« 細かい税務員に当たっちゃった確定申告 | トップページ | 税務員の本音 »

百年前の「お雛様」

我が家には、主人の母親の古い古い「お雛様」がいます。

もう何年も、我が家の袋戸棚に住み着いているのだけど、この家に越してきてから30年、一度も出した事がありませんでした。

テレビを見ていて、そういえば・・・・思いつきのように、埃に塗れた「お雛様」を外に出してあげました。

お義母さんが、100年近く前に頂いた時は、そりゃーりっぱな「お雛様」で、7段飾り、お道具もタンスや鏡、器までどっさり、獅子踊りの人形まであります。

刀は、本当に切れたのだと、夫が言っていましたが、大正時代それなりの家の娘じゃなければ、「お雛様」なんて買ってもらえなかったでしょう。

立派じゃない「お雛様」なんて無かった時代です。

今我が家にあるのは、お道具と少しのお雛様、三人官女はお義姉さんがもっていかれたとか、バラバラになってしまいました。

                                         

Img_7003 Img_7005 Img_7007

Img_7011

Img_7012

辻村寿三郎の人形のお顔に似ています。

目が細くて、釣り眼。

時代と共に、お顔も変ってきてるのがよく分かります。

屏風を立てると暗くなるので、ソファの上に鎮座してもらいました。

                                           

「お雛様」って・・・・・・

私が何時までも生きていられたらいいけど、そうもいかないでしょう?

そういう場合、どう処分したらいいんだろう・・・・

お顔を見ていると、生きているみたいで怖いです。

                                      

もっと怖いのが、お人形。shock

Img_7021 この可愛らしいお人形は、血が通っているようで、ポイッなんて出来ません。

お義母さんは、もう亡くなりました。

着物、縫ってあげようかな・・・・

・・・・・・

・・・・・

・・・・

                                             

                                           

孫には、「お雛様」がいます。

金沢は、4月3日がお雛様だから、まだ出してないだろうな。

                                      

                                      

                                     

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

|
|

« 細かい税務員に当たっちゃった確定申告 | トップページ | 税務員の本音 »

日々」カテゴリの記事

コメント

着物縫ってあげて下さいsmile

家にも何年も眠っている お雛様がいます
今年も出してあげられなさそ…

実家の雛 ちるみさんの家のお雛様似てますよ
私は子幼少の頃 その雛様が大好きで
出すの楽しみでした

お人形さん 供養してくれる所があるのでは
でも 処分しなくて良いのではないでしょうか 代々繋げて行けば

金沢は4月なんですか 知りませんでした
全国共通だと思ってましたcoldsweats01 


投稿: ピュア君 | 2012年2月25日 (土) 18時29分

おはようございます。

古いひな人形をお持ちなんですね。
以前、古い町屋のイベントでそのようなひな人形をたくさん展示したあるのを見に行った事が
あります。風格がありますよね。

私は自分のひな人形を持っていません。私の
小さい頃はお金持ちの娘さんぐらいしか持ってなかったですよ。小さい頃の私はそれが羨ましくて紙で作って飾って我慢していました。

でも、今となったらなくてよかったと思ってます。今の私はお人形やぬいぐるみが苦手。
目と鼻と口の着いたものはどう扱っていいのか
わからないから。息子にも買ってやりませんでした(笑)。

お人形さん、粗末には出来ないようには思います・・・。お雛様、深呼吸してホッとしてる
のかも・・。

投稿: 夢かあさん | 2012年2月26日 (日) 08時50分

ピュア君へ

お雛様って、出すより仕舞うほうが大変で、出すのが嫌になりますね。
このお雛様を好きだったのは、お義姉さんだったのでは、そして三人官女がよかったのね。
私はお雛様を持っていません。
娘ももっていません、あげてないから・・・
子供の小さい時は、出して飾ったこともあったけど、古いからかな、喜びませんでした。
代だい・・・我が家は私たちで終わりです。
娘は、娘であって娘でなし・・・かな。

処分、難しいですね、夫は「自由に」って言っていますけど、人形って、魂がいるようで怖いです。

せめて、着物だけはすぐ作ってあげなくては・・仕舞いこんでいた罰ですもんね。

投稿: ちるみ | 2012年2月26日 (日) 10時14分

夢かあさんへ

私も、その目・口があるものを好きじゃない感覚分かります。
生きているようで、粗末にできない感じがありますね。
縫いぐるみは、ダニの巣になりそうで、私も嫌いでした。
孫は大好き、何時も抱いていますが、私は、ダメですね。

確かに、私の子供の頃、お雛様を持ってる子なんていませんでした。
お呼ばれしたこともなかったです。
今のように、豊じゃない頃ですから、高価な物はお嬢様くらいしか・・・お嬢様もいましたけどね。
私も、興味なかったのか、夢かあさんみたいに、折り紙の経験もないのよ。
少し、年齢が違うからかしらね。

「お雛様」供養してくれるところがあったら、持っていきます、お寺とか神社ね。
でも、目が・・・・いやよ・・・。

投稿: ちるみ | 2012年2月26日 (日) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201754/54072635

この記事へのトラックバック一覧です: 百年前の「お雛様」:

« 細かい税務員に当たっちゃった確定申告 | トップページ | 税務員の本音 »