« HDLコレステロール&LDLコレステロール | トップページ | パラリンピックの思い出 »

韓国ドラマ卒業します

私の夫は、韓流ドラマが大嫌いだ。

チャンネルを触っていて、韓流ドラマに出くわすと、嫌な顔をする。

                                         

私が、韓流ドラマを題材にしてブログを書くときは、「いい加減にしてくれ!」と、文句が出る。

「いいじゃない、好きなんだもの。」と答えてきたけど、この頃、少し肩身が狭くなって、もう今見てるものが終わったら、卒業しようかなと思い始めている。

これだけ、訳の分からない国であると知らされては、個人に悪印象はないけど、好んで見るべきじゃないな、が私の感想です。

                                         

今年は、韓国旅行でもしようかと話もしていた。

それも、このご時勢では行く気にもならない、あっさりとやめることに決まった。

たぶん、これからも行くことはないだろう。

                                          

隣国なんだから、仲良くしなければいけないけど、私には仲良くできるとはとても思えない。

韓国の教育は、子供の頃から自国に都合の良い知識を学ばさせる、日本は、戦争中のことも、韓国・中国との関係も殆ど教えない。

お人よしの日本人、表面的には友好的であっても、裏にプライドを持っている韓国人、交わるわけがないよね。

竹島で、表に出てしまった両国の関係は、ずっと平行線だと思う。

                                                

恥かしいけど、私も「竹島」のことなど、何にも知らなかった。

学校で教えてもらった事もないし、この頃のようにマスコミで取り上げる事もなかったから。

日本の領土である??

竹島には、韓国の建物が建ち、船着場があり、韓国民が住み着いている。

これで、日本の領土??

ここまで来るまでに、日本側に責任はなかったのか、もっと早くから、行動をするべきだったし、上陸はおろか建物を建てることは止めさせなければいけなかった。

それをしないまま、何年も何十年も韓国に好きにさせていたのだとしたら、私には日本はもう何もいう権利が無いように思う。

今更・・・・というしかない。

この状況が、妙であることを的確に現している。

                                          

尖閣も同じような運命をたどらない事を祈る。

                                       

韓国、私にとっては、近くて遠い国になってしまったな。

馴染めると思っていたのに・・・ 

                                                                                                   

                                                                                                       

Img_6219_2

                                                                                                

                                                                                                

                                                                                                   

                                                                                                   

                                                                                                   

                                                                                                    

                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

                                     

                                              

                                          

                                            

                                           

                                             

|
|

« HDLコレステロール&LDLコレステロール | トップページ | パラリンピックの思い出 »

日々」カテゴリの記事

コメント

 ちるみ さん

視点の置き所で、見かたが違ってきますね!
正しく ありたい。

投稿: しろ | 2012年8月30日 (木) 20時20分

しろさんへ

私の中に悪いイメージはないの。
でもね、国としてみたら、日本人も賢くならなければって思う。
今回の事は、何か馬鹿にされてるみたいで、不愉快でした。

夫みたいに、初めから韓国人を嫌いというわけじゃないけど、利用されてるな、
って気がします。

もうたぶん、ドラマは見ないだろうな・・・
今見てる「イサン」が終わってらね。

投稿: ちるみ | 2012年8月30日 (木) 20時36分

ちるみさんこんばんわ。言ってることよくわかりますよ。うちの夫もちるみさんちと同じこと言ってますもん。
 今年の韓国旅行も、いかないだろうな。。。

 

投稿: deko | 2012年8月30日 (木) 22時56分

私も竹島も尖閣も知らなかった、、
学校でも何も教えられなかったね。

北方領土もそうだけど、実効支配されて
しまったら、遅いような気がします。
日本はお人よしどころか情けない、、
政局でもめてる場合じゃないのに。

投稿: 風信子 | 2012年8月30日 (木) 23時56分

こんばんは

以前は私も韓国ドラマを少しは
みていたけれど、それは“お国が好”
と言う事とは又別問題です。

私 韓国や、あの付近の国などは行って
みたい!とも思いませんね。

日本の国の今の首相は余り好きでは
ないけれど、今までの首相と違い少しだけ
でもアチラの国に少しは強く出ている?
事でしょうかね。マシなのは!?
当然と言えば当然なのに・・・。
どこまで遠慮をしているんでしょ!

アチラの国と日本人の政治討論聞いてても
呆れる程に彼らは“自国が大事”という事で
聞いてる方も何だか不快。
教育って怖いものだと思います。

写真はティーカップかな?とっても綺麗!

投稿: そらまめ | 2012年8月31日 (金) 00時17分

おはようございます
私も御主人と同じ事をずっと思っていました
現実に大阪にいるとき沢山の「在住の人」のお友達も出来ました
しかし底にある「日本蔑視」「自国への愛着とプライド」に驚かされました
詳しくはかけないけど、、
表向きは仲良くしていてもどうしても相容れないものがあるんです
これは中国の方も同じでした
私も長男が見ていたドラマをつい見て最後まで見たのが2本だけです
この2本を見おった時に「終わり」を決めました
今のニュースを見ても私は「さにあらん」と驚きません
彼らの心の底を垣間見た驚きは今も忘れません

投稿: はあちゃん | 2012年8月31日 (金) 06時28分

おはようございます。

韓国ドラマ
冬のソナタ と 秋の童話
を見ただけです。
涙と共に。秋の童話は悲劇に終わりました。

韓国、ちょっと昔は 殺人を犯した
家庭にお詫びに泊まるようなものと言われました。
日本人は好かれてないです。
文化を通して仲良しにですが。

日本とは合わない気がします。
嫌われてまで仲良くしなくてもよいよね。

投稿: しょこらろーず | 2012年8月31日 (金) 06時37分

日本人に自国に踏み入られ統治されていた記憶って消し難く、つらいことも多々あったはず。それが表面化しただけですよ。
何をするかわからない韓国人?
歴史上日本人も朝鮮国にたいして相当なことをしてきたわけで。
いやならいやで見ざる聞かざる言わざるですよ。

投稿: 通りすがりのものです | 2012年8月31日 (金) 09時25分

dekoちゃんへ

こんなにあからさまなことを、堂々としなければ、ここまで思いはしなかったけど・・・

人気取りで、平気で違反行動をする大統領、ダメですね、知性も理性もなさすぎ。

国民全てを否定はしないけど、韓国ドラマはもうやめるわ。
旅行も、行かない。
日本人を見下げている国ではね。
dekoちゃんだって、言葉を覚えて、仲良くしようとしてたのに、この仕打ちはないね。
がっかりでしょう、でも何時かはきっと真の友好国になる日がくるよ。
そう思いたいです。

投稿: ちるみ | 2012年8月31日 (金) 13時05分

風信子さんへ

私たちが、日本の領土を、韓国人のように思えないのは、教育も悪かったんだよね。
何にも知らなかったもの。
慰安婦問題だって、そんなの生まれる前のことだし、教えてもらわないと分からないよね。

あの実効支配されてる島をみたら、今更って思うよ。
何故、不法上陸で捕まえんかったのか・・・
ずっとほったらかし、だったのね。

私、政治はもううんざり・・・・です。

投稿: ちるみ | 2012年8月31日 (金) 13時11分

そらまめさんへ

私も、韓国ドラマだから見ていたんじゃない、面白かったから見ていました。
だから、お名前は知りません。
韓国に行こうと思ったのは、飛行時間が短いからかな、もう遠くには行けません。
韓国でなくてもいいの、本当はね。

私も顔の大きい人嫌い、民主党になって、あっちもこっちのわが国の島に向かって、各国が動き出したね。
軽く見られてんだね~~。

討論でも分かるように教育って必要よ。
日本人は、国の事も愛国心も教えられていないでしょう?
教育されて育ってれば、ここまでのんぽりでいなかったと思う。
その点は、日本が悪いと思うのだけど・・・

カップ素敵でしょうhappy01
我が家の持ち物じゃないけどね。

投稿: ちるみ | 2012年8月31日 (金) 13時23分

はあちゃんへ

はあちゃんは、実践であちらの国の方を知っていたんですね。
私は、子供の時友達でいたくらいだけど、その頃は、全く意識もしていなければ、他のこのように差別もしなかった、仲良しでしたね。

でも、今知り合ったら、どこかで一線引くかも、きゃんきゃん言われたら疲れちゃう。
国が違うってことは、どちらか双方が譲りあわなければ、友好は築けないと思うわ。
日本人はと韓国人は、性格も教育も全く違うから、それも難しいよね。

ドラマは、好きで見ていました。
「イサン」が終わったら止めます。
考えてみたら、夫は昔から、隣国の事を好きじゃなかったみたい、ドラマなんて見ないしね。

投稿: ちるみ | 2012年8月31日 (金) 13時42分

しょこらろーずさんへ

私もどちらも見ていましたよ。
まだ乳がんにもかかっていなかった頃、白血病が題材でしたよね、泣いたんですか・・
ドラマを見て、本を読んで、その後のソナタも読んだなぁ~

韓国を訪れるのは、針の筵に坐るようなものなんですね。
そこまで、忌み嫌っているのかしら・・
私は、個人的には深い意味を持たないで付き合えるけど、国対国だと、好きになれそうもないです。
頭を下げない国とは、どこかでぶつかりますからね。

仲良く・・・したくなくても、隣国だから、無視はできない、難しいね。

投稿: ちるみ | 2012年8月31日 (金) 13時51分

通りすがりさんへ

書き込みありがとうございます。

一方的に、日本人の立場と言うか、私の思いを書いただけですから、反対意見ももちろんあること、分かっていました。
韓国は隣国なのに、私たちはあまり教育もされず、戦争中のことも領土のことも学んでいません。
知らずに大人になったのですね。

通りすがりさんの書いたことは、理解できます。

戦後に生まれ、問題提起もなく育ってきた一主婦のブログ、お気に触ったこと書いてしまったようですね。
ごめんなさい。

投稿: ちるみ | 2012年8月31日 (金) 14時19分

こんばんは。
私、韓国へは四回も旅行に行きました。
世の叔母様たちの例にもれずに、冬ソナに感動したし、韓国料理も大好きだしね。
でも、北朝鮮の国境近くの建物に行って,北朝鮮の紹介もあり、島の模型も説明しながら、
韓国のガイドの方が竹島の話をチラッといたのね。韓国に帰していただきたい独島ですって。
日本人のツアー客も、??って感じ。

今ならきっともめてたかも・・

なんかね、冷や水あびせられた思い。
旅行に行ける足になったら、国内だわ。

投稿: はるこ | 2012年8月31日 (金) 20時52分

私も同意見です。

韓流は卒業です。

投稿: | 2012年8月31日 (金) 21時36分

ちるみさん、こんばんわ。
御主人のお気持ち、わが家も同じです。
男性陣のほうが韓国への嫌悪感強いですね。

竹島問題、根が深そうですね。
ちるみさんが仰るとおり、私たちは全く竹島のことを教えられてきませんでした。
地理でも歴史でも。
恥ずかしながら、私もこの年齢まで、竹島の存在さえ知りませんでしたよ。
歴史的にも日本の領土であることがはっきりしているのなら、
何故ここまでこじれるまで日本は竹島領土問題を放置していたのでしょうかね~?
戦争中の朝鮮人に対する行為に後ろめたさでもあるのかしら?
日本の先送り外交にも責任があるような気がしますが・・・・。
中国、韓国は近くて遠い国!そんな印象はいつまでも付きまといます。

投稿: 夢路 | 2012年8月31日 (金) 22時31分

同じ地球に生まれた者同士、
どうして、仲良くできないんだろうね。

竹島は知っていたけど、そんなにもめてるとは・・・

このご時世では、韓国旅行は怖いですね。

教育されてきた内容が違うから、
話し合いも平行線でしょうね。

投稿: ふうまま | 2012年8月31日 (金) 23時57分

歴史を勉強せずに韓国マンセーの女性がいる中、ちるみさんのように気づかれる方もいて、嬉しいです。歴史は自分で学ぶものですから。学校教育のせいにしない。日教祖に期待しない。
私は女性ですが、昔から韓国は大嫌いです。自分のブログには炎上が怖くて政治の話は書きませんが。

とにかく、こんなにすっぱり記事にしてくださってありがとう。これを読んで一人でも目が覚めますように。

投稿: 匿名さん | 2012年9月 1日 (土) 06時36分

はるこさんへ

はるこさんは、韓国のことは好きだったんですよね。
どこかに亀裂はできつつあったけど、もう少しやんわりしていたら、不信な気持ちは育たなかったかもしれません。
かなり、仲良くしていて、理解も出来つつあったのに、竹島のあの光景は・・・・

でもね、日本もおかしいね。
あれだけの建物をたてさせておいて、日本のものと言い張っている、もっと前に行動しなきゃ、私だって、あ、いいのかな、くれたんかな・・と思うよ。

ガイドさんもお仕事ね、説明もマニュアルに入ってる?

旅行は日本がいいけど・・・なんで自国のほうが高いんだろう・・・疑問。

投稿: ちるみ | 2012年9月 1日 (土) 08時31分

?  さんへ

お名前がないので、ごめんなさい。

韓流ドラマ、卒業しますか?
私と一緒ですね。

もう少し、日本にも見たいドラマが出来るといいけど・・・・
そうしたら、もちろん日本を見ますよ。
でも今、ないですね。

投稿: ちるみ | 2012年9月 1日 (土) 08時34分

夢路さんへ

何ででしょう・・ドラマなど最初から嫌悪感を持っていました。
男の人って、やっぱり女の人とは違うんだな。

私も、その名前を知ったのは、テレビからです。
韓国のように、小さい時から教え、歌い、植えつけたら、そりゃー意識ではかなり違ってくるでしょうね。
日本人は竹島の存在を知らず、韓国は竹島にコンクリの建物をたてる、どっちのものか・・実効支配は強いよ。
旗を立て陣取りゲーム、みたいです。
なんでも有耶無耶にする、日本の政治は、結局損をすると思う。

挑戦人に差別をしてきた日本人、決して威張れないけど、韓国もせめて堂々と勝負して欲しいですね。
遠い国のままで終わらない為に・・・

投稿: ちるみ | 2012年9月 1日 (土) 08時45分

ふうままさんへ

ふうちゃんは、知っていたのですか。

私も、今頃ワイワイ言って、なんやこれって思いましたよ。
もう竹島は、韓国人が自由に使い、日本人は傍に行くことも出来ないでしょう?
それだったら、韓国のものじゃない。
ここまで来る前に、ワイワイ言わなきゃ、なんにもならない。
日本の政治、遠慮ばかりで、先送りでおかしい。
今更・・・・遅いよ。

今は、旅行に行くときじゃないですね。
嫌われてる日本人だもの、好かれててる国に言ったほうが、きっと楽しいよ。

投稿: ちるみ | 2012年9月 1日 (土) 08時52分

匿名さんへ

コメントありがとうございます。

気づかれた・・・というより、今回の事は、余りにも強引で、驚いてしまった、と言うほうが正解です。
お国のトップにおられる人が、常識の無い行動を平然とする、これが国民性なんでしょうか。
今の状態では、怖くて旅行は出来ないですよね。
ドラマもあえて見なくても、もう卒業しろとは、言われ続けていましたから。

炎上するから、政治沙汰は書くなって言われています。
でも、思ったことを書こうとすれば、触れないわけにはいかないようです。
やんわり・・・のつもりだけど、すっぱりでしたか?

反応の大きさにはびっくりしています。

投稿: ちるみ | 2012年9月 1日 (土) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201754/55541414

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ卒業します:

« HDLコレステロール&LDLコレステロール | トップページ | パラリンピックの思い出 »