« 白菜漬け、一丁上がり | トップページ | たまには猫のことを書こう »

給食のニュースで、思い出が広がった日

私が好きな料理本の著者、幕内秀夫さんが、今の学校給食に苦言を放っていた。

主食がパン、副食がチャーハン・・・・炭水化物の主食に炭水化物のおかず???

パンも、随分美味しそうな甘いパンが多い、フランクフルト、フライドポテト、ケーキ、こりゃー子供が喜ぶと思う。

でも、野菜が少ない、緑がない。

ソフト麺の上のソースも、お肉が多くて野菜をあまり使っていない。

孫に、「給食、美味しい?」って聞いたら、「美味しいよ、全部食べられるよ。」

これだったら、残さないでしょう、子供の顔をみて献立を考えてるんでしょうね。

もっと日本らしいおかず、食べさせて欲しいと思うのは、祖父母だけかな。

                                       

思えば、私の子供の頃は、粗末な給食だった。

固い甘みのないパンと、ブリキの茶碗に入ったスープのようなもの、でも、お肉は少なかったけど、野菜はいっぱい入っていた。

脱脂粉乳は不味かったから、鼻をつまんで飲んだけど、栄養的には優れた食事だった。

今は、パンも菓子パンに近いけど、私の子供の時は、バターも砂糖も入っていない小麦粉の味のパンだった、友達の家で作っていて、出来たてを頂いた時は美味しかったが、時間を置くと硬くなって、ぽそぽそ・・・。

おばさんが、「美味しいパンを焼く事も出来るけど、材料が決まっていて、これしか出来んでね。」と、話してくれた。

お肉は、うさぎの肉だと噂が出て、食べなかったんだっけ。

                                           

中学校は、その頃珍しい完全給食だった。

脱脂粉乳は変わりなかったけど、ココアやジュースの粉末があって、美味しく飲めるよう工夫があり、おかずも、揚げ物、サラダ、煮物もシチュー、カレーと、非常に美味しく作ってあり、給食はかなり人気があった。

パンは相変わらずだが、揚げパンにしてあったり、バターがついてたりした。

小学校の時、週2回だった給食で、お弁当を持ってこられなかった生徒も、中学ではお昼休みを外で遊んでることもなくなった。

毎日、いっぱい食べられたはず。

ただ、野菜食、かなり多い野菜が、あちこちに使われていた。

お肉がメインのおかずになったのは、鯨肉しかなかった。

                                           

PCの給食のニュースから、50年以上もさかのぼった自分の給食を思い出した。

セーラー服で給仕している自分の姿まで思い出した。

「これ、たくさんくれ!。」悪たれガキの顔までも・・・・・。

                                          

夫は、私より片手以上うえ、給食は、「脱脂粉乳だけ」だそうな。

                                   

                                       

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                                                                 

|
|

« 白菜漬け、一丁上がり | トップページ | たまには猫のことを書こう »

日々」カテゴリの記事

コメント

幕内秀夫さん、私も本買ってます。
粗食のすすめの方ね。こんな食事すれば、癌にならなかったかなぁ・・と思いながら,朝は喫茶でモーニングの大好きな日々。
小学生のころの給食、しっかり覚えてます。
あのころは,大阪の子でした。
メニューは結構良かったとおもいます。
でもお金持ちの子、給食代が払えず、お昼になると校庭にポツンといた子、いろいろ思い出しました。高度成長期にこれからなろうという時代。
転校したけど、クラス写真の女子は、みんな言える・・
スガキや、ドンドンの47年前のことですね。

義母は秋に看取りました。今月11日に百日法要が終わりました。
肩の荷を降ろした私です
自宅介護、看取り、しんどかったのが本音だよ。

又、これから遊ぶよ。孫守りさせられないうちに。

投稿: はるこ | 2012年1月24日 (火) 21時53分

こんばんは~。

昔を思い出しましたよ~。
私は小学校の一年生の時だけ、脱脂粉乳
でした。上級生が大きなヤカンで入れて
くれるのですが、冷めるとねえ・・。
正直あまり好きではありませんでしたね。

でも、鯨のお肉は好きでしたよ。竜田揚げや
ケチャップ煮とかあったと思います。学校
でしか食べられない鯨。ちょっとスジっぽかったような・・・。

焼いてないパンは苦手だったけど、でも
給食、大好きでした。
ああ~、いろいろ思い出しちゃいました。

投稿: 夢かあさん | 2012年1月24日 (火) 23時12分

はるこさんへ

同じく・・・献立票を見ては「なるほどな。」と思っているだけの私。
昔は、こんな料理食べていたんだけど、昔には戻れないね。
がんになっやけど、食は学べません。
美味しい物に、惹かれてしまいます。トホホ。

給食費、今と昔は、捉え方が違うね。
でも、免除のこは食べられたよ。お弁当は持ってこられないこの、補充はなかったけど。
貧しかったね。

お義母さん、亡くなったんだね、そのほうがいいよ。
人の手を借りて生きるのも辛いから・・・
家族も長引くとたいへんだし・・・はるこさんも、すぐ年をとっちゃうよ。
遊べる内に羽を伸ばしてね。
でもね、孫の成長も楽しいもんですよ。happy01

投稿: ちるみ | 2012年1月25日 (水) 13時52分

夢かあさんへ

脱脂粉乳は、なんだか臭くてね、熱い内に鼻をつかんで飲んでいました。
あれを好きな人、いたんだよね、不思議と。
私は、たぶん残してばかり、だったような気がします。

鯨、ありました、立田揚げ、ケチャップ和え、普通に出ていて、普通に食べていました。
今なら、高級品ね、鯨のベーコン、高くて驚いてしまいます。

給食は、それなりに美味しかったです。
干しぶどうや林檎が入ったサラダ、好きだったな。
懐かしいね、子供の時に戻ってしまいます。
あの頃は、よかったな・・病気も無く元気で、なんてね。happy01

投稿: ちるみ | 2012年1月25日 (水) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201754/53812781

この記事へのトラックバック一覧です: 給食のニュースで、思い出が広がった日:

« 白菜漬け、一丁上がり | トップページ | たまには猫のことを書こう »