« 尾張から加賀へ、孫を訪ねて幾千里? | トップページ | セカンドハウスの庭&帰ってきました。 »

「蜃気楼」の見えるシーズンです

何処へ行こうかって、普通は子供が中心で決めるじゃない、ところが我が家は、爺の何時もの勝手行動で、自分が行きたい場所に急遽決めました。

魚津の蜃気楼見学、と言ってもね、一年に5~6回しか出ないメチャ貴重品、行ったから見られるってもんじゃないです。

朝はゆっくり目に家を出て、のんびり車を走らせ、お昼前に魚津到着です。

                                             

早々、海を目指したけど、当然のように静かな海です。

同じ場所にミラージュランド(蜃気楼)なる、遊園地があったので、孫たちはそこで遊ばせることにしました。

どちらかと言えばショボイ、華やかさにはちょっと欠ける場所、でも孫たちは子供だもの、どんな場所でも「あれに乗りたい。」「あれで遊びたい。」とあっちこっち飛び回って、楽しんでましたよ。

                                                 

032 018

                                                    

食事は、娘が「ゴージャスなもんが食べたい。」って言うから、気持には添えないかもしれないけど、海の駅『蜃気楼』にて、 海の幸てんこ盛りの定食を注文しました。

044               

               

                  

                    

                    

                   

                         

                          

049

046

047

写真より実物のほうが美味しかった、新鮮さを感じた。

ホタルイカもプリプリで、お味噌汁は最高、富山のご飯はおいしいしね。

「浜のおばちゃんの店」って書いてあったけ・・・

夫と生ビールで乾杯、そっちも乾いた喉に浸みこんだわ~~

                                      

蜃気楼は、待てど待てど現れず、座り込んで待ったけど、今日は無理みたいだわ。

                                         

058

PCで、蜃気楼情報を流していて、今日は予報では出る可能性があるって書いてあったのに・・・・ここで撮影準備をしてる人は、もうマニアって言うような人、少しの水平線の変化も見逃さないらしい。

見てる方向を見るのだけど、私にはさっぱり分からへん。

068

水平線は、白い。

076

夫は待っている。

                                      

4時近くまで、根気強く待ったけど、時間もあるし、何時までも待つわけにもいかなくて、そろそろ帰ることに、帰りは高速でゆっくり運転です。

                                                  

082

083

行きも、射水市に入ると、正面に冬山が見えて、その美しさにときめく気分だが、この日はあいにく霞んでいて、よい写真がとれませんでした。

帰りは、砺波平野から望む立山連邦を堪能することが出来ました。

見てても見てても飽きない、だけど登ろうとは思わない山、なんだか凛として厳しそう、私なんか、無視されそうですよ。

また何時か、蜃気楼見に来ようね、お父さん・・・こんなセリフは何故だか出ない。

でも、楽しい一日だったよ。

                                               

家に着いたら、もう身体がジュワジュワだるかったけど、昨日買ってきたクリスマスローズを植えました。

この前来た時に植えたクリローは、大きくなっていました

来年まで元気にいてくれるだろうか・・・花をつけてくれるだろうか・・・

心配は尽きないけど、縁あって、私んちの子になったんよ、丈夫に育ってねと願わずにはいられません。

                                             

                                          

                                            

                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

                                                   

|
|

« 尾張から加賀へ、孫を訪ねて幾千里? | トップページ | セカンドハウスの庭&帰ってきました。 »

日々」カテゴリの記事

コメント

ちるみさんお帰りなさい♪
楽しいセカンドライフを堪能できたようですね。
やっぱり旦那さんもお孫ちゃん達がとってもかわいいんでしょうね。
遠い道のりを運転して行くんですもの
かわいい孫の顔を見れば疲れなんかなんのその(笑)

それにしても ちるみさんの好きそうなお料理ばかりですねdelicious

投稿: tomuta | 2012年5月 1日 (火) 00時21分

tomutaちゃんへ

おはようございます!

実は、家は家でもセカンドハウスに帰ったんですね。
今日、愛知に帰ります。

夫は、もう年ですから、高速も遠出も疲れるようです。
魚津には、娘の運転で、そのほうが楽ちんですもんね。
孫は可愛い、孫もたまにはばあちゃんばかりじゃなく、じいちゃんにも会いたいようです。
なかなか、都合がつかなくて一年に1~2度しか行ってあげていない・・・ですね。

今日も良い天気です。
またドライブの始まり、石川から愛知まで、3時間くらいだけど、のんびり帰りたいと思います。

投稿: ちるみ | 2012年5月 1日 (火) 07時42分

蜃気楼ですか?私も1度見てみたいな。

富山は日本海なので、太平洋側とは
違う魚がまた!美味しいのでしょうね。

雪山も綺麗ですね。
ちるみさん、季節を自然を満喫してますね。。

投稿: 風信子 | 2012年5月 1日 (火) 22時11分

風信子さんへ

日本海側は、何かが違いますね。
石川とさして変わらない景色でしたが、富山は山が近い。
雪山は、景色としてみれば、本当にきれいです。

食べ物も、美味しい。特に富山米は、雪水が溶けて流れて入ってるせいか、美味しいです。

季節を味わうのって、最高の贅沢です。
これで、蜃気楼が見られたら、言う事なかったのに・・・。
お出かけするって、気分が上昇して、元気になれる気がします。
ただのハイ???

二重のコメントは、消しておきますね。

投稿: ちるみ | 2012年5月 2日 (水) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201754/54598961

この記事へのトラックバック一覧です: 「蜃気楼」の見えるシーズンです:

« 尾張から加賀へ、孫を訪ねて幾千里? | トップページ | セカンドハウスの庭&帰ってきました。 »