« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の29件の記事

暑くたってオフ会はいいよ~~

今日は、金沢にてお友達に会う日です。

もう紹介する必要も無くなった、私のブログでは常連の、白血病を克服して元気に日々を送っているちいさん。

色が白く、一見大人しく見えるけど、吉本バリのエンタ―テ―メント、面白い女性で話がつきません。

 

ランチからのスタート。

イタメシですよ~。

 

003


サラダから、ローストビーフ・ハム・生ハム・まぐろ・はも・までも入った豪華版。

007


石川の野菜金時草・ハマグリのクリームパスタ。

005


冷製コーンスープ。

008


平目のポワレ。

010


お好きな人にはタマラナイ、デザート。

パンとコーヒーと、お腹一杯、量は重めかな・・・・

 

 

食後は、ちいさんが金大附属病院に、全国病院で初めてコメダ珈琲店が出来たと言うので、見学に行きました。

この病院コーヒー店が3つも・・・もう多すぎ!

 

015


私の病院なんてね、食堂もなくなったし、喫茶なんて自販機だもんね。

 

この病院は、みーこさんが入院していたから、何度もお見舞いに行きました。

懐かしい場所、みーこさんがいたらなぁ~。

 

 

娘が、バトミントンの自主練に行くから、早く帰らないでって・・・・。

昔は、食事の後のながれのように行っていたカラオケに、2年ぶりに行くことにしました。

ちいさんの上手な歌も聞けるしね。

だって、猛暑よ暑いよ、居る場所なんてないし、冷房があって時間の間は自由で、その上歌も聞けるの、最高の場所じゃない?

私は、歌は・・・・からきしダメなんだ・・・。

でもね、ちいさんがリードしてくれたから、気分上々で歌わせてもらって、また来たくなりました。

 

019


ちいさんです。私よりウント若いのよ~。

今日も楽しかったね、ちいさんありがとう!

 

こうして、何時までも元気で会えることが、私たちの目標です。

回を重ねて、予後寿命を延ばしていきましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

海で遊んで想い出した・・・

石川の海は広い。

砂地はどこまでも続いている。

 

019
                                               

007_2


我は海の子、白波の・・・・・

 

018


どこまでもどこまでも浅瀬、波は大きい。

浮輪で波乗りが楽しいらしい。

 

017


砂浜では、肌を焼いてる人もいる。

このパンツ、私のお古だよ。

 

023


地球は丸かった。

 

私は、リンパ浮腫を防ぐため、手の甲まで隠すUVカットの上着をきて、重装備で海に入りました。

右腕は、乳がんの後遺症のため、リンパ液が少し溜まっていて太い。

もともと太陽アレルギーがあるので、皮膚炎になり易く、予防は必要なんです。

それでも海へ?

好きですねぇ~。

 

11年前、まだガンになっていなかった私は、勤めていた会社の人員整理に引っかかって退職を余儀なくされました。

21年ほど勤めた会社、この際御褒美にセレブのような旅行をしようって、友達に提案したら、「行こう!」って軽いお返事。

南インド洋にあるフランス領「モーリシャス」で、2週間滞在して、スポーツ・見学・グルメに興じました。

南アフリカの少年とゴルフをしたり、一緒に舞台観賞をしたり、初めての水上スキーやカヌーに挑戦したり、少女とプールで遊んだり、テニスをしたりゲームに参加したり、一日中あれこれ遊び続けていました。

食事はワイン飲み放題付きのバイキング、言葉なんて分からなかったけど、名前と挨拶だけで、なんとか困ることもなく友達になれ、別れる時は涙でお別れしました。

みんな、私のところにお別れの挨拶に来てくれて、ハグして・・・・・

 

このころは、今より痩せていて水着を着ても、恥ずかしくはなかった、外国の女性はやたら太っているので、私などかなり小柄、フランス人の奥様は、言葉が分からない私たちと会うと、「資生堂!」って挨拶をしてくれて、誰ともコミニュケ―ションが出来ました。

まるで夢のような日々から、まだ11年しか経っていないなんて嘘のようです。

その間に、娘の結婚・出産があり、私の3回のガン告知がありました。

見た目年齢も、いっときに進んだようで、面影もかなり変わってきました。

「病気にならなかったら、昔のようにもっと若かったのに・・・・」と娘は言います。

 

結論。

元気でピョンピョンしてるようだけど、かなりオババ化してるってこと。

体力もなく、少しの運動で息も切れるってこと。

これが、私の現状、ただし口は何時までも元気だよ!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

♪この水着、なんえん?♪

日曜日、海に行くことになりました。

と言うほどのことじゃないね、車で20分も走れば、日本海の砂浜に着きます。

海水浴は、遠浅なんでどこでもそこそこ出来るけど、婿は地元の人、好きな砂浜があるようです。

海水浴場は、店も出て賑わうけど、婿の行く場所は、何にもない砂浜だけが続く場所で、もう少し先は、砂浜を車で走れる有名な『千里浜海岸』があります。

 

私も、何回かは行ったことがあるけど、日向で待っているだけでは、余りにも詰まらないから、海に入ったらって娘が言いだして、「・・・・・・」

今日、水着を買いに行きました。

 

004


私は、胸がえぐれているので、前開きが大きいのは着られない、これはちょうど良し。

前ファスナーなので、乳パットも入れやすい。

それに色、楽しい模様だし、地もとてもストレッチが効いていて、ゆる感がない。

 

それが、ナントなんと、

♪その水着なんえん♪と歌うミスタードーナッツのぐっさんもビックリの、

 

1000円なんですよ。

 

デフレも、ここまで進んじゃいました、たぶん材料費のほうが高いわ。

 

私はもう年だし、そうそう着ることもないから、こんなお値段で充分だけど、社会はこれじゃ回っていかないんじゃないかと、ちょい心配してしまいました。

 

今日、私は年甲斐もなく水着になります。

もちろん、短パンをはいて、上着を着て・・・・日焼けは絶対気をつけます。

リンパ浮腫の腕は、日焼け禁物、取り返しのつかないことにはならないようにします。

 

ただいま、子供のようにはしゃいだ気持ちでなんですよ。

うん?曇ってる・・・・・そんなこと気にしない!気にしない!

 

「いってきま~~す!」

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                        

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

オリンピックから丑の日まで

猛烈に暑い、28日の始まりです。

 

朝は早くから、ずっとテレビを見ておりました。

オリンピックは、其々の競技も面白いけど、開会式の素晴らしさは見てお得です。

趣向を凝らした開会式の進行に、私の眠気まなこがだんだん覚睡して、聖火が聖火台の山に点火されたときは、「きれい!」「驚き!」参加国全ての聖火が集まって、大きな聖火になりました。

オリンピックが東京で開催された時、やっぱり感激したのか、まだ元気だった父が涙を浮かべているのを見ました。

中身は政治的だったり、汚職だったり、スポーツからかけ離れた部分もあるけど、オリンピックって、世界の普通の人々にとっては、何時までも平和のシンブルなんだと改めて思いました。

 

018


            フウセンカズラ、可愛い実がなっていました。

 

024


            ブラックベリーかな?

            黒くなったのを猫ババ・・・・「酸っぱい!!」

 

 

 

昨夜は、「土用の丑の日」

宝くじサマージャンボの、最後の販売日でもありました。

 

お店には、大量のうなぎが並べられて、お客の姿を待っています。

お値段は?高いですね~~~~

金沢の近江市場では、昨年より一本1000円上げさせてもらったと、ローカルニュースで言っていました。

それでも画像では、買い物の行列、「一年で一回だけだから・・・」「う~ん」

我が家は、近くのスーパーで、中型の鹿児島県産を2尾購入、安くはなかったけど、何時もなら2合しか食べないご飯が、今日は3合無くなったって、娘は笑っていました。

美味しかったのねぇ~。

うなぎ断ちしている私は、ブリ刺身を買ってブリ丼だよ。

これもなかなか美味でしたよ。

愛知から持ってきたぬか漬けに、ピッタリ合ったお食事でした。

お吸い物も美味しくて、「あんやとさん!」

 

Cocolog_oekaki_2012_07_28_09_57
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

最高の出来にな―れ『梅干し』

朝から、ギラギラ太陽、温度もぐんぐんあがっているようだ。

東北が梅雨明けをした。

 

これで、数日は快晴を望めるから、私の重い腰がやっとゴーサインを出しました。

 

002


今回は、梅に対して10パーセントの塩、普通は18~20パーセントだから、かなり少なめで、中の様子も見ないまま1か月愛知に帰っていたから、蓋を開けるのが恐ろしい気分だった。

前にも、カビが浮いていたことがあり、もしかしたら・・・・と思ったけど、開けたところきれいな赤い梅酢、大丈夫でした。

 

003_2


味はどうなのか、孫のあーちゃんが宿題の合間に一つ摘まんで、「酸っぱいけど、美味しい。」って。

「そうか、そうか、そりゃーよかった。」と喜ぶ私です。

 

005


陽にあたって、恥ずかしそうに赤くなって、この艶・この色、不味いわけないじゃん!

昨年は、ビックリするほど良い味だったけど、今年はどうかな、もう少しで出来上がります。

夫がよい評価を与えてくれるか、それは食べてからだね。

 

夫は、なんて言ったって梅とともに育った男、おやつは竹皮に包んだ梅だった。

お弁当は、日本男児だもの梅干し弁当、そして今も、白米には梅干し。

顔は梅干しのようなおじいちゃん・・・・・(本人は若いと思ってるけど)

 

私、そこまで梅干しファンじゃないよ~~~~

だから、梅干し顔のおばあちゃんじゃないよ~~~

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

ひまわりの花

テレビを見ていたら、ローカルニュースで保育園児が開園された「ひまわり園」に招待されたと放送していた。

今月末が見どころだそうだが、そんなに待ってはいられない。

天気もいいことだし、そこでは美味しいソフトクリームも売っている、「行こう!」

 

車で7~8分、同じ町内に5月に園児たちが種をまいた35万本のひまわりが、見事に開花した「ひまわり園」がある。

子供たちが大好きな迷路は、全長約1キロメートルもあり、途中にはクイズも。

 

006

大人は、インチキをして展望台へ。

 

007_5


果てまで、ひまわりが・・・・・

ひーちゃん、あーちゃんは何処だ!

 

016_2

ひまわりって夏の花だね。

大きくて強くて元気で、私も元気もりもりになっちゃいました。

 

013_2


私よりも大きなひまわり、迷路を歩いています。

 

風は少し吹いていたけど、暑い日だった・・・・

迷路を抜けたら、一目散に売店へ直行して、お約束のソフトクリームタイムです。

ここのソフトは、牛乳味が濃くて滑らかで、ソフト好きな夫も「うまい!」を連発する味、道の駅にもあるけど、行ったら必ず夏でも冬でも食べますよ。

 

022

028

こんなお店なんです。(娘だよ)

028_2美味しそうでしょう?

よだれがでそうでしょう?

 

氷もあるの。

 

 

 

 

 

ひまわりの絵を描こう!企画もあって、作品は金沢が誇る「21世紀美術館」に展示されるそうです。

孫たちも描いたけど、出来はいまいち、に、さん・・・・参加に意義あり、だね。

 

1日、また楽しい日を送れました。

ばあばは、健康いっぱいだよ、家に帰って、さすがに疲れお昼寝、夜も早めに就寝、万歩計は一万歩くらいだけど、暑さで二乗したような気分でした。

 

今日(26日)朝からギラギラ太陽、梅、干すよ~~~~!!!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

今時の冷蔵庫だよ♪

大きな冷蔵庫が、配達されてきた。

今までより、二まわりは大きいようで、娘の喜びようはマックス!

 

004


エコスィッチも付いていて、扉を長く空けておくと、警告音がでるそうだ。

ほんの少しでも電気が付いて、「早く早く。」と急かされる。

氷もコロコロ、一杯できる。

私の家には古い型しかなくて、なんの操作もついていない、こんな今時の冷蔵庫を買う日があるだろうか。

主婦の私が、使う日が来るだろうか。

 




005_4


               「これ、なんじゃ・・・・?」

 

006


               「高いなぁ~!」

 

007


               『ワイルドだぜ~~~~!」

 

お金持ちの方々には、大したことでもないけれど、娘家族は貧困家庭、これだけでも、すごい出来事です。

ところで・・・・・

明日からは、何を食べさせてくれるかしら???

卵かけごはん?納豆?毎日安い素麺?何?なに?・・・

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

思い出のカラスちゃん(*^-^)

鳥題材にもうひとつ。

 

私の、今じゃ想像もできない可愛らしい少女時代、自分で言ってどうするんだ。

今も昔も、色グロ・そばかすちゃんだったよ。

セーラー服のスカートをなびかせて通っていた私の通学路途中の家に、カラスが飼われていたのです。

簡単に木箱に金網を張って、表に何気なく置かれていました。

 

誰かが通るたびに、「オハヨウ!」

「オハヨー!」「オハヨー!」「オハヨー!」

振り返って、思わず可愛い~~~なんて言葉をかけ、美味しいプレゼントをあげたくなります。

 

ある日は、「バカ!」「バカヤロウ!」「バカ!」「バカヤロウ!」

振り返って、蹴飛ばしてやりたいよ。あら、お品が・・・恥ずかしい!

 

ここは、田舎の大田舎の高校の裏でして、その前を通る輩も、みんな田舎の高校生、きれいな言葉だって覚えるのに、こんなしょうもない言葉を教えるまだガキンチョなな男たち、カラスもそんな言葉が気にいったのか、思い出に残る最後は、「バカヤロウ!」しか言っていなかった・・・・・・。

 

ワタリガラス

カラスの頭の中身、言葉を教えた輩より上等でした。

 

公園の水飲み場で、水道をひねってるカラスを見ました。(テレビで)

魚釣りを見て、真似て棒を加えているカラスを見ました( 々 )

畑から、きゅうりを盗むカラスを見ました(ブログから)

我が家の上の空で、カラスがスズメを襲いました。

羽根が飛び散って・・・・・

 

カラスって、恐ろしい存在だけど、観察すると面白すぎる鳥です。

特集で、1時間番組を作れるくらい、物まね好きな鳥です。

 

好きにはなれないけど・・・・・

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

オスプレイとミサゴ

オスプレイ(ミサゴ)

どんな鳥かな?

 

ミサゴ

全長雄54センチ・雌64センチ。

全国の湖・沼・川・海岸に生息する留鳥。

頭は白く、過眼線は黒い。体の上面は黒褐色をしており、下面は白く、胸に黒褐色の帯がある。

翼は細長く、上面が黒褐色で下面が白地に褐色の斑点がある。

尾は短い。

木の枝・川・海岸に立っている抗の先に止まっている場合が多い。

魚を捕る時は、水面に急降下して捕える。

鳴き方は、チッチッチッと細い。

 

Pandion haliaetus

 

 

オスプレイと似ていますか?

 

ミサゴは魚を捕るだけだけ、オスプレイは垂直離着陸輸送機なんだそうだ。

これが、何だか空から落っこちてきそうで・・・・・危ない、不安になる。

安全であると、はっきりした結果が出てきてから日本に上陸すればいいのに、上陸してから結果が出てくるそうだ、ホントかいな。

 

昔、落ちてきた飛行機で大やけどをした女性がいた。

あんな事故は、まっぴら・・・・・

反対のデモをする人の気持ちがわかります。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

橋下さん、「こんな記事」気にしちゃあかんよ!

北陸行き「しらさぎ」に乗る時は、週刊誌を買う。

3時間弱の間、見慣れ過ぎた景色を見てるだけでは、退屈を解消できないから、軽い週刊誌の記事を、野次馬の心境で読むのは、興味諸共面白い時間つぶしだ。

私が買うのは、『週刊文春』か『週刊新潮』、女性誌は外の景色より退屈だ。

 

今週のトップ記事は、「橋下徹は、スチュワーデス姿の私を抱いた!」うん・・・・・

取りあえず読みだしたけど、アホくさくて途中でもうパス、これどうでもいい記事じゃない?

この女の狙いは何でしょうね、出版社からいただく謝礼?天下の橋下さんと付き合っていたという自惚れ?

私は「お水の世界」は知らないけど、お客さんとのことべらべらしゃべっちゃうのは、人間としても低レベルな女だと思うな。

そして、そんな女のノ―知性でも付き合っていた橋下さんは、女に愛など求めていない、軽く遊んでいただけです。

この記事を読んで、世間は「悪い女に手を出したんだね。」程度にしか受け止めません。

女、あなたは、女の私から見ても最低のレベル、おブスのおバカ、なんでしょう。

 

この女とお付き合いをしていたのは、芸能人弁護士をしていた時期、まだ府知事に立候補する前です。

これだけの面白い高収入の、男前の男じゃないですか、もてて当然だし、一つ二つの醜聞なんて、どの人にだって掘り起こせばあるのじゃないですか?

黙っていたって、誘惑は引きをとらないと思うけど、表ざたになったのは一つ、もう勲章として受け止めましょう。

市長の身で、こんな馬鹿なことをしていたなら問題だけど、昔の芸能人の時代にしていたことなど、公で裁くことじゃなくて、ただの不倫として家庭内のお話じゃない?

政治力があるカリスマな男を、こんなしょうもない女の追憶(バラし)で潰さないように、大きな目で見てて欲しいと、私個人は強く思っています。

橋下さん、ガンバりゃーよ。

信じられる政治家がいない現在、日本を変えてくれそうな可能性(微々でも)を秘めている貴方を、微力ではあるけど応援させていただきます。

 

 

何てたってね、顔の大きな男よりいいよ。

言ってることも、美辞麗句は言わなくてストレート、何が出来るかは未知数だけど、期待は充分もてます。

成長して行って、最後はテッペン・・・・いいじゃないですか。

 

002


定番、虫の写真。

『スィッチョン』と呼ぶけれど、本名は?

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

野菜君頑張れ・桔梗ちゃん癒してね。

またまた、ロングお昼寝タイムを決行していました。

暑さと、昨日のブラブラ歩きで、疲労が溜まっていたのですね。

 

セカンドハウスに来たのは約一か月ぶり、前回来た時に植えた野菜、少しは成長していると思っていたのに、もうがっかり、メチャがっかりだよ。

 

015


きゅうりは、これで4本目らしいけど、1本ずつしか収穫できないとは・・・・。

 

017


ゴーヤは、お初がこんな大きさ、スーパーには大きなもんが売ってるのに。

 

トマトも5~6個の収穫、こんなんじゃ大枚8千円も投入して無駄になっちゃうじゃん。

もう頑張れ!私の野菜達頑張ったりん!三河弁まで出ちゃったよ。

 

 

 

012

キキョウは、毎年咲いてくれます。

014

この青い色、暑い盛りに見事な清涼感を演出してくれます。

周囲だけ、涼しげ・・・・・・

浴衣美人が似合う花ですね。

 

013_5

 

 

 

                                              

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

サイゼリアでランチですよ♪

朝9時から、娘は小学校へ通知表を受け取りに、成績は・・・・・まぁ元気が一番ね。

孫たちは夏休み初日、あーちゃんは算盤塾にでかけました。

 

みんな帰って揃ったら、今日は壊れてしまった(野菜が腐るの・・・)冷蔵庫を、金沢の量販店で見て、気にいったら購入する予定です。

今使ってるのは、結婚した時に私が買ってあげたもの、まだ9年しかたっていないのに、調子が悪いこと、きっと当たりが外れたんです。

今度のは、見た目もスマートで重厚で、娘も気に入りまして予約をしてきました。

この暑さの中、冷蔵庫を信用出来なかったら、買い物にも苦労します。

娘よ、もう少しの辛抱だね。

 

ランチは、孫を含めて4人、サイゼリアでお好きな物を・・・・って、良く食べるね。

 

001シェフサラダ。

シーザーサラダです。

299円也

 

 

 

 

008_5


エスカルゴのオーブン焼き。

オリーブオイルとバジルの味でした。コリコリ・・・

399円也。

009


ミックスグリル、ひーちゃんと娘が注文。

私も少しだけ、599円也。

010


エビと小柱のドリア、あーちゃんが注文。

私も少しだけ味見、499円也。

006
ガーリックトースト。

これ美味しい!

159円也。

 

 

 

 

パルマ風スパゲティ・ドリンクバー・生中を1杯、スパゲティだけ残してしまったけど、お腹が苦しいほど一杯になりました。

一口目美味しい! やがて、くどくなって胃があぐねる、そのパターンのお店、若者・子供にピッタリで、私には少々重たかったです。

 

そのあとは、お買い物で歩かされて、「老人虐待!」なんて毒づきながら、足を引きずり右へ、左へ・・・・・。

こんなときに何時も思うことは、万歩計をつけてなかったこと、どれだけ歩いたか数字を見れば、もっと驚愕するんじゃないかしら、その気持ちも味わいたかった。

家に帰ったら、疲れてしまってバタンキュー、外が暗くなるまで寝ていました。

一日、動いた日だった。

 

夕食は、コロッケ・サラダ・鶏肉軟骨揚げ・しいたけ焼き、ご飯はパスしました。

今夜は、久しぶりに内職でも手伝おうかな・・・・happy01

 

 

 

 

 


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

いや~~暑いねぇ(@Д@;

今日から、セカンドハウスライフスタートです♪

愛知は、メチャ暑いから逃げてきたのに、何故~~こっちもメチャ暑いのです。

石川に来出してから9年余りになるけど、初めて私の部屋のクーラーを回しています。

リビングはクーラーを入れるけど、暑がりの私でも自分の部屋のクーラーを使うことがなかったので、今日は新品のクーラー初始動ってことになります。

体力にイマイチ自信のない私、熱射病になったのではいただけないので、我慢はし過ぎない方がいいですね。

 

孫たちが、バドミントン教室に行っている静かなこの時間にブログチェックして、こちらに来ましたよ・・・なんて記事更新です。

とくに、話題もないのですが・・・・・

今日は終業式でしたから、明日からは夏休みです。

一緒にうんと楽しませてもらいましょう!

 

ここ数日は、毎日ランチはお外でした。

大須でのカレーは写真を撮っていないのですが、(撮る価値なし)

 

001


昨日の分は撮りました。

美味しくなかったけど、一応残さずいただきました。

夫も摘まんでもらってね、980円。

 

004


今日は、イオン内にある「ミスド」で冷やし中華。

007+肉まん・しゅうまい・

海老餃子・飲み物で

680円。

意外に美味しいのよ。

 

 

005_3

これなんだっけ・・・ラ―油が効いていました。

006+海老餃子・しゅうまい・

ちまき・飲み物で680円。

これも、それなりに。

ちなみに上は、娘。

下は、私。

 

 

 

夕食は、肉じゃがを作ってくれました。

枝豆は、おつまみ。

 

あぁ~今日からは、上げ膳据え膳、掃除も洗濯も娘任せで、のんびり・のんび~~り出来ます

極楽じゃねぇ~~。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

校長先生ってね・・・・(いじめののお話)

いじめ問題、ニュースやワイドショーで取り上げられています。

これは非常に良い事、世間の人に知らせることが、問題を掘り下げ解決に向かうきっかけになることだと、多くの意見を聞いていてそう思います。

この大津事件、9ヶ月も過ぎてから報道に火が点きました。

もしワイドショーで取り上げなかったら・・・・・

いじめた子は、転校したり口をつぐんだりして、今までと変わらない生活、そのまま卒業、「あいつ、いじめたら死んじゃったな、バカなヤツ・・・・」程度の感覚で、悪い事の感覚もないまま、普通に大人になり、どこかの大企業に勤め、いっぱしの社会人の顔で生きていったんだろうなって、恐ろしいほどの想像をしています。

だって、いじめ問題はなかったと、その頃は判断されていたのですから、闇へ闇へと隠され、何もなかったことと処理されていたはずです。

加害者の親も子も、いじめであることを認めず、遊んでいただけと言っている現状では、誰が思っても罪はもみ消され、無かった事になることは、当たり前ですね。

そうなっていたかもしれない事件、その内容が今、明かされているわけです。

                                             

聞けば聞くほど恐ろしい・・・・・

                                              

                                             

私の孫が、小学校へ入学して夏休み前、下校時間もとうに過ぎているのに帰ってこない孫に、心配になり娘はお迎えに出かけました。

家から車で数分のところの丘で、上級生に囲まれた孫を見つけました。

丘の下には、一緒に帰ってきた友達が立ちすくんでいたそうです。

娘は、普段はそう話すほうではないけど、子供の事はとことん守るっていう気構えがあります。

「こら~~~~!」

何をしているか聞いたところ、ズボンからシャツが出ていてだらしないから注意をしていた、そう答えたそうです。

孫は、身体は大きいけど弱虫だから、泣いていました。

理由はともあれ、友達から離し、高い位置まで連れて行き注意とは、しかも新入生にです。

娘は、「あんた達の名前は?」書き留めました。

もうしないと、約束もさせました。

                                          

翌日、学校に電話をして、校長先生にあったことを伝えました。

校長先生の言葉は・・・・・

「その子達は、そんなことをする子達じゃないですよ。とても良い生徒達です。」

「???」

娘は、目の前で注意かもしれないけど、泣かせている現場を見ているのです。

                                         

これは、まだいじめまではいっていないかもしれないけど、序の口じゃないかと思いました。

そして、先生の対応も、学校で言う良い子が、その場所を離れると結構いじめをしていると言う事は、私も何度か聞いています。

しかし学校は、良い子はあくまでも良い子、その子が良い子でいることに疲れたら、どこかでストレスを発散していることを知らないのです。

ストレートに助長していったら、学校はいじめと言う闇を育てている環境にあると、私は警鐘を送ります。

孫は、時々言います。

「何とかちゃんのお兄ちゃん、またいじめられとった・・・見たよ。」

                                            

いじめは、大津だけじゃない、学校の数だけ、学年の数だけ、学級の数だけ、その内容はたわいもないものまで含めてあります。

                                          

親は、学校から五月蠅いと思われても、手遅れにならないうちに、どんどんいじめられていたら、言っていきましょう。

怪我を受けたら、相手方の親に注意をうながしましょう。

守れるのは、親だけかもしれません。

早目、早めに貴女の出来ることを!

                                                 

Img_8058

葡萄の季節になりました。

                                          

                                         

                                         

                                           

                                         

                                          

                                          

                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                            

                                              

                                          

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

ヤモリ君と青大将

我が家には、可愛いヤモリちゃんが住んでいます。

玄関の電気に群がる小虫が好物なんですね、2匹3匹・・・・・

                                     

Img_8064

ヤモリは、その家を守っていてくれるという言い伝えがあって、住み着く家は幸せだと言うけれど、我が家はどうかなぁ~。

                                              

Img_8068

夫の生まれた地方は、ヤモリのことを『しちぶ』と呼ぶのだそう、意味は知らなかったので調べたら、噛まれると毒が廻り腕の七分をとられるからだって、これは言い伝えだけど間違い、ヤモリには毒はありません。

                                         

Img_8065

黒いヤモリは、家の中から撮りました、逆光で。

外からだと、格子の隙間に吸盤でへばりついています。

                                           

30分ほどして、外へ出てみたら、

                                      

Img_8069

ヤモリを狙って登ってきたのか、玄関燈の上に青大将の子供がいました。

私、初めは丸くなっていたので、ヤモリの塊かと間違えて、夫を呼んだのです。

「うん、うん・・・おい!これは蛇だ~~~」

                                      

外ほうきで落として、おっぽりだしました。

はい、夫も私も蛇は大嫌い、見ただけでゾゾ毛立ちます。

お腹は膨らんでいなかったから、ヤモリは飲み込んでいなかったようです。

                                           

惨事は免れたね。happy01heart01

                                        

蛇が、壁を登ってくるなんて、初めて知りました。

一階の窓は、閉めとこ・・・・・・・。

                                         

                                       

                                          

                                     

                                         

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                            

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

大須商店街へ行った

夫が、オーディオのアンプが故障したのを直してもらうため、大須へ行くという。

私は、行っても行かなくても構わないけど、家にへばりついてるだけでは、足が弱っちゃうので、散歩のつもりで付いていく事にした。

                                      

Img_8031

名古屋高速、晴れて暑い日。

ギラギラした太陽がまぶしいよ。

高速を使えば、10分ほどで栄に着き、大須まではもう見えている。

                                           

年間、何度も行く大須は、名古屋独特の商店街で、店が約1200店舗、アーケードになった通りが9つある。

全部を廻ろうとしても、一日ではさっとしか廻れない、お店を覗いていたら、時間はどれだけあっても足らない。

                                          

Img_8061

まずは、そこそこに置いてあるマップを手に取り、行きたいお店を決めるのが一番合理的だけど、私の目的は歩く事にあるので、端から端まで、両側のお店を外から眺めるだけで、ひたすら歩きます。

                                       

Img_8040

Img_8041

Img_8043

Img_8047

Img_8048

                                          

雑多な町、外国にもこんな所があるよね。

私が行ったベトナムにもあったけど、大須は何でも無いものはないほど売っていて、食べ物も国際食、屋台の前に椅子が置いてあり、そこで美味しそうに食べてる若者が多いです。

                                          

Img_8054

Img_8057

上のイタリアン、ピザが美味しいと評判で、長い行列が・・・・

下の店は、洋食屋さん。

入ったけど、満員で・・・・・

                                        

寂しく、カレーを食べて帰りました。cafe

                                      

何度行っても飽きないけど、今日は暑くて、屋根はあっても汗だくになりました。

こんな日は、やっぱり家でのんびりが、私らしいよ。

あ~~~ぁ、疲れた。

                                       

                                           

                                                

                                              

                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                                

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

*糠漬け美味しいよ*

これからは、路地物の野菜が大量に出回る季節だから、糠漬けをはじめる事にしました。

愛知は、ジュクジュク蒸し暑い地域、すぐ酸っぱくなっちゃって何度も失敗しているから、冬の白菜漬けのようにスイスイとは、重い腰がなかなか上がらなかったけどね。

実は金沢の帰りに、駅の百番街にある能登の食材で作る自然食弁当を買ったついでに、重たいかなと思ったけど、配合も済みすぐ漬けられる糠床を合わせて購入しました。

                                           

Img_8030

                                          

家について、きゅうりを薄塩でさすってから漬け込んだけど、初めの内は味が硬かったのね、糠の匂いも強く、失敗したかな、なんて思ったり。

今日で25日になるけど、最近味が丸くなって、とても美味しくなってきたのです。

塩気もやんわりで、塩分過多を心配しなくてもいいし、乳酸菌がたっぷり、身体にメチャメチャ良いと思いませんか?

その上、水分でべとべとになることもなく、元気な糠床なんですよ。

暑くなってきたので冷蔵庫に入れていますが、まだしっかりと使えそう、お得な買い物でした。

                                                

Img_8028

                                          

「人参なんか漬けるか?」

夫の言葉もなんのその、私はポリポリ音を立てて味わっています。

「美味しい~~~~」

                                       

毎日、空気を入れるようにかき混ぜなければいけないから、今度セカンドハウスに行くときは、コロコロがついたスーツケースに入れて連れていきます。

バナナみたいに大きなきゅうりが出来てるって、娘よりメールあり、糠のプールに入りましょうね。

楽しみ、楽しみ。

                                         

                                              

                                      

                                            

                                         

                                                

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                         

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

やっぱり本が好き♪

家から5分のところにあった図書館が、貸し出しを止めてから久しく、本を読む機会がとことん減っておりました。

同じペースで読むとなると、買ってまでは読むことも出来ず、我慢して時々仕入れる数冊でわが身を抑えておりましたけど、これ本好きなものとしたら辛いことですね。

でもでもやっと、町が合併して市になり、各町に一つずつあったちんまりした図書館が、大きな図書館に生まれ変わり開館の日を迎えることになりました。

少し遠いけど、歩いて30分、車で数分で行かれて、我が家から見れば今までよりは不便だけど本の数は数万冊、その場で10冊も借りる事が出来ます。

                                       

開館日、夫の運転で出かけました。

「ありゃ~~~~~!」

この市に、こんなに大勢の本好きがいたっけか・・・ちんまりした図書館では、何時も2~3人にしか会うこともなく、そんな図書館が4つ集まっただけなのに・・・・・

2つある駐車場は満杯で、整理人まで登場、そして満員だからすみませんと断られました。

もちろん、記念品なんてないですよ。(勘違いしてないよね(^-^;)

                                             

買い物を先に済ませて、もう一度帰りに寄ってみたけど満車状態のままでした。

この日は、心を残しながら諦めて、家に帰りました。

                                             

改めて数日過ぎた平日、開館時間5分前に行ったところ10人ほどの待ち人、ガラガラで即入館できました。

                                                

Img_8005

Img_8008

玄関ホールからガラス越しに、鯉の泳ぐ姿が見えます。

「錦鯉?何万かな?」えげつないね。

                                         

1階は、受付と児童書が多く並び、2階に文学書・趣味等の本がゆったり過ぎるほど空間をあけて並べられておりました。

私が借りたいと思っていた本は、人気がありますから、その作者の欄全てが空っぽ、仕方がないので適当に好きな作家の本を物色して借りてきました。

一日一冊、かなり飛ばして読んでおります。

                                      

桐野夏生『IN』『ナニカアル』

内田康夫『中央構造体』

手塚治虫『どろろ』漫画3冊

ターシャ・テューダー『ターシャのスケッチブック』『喜びの泉』

                                       

Img_8017

Img_8021

Img_8020

                                          

お天気も悪いからさして予定もないし、ただいま本を読んだり眺めたり、

忙しい一時を過ごしています。

                                      

孫が夏休みに入るから、そろそろセカンドハウスにも行かなきゃいけないし、気ばかりが焦るこの頃です。

楽しい予定は、私を元気にしてくれるから、歓迎ですけどね。

                                           

雨・・・・・ひととこだけに降らんと、乾燥地帯に降ればいいのに。

そうしたら憎まれなくて、喜ばれる。

災害を防ぐ手はないのでしょうか・・・・・・お気の毒で・・・m(_ _)m

                                            

                                              

                                          

                                            

                                       

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                       

                                           

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

いじめた子・・・・・

朝はパン♪

                                    

食べ終わって、PCを開いたら、夫が声を掛けてくる。

「見たかもしれんが・・・・」

「見てへんよ。」

夫は、You Tubuの猫動画をよく見ているけど、私は殆ど見ることもない。

                                         

夫が誘導してくれた動画は、あの滋賀県イジメ自殺の、加害者のまとめなるものだった。

そこには、いじめた子の顔・親・家の情報がアップされていた。

どこにもいる、生まれの良さそうな優しい顔の少年、悪い事などしそうもない子供の顔がアップされている。

主犯格の父親は、23年当時の◎TA会長。

教育委員会委員長・校長・◎TA会長、三者が集まれば、いじめ問題など封じ込めると判断したことが容易に判断される。

子供はすでに、転校していてその学校の名前・電話番号も公にされていた。

                                          

加害者の子供を、守ろうとしている意図が見える。

環境を変えれば、きっと出来のよい生徒だと思うから、りっぱに成長してくれるだろうと、思ったに違いない。

でも、間違っているよ。

加害者の子が、どんなことを自殺した子にしたか、たくさんの罪が並んでいる。

どの罪も、大人だったら刑事事件になりうるもの、何時か忘れてくれるじゃ済まされない。

                                             

最初に罪を認めて謝っていたら、ここまで日本中を巻き込むニュースにはならなかったと思う。

何もなかったことにした、これが一番悪かった。

                                          

加害者の子は、親の望む大人にはなれない。

悪い事をしても、うまく逃れれば大丈夫だよ、そう学んだ。

                                   

警察の強制捜査も入ってしまった。

夏休み中には、あらかたの事は決着がつくだろう。

こうなる前に、加害者の子のまわりの大人は、悪い事を正させることが出来なかったのか、今の世の中、『長』たる名前が付く役職に全く品がない。

                                         

私は、子供を亡くした親の気持ちが痛いほどわかる。

しかも理不尽に・・・・・・・私だったら許さない、忘れない。

                                           

Cocolog_oekaki_2012_07_13_09_57

                                                

                                            

                                             

                                           

                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                            

                                        

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

投稿1000回記念日、やったね♪

1000回記事投稿記念日は、感謝の気持ちで埋め尽くそうsign03

                                            

ゆうゆうさん・キャンディさん・おさるさん・プリプリさん・ganbaさん。

はなちゃん・CooSoraさん・himikoさん・よつばさん・れんぎょうさん。

Himawaripapaさん・花ハナちゃん・ちなつさん・ふうままさん。

ちこちこさん・ななさん・dekoちゃん。yukiちゃん・mimosaさん。

フェリーチェさん・鳴海さん・瞳ちゃん・きみちゃん・グランべリーさん。

ぽたちゃん・ちいさん・みーこさん・Keikoさん・NONさん・sumireさん。

ピュア君・sanaeさん・まさびさん・サバイバーさん・メヌエットさん。

せいちゃん・ふうこさん・yukkyさん・夢かあさん・ミスリムさん。

桂さん・はるこさん・ホワイトタイガーさん・たえこさんtomutaちゃん。

風信子さん・ゆうまるさん・やっちさん・daisyさん・なみさん。

すまっぺさん・かこさん・mapusuさん・kotaちゃん・詩乃さん。

みゆみゆさん・ぶけままさん・きらりさん・メロディさん・ちゃこらさん。

がんこさん・ひめきちさん・yukiyukiminさん・ioちゃん・あーやさん。

モリダクさんみぃこさん・のあさん・ほっぺさん・かよんぼさん。

でいごさん・るるさん・しょこらろーずさん・かれん桜さん・夢路さん。

バラさん・リンリンさん・しろさん・そらまめさん。

まだまだ、短い縁だった人など、たくさんの人に支えられた1000回記念です。

                                                                                                      

ありがとうございました。

                                                                                                         

                                    

(私の不注意でお名前を掲載されてない、なんてこともあるかもしれません。

  そのときは、本当にごめんなさい。m(_ _)m)

                                            

                               名前順不同

                                             

                                                

          Img_8009

          ターシャ・テューダーのスケッチブックから。

                                             

                                            

                                          

                                            

                                             

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ                                            

| | コメント (35) | トラックバック (0)
|

ブログ開始・999回目記事投稿

この記事は、ブログを始めてから数えて、999回目になります。

2007年1月25日、ガンの方のブログを毎日巡り、その内容を知るにつけ、私も始めたい、ガンのことを隠さなくても話せる友達が欲しい、そんなことばかりを考えるようになりました。

そのときも私は、ゲームをやることはしていたけど、PCで文字を打つことも、PCを普通に使う要素も何も知らず、どうしたらブログを立ち上げることが出来るのか暗中模索の中で、ただブログを作るをプチッとして、その案内のままに文字を一文字一文字中指一本で打ち込み、どうにかブログを作ることに成功したのです。

いざ、記事を書こうにも、ほんの数行でも時間がかかること、ローマ字で始めたけれど、文字のキーの位置も一つ一つ探して、硬くなりながら打ち込みました。

初めての記事『初めの一歩』はそんな、苦労の中でスタートした短文の記事です。

                                            

ところが、ガンの友達と知り合いたいと思ってブログを始めたのに、私のところに来てくださる人は、猫の好きな人ばかり、求めてないのに・・・・・・

どうしてかしらと思ったら、私の選んだテンプレートが猫友につながっていたんですね。

猫友に何の恨みもないけど、テンプレートを即効替えました。

リンクを貼るのも知らない頃、あの時の猫友さんとは縁も切れて遠くなってしまいました。

私の目的ばかりを追っていた時の事、今思えば失礼なことばかりしていたのですが、そのときは、気づきもしませんでした。

ガンのことを、毎日考え絶望の中で暮していたのだから、ゆとりがなかったのですね、改めて失礼を謝りたいと思います。

                                                 

しばらくしてガンのリンク集を知り、そこに登録しました。

その日から、一人ひとりと、私のブログに乳がんの方が尋ねてくださるようになり、私もまた友達になって欲しくて気の合いそうなブログの方に、コメントを書き込みました。

8ヶ月くらいたってから、同じ地区の方とお初に逢う事が出来、ランチをしながらお話をしました。

10ヶ月くらいたってから、金沢地区の方にも声をかけ、楽しい時間を持つことが出来ました。

そこから、私は生まれ変わったように、根暗で引きこもっていた自分と卒業して、前を見て歩いて行けるようになりました。

関西にも出かけました。

今は、ガンは辛い経験だけど、ガンになったからこそ、素敵なお友達がいっぱい出来た、それが嬉しくてたまらない私です。

                                             

ガンになったから、ブログを始めた。

ブログを始めたから、お友達が出来た。

                                         

そして、5年余命が30パーセント程度の進行がんだったのに、6年たっても元気で生きてる、免疫を溢れるほど貰ったと思う。

私にとって、ブログは生きて行く為に必要な場所であり、張り合いを植えつけてくれる場所でもあったのです。

                                           

これからは、こんな病歴でも長く生きられるんだよって、多くの人に勇気を与えたいと思っています。

心細い一人のガンを患った女が、前を向けるようになった、それだけでもこの数年の闘いは、ブログを書くこと、励まされる事で、救われてきたのです。

                                               

ブログって、いいね。

                                         

2007年1月25日、私のブログ人生スタートの日です。

                                      

             Cocolog_oekaki_2012_07_10_09_11                          

                                          

                                     

                                       

                                         

                                      

                                                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

7月7日は大切な日です。

七夕の日は、天気予報によると全国的に雨でした。

                                         

朝は雨こそ降っていなかったけど、どんよりした空、天の川を渡る彦星・織姫の逢瀬は難しいかなと思ったけど、お昼頃から爽やかな風が吹き始め、空は見る間に青空で空気が澄んでいます。

                                           

Img_7998

逢えたね・・・・・・heart02

                                       

7月7日。

39年前、乾燥して埃っぽい匂いの日、私は子供を出産しました。

家で、上の子をビニールプールで遊ばせていた時、破水が軽くあって病院へ、2時間もしない間に産声を聞きました。

まさしく安産、上の子は帝王切開だったのに、二人目はこんなに楽だなんて、幸せでした。

                                           

                                                 

今日の天気予報。

                                            

Img_8001                                                

             雨降りで、天気悪そうですね。

           青空なんて、望めそうもないですね。

                                       

Img_8003

でも、でも・・・・・                                           

ホントはね、こんなに晴れています。

いっぱい洗濯しました、風に揺れて気持ちよさげだよ。

                                               

7月7日に生まれた子は、19才7ヶ月で旅立ってしまいました。

「今年で、幾つ・・・だよ。」

「亡くなった子の年を数えるな・・・。」

                                            

ちょうど、今いる猫ちゃんは、息子の亡くなった前月に生まれました。

年齢を数えやすくて・・・・・悲しいね。

                                           

                                       

                                            

                                        

                                         

                                        

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                           

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

夫大盛り・私は小盛りで文句たらたら

ご飯茶碗は夫のほうが大振りで、当然私より多く食べます。

ご飯の量は、世間で言ったら少ない方ですね、夫婦で一日1合を、2回に分けて食べています。

だから、普通に食べている時には文句が出ないけど、カレーとかチャーハン、丼物を作った時に、何時も最後のほうでブツブツ・・・。

理由は、残す正当性を主張することにあります。

私は、当然のように自分のほうは少なく、夫に多めに盛りますね。

男だし、背が私より大きいし、外で動くからお腹も空くと思うのです。

なのに・・・・・

私が食べ終わる頃に、「お前、どんだけ盛ったんだ~!」

まぁ、少しばかり残しても、始末に困るから入れちゃうんですけどね。

「残せばいいじゃん。」

年を取ってからの一口余分は、脂肪を溜めるに決まってるし、残してもいいって言うのだけど、ブツブツ・・・・はい、私が残りを食べています。

私の場合は、腹7分くらいで止めてるから、食べる事が出来るの、でもね、運動量が少ないから、カロリー消費をしなくて、やっぱり脂肪に変わるんだよね。

迷惑ですよ~~~。

もうすぐ、夫と体重が同じになり、追い越すかも、身長は15センチも違うのに~~。

                                              

最近、60才以上の家庭では、朝食はパンがご飯を逆転したのですってね。

日本人は、今コメよりパンの消費が多いのだそうです。

日本なのに、日本人なのに、どうしてかなと我が家のコメとパンの消費を調べてみました。

〔一月分〕

パン・・・・・・・食パン5枚・月12袋、ドッグパン2袋。2000円くらいかな。

コメ・・・・・・・・3キロ弱。1500円くらいかな。

パンもコメも、お値段はいろいろだけど、我が家もパンが多かったです。

なるほどね、コメを食べなくなったね。

                                        

Img_7996

                                         

今年初のとうもろこし。

子供の時は「ツトキビ」って言っていました。

                                            

                                            

                                              

                                              

                                             

                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

                                     

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

三保の『はちまきいし』

今日はパラパラ雨、雷もゴロゴロ。

                                   

昨日の続きだけど、ころんと石が本棚に置いてある。

「これいるの??」

「それははちまきいしと言って珍しいもんだ。50万円位するよ。」

「!」怪しい。

                                       

Img_7995

一周、この白い線が廻っています。

                                               

『はちまきいし』

砂岩や泥岩の地層の割れ目に、石英成分がしみこみ結晶が出来たもの。

石英は、まわりの石より硬いため削られ難く、はちまきは石英の部分が残ったもの。

石英は鉄より硬い。川で流され丸くなる。

                                           

検索したら、三保の海岸の砂浜に、たくさん転がっていました。

ということは、嘘~~~~ただの石です。

大体、貧人の我が家に、そんな高価なものがあるはずないよね~。

                                    

はちまきにあやかって、合格祈願のお守りにされるそうですよ。

                                         

                                   

                                            

                                       

                                          

 

                                       

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

                                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

片づけがお気に召さぬとは・・・・・

曇り空。

思いつきの名人の私は、部屋中を見回して、「ヨッシャ!」今日は、片付け屋に変身しよう。

ゴミ袋を持ってきて、溜まってしまった封書を破る・切る、その繰り返しで1時間くらいかかって、次は、ガラクタ整理。

写真などの固まりは、ついつい見ちゃって、「この頃の私は若いな・・・」ふふ自己満足、ほんの数年前なのに、顔が変わってるのね。

病気は、私の面影を変えてしまったみたい、娘がいうのよ。

「お母さん、年より若く見えたのに、今じゃ婆さんになっちゃったね~。」

でもね、中身までは変わってないよ、だから、強気で生きてます。

                                         

たくさんのゴミ、我が家はゴミと一緒に暮しています、なんちゃってね。

夫は、ガラクタが捨てられない人で、壊れた眼鏡が3~5個、ネジやら釘やら、やらやら・・・・・・

帰って、部屋を見てゴミ袋を覗いて、「何を捨てた!」と調べ始めます。

だから、片付けたくないのよ、文句ばっかり言われてさ。

私は、ホントは家具も物も最低限しかいらない人、普通の人の家にあって我が家に無いもの、いっぱいあります。

なくても生活できるもんね。

                                            

10年位前に一度、本を片付けたら、縛ってあった本を解いて、また元に返しました。

私の本は、500冊くらい処分されたのにね。

いいけど、空の上には本なんて持っていけないし・・・ね。

                                             

明日は、あそこも片付けよう!

ここは触るな!

                                        

また、のんびり外の風にあたり、コーヒーを飲みながら、夫の大嫌いな韓流ドラマの録画でも見ましょう。

あんまり、働かないほうがいいみたいですよ。

                                          

                                              

お昼は一人ランチ。

                                             

Img_7992

冷凍のちゃんぽんをいただきました。

美味しかったわ~~~~

                                    

                                       

                                          

                                            

                                          

                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

退屈な私の日常&猫

素晴らしい青空です。

昨日は、ジャジャ降りで、一昨日は晴天、その前は大雨・・・・一日置きに天気が変わってるけど、こんなふうに気持ちも日替わりしたら、苦しいときは楽だろうな。

落ち込んで落ち込んで、どっぷり深い穴に落ちるより、落ちたり登ったりのほうが、大事にはならないような気がするけど、楽しいときは、あ、ダメダメ続かないとね。

何時も、身勝手な私です。

                                              

Img_7986

青空散歩をしてきました。

暑い!日差しは強い日です。(予想気温32度)

                                     

Img_7987

ラズベリーが、道路側に飛び出したご近所の家。

美味しそうネェ~~

                                          

お散歩は、暑いと続きません。

家の周りを一周して、はい終わり、日焼けはリンパ液が溜まってる私の腕には要注意なんです。

なんてたって、右と左で周囲が3センチも違うんですから・・・・・

パツンパツンの右半袖口、ゆるゆる左袖口、なんですよ。

リンパ浮腫っていう症状なんだけど、それほど問題もなし、命に別状ないからね。

                                          

                                     

Img_7982                                              

我が家の老婆猫、冬の時期は寝てばかりで、もうダメかななんて思っていたけど、階段も上がれるようになりました。

食欲も旺盛で、ガツガツ食べるけど、戻しちゃうんだよね。

でも、痩せていません。

今年19才、母親も姉妹3匹もとうに亡くなり、一匹だけ残されて寂しい生活を送っています。

この子は、どうしてか飼い主である私たちを信頼していなくて、逃げてばかりいます。

いつまでも・・・・いつまでも・・・・いやになっちゃうな。

苛めたことはないけどね、気の小さな猫です。

                                             

可愛さは、今まで飼った子の半分(?)かしら。

しょうがないよね、懐かないもん。

                                      

たくさんの洗濯物が揺れています。

何時もと変わらない、日常のひとこま、内容もないダラダラ文になってしまいました。                                       

                                      

                                       

                                       

                                           

                                          

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

                                                

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

雨に咲く花~ゆり・コスモス

雨降りです、大雨降りの日です。

それなのに、新聞を読んでいたら・・・「ここへ行きたい!」って声を出していました。

河川の氾濫で被害を出した同じ市内に、みずとぴぁ庄内という施設が出来て、そこの堤防に4700本のユリが咲いているというのです。

赤紫や白色のカサブランカなど4種が、見事に咲いている写真が載っていました。

                                              

「思いつきで言うもんな~~。」

                                       

さっさっと仕度をして、ジャジャ降りの雨の中をお出かけです。

車で10分くらい、それなのに初めて通る道で初めての場所、傘をさしても濡れるほどの雨の中、ユリの匂いに誘われてその場所に立ちました。

                                           

Img_7949

Img_7957                                                 

Img_7958

これだけあると、きれいというより天晴れ!

場所に違和感あり、人工的過ぎて~~いいのだろうか~~

                                     

Img_7954

Img_7960                                             

白いゆりでほのぼの、赤いゆりで刺激受けまくり。

見事に咲いているのに、文句を言うつもりはないけど、何もない土手に、そこだけが華やかで、景色から浮いているような気がしました。

                                           

Img_7970

Img_7973

コスモスが咲いていました。

こっちの方が、堤防には似合っていて、私は好きです。

「野の花」は、風を受けて揺らぐ柔らかい雰囲気のほうがいい、ユリは重たかった・・・・その場に立って思いました。

                                          

お腹が空いたから、出かけたついでに「スシロー」へ。

こっちが目的だったかな。

はまち・かんぱち・茶碗蒸し、5皿はいけましたよ。

美味しかったかって?「多くは望みませんですdelicious

                                   

夫は、今日もボーリング場に出勤していきました。

昨日も、その前も、その前も・・・・飽きないのかなぁ~ ┐(´д`)┌ヤレヤレ

                                             

                                               

                                           

                                             

                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                             

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

オマケの人生なんだよ。

今朝は、昨日とは打って変わって爽やかな晴天です。

暑くなりそうですよ~~

                                     

地井武男さんが亡くなりましたね。

                                         

Img_7947

                                                

『ちい散歩』で、どこにもいる普通の人っぽい地域散策で、人柄を表面に出し、最後には玄人はだしの絵を描く、見てる我々も時には笑みが浮かぶようなそんな番組でした。

『北の国から』 時代を象徴するような国民的ドラマでした。

子供が、大きくなり大人になり、そこにいる人たちも年を取り老ける、出会いがあり別れもあり、そのままの生活を追いかけるドキュメンタリーを見ているようなドラマでした。

地井さんは、どこにでもいそうな面倒見の良い主人公の親友を演じていました。

あんな良質なドラマ・・・・なくなりましたね。

ご冥福を祈ります。

                                          

                                             

夫との会話です。

「ねぇ、地井さんが亡くなったね、70才だって・・・」

「目が見えないって言っていたけど、心臓と関係あるのかなぁ~」

                                            

「おとうさんも来月70才だよね、もう何時でもいい年齢になったんだね。」

「そうだな、逝ってもおかしくない年齢になったな。」

                                       

夫は、これからの人生は、オマケの人生になりました。

私は、ガンを宣告された日から、オマケの人生です。

共に、長くなが~~~~~く、オマケの人生を生き抜こうね。

これからも、よろしく。

                                         

                                         

                                           

                                           

                                             

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                       

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

雨の日曜日 取りとめもなく・・・・・

朝から、ジャージャー雨降りの日曜日です。

                                               

Img_7936

Img_7937

                                        

夫は、仕事のある日なので朝からお出かけ、「握り飯、作ってくれ。」なんて言っておきながら、ソファの上にちょこんと忘れたままです。

これは、私の一人飯ランチになって、お腹に納まります。

何を食べようと思ってたけど、ちょうど良かったわ~~。

                                         

Img_7933

                                        

おにぎり海苔は千葉県産、梅干は手作り、紫蘇昆布はお気に入り。

ゆで卵一つ、味は保証します、美味しいのよ。(手前味噌?)

                                          

今朝、テレビで「おにぎりは、アルミホイルに包むか、ラップに包むか?」などとアンケートを取っていたけど、私は昔からホイル派。

どっちがいいのでしょう。

                                             

                                              

雨足が凄い、叩きつけるように降っています。

気温も上がらず、家の中は薄暗い・・・・・・こんな日の過ごし方は、読書に決まってますね。

ゴロンとだらしなく寝転んで、読書でもしましょう。

さて、何を読み出そうか・・・・・・・。

                                                                                                 

Img_7940_2

Img_7944

                                                                                                    

こんな雑誌が好き。

こんな生活が憧れ。

                                     

でも遠い現実。

                                           

                                         

                                         

                                            

                                             

                                                                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

                                         

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »