« 高校3年生のまま | トップページ | タイトルなんて、無しよ! »

貴女の事を書きたくて

私のブログ友達に、壮絶な肺がん生活12年目を向かえ、今は、与えられた余命の中で頑張ってる女性がいます。

一日が大切な時間、1時間が宝石のような時間、それほど主治医は長い余命を伝えてくれませんでした。

だから、したいことがいっぱい、伝えたいことがいっぱいだと思うのだけど、優しい彼女は、私みたいに病気では比べようもない人にまで、どんな小さなことでさえ、励ましてくれ、忙しい合間にメールをくれます。

こんな素敵な人、自分こそ辛いのに、ガン友に元気を与える為、お見舞いにも行かれます。

子供たちと思い出作りをし、手紙を書き、残してやれる物は何もないから、笑顔だけあげたいって・・・・・痛い日、苦しい日もあると思うけど、写真では何時も笑っています。

Img_5089 ここは、彼女の病院です。

「帯津三敬病院」この病院の名誉院長は、帯津良一先生で、私が時々読む本の著者でもあります。

Img_5090_2

また、食事相談をしてる方は、私の好きな料理家「幕内秀夫」さん。

Img_5088_2

見た目には質素だけど美味しそうな、昔卓袱台で食べたようなお料理が紹介されています。

春物、秋物と、まだ病気にもなっていない時に3冊買いました。

                                         

先生にとって、彼女は『頑張ったで賞』の見本のような人、再発転移、抗がん剤、手術・・・・ずっと病気と闘って、12年目を迎えた奇跡の人です。

病気の上で先輩であり、こんなふうに生きられたらいいなという、道しるべを作ってくださっています。

                                               

私は、つまらないことで落ち込んだり、愚痴を言ったり、足元にも及ばない年齢だけ上の人だけど、何時か彼女のように、優しい目が出来るようになりたいと思います。

                                               

大勢の友人が、貴女を支えていますよ!

そして、支えられていますよ!

                                         

                                               

|
|

« 高校3年生のまま | トップページ | タイトルなんて、無しよ! »

日々」カテゴリの記事

コメント

ちるみさん ありがとう。
ちるみさんがそんな風に私のこと書いてくださるなんて光栄です。
でもそんな立派な人間じゃないよ〜
ただ生きたいが為にがむしゃらに突っ走ってきたら12年目に入ってだけ。
ちるみさんのように応援してくれてる人がいるから頑張れてるの。
本当に本当にありがとう。
最後まで諦めないで戦うよ、そして最期は潔く青空にかあがりたいなと思っています。
私の辛さもちるみさんの辛さも一緒一緒、そんなもんだから大丈夫。
本当にありがとう。
ちるみさんとブログ友達になれたことハッピーです。これからもまだまだヨロシクね!

投稿: sanae | 2010年12月 5日 (日) 15時49分

ちるみちゃん
私も彼女に元気を貰っている一人です。

ここ何日か落ち込みと病気のことではないのですが不安があって、、、、、

可愛い妹のつもりが
姉が妹に助けられ、心配かけて、、、、。

今日無事悩みの一つをクリアーできて。

報告する前に彼女からご褒美のメール貰ったのよ~。
情けない姉さんです。

頑張ってる彼女に頑張れの言葉は酷ですが。
あなたがいてくれるからどれほどの仲間が助けられているか。

いつも支えてくれてありがとう。
無理しないで、ゆっくりゆっくりね。
この場を借りて伝えたい!

投稿: 桂 | 2010年12月 5日 (日) 20時37分

ちるみさん、私の思っていたことをしっかりと書いてくださって 
本当にうれしくてなりません。
有難うございます。
sanaeさんはちるみさんが書いていらっしゃるように、
いつも他の方のことに気遣いをなさって、ついご本人が
病人だということを忘れさせます。
凄く強い方でもあり、勿論優しい方、可愛い方、そして賢い方。
お母さん、おばあちゃんとして、病気の先輩としていつも教えられています。
しかしー、凄すぎるー、、。

投稿: sumire | 2010年12月 5日 (日) 21時40分

ちるみちゃん、ご無沙汰してます。
素敵な方を紹介くださってありがとう。

まわりの方に気配りができる人って、
素敵だなと思います。
私はそこまで余裕が無くって、
すぐ投げやりになってしまいます。

もう、頑張りたくないって考えることもしばしば。。。
もっと、強くならないとね。

投稿: ふうまま | 2010年12月 5日 (日) 21時53分

私もこの方のブログは読んでいます
素晴らしい人柄に尊敬したり、感動したり
そしてお庭がきれいで素敵~と思ったり

コメントはしたことはないけれど
いつも応援しています
きっと同じように応援している人
多いんじゃないかな

自分の生き方が恥ずかしくなるような
事もしばしばです
私もいつか彼女のように…と思うけど

投稿: 花ハナ | 2010年12月 6日 (月) 08時22分

sanaeちゃんへ

遅くなってごめんね、私の夫、チェック魔で、いない時にしか書き込めないです。
どっちみち見るけどね。

私もsanaeちゃんと知り合えて、よかったって思っています。
こんなふうに生きられたらと、教えられる気がするよ。
書いた事、本当だからね、もっと書き足したいくらいだもの。
心から優しい可愛い人だと、たぶんsanaeちゃんを知ってる人なら、みんな言うでしょう。

これからも・・・・
私こそ、仲良くしてくださいね。

投稿: ちるみ | 2010年12月 6日 (月) 12時53分

桂さんへ

sanaeちゃんて、優しいだけじゃなく、頼りになる人ですよね。
私も、桂さんやsanaeちゃんに、どんだけ励ましてもらったか、落ち込んだ時に救われて、感謝ばかりしています。

桂さんも、大きな悩みがあったんですね。
でも、一つをクリアーしたとか、sanaeちゃんにご褒美メールをもらったんですって!
少しだけでも、元気になった?

ガンバレとは言えないね。
もういっぱい頑張ってきたんだもんね。
たまには、秘密の花園でゆっくりして欲しいです。


投稿: ちるみ | 2010年12月 6日 (月) 13時10分

sumireさんへ

私も、母でありおばあちゃんだけど、違いすぎて、恥かしいくらいです。
教えられる事がいっぱい、とにかく他人に優しい心遣いをする女性ですよね。
知れば知るほど、魅力にひかれちゃいます。
助けられてばかりで・・・何時助けてあげられるんでしょう?
近くだったら、本当に飛んで生きたい思いです。

sumireさんも同じ思いなんですね。
あの人を知ったら、誰でもファンになっちゃうね。
凄いです、真似できません。

投稿: ちるみ | 2010年12月 6日 (月) 13時25分

ふうままさんへ

ふうちゃんも優しい人だよ。
普通は自分の病気、生活がいっぱいで、人にまで心配りは出来ないよね。
でも彼女は、それが出来るんです。
私なんて、たいしたことないのに、励ましてくれたんですよ、ご自分のほうがもっと辛い症状だというのに。
良いブログ友に恵まれて、私とっても幸せです。

ふうちゃん、弱い事言っちゃぁダメよ、娘ちゃんにも元気なおかあさんが必要です。
頑張ってね!

投稿: ちるみ | 2010年12月 6日 (月) 13時43分

花ハナちゃんへ

花ちゃんも、彼女のブログ尋ねてくださっていたんですね。
ホントに素敵な人で、そうそうお庭も綺麗で、隠れファン多いと思います。
私も、ブログ友になる前は、その一人でしたから、気持ち分かります。

真似は出来ないけれど、近づきたいですね。
まぁ、私みたいに我儘じゃ無理と思うけど、病気の先輩、その後ろを歩いて行きたいです。

花ちゃんは、彼女のようになれるよ。
私の保証つき!

投稿: ちるみ | 2010年12月 6日 (月) 14時08分

ちるみさんのコメ欄でsanaeさんの名前を見つけて、彼女のブログも見るようになりました
コメントはしていませんが、隠れファンです
ご家族への事や自分の気持ちをすべて出しているsanaeさんのブログは、とても気持ちいいです
お庭もすごく素敵です
今では「日々是好日、忘れな草」のチェックが日課になりました
いつか養生塾について質問、相談してみたいです
遠くから入院されている方がおられるって書いてあったから
フェリには真似できないすごく素敵なお姉さんです

投稿: フェリーチェ | 2010年12月 8日 (水) 07時50分

フェリーチェさんへ

sanaeちゃんのブログは、あまり隠してないですね、写真の顔なんかそのままだもんね。
気持ちもストレートで、悟りきったみたいです。
きっと辛い日も多いだろうなと思うけど、自分にガンバして、闘ってる、確かにとっても素敵な女性ですね。
でも、私から見ると、それ以上に人にやさしいことが、驚きなんです。
自分のことでいっぱいなのに、身近な人、けっこう助けているんですよ。
思いやりの心、あるのでしょうね。

養生塾は、帯津先生の本を読めば、詳しく載っていますよ。

投稿: ちるみ | 2010年12月 9日 (木) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201754/50215837

この記事へのトラックバック一覧です: 貴女の事を書きたくて:

« 高校3年生のまま | トップページ | タイトルなんて、無しよ! »