« 今日と言う日 | トップページ | 元気なちるみです♪ »

母を描いた絵、母と本を読む

今年の誕生日は、生まれたお腹の側で、なんて思ったりして、母のところへ行って来ました。

耳がちょっと遠くなったけどまだ元気、私が元気なので、「嬉しいよ~」なんて笑顔に書いてありました。

やっぱり、調子の悪い時に会っては、余計な心配をするだけです。

元気だと思ったときに、会いに行くのがいいですね。

Img_5426

Img_5428_2

45年ほど前、私が高校生の時描いた母。

今90才の母が、45歳の頃、若いなぁ~。

そこそこ、識別できる程度は似ています。

                                          

誕生日のケーキを買いに行くついでに、母が行きたいといった本屋さんへ、読みたい本はすぐ見つかりました。

買った日に読んでしまったので、次は私が挑戦、『天皇家の隠し子』という本です。

私も一日で読破、内容は・・・ホントかいな・・・・という部分もかなりあり、それなりの読み物かな。。。

Img_5423                                                     

奈良県にある「円照寺」の御門跡は、三笠宮殿下の双子の姉弟である。

名前は糸子さんといい、大正皇后は迷信を信じやすい人で、双子は嫌い、特に男女の双子は、心中者の生まれ変わりと思われ、受け入れられなかった。

そこで、即養子にだし、5才の時に円照寺で尼さんになった。

このお寺は、寺格の高いところで、昔から天皇家とは縁があった。

などなど、多くの人の証言をまとめて書いてある。

それらしい証言はあるのだけど、証拠は何も無い、ただの推理小説として読めば面白いかもしれないけど・・・・。

興味のある方は、どうぞ。

                                    

                                         

どこにいても、さして忙しいこともない。

でも、居心地はいいよ~。

私の居場所だと思えます。

                                       

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

スーちゃんの3月29日に録音されてた言葉。

出発の前に流れたけど、人柄が出ていて、そして正直で素直で、もう覚悟はしていたのか、見事はお別れの言葉。

息が苦しい・・・・・・そういいながらの言葉

まるで私もそこにいるような錯覚、涙がながれる。

                                          

いい人だったんだなぁ~。

天国でも、笑顔で暮して欲しいよ。

                                               

                                            

|
|

« 今日と言う日 | トップページ | 元気なちるみです♪ »

日々」カテゴリの記事

コメント

スーちゃん
本とに強い子だったんだね。

周りに病気と悟られないように生きるって。
どんな気持ちでそう決意したんだろう?

笑顔が強く印象に残っています。

45年前描いた絵をとって置いてくれた
お母さんに感謝。

上手な絵。
だね。

投稿: 桂 | 2011年4月25日 (月) 18時37分

お母さんの絵、とっても上手ですね!
お母さんも大切になさるはずですね。
ちるみさんの新しい面をみせてもらいました。

ご門跡のお話は昔、母から聞いたことがありますが、
本当だったのかな、、、

我が家では孫のインフルエンザが娘に移り
私は恐怖に震えております、ブルブル、、

投稿: sumire | 2011年4月25日 (月) 21時00分

居心地いい~ 心穏やかってことですよね^^
それにしても 絵 上手い!!

男女の双子は、心中者の生まれ変わり
ほぅ~ なんでこんな発想がうまれるんだろぅ

スーちゃんの録音私も聞きました。
死を覚悟して葬儀に自分の言葉を残す。なんて凄いんだ 凄すぎ
でも がんと言う病気だから出来た事なのかも…
天国でも 笑ってますとも^^

投稿: ピュア君 | 2011年4月26日 (火) 01時03分

ちるみさん おかあさんとの時間良かったね。ちるみさんの絵も凄い上手だね。
おかあさんとの時間これからも大切にしてね。
私の居場所は我が家だけだけど居心地最高だよ。
今日から放射線頑張ってくるね。いつもありがとう。sanae

投稿: sanae | 2011年4月26日 (火) 05時52分

桂さんへ

私も、ブログ関係以外では、ガンのことは話したくないから、気持ちは同じだと思うけど、抗がん剤とかはやらなかったのかしら?
ガンて、抗がん剤で苦しいけど、病気そのものは、早いうちは外から見て分からないもんね。
強い子で優しいね。

この絵は、本に挟んであったのね。
描いた私も、何時の頃か忘れています。
ただ、着物を着ていた時期から考えて40代の頃だと思う。
私の高校卒業までは着物でしたから・・・

上手じゃないけど、懐かしくてアップしました。

投稿: ちるみ | 2011年4月26日 (火) 15時15分

sumireさんへ

絵は好きでしたけど、上手じゃないですよ。
夫も、それくらいなら普通だって言っていました。
だけどね、暇な時は絵を描いてる事が多かったです。
他に、本を読むことくらいしか、楽しみがなかったもんね。

sumireさんのお母様、この話をそんなに早くから知っていたの?
結構、噂になっていたのかなぁ~。
嘘、本当、どっちでもいいけど、どっちだろう?

インフルエンザって、sumireさんにかかったらたいへんよ、近づかないで隔離生活しててくださいね。
絶対、注意!

投稿: ちるみ | 2011年4月26日 (火) 15時22分

ピュア君へ

母の側にいて、居心地が悪いわけないね。
私はわがままだから、どこに行っても自分中心ですけどね。
絵は・・・我ながら懐かしかった。
思わず「若~~~い!」て、母を見ました。

昔ってね、双子を生むと畜生腹といってね、どちらかを捨てたり、処分したりしたんですよ。
怖いね~~~。

すーちゃんのダイニングメッセージ、聞いてて涙がポロポロ、もっと生きたかったでしょうにってね。
ガンを持つ身って、本当に悲しいね。

投稿: ちるみ | 2011年4月26日 (火) 15時31分

sanaeちゃんへ

乳がんの後、髪の毛がベリーショートに伸びた頃、会いに行ったのね。
そしたら、母、私のことがわからなかったのよ。
酷いと思わない~~~。
玄関を開けてくれないんだもん。
顔が、変わっちゃったのかなぁ~。

今は、行けば喜んでくれます。
元気な娘がいいみたいだけど、病気持ちじゃそんな日ばかりも望めないけどね。
でも、まだ元気でいてくれる、それが嬉しいかな。
お互い、長生き長生き、居心地の良い家でね。

放射線、悪いところをドンドン攻撃してね。
頼みます、お願いします。

投稿: ちるみ | 2011年4月26日 (火) 15時40分

こんにちは!
とてもとてもご無沙汰しちゃってます。

お母さまの絵、とても上手ですね~!!!
美大出身なのかと、思ったりしてます^_^;
45歳、今の私(46だけど)と同じ位なのですね。
お着物を召されてて、落ち着いたたたずまいで素敵です。
私とは違います、、、(~_~;)

投稿: ゆうゆう | 2011年4月29日 (金) 10時37分

ゆうゆうさんへ

こんにちわ、元気な事は知っていますから、ご無沙汰でもいいですよ。
便りのないのは、元気な証拠っていいますもんね。

母の45才の頃だと思います。
昔の人ですし、おしゃれじゃないですから、こんなもんです。
絵は、上手じゃないですよ、おだて過ぎです。
懐かしいから、アップしただけ、たいした事はありませんです。

ゆうゆうさんは、まだ若いですよ、むすめさんでしょう?
今の45才なんて、充分綺麗だしね。
私の格好も、母もその年でその格好をしとる人はいないって言います。
でも、似合っとるって、だからいいのです。
ちなみに、私がガチャおばさんです。happy01

投稿: ちるみ | 2011年4月30日 (土) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201754/51491541

この記事へのトラックバック一覧です: 母を描いた絵、母と本を読む:

« 今日と言う日 | トップページ | 元気なちるみです♪ »