じりの頭髪では、恥ずかしいので、さっき美容院に行ってきました。

帽子で隠すことも出来ないしね。

Img_2324 少し、カットしてもらいました。

癖の部分が、おさまっています。

11ヶ月目の頭髪です。

  ♢  ♦  ♢

前に、かこ。さんのブログにあったのですが、カーテンの真ん中を止めておくピン、洗濯バサミでもいいけど、もう少しおしゃれなものがあったら、という言葉に私知ってると、お答えしましたが、それがこれです。

Img_2326_2 トンボと思ったけど、違っていました。

5センチくらいあり、使い易いです。

羽根をはさんで、止めます。

  ♧  ♣  ♧

雨に濡れると、元気いっぱいになるこの植物、「フォックス・フェイス」。

なすのような花が咲いています。

実が、きつねの頭そっくりになります。

たくさん、出来ないかな。

Img_2330_1 1メートルほど、伸びているけど、まだまだ大きく育つみたい。

枝も張ってきて、一丁前に「私は、植木です。」っていう顔してんのよ。

面白いです。

  ♤  ♠  ♤

クリスマスに、電飾を飾ろうと、モミの木を植えました。

孫が喜んでくれるのを、ただ楽しみにしています。

爺じ心です。

Img_2332 低木ですね。

あと2~3年したら、ツリーにできるでしょうか?

。。

今日の雑感です。

| | コメント (22) | トラックバック (0)
|

花壇完成

頑張ったおかげで、やっとこさ、花壇が出来上がりました。

花の土だけでも、200リットル、肥料と牛フンを混ぜて、寝かせてあります。

少し馴染んだら、花を植えなきゃいけないけど、今の花は夏花、原色のドギツイ色は、ちょっと遠慮したいです。

Img_2321 柔らかいイメージがいいですね。

濃い色を規則正しく植えると、公園の花壇になってしまいます。

それじゃ面白くないもんね。

来年の春、公開したいと思います。

       ********

子供のおもちゃ。

大人でも、満足するようなものがあります。

日本の昔のおもちゃで、たけとんぼ、けんだま、つみき、これは、大人でも遊べますが、見ているだけで、「よく、できてるなあ!」と感心するものがあります。

英語で歌をうたい、足をはね、手でリズムをとりながら、踊ります。

複雑な動きが新鮮で、飽きないんですよね。Img_2320         

セサミの「ホーキーポーキーエルモ」です。

| | コメント (26) | トラックバック (0)
|

マスコット

暑いです!

梅雨は、どこを訪れているのか、この地方には未だに来ていません。

爽やかな風は吹いているけど、日差しが強くて、外は出るのはちょっと無理。

暇なので、今日はこの家のマスコットを、紹介したいと思います。

 Img_2301_4 Img_2303 Img_2304 Img_2311 Img_2312

トカゲの置物で、ジャングルみたい。

あちこちに、掛かっています。

Img_2306 Img_2307 Img_2305 Img_2310                             

ひとつ、豚みたいだけど、猫もいます。

Img_2313

アジアン好みでしょうか?

雑貨屋趣味の、マスコット達でした。

私も嫌いじゃないけど、これは婿と娘の趣味です。                

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

花と緑

今日は、今咲いている花のオンパレードです。

名前もないけど、ただきれいだぁと見ていってください。

Img_2242 Img_2243Img_2240 Img_2233 Img_2234 Img_2238 Img_2236 Img_2244 Img_2235 Img_2232

Img_2239_1

Img_2289

我が家の花と緑です。

| | コメント (22) | トラックバック (0)
|

花壇作るよ。

今回の、セカンドハウスにいるうちの計画には、梅干しともうひとつ花壇造りがあります。

昨日、レンガや花の土など、娘のだんなさんも含めて、「武蔵」に買いにいきました。

重いものを持ってくれる人が必要だから、デカ男の婿はうってつけ。

「とんとん」のラーメン大盛りを、全部食べたら只になるっていうのに、挑戦しようって言っていました。

あちこちで、制覇してるんですけどね。

それで、帰ってから、仮置きでレンガを並べてみました。

自分の頭の中には、こうしたいという、一応構想はあります。

ちょっと感じが違うけど、こんなふうです。

真ん中の輪を高くし、周囲をそれより低めにして、2段の花壇を作ろうかと・・・・・・

花もそれなりに、選んで植えて、自然っぽい、作りがいいの。

Img_2285

真ん中は、コンクリで固めて、レンガを立てて使うほうが、広くなるね。

石を仮に置いてあるところも替えなきゃいけないし、忙しいわ。

空いているところを、埋めていかないと、雑草ばかり蔓延って、たいへんです。

毎日、外にでていて、パソコンに向かっている時間は、愛知にいる頃の半分しかありません。

だから、やたら元気です。

よく寝られます。

| | コメント (15) | トラックバック (0)
|

梅干し作り2

梅干しの続きです。

梅酢が上がってきて、今朝シソを入れました。

紫蘇は、売っていなかったので、袋入りのもんだものを買ってきましたが、量も多くいい葉が入っていました。

Img_2279 きれいに、漬かっていました。

梅酢も、充分でています。

足りないときは、焼酎をたしてね。

Img_2281 シソをいれたところです。

交互に入れていきます。

紫蘇が多いと、赤くきれいになります。

Img_2283 梅が浸かるように重石をして、封印。

あとは、梅雨明けを待つだけです。

そのときは、ざるが登場。

梅を重ならないように並べ、時々向きをかえます。

Img_2284

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

できたよ。

4月に来たとき、花と一緒に、2本の「ミニトマト」の苗を、植えて帰りました。

5月10日ごろと思います。

まだ小さく20センチくらい、痩せた幹がヒョロっと立ち、葉がパラパラと付いていました。

78円の苗、10個でもトマトが出来れば、もとはとれるけど「どうかな?」と思うくらい弱々しいの・・・・・。

それが、1か月たって、見事に成長しました。

今でも、青いけど100以上の実を、たわわに付けています。Img_2237

赤くなったら、何度も食卓にあがりそう。

初めて植えたけど、結構出来るもんです

来年は、ナス、きゅうり、えんどうを、考えています。

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

梅干し作り

火曜日に、セカンドハウスに移動しました。

山手にあり、うぐいすの鳴き声が迎えてくれました。「ケキョケキョ…」

ここで、まず手がけることは、梅干し作りです。

すぐ、買い物に出かけ、梅、塩、バケツ、重石、シソを買ってきました。

今年、漬ける梅は7キロ、和歌山紀州の、いい色に色づいた梅をゲットできました。

Img_2230 ヘタを爪楊枝でとり、梅1キロに対して塩200グラムの割合で漬け込みます。

これは、洗った梅です。

Img_2231_1 塩で漬けました。

梅の約2倍の重石を載せ、梅酢がでるまで2~3日おき、それで、シソを揉んで梅と向後に漬けます。

梅雨が明けるのを待って、3日3晩干します。

それから、もとの容器に戻して出来上がりです。

漬ける途中でもし、カビが出てる様だったら、掬い取り、焼酎を適当に入れます。

梅が外気に触れないよう、つかるようにしてね。

これが、私が毎年漬けているやり方だけど、他にもいろいろあるから、参考程度でお願いします。

娘に教えるための「梅干し講座」でした。

2~3回繰り返し、目の前でやれば、覚えてくれるでしょう。

| | コメント (20) | トラックバック (0)
|

紫陽花寺

土曜日、日曜日は雨でした。

かなりの量の雨だったので、ちょうど見所になったのではと思い、朝早く出かけることにしました。

目的地は、新聞でも紹介してあった、「性海寺」この辺の「アジサイ寺」です。

稲沢市大塚にあり、車で30分もあれば行かれます。

朝から、大勢の人がつめ掛け、カメラのレンズを向けています。

花は8分咲き、ちょっと早かったですね。

Img_2196_1

満開に咲いた「ガクアジサイ」が、迎えてくれました。

見事に咲き誇っています。Img_2225_1Img_2215_2 Img_2211_3 Img_2220_1

Img_2221_1 Img_2228_4Img_2224_1Img_2227

柏葉アジサイも、ここのお勧めです。

涼しげで爽やかで、あじさいに彩られた庭園の美しさに堪能しました。

| | コメント (16) | トラックバック (0)
|

生前贈与

私の実家は貧乏人だから、母が死んでも何にももらえません。

遺産なんて、借金がないだけでも上場っていう感じです。

それでも、不満なんてちっともない、母には、長生きして欲しいと思っています。

「ちる、これ、あげる。」

「もらってもいいの?」

「いいよ~なんにもやるもんないで・・」

こんなやりとりをして、もらってきたものは、これです。

生前贈与だと、私は思っています。

Img_2178

記念のお金と古い百円札、幸福行きの切符、懐かしいね。

手前の金貨は、10万円で勿論使えますよ。

全部あわせても、15万にも満たないけれど、母がないお金を工面し、銀行で並び、手に入れたもの、大事に大事にします。

娘に渡ったら、あっという間に、無くなりそうだけどね。

私の遺産、生前贈与は、思い出がいっぱい詰まってる貴重品です。

| | コメント (15) | トラックバック (0)
|

お買い物

大量の買い物デーでした。

もう、ねぎの1~2本しか残っていなかった冷蔵庫が、一日にしていっぱいになりました。

今日の献立は、私がさばく、「イカさし」

新しいイカが手に入ると、大抵イカさしをつくります。

夫は、イカには目がなくて、イカ飯、いかとこいもの煮っ転がし、イカの掻き揚げ、もちろんイカの握り・・イカであれば、なんでも喜んで食べます。

贅沢に縁のない男です。

海のものに関してはね。

***

ボーリングに行く夫に、

「いいね、いつも行くとこがあって!」と声をかけたら、

「いいね、服いっぱい買って!」と、返してきました。

「え~~~ちょっとだけよ~~」

Img_2193

綿、麻混のワンピース。

ひざ下20センチです。

Mサイズですが、ゆったりしています。

Img_2195

半袖ニット。

綿素材です。

生成りの綿素材が、大好き。

この年になると、ゆったり着られる締め付けないものばかり、購入してしまいます。

締め付けないと、どんどん、膨らんでいくのにね。

| | コメント (16) | トラックバック (0)
|

お昼はぎょうざ

買い物はいってから、7日目になります。

今日のお昼は、昨日冷凍庫から出しておいたひき肉が、ちょうど解けたので、ぎょうざを作りました。Img_2180

材料

  • ぶたひきにく
  • にら
  • きゃべつ
  • にんにく、しょうが
  • 調味料(しょうゆ、ごま油、塩、こしょう)

私は、これだけで作ります。

全部をまぜて、30分ほど寝かし、市販のぎょうざの皮で包みます。

Img_2185 こんな感じです。

これを、普通の焼き方、熱したフライパンに並べ、コップ8分目程度の水に小麦粉を少量とかしていれ、水分がなくなるまで蓋をしてやきます。

Img_2189

我が家の、食べなれた、手作りぎょうざの出来上がりです。

味は、同じように作ってもいろいろ、でも評判はいいです。

     *****

びわの話題があったので、うちのびわの木を見てみました。

裏にあるから、目にすることなんて殆どありません。

娘が小さい頃、びわの種をポイッとほうかり、それが根付いて10メートル級の木に、育ってしまいました。

2階の窓からとるのが一番、でも、誰も食べないので、ご近所さんに、いつでも、黙ってどうぞって言ってあります。

まだ、ちょっと早いですね。

実が、色づいていないです。

Img_2175

びわの葉は、療法がたくさんあるみたいです。

知っている方がいれば、教えて欲しいわ。

| | コメント (16) | トラックバック (0)
|

年金

社会保険庁の記事が、新聞、テレビを賑わしています。

厚生年金、国民年金、共済年金に、入ったり、止めたり、結婚して苗字が変わったり、離婚したり、そのつど年金手帳を作って、前のものはなくし、こんなことしてたら、分からなくなるの当たり前だよね。

大きい会社に入っていたひとは、年金番号が一本化したときに、全員書類をいただいて、今までの職歴を、申請しました。

余程、申請忘れをしていない限り、整理されたけど、そのとき、働いていない人や、家にいて、無頓着に手紙などほかってしまった人、住所が分からなかったひとは、どうなったんでしょうね。

それに、夫にも言ったんだけど、今から40年ほど前は、仕事を辞めたとき年金から脱退できたんですよ。

結構、まとまったお金が手に入るため、ほとんどの人が、会社を辞めるときに、年金も止めてしまっています。

その頃、事務方をし、年金手続きをしていたので、それなりに詳しいのだけど。

ちなみに私の年金手帳は、40年前初めてもらった古色色したものです。

会社は、何度か代わったけど、いつもこれを持って就職しました。

だから、間違いはないと自分では思っています。

国民年金だけは、個人ですので、領収書以外説明がつかないでしょうね。

会社の場合は、どこかに必ず、証明できるものがあると思います。

でも、なんにしろ、こんないい加減な仕事をしていて、年金ってずっと続けられるもんかなあ。

若い人たち、信用しなくても当たり前よねえ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

青虫です。

料理するとき、必ず必要だからと、山椒の木を植えました。

ちょうど、葉を使う頃、竹の子がでます。

あるとないとでは、味が変わってしまう不思議な脇役だから、大事にしています。

春先に、狭い庭で毎年乱舞する2匹の蝶、中堅の大きさで黒い中に黄色の模様があります。

♪・・上になったり~~下になったり~良いな~~♪

その結果が、こうなりました。

悲しいことに、すごい食欲で、山椒の葉を食いちらします。

ハゲハゲの木、使い物になりません。Img_2172

☆可愛いでしょ~~~ォ。

目がなんともいえません。

夏になったら、黒地に黄色の模様の蝶になって、またこの狭い庭で舞うでしょうね。

繰り返し続く、生命の歴史・・・・・・

人間だけじゃないよね。

生き物の世界。

| | コメント (22) | トラックバック (0)
|

宝もんです。

「なんでも鑑定団」が、貴方の町にやって来て、各家庭で一品、なんでもいいから出してください・・・・と言われたらどうしますか?

なことある訳ないけどね。

仮定よ。仮定で考えるの。

高いもの、車、電化製品、アクセサリーなんかあるけど、鑑定してもらうもんじゃないし、してもらっても、大抵安くなると思うの。

ただ古かったり、耐用年数の問題もあるしね。

骨董的価値って、素人には難しいし、分かりません。

それでも、ひとつぐらい、価値は分からなくても、大事にしてるもんあるよね。

思い出という要素だってあるし。

そこで、我が家にある、「お宝」を紹介したいと思います。

Img_2170

  ***

昭和28年に発行された、限定1000冊の本です。

定価350円と書かれていて、この頃としたら、高価な本です。

30年ほど前、サントリーウィスキー「ロイヤル」のCMで、使われていて、欲しいと思っていたところ、デパートの古本市で偶然見つけました。

13000円、高かったけど、買っちゃいました。

中はこんな風で、英語の訳と絵が書いてあります。Img_2171

   ***

程度もよく、箱に入っていて、その頃の本の広告も、そのまま入っているんですよ。

欲しくない人には、燃えるごみかもわかりませんが。

「お宝」の紹介でした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »