« 春はそこまで | トップページ | 「小でぶ」を改善します »

年金生活者&生活保護者

全部、テレビのニュースで仕入れた情報です。

感想を述べるのは、年寄りの証拠かな、何か言っては、時々笑われていますが。

                                             

生活保護費って何ぞや???

                                             

震災で、家も家族も失って、ホームレスをしている人のその後、を見ました。

初めは、こんなに長引くと思わず、仕事を探したけど無くて、手持ちのお金も底をつくとか・・・・・。(60才にまじかな人)

病気で、支援者に助けられ、逝くまでの数年を穏やかに暮した人、共に生活保護は受けていませんでした。

                                          

マンションの一室で、終日ピコピコゲームをしている23才の若者、月に2~3度カラオケに行くのが唯一の楽しみとか。

女優の付き人の仕事をしたいと、東京に探しに来た、若者。

病気の診断書をもらったら、生活保護は受けられるよ、とうそぶき、遊んで暮してる若い女性。

共に生活保護をうけています。

                                              

何か変だよね。

こんなに簡単に、生活保護を認めたら、働く人がいなくなります。

甘い考えで、力を出したり、汚い仕事は避けたいのでしょうか・・・・

                                             

何時も槍玉にあげられる年金生活者、月3~5万で、切り詰め病院に行くのも我慢している人、やはりたくさんいます。

でも、自分で築いてきた生活は、誇りを持ってるし、生活保護の申請なんてしません。

                                             

何がいいたいかと言うとね、多少でしか払っていない年金生活者でも、生活保護者より貧しくあってはならないということです。

老人は貯金を持ってるというけれど、それも一握りだし、老人でも入ったお金は全部使うと言う江戸っ子気質で暮してきた人も多くいます。

老後の事、考えた人、考えなかった人の差でしょうね。

                                         

このままいくと、生活保護者の人が、日本の平均生活者になるんじゃないかと危惧しています。

普通に暮せるお金を、毎月いただけるなら、そんな有難い事はありません。

病気になれば、ただで診て頂けるし、そんな姿を見ていれば、そりゃ~年金なんて払うのが馬鹿馬鹿しくなるんじゃないかしら。

                                           

私は年金生活者、18才からずっと、主婦の間は任意で払い続けました。

それなのに、頂く年金は笑っちゃう金額です。

まぁ、夫婦で貰ってるし、足らない所は夫が70才になる今も働いてくれてるからどうにか暮していますが。

二つのガンを治療し、入院し、抗がん剤を射ち、まだ食べていかれるから、今、払っている人に感謝しなければいけないでしょうけど、私たちもまた、老人に豊かさを与えてきました。

                                       

年金をとやかく言う前に、生活保護の見直しを、私はどうしても考えてしまいます。

貧しい人になお貧しさを・・・・間違ってるかなぁ~。

                                           

こんな金額じゃ生活していけへん、働かにゃやってけんわ~。

と思う程度の金額で納めるべきです。

本当に困った人には別ですよ。

それと生活保護費を、医療費、学費、食料費、家賃という項目別の援助にするべき、全部を見る必要はないと思うのだけど・・・。

                                        

 Cocolog_oekaki_2012_01_13_15_15                                                 

                                                 

無い脳みそで、考えちゃいますねぇ

                                           

                                             

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                            

|
|

« 春はそこまで | トップページ | 「小でぶ」を改善します »

日々」カテゴリの記事

コメント

お役目として
常に直面している問題

納得いかなくてもどうする事もできません

投稿: 桂 | 2012年1月13日 (金) 18時23分

桂さんへ

そうか・・・桂さんはそっちのほうも、携わっているんですよね。
納得いかないけど、どうしようもない。
矛盾、不公平・・・・

つきつめて考えた事、あるんですよ。
この問題、例えば生活保護のこと、担当者の気持ちで、どうにでもなるんですね。
地域さもあるし。

年金で、食べていける世の中にして欲しい。
これからの人も含めてね。
そうなれば、誰もがきちんと負担すると思う。

投稿: ちるみ | 2012年1月14日 (土) 08時02分

生活保護者は実際ほんとに貰うべき人はほんの数パーセントで実際は顔の皮の厚い人達が貰ってるのが現実だと思いますよ。

生活保護さえ貰えばもう怖いものなし、槍でも鉄砲でも飛んで来い!!って気持ちになると思う。病気になっても治療費はただ 自宅から病院へ行くタクシー代もチケットを切って貰ってただ。

国民年金をもらってるお年寄り収入が多いんだから笑っちゃいますよ。

人間突然年とるわけじゃない 今までどんな生き方をしてきたの?と聞きたい。

図々しい人が得をする世の中なんですよね。

プライバシーがどうのこうのと言わずに寮生活のようなシステムにしたらいいと思うのですが。 そしたら家賃の補助もしなくて済むし 自由がないのならとっとと出て行って働くかも知れませんよ。(^^ゞ

長々と書いてしまいました。(^^ゞ

投稿: でいご | 2012年1月20日 (金) 08時38分

でいごさんへ

私もそう思います、本当に貧しい人は、面の皮が厚くないから、申請もしないと思うの。
若いとき、稼いだお金は全部使っちゃって、年をとったら保護とか、ずうずうしいよね。
善人が損をする、そんな制度なんですよ、年金て。

年金を貰ってる人の最低よりも少ない金額を生活保護費に、当たり前なんだけどね。

とにかく、ぬるま湯じゃなくて、生活保護ってたいへんだなって思わせなきゃ・・。
働く人いなくなるよ。

プライバシー、こだわりすぎだね。
国に食べさせてもらってるなら、それは公にされても仕方ないよ。

長々とかいてしまうね、こういう問題は。happy02

投稿: ちるみ | 2012年1月20日 (金) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201754/53726176

この記事へのトラックバック一覧です: 年金生活者&生活保護者:

« 春はそこまで | トップページ | 「小でぶ」を改善します »