« TVスポーツ観戦、フィギュア―・高校野球 | トップページ | あーちゃん展覧会・ひーちゃんも参加 »

私のブログのこだわりは、「これよ。」

ガンを告知されて、笑って受け入れ、お気楽に暮らせる人は、この世の中何人もいないだろう。

私も、普通の人のように、己の浅はかさはさておき、もう生きられないと嘆き悲しみ、精神のもろさを前面に出してただ泣いて暮らしていた、そして、その気持ちをぶつけるのは夫、毎夜のように、夫から受けたストレスが原因だとか、親戚の仕打ちが私に病巣を作ったとか、今思えば言いがかりでしかなかったけど、そう言うことで、少しだけ救われ、苦しさを転嫁させていた。

それも、狂わなかった私の逃場、心療科のない病院で、かろうじて病気を受け入れた私の弱さは、どこかで発散させなければ、その先の闘病に立ち向かう気力は生まれない。

被害者である夫は、時には泣いた・・・

私一人で死なせない、一緒に死ぬと・・・・

                                            

そんな私を救ったのはブログ、始めた頃は、どうしたらがんブログに辿りつけるか、それすらも分からず、一ヶ月くらい悶々として、夢中にもなれず数日おきに更新はしたけれど、意欲も失っていた。

夫の友人かからのコメントに、「おしゃべり!」と泣き叫んだこともあったけど。

PCの使い方も知らなかった私が、ブログを立ち上げ、肺がんを患いながらも、多くのガン患者の交流のために、がん友マップを開いてくださった場所にかろうじて辿りついた時、そこに登録するしか今後はないと思い、しがみついた。

そこが私の、がんであっても明るく生きられる原点だったと思う。

それまで、患者会などないし、がんについて話したこともなかった私に、ブログを通し友達が出来た、悲しい別れもあった、嬉しい出会いもあった。

何時ごろか、泣くことを忘れ、前向きに生きられるようになり、新たな別のがんを宣告されても、落ち着いて受け入れることが出来るようになっていた。

再発もしたけれど、初めのころのように、これが最後などと思うこともない、普通の病気のように、入院し手術し治療する、当たり前のように出来るようになった。

同病の人との交流が、生きる勇気をくれた、これからは、年齢を越え病気を越え、ブログを通して多くの人たちと交流していきたいと思っている。

そんな私だから、ブログにはこだわりがある。

                                               

まず、テンプレートは可愛いものが良い、固定したイメージは無い方がよい。

画面の色は、濃くてはいけない、黒などもってのほか、あくまでも明るい色がよい。今は白だけどね。

文章は、分かりやすく読みやすいのがよい。

字は、大きいほうがよい、目に優しいから(夫の希望でもある)

写真を入れたほうがよい。遊びも空間も必要です。

病気闘病ブログがスタートだから、暗くならないようにが最大の拘りでしょうか。

読みやすい、さっぱりしてる・・・・こんな褒め言葉は嬉しいです。

                                              

015                                              

    健康に感謝してビタミンカラーの花で閉めましょう。(エニシダ)

                                              

                                               

                                              

                                              

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

                                                

|
|

« TVスポーツ観戦、フィギュア―・高校野球 | トップページ | あーちゃん展覧会・ひーちゃんも参加 »

日々」カテゴリの記事

コメント

拝読し、心から感動しました。
辛い時を乗り越え、一段と人格を磨かれたあなたの生きざまは、本当に素敵。
私も同じ境遇に置かれたなら、あなたのようでありたい、としみじみ思いました。
文章も、素直な思いが吐露されていて、快く心に沁み入ります。

旦那さまも、お優しい方ですね。
今後も、きっと支えになって下さることでしょう。
辛い時には、ストレス発散で、ぶつけても許されるのが夫婦ですものね。

我の夫も、肝臓がんの再発も克服し、今は落ち着いた状態です。
お互いに、前向きな気持ちで、毎日を明るく過ごしてまいりましょうね。

私は、自分のブログを書くのが精いっぱいで、コメントはほとんどいたしませんが、いつも陰ながら応援しています。

投稿: かれん桜 | 2012年4月 2日 (月) 11時45分

追伸

私は素敵、という言葉が好きで、つい軽率に使ってしまいました。
あなたが味わってこられたご苦労を思い、素敵は余りに失礼な表現では、と思いました。
言葉足らずで、誠に申し訳ありません。
私がお伝えしたいことを、おくみ取りいただけますなら幸いに存じます。

投稿: かれん桜 | 2012年4月 2日 (月) 12時10分

かれん桜さんへ

初めまして、御訪問ありがとうございます。
私のしょうもない文章に、最大限のお言葉をいただき、恥ずかしいけど感激しています。
かれん桜さんは、書いても書いても、言葉がどんどん出てきて、記事更新に苦しむこともないでしょう?
私は、毎日悩んでいまして、夫にもヒントちょうだい!なんて言っているんですよ。
夫に書いてもらったものを、私の言葉にしてアップなんてこともありました。
だから、時々原点に返って、がんの想い出を書いているんです。
苦しまみれ・・・・です。

かれん桜さんも、御主人が私と同じ大病をされたのですね。
再発もとは、ご心配なさったことでしょう。
昔と違って、死の病からは少し遠のきましたが、まだ恐ろしい病気です。
私も、正直にいえば、再発の恐怖は何時もあるんです、触れないように、なった時に心配すればいい、そう思っています。

コメントをしないかれん桜さんに、こんなに長い言葉をいただいて、どんな顔をしたらいいのか・・。
素敵という言葉は、私も大好きです。
褒めていただいた素敵だもの、喜んでその言葉をいただきます。
ありがとう、これからもよろしくお願いいたします。
今が一番素敵と思って、明るく暮らしていきましょうね。happy01

投稿: ちるみ | 2012年4月 2日 (月) 17時19分

ちるみさん、私この記事読んで少し
泣けました。
ちるみさんも大変な思いで過ごして来たんですね。
今の明るさ、元気さもたくさん乗り越えてきたからこそなんですね。。
みんな、頑張ろうね、一緒に!

投稿: 風信子 | 2012年4月 3日 (火) 10時31分

風信子さんへ

初めはね、がんと言われたら、死ぬ病気と思うのが常識でしょう?
それを聞いて、たんたんと暮らしてはいけないよ。
誰にも言いたくなかったし、言わなかったの。
余計に自分を狭い範囲に閉じ込めて、悶々と暮らしていたんです。

ブログが、私を救ってくれたのは本当よ。
ブログを始めて、いろんな病友ができて、いっぱい話して笑って泣いてきたの。
そして、私は、本来の私に戻ったの。
もともと、元気で飛んだ考えをするおばちゃんだったし、にぎやかな人なんですよ。

風信子さん、ありがとう。
一緒に頑張ろうね、まず、風信子さんの入院、絶対、青空に祈るからね。

投稿: ちるみ | 2012年4月 3日 (火) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201754/54366364

この記事へのトラックバック一覧です: 私のブログのこだわりは、「これよ。」:

« TVスポーツ観戦、フィギュア―・高校野球 | トップページ | あーちゃん展覧会・ひーちゃんも参加 »