« セカンドハウスの庭 | トップページ | オフ会でした。 »

エンディングノート

愛知の我が家、のんびりしています。

猫もまったり、お昼ねタイム続行中、このシアワセもん!

       *****

『エンディングノート』って知っていますか?

今、本屋さんで売っているそうですね。

これは、自分の最後の日を、自分でプロデュースする、とても有難い計画書です。

お知らせする人、して欲しくない人。

大事なものの在り処。

メールアドレス、パスワードetc。

葬式の様式、規模、形。

私が一番「そうだ!」って思ったのは、旅立ちの衣装です。

葬儀屋さんで準備してくれるのは、白い着物のようなもの、私こんなの嫌です。

たぶんお婆さんになるまでは、生きていられないと思います。

それだからこそ、うんとおしゃれして逝きたい。

旅立ちの衣装・・・・好きな色、好きなデザイン、お化粧もアイシャドウまでやってくれ!

睫毛が無かったら、付け睫毛。

髪の毛が無かったら、ロンゲのカツラ。

そう、飛び切りのおしゃれして、天国への橋を渡りたいと思います。

まだ頑張れるけど、先が見えてきたときに、衣装の手配をしておきたいし。

この本、買って来よう。

      ++++++

ただ今、元気に暮らしています。

あと、30年生きるつもりです。

準備しておいたら、却って長生き出来るかも、淡い期待もしています。

私ってーオメデタイーですか?

|
|

« セカンドハウスの庭 | トップページ | オフ会でした。 »

日々」カテゴリの記事

コメント

うん、うん、知ってるよ。
今日のお昼のTV「スクランブル」で見ました。 
とても興味ある。 いずれ来るその日だもの。
実家の妹は、娘に言い残していましたね。
衣装はイブニングドレス、顔にかける布は
綺麗なハンカチ、葬儀は一切しないで・・・と。
三年後に私が妹と同じ乳がんになって、
今は自分のこととして現実味がある。

投稿: れんぎょう | 2007年10月 2日 (火) 14時37分

そんなのがあるのですね、知りませんでした。
でも、そういうものがあれば、いいかも?
私も見に行ってみようっと!

実家の母は、入院することやら、その先のことなど、あれこれ色々と言うのですが、もう80を超えて元気にしています。
ですから、用意しておくのはいいことですよ。
私もその時にはどうしようかな? でも、残った家族は男ばかり、何を頼んでも、無視されそうな気がするな~。

投稿: よつば | 2007年10月 2日 (火) 16時09分

知ってましたよ~!
病気になる前に用意しようかと考えた事もありました。
だって明日交通事故に遭うかもしれないし
急に倒れちゃうかもしれないし
わからないものね。
やっぱり、買ってみようかしら。

投稿: ゆうゆう | 2007年10月 2日 (火) 16時41分

え~~!
そういった本があるんですね~~!
初めて知りました^^。
なんかすごく興味があります♪
今度本屋さんにいって見てみよう~~!

私もあと50年は生きるつもりでいますが、ちょっと自身がないことも事実。
家族に伝えたい事はきちんとまとめて言い忘れた事がないように残しておきたいですね!
ホントに良い情報、ありがとうございます♪

投稿: プリプリ | 2007年10月 2日 (火) 18時15分

ごめんなさいっ。
上のコメ、自身→自信です~。
間違えました~~!

投稿: プリプリ | 2007年10月 2日 (火) 18時44分

おかえりなさい(^^)
知らなかった~そんなのがあるんですね!
私告知から手術の間に葬儀場も、内容も、保険金の使い道も、子供の事も全部書き残しました
でも自分が最後何を着るのかっまでは決めてなかった、棺の中にはユリを入れてってお願いしたけど…
誰にでもいつかくる事、そうやって決めておくほうが残された家族も楽やと思います

私も買おうかな、40年後のその日の為に


投稿: 花ハナ(^-^)ノ | 2007年10月 2日 (火) 20時52分

へ~そんな本があるんですね。
でもいろいろ自分しかわからないこといっぱいあるもんね。
そういう点で交通事故死であっという間により余命宣告があったほうがいいのか?
余命宣告を受けて死ぬ日が来るのを待つよりあっという間の方がいいのか。
う~ん難しいなぁ。

私が死んだら絶対散骨にしてねと言明してあります。

投稿: mimosa | 2007年10月 2日 (火) 21時17分

私も、初めて知りました。
本屋さんに、売ってるの?
今度、見てみようかな。

実は私、術後一年半の検査の時に、一度、引っかかっているの。
その時にね、ノートに、いろいろ書き記したのだけど・・・。
なんと全て、ワン仔のことばかり。
シャンプーの仕方、散歩の仕方。
「一日、1回は、抱っこしてあげてね」なんて書いてあるのよ。

いろいろなことを、決める意味でも、書いておくのは、いいことかもね。
そして、それを、40年後とかに見るの^^
すっかり黄ばんだノートをね。

投稿: かこ。 | 2007年10月 2日 (火) 22時56分

れんぎょうさんへ

妹さん、イブニングドレスなんていいねぇ~。
昔、NHKでも、旅立ちの日の衣装についてドキュメントやっていたんだけど、とてもステキなドレスが出てきましたよ。
娘も一緒に見ていて、「おかあさんは、着ぐるみが似合うよ。」なんて、言ってました。
病気のことなど、想像もしていなかった昔です。
ホントに、今は現実味がありますね。
夫は、こういう記事、嫌いみたいです。

投稿: ちるみ | 2007年10月 3日 (水) 07時10分

よつばさんへ

おかあさまのその日は、元気であっても覚悟しておかなければいけませんね。
私も同じだけど、いざとなったら困るだろうな。
何にも分からないもん。
自分のことは、キチンとしておきたくなりました。
書いておけば、無視もしないでしょうし。
よつばさんも、今のこと考えちゃ駄目ですよ。
長生きして、終わる日だから、息子さんも家族持っています。
女手はいますよ。

投稿: ちるみ | 2007年10月 3日 (水) 07時17分

ゆうゆうさんへ

用意しておいてもいいですね。
もしかしたら、大きな地震が来てなんてことも、あるだろうしね。
何処になにがあるか、全く分からない人を残して居なくなれば、困りきっちゃうよね。
なかなか準備も出来ないけど、この際、考えてみようかな。

私、あの白装束の衣装がいや!
やっぱ、長めのドレスがいい。
それが、私の課題・・・です。

投稿: ちるみ | 2007年10月 3日 (水) 07時34分

タイムリーに昨日のお昼の番組だったかで
取り上げてました。
私も買ってこようかな・・・・。

私も旅立つ時は白い着物じゃなくて
もっとオシャレしたいよね。
お気に入りの服にカバンとかも好きなので
お気に入りのカバンを持ってたりして。(爆)
お気に入りの服が見つからないですよね。

投稿: のん | 2007年10月 3日 (水) 08時37分

ぷりぷりちゃんへ

もちろん、まだまだ長生きしなくちゃあね。
50年は、頑張って欲しいよ。

でも、もしもの日のために、残して置くだけでいいよね。
それがお守りになってくれるかもしれないし、必要なことは、書き足せるし。

字の変換間違い、私もよくやるよ。
気づかず送ってしまうことも・・・
わざわざ、丁寧にありがとうね。

投稿: ちるみ | 2007年10月 3日 (水) 09時50分

花ハナ(^-^)/さんへ

みんな、平均寿命までは、生きるって決めてますね。
私もそう!
絶対、地面にへばりついても、生き抜いてやるって思っています。
まぁ、お墓とか葬式なんかどうでもいいけど、自分のお出かけの用意は、きちんとしたいですね。
お花も、花輪から取って来るのもいいけど、好きなものを最初から言っとくのもありだわ。
出来たら、ブーケでも。

投稿: ちるみ | 2007年10月 3日 (水) 10時05分

へ~!それは便利♪
時々ぼんやりと、そういう最期のこと考えたりします。
手紙書いておきたい人、いる。
伝えておきたいこと、ある。
何より、ちるみさんと同じで、亡くなった後の私、ちゃんとしてもらいたい。
ハゲをさらすのはイヤよ~!とか、色々考えちゃう(笑)
今のうちに、思いつくことからどんどん書いておこうかな(^^)
入院中の暇つぶしにしよーっと♪

投稿: ganba | 2007年10月 3日 (水) 10時15分

mimosaさんへ

私達、がんだからといって、それで死ぬとは限らないよね。
交通事故も勿論あるし、他の病気だってあるわけだし・・・
言っておかなければいけないこと、いっぱいあるね。
大体、今、家族って家の重要なこと、何も知らないもの、書き残しておかなければ、困っちゃうかもしれません。
その意味でも、何でもいいから、気がついたことノートに書き留めておきたいです。
散骨、私も賛成、思い出の地にパラパラ。

投稿: ちるみ | 2007年10月 3日 (水) 10時15分

かこ。さんへ

面白いね。
30代の人・・・あと50年
40代の人・・・あと40年
みんな寿命まで、頑張りぬく気あるよ。
それって大事だね、元気につながるもんね。
かこ。さんの気がかりって、ワン仔のことだけ?
その仔は、たぶん見送った後だと思うよ。
他にも、書き残しておくことって、人それぞれあると思う。
伝え忘れがないように、ノートに記しておくって、残った者が助かるね。

投稿: ちるみ | 2007年10月 3日 (水) 10時25分

のんさんへ

ねぇ~。
あの白い着物は嫌でしょう?
でも、何も言わなければ、あれを着せられてしまうのよ。
きれいな色でも、好きなものがいいよね。
すごい長い旅行に行くと思えば、おしゃれだって当たり前だしさ。
ドレスは、まだ準備しなくていいよ。
やっぱ、言い残したいこととか、自分の希望、はっきりしといたほうがいいね。

お守りとして、一冊どうですか?

投稿: ちるみ | 2007年10月 3日 (水) 10時36分

そんなノートがあるんですね~!
私も気になる~。入院中に1人1人に渡す下書きはしてました。でも必要なくてよかった(^。^) 
私もあの白い着物はいやなので一番好きなピンクの着物きせてもらうつもりです。
多分こんなこと言ってる人は長生きできると思います~(*^。^*)

投稿: ちい | 2007年10月 3日 (水) 10時43分

ganbaさんへ

現実っぽいのは、まだ早いから、覚書程度に書きとめておくといいね。
知らせたい人、知らせたくない人。
そんなことも大事だよ。
まぁ、寿命まで生きたら、ホントはどうでもいいんだけどね。
格好なんて、構わないだろうし・・・
自分にとって若いと思う時期だからこそ、髪の毛、化粧、ドレスまで完璧に決めて旅立ちたいな。
暇つぶしに、あれやこれや書くのもいいかも、病院は退屈だからね。

投稿: ちるみ | 2007年10月 3日 (水) 10時48分

れおんです。
そんな本あるの知らなかった。
そうだよね、何があるか分からんもんね。
東海地震もあるかもしれないし・・
交通事故だって・・
負けないぞ~長生きしてやるんだもん。
ちるみさんみたいに孫と遊びたいもん。
ねぇねぇ!御棺の中の服装って
何着てもいいの?知らなかった(~o~)
私も絶対におしゃれして収まりたい。
おでこの三角の布は遠慮したいね。

投稿: れおん | 2007年10月 3日 (水) 10時57分

ちいさんへ

私もそう思うの。
書いても、それが役にたつんじゃなくて、たぶん必要ないまま、どっかに仕舞い忘れたりね。
それくらい、長く々生きるのよ。
私は、とりあえずあと30年は生きるつもりだけど、もしかのときのため、簡単には記しておこうと思います。
とりあえず、旅立ちの衣装。
これが、最大の関心事だから、詳しくね。
ちいさんは、ピンクの着物かぁ~。
私は、何にしようかなぁ~。

投稿: ちるみ | 2007年10月 3日 (水) 11時00分

れおんさんへ

ちょっと、足入れかけてるけど、元気だから、こんなこと書いていられるのかなぁ。
もちろん、何を着てもいいのよ。
だって、本人の勝手でしょ。
たぶん、金属は駄目って言われると思うけど、その他は、規定なんてないと思うよ。
三角の布付きカチューシャは、勘弁して欲しい。
あれ、白い着物とセットだよね。
東海地震がきて、家の下敷きになったら、そのときはしょうがないけど、がんなんかには負けないで、生き抜くぞ~~~~。

投稿: ちるみ | 2007年10月 3日 (水) 11時13分

さっそく本屋さんへ探しに行ってみます!

菊の花に囲まれた祭壇は、イヤ!(>_<)
私は、綺麗な色とりどりのお花に囲まれた祭壇がいいな~
って、葬儀に参列するたびに思ってました。
そういう希望を書き込めるんですね~

実際に役にたつのは、まだまだ50年?60年?先だと思うけど・・・(長生きする気マンマン)(^_^;

投稿: yuki | 2007年10月 3日 (水) 23時06分

yukiちゃんへ

長生きする気、まんまん、最高よ。
そんなに気持ちに負けてどうするんですか?
私達、がんだけど、明日終わりっていわれたわけじゃないもん、生き抜きますよ。
ガンバロウネ。

きれいに飾った祭壇、いいよね。
いつから、菊にきまったんだろう?
故人が好きだった花で、送って欲しいよね。
蘭でも薔薇でも、いいじゃないですか。
そお言う要望、ジャンジャン書いて、残しておけば、やがて今の葬式崩壊するかもしれないね。

投稿: ちるみ | 2007年10月 4日 (木) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201754/16638316

この記事へのトラックバック一覧です: エンディングノート:

« セカンドハウスの庭 | トップページ | オフ会でした。 »