« セカンドハウスからの更新 | トップページ | 森林公園を歩こう! »

更新ストップのコメント欄に腹立ち・苦笑(^^;)

今、二つの止まってしまったブログに、今日は更新してるかしらと、淡い期待を持って、訪問を繰り返しています

コメントを残したこともなく、ただ読むのが見るのが楽しみと言う、いい加減な読者だけど、毎日訪れるのには、それなりの魅力があるのですね。

一人の方は、同じ病気でかなり進行しているのですが、闘病中は、本当に美しい叙情的な文章で、写真もそれはそれは優しい目でとらえていて、もし会うことでもあれば、素敵な女性すぎて虜になってしまいそうな予感がする方です。

お二人目は、毎日の食事をアップしていて、まぁ良くも毎日数年間も、ブログを書き食事を紹介できるかと、その根気と食事の美味しそうなのに、喉を鳴らして訪問していました。

ある日、一人目の方は、当然のように病気が悪化したのでしょう、書くことが出来なくなったようです。

コメント欄は、心配の声、励ましの声で毎日毎日、初めての方、ブログ友が、毎日訪れては書きこみをし、かなりの量になっています。

それが、日にちが経ち、数週間数カ月経つと、もう亡くなったんじゃないかとか、友達や家族が出てきて、今の状態を報告すると、嘘だと書きこまれたり、何で嘘なのかと突っ込まれたり、コメント欄に書きこみをした人同士で、言葉のケンカが始まったり、もう、これはなんじゃ!と思うばかり、何時かブログ主の素敵な女性のことを忘れているのです。

その中に悪意もみなぎっていて、やってられない心境に陥ります。

こういうのって、どうなんでしょうねぇ~~~。

もう一人の方は、病気ではないので、どうしたのかな?またブログ見たいな、元気にしてるかな・・・ぐらいで続いていたのだけど、ある時に友達と称する人が出てきて、そこから、知らせてくれてありがとう、が、あんた誰?きちがい?と・・・・どんどんエスカレート、こっちの方は笑ってしまいました。

暇な人が多すぎる、待ってればそのうち、また美味しい食事のアップが見られるのに、こんなコメント風景を見たら、恐ろしくって書けなくなっちゃうかもね。

コメントは、誰でも残すことが出来るけど、ちょっと考えて、相手のことを思いながら書きこまないとね。

                                          

実は、私も過去に一度だけ、私のコメントに通りすがりさんから、一言言われたことがあります。(失礼と言われた)

慌てて、ブログ主の友にメールをして謝ったけど、本人は全く気にしてなく、大丈夫よって返しメールがいただけましたけど・・・通りすがりさんて、ところで誰?

                                             

夫から、ブログを始めるときに、これだけは気をつけるようにって、注意はもらいました。

相手を攻撃しない、悪口は書かない、政治に触れない・・・

炎上するぞって。

まさかそんなにアクセスはないけど・・・・気をつけています。

コメントも、あまり熱くならないで感想をさらりと、思いが伝わるものがいいですね。

あくまでも・・・相手攻撃は間違ってもしてはいけないことです。

                                          

せっかく楽しんで続いているブログ、嫌な思いで終了などという取り返しのつかない結果だけにはなりたくありません。

ブログが、私の何割かを占めている現在、とても大切なことですね。

                                              

                                        

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                          

                                          

|
|

« セカンドハウスからの更新 | トップページ | 森林公園を歩こう! »

日々」カテゴリの記事

コメント

ちるみさん、おそよう!

ステキなブログを見ていらしたのね。

私はちるみさんところから
素敵なブログにめぐり合いましたよ。
「ばーさんがじーさんに作る食卓」です。

自分をばーさん、主人をじーさんにしたのも
この影響かも知れません。

セカンドハウスでのお楽しみはやはり
お孫さんとの会話でしょうね。

春休みも少ないけど充分楽しんでください。

投稿: sumire | 2012年3月29日 (木) 10時10分

ちるみさんが言われている最初の同病の方のブログは多分、私がいつも拝見していたブログだと思いますが、私も何で人のブログのコメント欄で喧嘩してるのって思っていましたが、最近になってご本人の久々の更新があり、加熱気味だったコメント欄も少し落ち着いた様ですが、頑張って闘病されている彼女に対して外野でワイワイ言うのは如何なものかと思います。

いずれにせよ、ブロクを書くのもコメントするのも見えない相手に向かって書くと言う事で、言葉を選びながらと言う事になるのでしょうか・・

投稿: ホワイトタイガー | 2012年3月29日 (木) 13時19分

sumireさんへ

退屈な日に、あちこちのブログをお邪魔して、たまたま見つけました。
素敵なブログは、どこか人を引き付けるのですね。
でも読み逃げ・・・陰ながら応援、そんな気持ちでした。
コメント欄、もうかなりの数が、その中で本人抜きのドラマが始まっていたのですよ。
飽きれてしまいました、私はこんなふうにはなりたくない、だから、勉強もしました。
最後はきちんとけじめをつけますよ、感謝もこめてね。

じーさんばーさんは、もうプロと言っていいですね。
料理も、写真も、文章も、レイアウトも、料理の本を読んでる感じです。
その中で、お二人の馴れ初めまでも披露されてるし、本当に素敵な御夫婦。
マネしたくても・・・・私には無理だな。
sumireさんは、OKかもheart04


投稿: ちるみ | 2012年3月29日 (木) 17時37分

ホワイトタイガーさんへ

たぶん、同じ方だと思います。
最近、一日だけど更新されていましたね。
何故か、悲しい更新だったけど・・・こんな記事を読んで、恥ずかしくはならないかしら?
コメントを書く人って、どういう人なんだろう?と考えましたが、同じ仲間よね、きっと。
心配もするし、不安にもなるし、事情が分からずイライラするし・・・ただ、乳がん患者であると思うの。
切羽つまってるのかなぁ~~~
ケンカまでして、醜いよね。

顔も知らない同士だもの、少しの遠慮というか、相手に思いやりは必要よね。
私は、あんまり気にしないし、来てくれた方はみな友達と思うけど、そう思わない人もいる訳だし・・・。
初めてのコメントは、気を使います。。。

投稿: ちるみ | 2012年3月29日 (木) 17時50分

そんな状況(炎上)を見かけたことがあります。
もし 自分で更新できなくなったときのことや 亡くなった時のことなど
誰に託そうか・・・等 考えることがあります。

やはり それなりに自分の考える理想の形があるので。。。

でも 実際はそれどころじゃなくなっちゃう気もします(^_^;)

投稿: モリダク | 2012年3月29日 (木) 21時11分

モリダクさんへ

私も、こんなふうに大切なブログ上で、言い合いをされても、あるいはHコメに占領されても嫌ですから、自分が、更新出来なくなった時は、早めに閉じようか、誰かに頼もうか、予約記事を書いておこうか・・・考えています。
心配が度を超すと、本当に普通人が変身するのだと思いましたから。

だけど、やっぱり自分の体力が精いっぱいになったら、気が回らないかもしれませんね。
元気だから言えることかな。

モリダクさん、頑張ったね。
ドロドロした注射って、痛いと思います。
あ~想像もしたくない・・・効いてほしいな。

投稿: ちるみ | 2012年3月30日 (金) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201754/54331909

この記事へのトラックバック一覧です: 更新ストップのコメント欄に腹立ち・苦笑(^^;):

« セカンドハウスからの更新 | トップページ | 森林公園を歩こう! »