« 「ぶち、元気!」になった、嘘~~ | トップページ | 桜の季節になると、名前の由来を思い出す »

この頃の食事&胆管結石の原因推理

この頃の食事は、一時にたくさん食べると、途端に背中が重痛くなってくるので、軽く8分目よりも少なく、6分目程度で止めて置くようにしています。

揚げ物も、お肉も、どうも体に合わないようで、食後に嫌な思いをするから、食べないようにするのが一番です。

                                        

Img_7330                                              

Img_7331                                                

Img_7334                                                

これは、愛知に帰る日に、家に帰っても材料は無いだろうし、作るのも嫌だったので、金沢の百番街で買った二段重ねのお弁当です。

手の凝った料理が、一箸くらいづつは入っています。

金沢のお弁当は、食べつくしているので、今回のは富山産、これを夫と二人で頂きました。

私の好きなものは私が、夫の好きなものは夫が、上手に分けましたよ。

小食な夫婦です。

鰤の押し寿司も買ってきたけど、こっちは日持ちするので翌日に回しました。

                                           

毎日、食べる物に苦慮しながら、結局酢味噌和え、おしたし、冷奴など、胃に優しい物を作って食べています。

お昼は、今年初の冷やし中華、もう季節柄食べ始めても許されるかな・・・なんて思いながらね、私、大好きなんです。

スリムだった頃は、着たい服がなんでも着られた・・・幸せ。

元気な頃は、食べたい物は何でも食べられた・・・・幸せ。

今は、どっちもアウトで欲求不満気味だけど、もう少しの辛抱です。

元気になったら、元気になったら、元気になろう!

                                      

Img_7335

孫のあーちゃんが生まれたとき、病院の前の花屋で購入。

平成15年3月、そのときに地植えしたもの、9年株になります。

Img_7336

ムスカリの花。

                                        

私は、S状結腸癌以前に胆管にも胆のうにも石など出来たことはなかった。

でも、最初のガンを手術して翌年、再発と共に胆管結石が見つかった。

翌年もまた同じ頃に、胆管結石が悪化して、緊急入院になった。

今年も出来て、近いうちに入院をしなければいけなくなるだろう。

何故???

どうして、こんなに結石が出来やすくなったのか、暇だから考えてばかりいた。

S状結腸癌の前と今と変わったことは、食べる物は私が作っているから、変化ないだろうし、飲むものも、昔からアルコールは飲んでいた。

変わったものは・・・・・薬しかない。

大腸がんなので、下剤を術後欠かさず飲み続けている、どうも私にはそれが原因のような気がして、心配になっている。

下剤だけが、胆管結石になった期間、飲み続けているからだ。

今度、先生に会ったら聞いてみよう、分からなかったら、下剤を全て別な物と代えてもらおう。

                                      

胆管結石の手術は、結構苦しくて、嫌だと思うものだから、なんとしても毎年などと言う事は御免被りたい。

原因、見つけなければ・・・・・

                                      

                                         

                                         

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

|
|

« 「ぶち、元気!」になった、嘘~~ | トップページ | 桜の季節になると、名前の由来を思い出す »

日々」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
結石と言う言葉良く聞きますが 胆管結石と言うのは初めて聞きました。

結石は本人じゃないと分からないくらい 痛いと聞いた事がありますが 大変ですね。

原因が早く分かるといいですね。
お大事に!!

投稿: でいご | 2012年4月 9日 (月) 16時21分

ちるみさん、具合は如何ですか?

たくさんの病気を抱えて大変だと思います。

胆管結石の原因が何なのか気になりますよね・・

早く解るといいですね。

亡くなった姉も胆管ではありませんでしたが胆石がありました。

ちるみさんと同じで姉は病気の問屋さんでした。

子宮けい癌で全摘手術、胃潰瘍で穴があきクリップで留める手術をし、胆石で腹腔鏡手術を、その他にもC型肝炎を患い、そして挙げ句の果てに致命的な肺腺癌にかかり亡くなりました。

私だったら何故、自分ばかりがと文句を言ったと思います。

でも姉は強かったです。

泣き言ひとつ言わず、治療法が無くなり余命3ヶ月から半年と告げられた時も静かに受け止めていました。
遠くを見る様な目で医師の宣告を聞いていた姉の横顔を忘れる事が出来ません・・

何か自分の話ばかりして、ごめんなさいね。

では無理をせず、お体を大事にして下さい・・

投稿: ホワイトタイガー | 2012年4月10日 (火) 01時07分

でいごさんへ

遅くなってごめんね。
胆管結石は、普通は胆石の石がポロッとこぼれて胆管に詰まり、その激しい痛みであらわれます。
胆石の痛みは、これなんです。
ただ私は、胆のうには石が無くて、胆管だけに出来るんですね。
それが、外科の先生も不思議だと、原因も分からないって言われるの。

どうしたものか・・・・・
私も、手術が苦しいものだって知ってるから、何度もしたくはないんですよ。。。weep

投稿: ちるみ | 2012年4月10日 (火) 14時07分

ホワイトタイガーさんへ

私もね、乳がんになるまでは、病気なんて他人事と思うように元気だったのです。
体力もあり、キャピキャピのギャルおばさんだったのに、その日を境に、あれこれ病気発覚、もういやになってしまいます。
ただ、私の場合は、お姉さんと違って、かなり進んだがんなのに、余命を告げられることがなかったのが救いだったのでしょうか・・。
今も、病気は繰り返しているけど、生きていられるもんね。

私も、お姉さんみたいに強くありません。
静かに運命を受け入れる度量はありません。
泣いて喚いて、簡単に想像出来ますよ。
お姉さんは素敵な方だったのですね。
そんな方だから、神に愛されてしまったのね。

いろいろお話してくださってありがとう!
私、頑張って生きてこられた方のお話、もっと聞きたいです。
残された家族の悲しみも、共存したいと思いました。

投稿: ちるみ | 2012年4月10日 (火) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201754/54424029

この記事へのトラックバック一覧です: この頃の食事&胆管結石の原因推理:

« 「ぶち、元気!」になった、嘘~~ | トップページ | 桜の季節になると、名前の由来を思い出す »