« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の25件の記事

17号よさようなら&一人ご飯

台風は、少しばかりの雨を降らせ、そよ風に近い風と一緒に通り過ぎていきました。

今回も、大型だというものの肩透かしのような静けさ、こんな「騙し」なら何度でもいいわ。

さっき、広報車の声で外へ出てみました。

近くの10メートル程の距離にある川が、増量しているから注意するようにと触れ回っています。

早々、お隣の奥さんと、川を見に行きました。

何時もよりは多い水だけど、それほどたいした事もなく、怖いほどの流れでもなかった、こんなん大丈夫です。

「避難する時は、声かけるね。」

お隣の奥さんの声に返事をしながら、玄関に飛び込みました。

外は、急に温度が下ったのか、寒い、寒い、寒い・・・・

                                            

                                             

【お昼一人ご飯】

                                        

Img_8513

                                             

ご飯も炊いてなくて、パンもなくて、カップ麺も買ってない。

こんな日は、簡単うどんを作ります。

麺つゆに分量の水を入れて炒りこだしを少々、ねぎを刻んで、卵を割りいれる。

生めんを一玉、トッピングは花かつおと揚げ玉、七味調味料。

麺がほぐれ、お汁が沸騰したら出来上がりです。

                                        

夫も一人ご飯のとき、作るそうです。

買ってきた野菜天を入れてね。

                                      

好みにもよるけれど、超有名店には負けるけど、街角のうどん店くらいに美味しい、なかなかのもんですよ。

何でも美味しい、だから太るんかしらね。

                                       

                                           

                                          

                                           

                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (10)

来んでもいいよ、待ってないよ

今日の朝は、

                                      

Img_8515 8時

                  

                  

                     

                   

                

                        

                                           

                                           

Img_8517 10時

                     

                     

                  

                     

                       

                  

                                        

                                             

17号台風は、紀伊半島から東海・関東に向かっています。

愛知は15時頃、この空、来るのでしょうか・・・・

                                           

私は、あの大きな被害を残した「伊勢湾台風」の経験者です。

激しい風の音と、吹きすさぶ凶器。

朝まで寝られず、両親は戸を押さえ続けていました。

木は何本も倒れたけど、海に隣接していない山奥でのこと、大潮に重なって、多くの犠牲者を出した事など、後で知りました。

                                          

後に知り合った二人、やん坊・まー坊兄弟。

「両親は、伊勢湾台風で死んじゃった・・・・」

今はどうしているんだろう、共に私より年長だったけど・・・昔の話です。

                                        

夫の仕事帰りの時間と、台風到着、競争です。

                                         

夫 勝て!

夫 勝て!

                                    

                                       

                                           

                                            

                                         

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                   

| | コメント (4)

季節を告げる花

火曜日に出かけたときは、堤防沿いに赤い色はなかった。

お彼岸も過ぎたのに、今年は遅い。

咲いている姿を、ブログ巡りで見ていたけど、ここはまだ咲いていなかった。

                                             

Img_8503 Img_8505

                                               

今日、デジカメを持って、堤防沿いに出かけてみた。

あら、咲いとるじゃん。

今年は咲かんと思っとったよ。

                                        

Img_8499

                                      

彼岸花、このドギツイ赤い色。

見るからに毒がありそうで、好きじゃないけど、咲かないのは違う。

彼岸花の開花は9月、私は秋を待っているの。

9月を過ぎなきゃ、10月は来ない、秋は来ない、冬は来ない。

                                         

                                         

季節は、遅れもせず、早くもなく、迷わずに来てくれることが、

私たちの生活に恵みをもたらす。

それが幸せの基本だと思う。

                                         

                                           

                                         

                                          

                                          

                                      

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                          

                                          

| | コメント (8)

コーヒータイムを楽しむ

朝のコーヒータイムcafe

ささやかな贅沢な時間、身の程にマッチしています。

だって、1杯50円にも満たない価格、年金生活者だって許されるはずよ。

                                          

なんてチマチマしたことは考えていません

好きだから、毎日飲んでいます

                                               

Img_8485_2

                                                                                                       

この頃、スーパーに行っても、お茶することが多くなりました。

スターバックス・喫茶店、どこもお客さん多いです。

                                         

夫婦でなんて、話すこともなくて、ただ、だんまり飲んでいます。

それでも、穏やかに時間は過ぎていきます。

こんな時間の過ごし方、嫌じゃないわ。

窓の向こうは、秋色です。

                                         

                                            

                                              

                                       

                                      

                                                 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (4)

たまにはカレーもいいよね

日中は、まだ暑いです。

でも朝夕は、ぐっと温度が下ってまるで高原にいるよう、ススキも似合う季節です。

                                            

そろそろ煮込み料理もいいねってことで、今夜はカレーです。

冷蔵庫に残っている、人参・ピーマン・エリンギ・レンコン・ナス、そしてじゃがいもと玉ねぎ、豚肉ロースの固まり肉から少々、お肉は出しみたいなもの、年寄りだから多くは要りません。

これでグツグツ、夕方までには、美味しいカレースープが出来あがる予定なんです。

夫は、何時もと同じボーリングで汗を流して帰ってくることでしょう。

お小遣い、全部ボーリング場に運ぶ・・・・かもね。

お腹が空いてるときのカレーの匂い、溜まりませんよね。

                                                                                                       

Img_8483                                                

                                         

昔、私がまだ子供だった頃、何処の家もこの新しい食べ物カレーにソースをかけていました。

ルーなどない時代、カレー粉と小麦粉を溶かして混ぜて、とろみがかかって、辛いけれど美味しかった記憶があります。

田舎の小学生に、ある日町から赴任してきた女教師が、知ったかぶりした顔で、言い放ちました。

「カレーにね、ソースをかけるなんて、町ではしないよ。それは作った人に失礼なことだよ。せめて、一口食べてからかけようね。」

「エッ~~~~~!!!かけたほうが美味しいよ、かけちゃあかんの!」

ワイワイ、ガヤガヤ、ブーブー、ペラペラ・・・・

その日を境にして、私はソースをかけなくなりました。

父にも母にも、もちろん知ったかぶりして言いましたよ。

                                          

子供が居た頃は、お鍋いっぱい作っていたカレーも今は二人だけ、普段は中村屋のレトルトカレーで済ませています。

余ってしまって、次の日食べて、また翌日は、食指が動かないしね。

久しぶりの手作りカレー、明日のランチはこれで決まりね。

                                       

                                          

                                         

                                     

                                        

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (12)

私の歴史授業はこうだった

韓国と中国が、日本人に真の歴史教育を問うってことで、一致団結しました。

日本の歴史問題は、間違っているというのですけどね。

                                             

私も、どんな教育を受けていたのか、薄ボンヤリした頭の中身であるが、考えてみることにしました。

なのに???

私は、縄文時代から江戸時代までは勉強しているけど、近代はとんと教えられていないことに気づきました。

中学も高校も、歴史の教科書は古代から始まり、多分昭和で終わったのでしょう。

だから、普通に考えれば、勉強はしていたはずですが・・・・・・

そうです、時間の配分がうまくいかず、3学期でもまだ江戸時代を勉強していたのです。

明治時代にも入らないで、学年末がきて終わり。

歴史の授業は、やっていたのにもかかわらず、古代からの出発が災いして、最後は先生がこう言ったのです。

「残りは読んでおいてください。」

ガ~~~~~ン!

                                                

どうして、はっきりしている近代の歴史からスタートして時間をかけて教えないのか、今は思いますよ。

子供の頃は、想像の中の歴史が楽しく、先生の話も面白かったから、歴史は大好きな授業でしたけどね。

古代ってあくまでも、史実に忠実っていうわけじゃないし、邪馬台国だってどこにあったか決められないでいるけど、授業は楽しいです。

そこで、たくさんの時間を使った、読みすすめばよい内容だったにもかかわらずですね。

平安も鎌倉も、戦国時代も江戸も、物語になるほど日本史的に興味深い時代、先生も熱くなります。

だもんね、時間が足りなくなって、明治以降は勉強しないで終わってしまったわけです。

                                           

せめて、初めの歴史は古代から、高校は近代からって、教科書を作ってくれていたら、なんにも知らないで卒業なんてなかったと思います。

こんな中国にも韓国にも無関心で育った、日本で一番人数の多い団塊世代に、世界は語れません。

私だけ、私の学校だけ?

どこでも、あの教科書を消化する授業は、難しいのではないかと考えてしまうのは変でしょうか。

夫に聞きました。

「進学校だったから、最後までやった。」「ふ~~ん。」

夫は、島根県人だから「竹島」は知ってるけど、竹島のこと教えてもらったかなぁ。

                                               

教育で教えられる事が、こんなに強いものだって、韓国の子供達に教えられた。

小さな口で、愛国「竹島は韓国の物という。」

日本の子供は、何時までも国の子供じゃなく、親の子供のような気がする。

幼いと思う。

                                   

せめて、近隣国にはっきりと物が言える「日本の子供」育ててね。

日教組さんにお願いします。

                                              

                                        

Img_8460

秋の色、息づく花。

                                     

                                     

                                           

                                          

                                          

                                            

                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

                                             

| | コメント (2)

『イボ』の取り方知っていますか?

私は知らなかったけど、夫の肩のあたりに、小さな突起物が出来たそうな。

これが何なのか、痛痒いし悪い物じゃないかと、不安になったりしていたそうな。

                                            

昨日、病院で先生に診てもらったそうです。

「あ~ぁ、ただのイボですね。」

勿論、ホッとしたのは言うまでもありません。

男って、意外に熱にも血にも痛さにも弱い生き物ですからね。

で、早速消去の処置をしていただきました。

                                       

リキュッド・ニトロゲンを綿棒で患部に塗る。

これは、液体窒素でー190℃。

表面に凍傷を起こして、ピンポイントで壊死させる。

ピリピリ痛いんだって。

数日したらカサブタになって取れるという。

後は、塗り薬だけ、こんなに簡単だってこと知っていましたか?

                                                

「イボ」、結構悩みの種よね、私も小学校の時、手の甲にたくさん出来ていました。

手をつないでもらえなくて、悲しかったわ。

何時のまにか消えてしまったけど、そのときの記憶がありません。

覚えてないだけ、なんですけどね。

                                      

                                         

Img_8472

             ♪ちいさい秋み~つけた~~

                                            

                                          

                                           

                                              

                                            

                                            

                                               

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (4)

秋の陽浴びてきたよ♪

夫は、月1回持病で通院しています。

痩せてる(身長172cm体重58キロ)のに、高血圧らしいのです。

今日はその日、私も外の空気を吸うために、車に便乗して田園の中にあるクリニックまで同行しました。

畑ばっかりの田舎、何にも無いぞって言うけど、自然があるじゃん。

                                           

Img_8478

青い空、吸い込まれるほど深い色です。

                                                                                                          

夫の診察が終わるまで、クリニック周辺の散策です。

ここいらの畑、今は収穫のシーズンではないのか、長芋のツルしか無いけれど、お人柄が表れるように、畑の隅には花を植えているのです。

それが目を楽しませてくれました。

                                         

Img_8462

この俳句は中学1年の時、「子とともに」って本に応募して載せていただきました。

風に揺れるコスモスが嬉しそうで、その気持ちを歌にしたのだと思うけど、生まれてはじめての俳句、下手です。

                                          

農道を歩いている時、花の香に引き込まれました。

ん・・・・何・・・・これ・・・・いい匂い・・・・・

                                       

Img_8468

                                           

【香は、とてもすっきりとしてホワイトフローラルで、ハワイではレイにも使われる芳香強い花】

                                           

香水・化粧品などに使われているそうな、ミカンの花・くちなしの花の匂いに似ているけど、もう少し強い、なにしろ、私の足を引きとめたものね。

                                          

Img_8465_2                                             

             葉っぱは、生姜に似てるね。

          夏の終わりから咲き始めるそうです

                                                

                                                   

Img_8471

                                           

目の保養をさせてもらいました。

気持ちもすっきりです。

                                      

                                             

夫の医療費、70才になったら安くなりました。

3割→1割

もともと安かったけど、助かるな。(千円と少々でした)

その分私は・・・・・・2万円を超えています。

勝った!バンザイ!なんてね。

                                         

                                         

                                          

                                           

                                        

                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (6)

斜陽の国

今日の朝、「さむ~~い!」いきなりの秋本番です。

春先の雨は、一雨ごとに暖かくなると言われますが、今頃の雨は、一気に秋に走るのでしょうか。

                                                                                                         

                                                                                                         

党首選が忙しいですね。

「よろしくお願いします!」って、街頭演説・テレビ出演をしても、私、投票権持ってないの、誰に向かってお願いしてるのでしょうか?

民主党は、党首が圧倒的多数で野田さんに決まりました。

何が変わる?

                                          

日本は今、経済は落ち込み、大手の会社の株価が下りリストラも、あちこちで噂されています。

仕事もない人や、これから失う人、安定した仕事のない人、これらの人口が多くなれば、出生率は減るし、購買能力も下ります。

年金も、今の状態なら共済年金以外は、崩壊するでしょう。

若い人が、車に興味がなくなったのではなく、買うことが夢になってしまったんだと私は思います、収入が少ないですからね。

経済の落ち込みは、国の力を弱めますね。

                                                

外交は、日本の慎み深い、物事をはっきり言わないお国柄なのか、北朝鮮ほどにもなされていません。

遠い国は勿論、近くの国とも意思疎通がされていなくて、今回のような大きなストを引き起こしました。

政治の未熟は何故なのか、この国の政治家の問題か、構造の問題か・・・・・・

一昔前は、近隣国が貧しく力が弱かったし、日本は経済大国だったので、アジアの中心でいられたけど、今は中国にも追い越され、韓国にも追従されています。

この時を待っていたとばかりに、両国は日本の領土に口をだしてきています。

こうなる前に、外交ですることはいっぱいあったことでしょうに、何をしていたのでしょうか。

今日本は、政治が先延ばしばかりで停滞し、経済もデフレ不況で、物が売れません。

弱い日本にしてしまった犯人は、誰でしょう?

                                         

そして、諸外国は日本を軽く見ています、「なにやってるの?」と思いながらね。

近隣国は、この際言っとこうって、領土問題に歴史問題をぶつけてきます。

                                               

党首選を、期待の目で見ているのは政治家だけですね。

誰がやっても、変わらないと国民は思っています。

そう思うようになってしまった国民、哀れです。。。。。

                                             

                                         

                                           

                                         

                                         

                                        

                                              

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

                                            

| | コメント (4)

応募でもらえる、ささやかなものへ

爽やかな青空、夏かけ布団を洗いました。

朝夕は涼しいし、夕暮れは早い、秋はもう到着しましたね。

                                          

我が家は、ビールを夫婦で飲んでいます。

そして、その缶についているシールを集めるのが、ささやかな楽しみでもあります。

「日本全国うまいもん」の時は、2つも当たったのよ。

その嬉しかった事が忘れられない、楽しみの少ない夫婦でもあります。

                                          

今回は、集めただけ希望の商品をいただける、不公平の無い企画でした。

シール48枚で魔法のコップ、96枚は何だっけ・・・そっちは余り興味がなくて、48枚を5組集めました。

                                             

Img_8456                                              

      届きました。

      このダンボール、中に「魔法のコップ」が入っています。

                                                

Img_8450_2

「魔法のコップ」です。

魔法瓶と同じ原理ですね、ビールが、何時までも冷たいまま持続します。

ゆっくり飲む人には、最適なコップです。

                                             

Img_8447

我が家は、そんなに時間をかけずに飲むから、必要ない?

そうかもね。

                                        

ハイボールを作ってみたら、それには最適です。

氷、1時間たっても溶けないの・・・ジュースもいいよね。

用途は選びませんが、5個は要らないわ。

セカンドハウスにも、届けましょう!

                                           

そして今は、「日本うまいもん」に再び挑戦しようと、シール集めています。

夫ね、妙なものに几帳面、シールは曲がることなく貼られ、最後にアイロンをかけます。

私は、貼ったればいいじゃん、そうだよね。

だから、貼らしてくれないのですよ。

                                     

また当たって、ささやかな幸せあじわいたいな・・・・・・ 

                                            

                                            

                                           

                                            

                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (8)

NHKに物申す(私、怒ってます)

母の家はシニア家族、電化製品は普通にあるが、パソコン・ファックスはない。

携帯で、インターネットをすることもない、メールも打ったことないと思う。

                                        

私が行った時に出来ること、それは簡単な機械関係の不備をみてあげること、例えば、コーヒーメーカーの使い方が分からなくて、使うとこぼれてしまう、そんなのは簡単、何度も準備の仕方を母に教え、繰り返しやってもらう、正確な使い方を教えてあげれば、もう大丈夫、美味しいコーヒーをいれられるだろう。

コーヒーは、好きだもんね。

                                          

テレビも気になった、前に来たときもBSのメッセージが出ていたが、今回も出てる、母に、NHKに連絡したかって聞いたら、何度も兄がやってるが、混んでいてつながらないと言う。

BS受信料は、払い出してから一年以上になっていた。

                                       

それじゃって、私が乗り出した。

混んでいるのは知っていたので、テープの支持に従って、数字を押す方法でやってみた。

1回目ダメ、2回目ダメ、、、、、10回目ダメ、受け付けてくれないのだ。

苦情を言おうと、NHKに電話をしたけど、土曜日だったので応対されなかった。

                                       

もう一度、今度は直接電話で申し込みの数字を押した、つながるまで待とうって。

意外に早く、相手が出たから、言われるまま答えた。

お名前は?

B-CASカードの番号は?

電話番号は?

住所は?

あなたは、同居されていますか?(何で・・・・)

あなたと、家との関係は?(どうでもいいじゃん)

あなたが申し込む訳は?(年寄り家族だからよ、それが何か・・・)

                                         

この電話は、初めに断りの言葉が入っていますが、録音されています。

それでも、やっぱり疑問は言わなくちゃって、思っていることを全て吐き出してやりました。

BSの料金を徴収する手続きと合わせて、メッセージ消去は出来ないか。

  B-CASカードの番号をお知らせしてもらわないと出来ないです。

だったら、徴収開始の手続きの中で聞けばいいでしょう、もう1年以上も払っているのに、メッセージは連絡が出来難くて消去されていない、これだったら、お金だけ取ってサービスがなされてないから今までのお金返してください。

  それは出来ないです。

どう考えても、詐欺じゃありませんか。

お年寄りはね、こんな面倒な事出来ません、きっと見にくいと思いながら、お金を払い見ている人が、多数いるでしょう。

公共放送だから、傲慢でもやっていけますよね。

  あの、手続きが終わりました、黄色のボタンを押していただけませんか。

電話とテレビは離れています。すぐは無理ですよ。

  子機はありませんか・・・

ないです。

電話を置いて、テレビの場所に戻り、メッセージが消えたことを確認し、相手の言葉が終わった時点で、電話を切りました。

                                            

兄も、連絡が混み受付されなくて、地元のNHKに苦情を言っていこうと思っていたそうです。

この手続き、ホントなんか変だね。

料金だけは、さっさと取るのも、浅ましいし・・・・。

                                           

今は、母もすっきりした画面で、テレビ見ていますよ。

当たり前だけど。

                                      

                                        

                                         

                                               

                                         

                                            

                                          

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ   

| | コメント (14)

母と思い出の町・思い出の味

台風が過ぎ去っても、雨模様の愛知です。

今日は回復するような天気予報だけど、雲は厚いです。

                                           

母の元に、4日間ほどいて月曜日に帰ってきました。

足が少し弱った程度で、掃除・洗濯・炊事は、今でも普通にこなしています。

朝、目が覚めたら、洗濯などは終わっていて、朝ごはんの準備も整っているんです。

92才、まだまだ人様の手は必要ないみたい、ただ買い物は、兄に車で連れて行ってもらい、大量に仕入れているみたいだけどね。

今回も、がんの事カミングアウトしようかな・・・と思って行ったけど、言うチャンスもなく、そのまま帰ってきました。

今の状態なら、母は100才まで生きられそう、私も再発を退けるほどの免疫を養って、母よりは長生きしないと、それが目標です。

                                              

日曜日は、学校時代を過ごした田舎の町に行ってきました。

その頃は、不便な田舎だと思っていたわけじゃないけど、こんなに小さな町だったのかと愕然、私の行っていた学校は、全て立て替えられ、面影もなくなっています。

13年前に、同窓会があって参加したときは、こんなに違和感がなかったのに・・・・

                                             

Img_8439

「こんな何もない町に、住んでいたずらーか。もう住めんよ。」

母の感想です。

                                        

日曜日なのに、町は死んだように静かで、お店は定休日、コンビにもありません。

スーパーもお休み、かろうじてうどん屋が一軒開いていました。

                                            

Img_8442                                             

このラーメン、私が小学生の時、友達に奢ってもらって初めて食べたもの、その味は、今まで味わった事が無いもので、美味しかったと今まで記憶していました。

それなのに幻想なんだね、思い出の味は、どんどん美化されて、この世で一番だとインプットされるみたい、見たとおりなのにね。

薄い味のスープ、出しも効いていなくて、チャーシューは小さい、かなり。

麺は生っぽいほどの固さ、味は絡んでいない。

思い出の味は、がっかりの味、食べなきゃよかったわ。

                                            

友達も何人かは、まだこの町に残っていますが、会わずに帰ってきました。

母の妹も住んでいます。

母の家から車で1時間半、軽いドライブの距離なのに遠い町、私の気持ちの中でも遠い町になっていました。

再び・・・・行かないだろうな。

                                            

帰る日は、「また来いよ。」って、ずっと見送ってくれていました。

何時までも、この光景が続きますように、元気でいてください。

                                     

電車で、小腹につめたもの。

                                      

Img_8443 Img_8445

甘い味の濃いおいなりさん。

名物です、子供の時は好きだったよ。

2個だけほうばって、残りは夫と私の夕食のご飯代わりになりました。

                                     

                                        

                                        

                                          

                                          

                                             

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

                                        

| | コメント (8)

テレビ話(3)つまらないねクイズ

昔はって、昔のことを言うと、年寄りみたいだけど(年寄りでしたbleah昔のクイズは面白かったね。

あっちでもこっちでも、趣向をこらしたものがたくさんあって、視聴者参加者が、泣いて喜んだり抱き合ったり、みんな真剣で一生懸命だった。

百万円、すごい大きな賞金だったし、海外旅行も、行く人が多い時代じゃなかったから、そりゃー喜ぶのも当然だよね。

見てる側も、応援したくなって手に汗を握って見てたけど・・・・・・

                                             

もう、『アタッククイズ』しか、視聴者参加のクイズ番組はなくなっちゃった。

                                         

今のクイズ番組は、頭の良さの証明みたいに学力を競う物を、局を替えてやっていて、出演者は東大・京大・有名私大卒の、ほとんど同じ顔ぶれのタレント、局アナ、俳優・・・・・局が替わろうが、週が替わろうが、中身は同じ。

他のクイズも、タレント・芸人・文化人・俳優などが、簡単なクイズ、難しいクイズと差はあるが、どこでも同じで、しかも毎週同じ人が答えている。

詰まらない・・・・としか言いようがない。

百万円もらったら、海外旅行、勝手にどうぞ。

どっちみちの馴れ合い。

                                          

どうして、視聴者参加のクイズ番組が無くなっちゃったんだろう。

自分も参加しているように、一緒に楽しめる番組をどうして作らないんだろう。

出演料もらって、賞金もらってなんて、嘘っぽいじゃん。

素人参加の番組、今、私個人は飢えています。

                                          

予算は、今より少なく出来ると思うのだけど、ちがうかなぁ。

                                             

                                              

                                               

                                             

『地球まるかじり』って言うクイズ番組がありました。

調味料は?

食べた順番は?

単純だったけど、私の好きな番組でした。                                             

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                      

| | コメント (12)

テレビ話(2)ジャリタレの遊び場所

民放テレビ局、視聴率が下っています。

そりゃー当たり前だと思うんですよ。

どこを回しても、同じようなひな壇を作り、芸のない芸人が並んでいます。

一番安上がりの手法、テレビの中の芸人は笑っているけど、私は笑えない、内輪の話など面白くないもんね。

いい加減に、本来の芸、漫才・漫談・声帯模写に戻ってもらいたいけど、無理だろうな、まともな芸が出来る人など、一握りだもんね。

                                         

実はドラマも・・・・・

『南極大陸』が、一時視聴率が上がらなかった時、〇〇ちゃんの出番が少なかったからと、あのね( ゚д゚)ポカーン、ドラマを見るとき、主人公でもない人の出番で、そのドラマを見ると思いますか?

他の出演者達は、一生懸命やっているのです。

この子役は、視聴率が取れる、そんなことは無いと思います。

確かに、可愛いし上手だし、笑顔も泣き顔もいとも簡単に演じられる、生まれ着いての女優だけど、それだけです。

初めは驚きの目で賞賛するけど、作り笑いも平気で出来る子供に、空恐ろしさも感じるのです。

同じ年齢の孫なんて、まだまだ子供、こんなこましゃくれていなくて良かったわ、私は、正直そう思いますよ。

それなのに、それなのに、テレビの画面には、今日も次から次へとジャリタレが送り出されてくるんです。

私は可愛いのよって・・・・・子供らしい子供が、本当は一番可愛いのだけどね。

                                               

私が知ってる子役から大成した人は、高峰秀子さんしか知りません。

                                        

高峰 秀子

本当に可愛くて、賢くて、書かれた本も面白かった。

                                       

こんな大女優になる前に、みんな消えちゃうだろうな・・・・・

テレビは、公園じゃないよお~

                                      

                                       

                                         

                                            

                                         

                                          

                                                                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (2)

おかあちゃん、ただいま~~

100才以上が5万人!

人生わずか50年、信長さんの時代からは想像も出来ない。

日本は、よくも長生き、長寿の国になったもんだ。

                                       

92才の母のところへ、敬老の日陣中見舞いに行こうと、朝から仕度をしていたのだが、出られないでいる。

                                          

天気予報は、

Img_8430                                                

      晴れてますよ~曇りマークも無い晴天です。

なのに、外は大雨、雷も鳴っていて最悪、今日は夫が出勤の日、駅に送ってもらえません。

歩いて行かなきゃいけないのにね。

                                                 

Img_8431

                                                

荷物も、どうしたらいいのかと、ドサッと鎮座して、お出かけしたいのにね。

                                          

Img_8433

                                           

                                             

                                               

青空が覗き始めました。

出かけようかしら・・・・お腹が空いたなぁ、もう正午になっちゃいました。

                                      

                                          

久しぶりの、お嬢様ご帰還、母も喜ぶだろうね。

63才になっても私、可愛い娘です。o(*^▽^*)o

                                          

                                           

                                            

                                          

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                           

| | コメント (6)

てれび話(1)NHKドラマが面白い!

いつ頃からだったろう。

夜10時には、自室に引き上げる私が、NHKのドラマを見出したのは、多分面白いものに出会ったからだろう。

今でも思い出すのは、『カレ・夫・男友達』 真木よう子の可愛さに魅了されたり、チュート徳井のイメージが上がったりで、毎週楽しみにしながら夢中で見ました。

『マドンナ・ウェルデ』 松坂慶子が娘に代わって、体外受精をして子供を生む、問題提起のドラマ、これも、結果は分かっていたけど、挿入音楽もきれいだし、松坂の太っていても可愛い女性に憧れもしました。

『セカンド・バージン』 幾つになっても女でありたい、切ない愛のお話ですが、こんなこともありかな・・・なんて覚めた目で見ていました。

『八日目の蝉』 セカンドハウスに行って私が留守の間に、夫が、連続を一気に見たとかで、面白いと話すので、本を買いました。

映画館にも見に行きました。再度深夜に放送された番組を、私も映画と比較しながら見させていただきました。

『陽だまりの樹』 手塚治虫父がモデルと言われる、手塚漫画のドラマ化、BSプレミアムで、日曜夕方『平 清盛』の後、時代劇枠で放送されいていました。

今は『薄桜記』 赤穂浪士に話を絡ませた、この時代の夫婦愛の物語です。

『初恋』 医者と患者、がん・・・出来すぎだけど、ドラマなんだもんねという事で、納得してみました。

                                                

『眠れる森の熟女』『つるかめ産院南の島から~』 その他に吉田茂を題材にしたもの、今も、NHKは、大人が見られるドラマを放送し続けています。

昔は、NHKのドラマなんて、という時代もありましたが、今はすごいですよ。

俳優は、贅沢に使えるし、脚本もしっかりしてるし、大人が満足できるドラマは、予算がたっぷりある公共放送しか無理な時代になったのでしょうかしらね。

 眠れる森の熟女

                                                  

眠れる・・・・・あり得ない、夢のお話。

熟女のシンデレラストーリーかな。

                                        

NHKは、見逃しても再放送をしてくれる親切さ、有難いわ。

                                    

                                      

                                          

                                          

                                           

                                          

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (8)

冷却ファンを交換しました

私が毎日使っているノートパソコンが、ガリガリ音が出だし、エラーが出ていきなり真っ暗になって、夫が無理やりに蓋を開け、治してからちょうど一年がたった。

そのときの記事はこちら

                                                

最近、よくここまで持ってくれたと思っているのだが、またもガリガリが喧しく、もう買う決断をしなくてはと話をしていた。

でも、ちょっともう少し・・・・・

大須の電気店で、冷却ファンを購入。

                                                                                       

Img_8426                                                                                                           

                これは、最初から入っていたもの、取り出した。

       熱で、裏側は変形してるところもある。

                                           

新品を、1000円程度で購入したけど、ケーブルの接続が違っていて、使えないと思ったのだが、「まてよ・・・」と考えたかどうかは知らないけど、数日経ってから、いきなりケーブルを外し、順番を旧ファンに合わせて差し替え、接続してみた。

あらら・・・・静かな音、動き出しました。

                                                                                                               

Img_8429

                                                                                              

この中心が新しいファンです。

                                       

また、ノートパソコンが生き返りました。

ファンは気持ちよく廻っているし、風は吹き出しています。

今時のパソコンは、早いし使いやすく出来てるけど、もうしばらく、1年、2年この子と仲良くやっていこうと決めました。

キーの色が消えて、アルファベットも見にくくなってるけどね、愛着があります。

                                     

一時、こんなものでファンを冷やしていました。

PCファンの下に置き、風を送るものです。

                                              

Img_8427

                                              

これはこれで、間に合ってくれました。

また、箱の中で、必要になるまで休んでてね。

                                           

PC復活までの物語です、ジャンジャン。

                                      

                                           

                                          

                                           

                                  

                                           

                                             

                                            

                                                 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

                                          

| | コメント (6)

がん患者特有の悲しみ

昨夜は眠くて、座ってる事も面倒で、20時過ぎにベッドに入りました。

今朝は、7時過ぎに起床、寝たり起きたりの状態だったけど、ゆっくりして身体が楽になったような気がします。

何もしていない、買い物に行って2時間ほどウロウロしただけ、いかに動いていないかの証明ですね。

体重も、大台に乗りそう、妊娠中でもこんなに重くなったことないのに、今の太り方は病気のようです。

                                           

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

                                             

私は、ご存知のように乳がん・大腸がん経験者です。

落ち込んで救いが欲しい日、ブログをはじめて、蜘蛛の糸を辿るようにブログ友を求めました。

患者会などのケアーもない、一応総合病院だけど、ガン拠点病院じゃなかったから、同じ病気の人と話したい、それだけが望みでした。

                                             

悲しいけど・・・・・・・

普通の同じ年齢の人より、大勢の友人をお空に送ってきました。

1ヶ月前にコメントをいただいたのに、今日はもうこの世に存在していないことを知ったり、何時までも更新のないブログに、もう更新はされないだろうと悟ったり、そんな寂しい思いを積み重ねてきました。

今も、毎日尋ねては・・・・今日も・・・・って。

先月は、大腸がんと闘ってきた、手が器用で才能の溢れる明るい人とお別れしました。

初めてお別れをしたとき、泣いても泣いても涙が止まらなくて、自分の運命を重ね、やがてはと、その辛さに身をちぎるほどでした。

                                           

人は、何時かは死にます。

私はシニア年齢、今だったら少し早いけど、人生50年の信長さんの頃を思えば、充分生きています。

お空に行かれた人は、みんな50才前の若い人達ばかりだった。

悔しかっただろうね。

                                       

ガンになってから7年、毎年お別れを経験して、一人ひとり友達を失ったいく。

「さよなら」を言わなくてもいい一年、がいいのに・・・・・

                                          

秋になる前に、気持ちが秋になってしまった私です。

少々欝気味・・・・

                                      

                                       

                                            

                                        

                                            

                                          

                                         

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                         

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (16)

橋下さんが100人欲しい!

今日は下り坂、今、細かい雨が降っています。

一雨ごとに涼しく・・・・暑さに疲れた身体は、本格的な秋の訪れを待っています。

                                      

国会も何をやってるか分からないうちに、閉幕しました。

これからは、格派代表選が忙しくなりますね、誰がなっても、もう期待できそうにもありませんから、覚めた目で傍観しましょう。

それにしても乱立、民主党赤松・馬淵・原口・それに野田、今のところ4人だそうです。

細野さんは、顔がいいことから、選挙に対する党の顔になって欲しいと見え見えの推薦を受けたが、彼は思いとどまった、賢い。

こんな所で、育ち盛りの政治家を使い捨てにしてはいけない、彼の断りの弁も、原発事故の対応に専念するためと、筋がとおっています。

細野さんが辞退したことで、民主は今までと変わらない、でしょう。

                                           

自民党はどうかなぁ~、現在谷垣・石原・石破・安陪・林、4名が調整中、町村さんが立候補しました。

多いね、ということは、決定打に欠けるってことだね。

                                           

維新の会は、橋下さんが市長・代表を兼ねると発表しました。

「そんなことが出来るわけがない。」という意見があります。

なにしろ、初めてのことで前例がないのだから、ものは試し、やらせてはどうかしら。

「寝る時間、遊ぶ時間を削っても・・・・」の決意ですからね。

市長にも、維新の会議員さんにも、たくさんのプレーンを作り、仕事を任せ、方向性だけリードしたら、出来ないとは決め付けられないけど、本音は・・・・・・

                                          

橋下さんが10人欲しい!

橋下さんが100人欲しい!

                                      

みんな、心の中に、橋下さんのような志を持った人の出現を待っているでしょうね。

決められない政治から決める政治へ、実行力のある人を待っていると思うのです。

市長を任期勤め結果を出し、それから国政へ、そこまで足がかりをつけて政治家を育てて、最後は堂々と国会に踏み込めばいいのです。

                                          

私たちは、最低でも5年、待たなければ・・・・・・・ね。

                                                                                                

Img_8423

                                             

                                           

                                          

                                       

                                             

維新の会、失速することなかれ。

再びの期待はずれは、

政治不信に拍車をかける。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (8)

猫がいる風景

今では、野良猫というより、外猫を見ることが少なくなりました。

猫の数は相当数いますので、家の中で大切に育てているのですね。

                                              

Img_7154

塀の上で、3匹が日向ぼっこしていたのに、私が近づいたから、白黒は逃げようとしています。

可愛いお目目で私を見て、でも近づいたら逃げるだろうな。

                                              

Img_7157_2                   

                           

                       

                          

                        

キョトンとすまし顔。

この子は、野良猫かもしれない。

ズームで撮ったけど、用心していた。

私、何にもしないよ。

                     

                       

                                          

Img_8416

傍に行ったら、鳴きながら寄ってきました。

お腹を見せてゴロゴロ。

撫でなでも出来たから、きっと大事に育てられてるんだろうな。

                                                                                                         

Img_8419_5

「怖がらなくてもいいよ・・・・」

耳を寝かせて、怖気ついてる猫ちゃん、この後、安心したのかな、いい顔をしてくれました。

                                       

Img_8421

ほら、可愛いでしょう?

きれいな猫ちゃん、抱っこしたいけど、そこまでは許してくれなさそう・・・・

近づいた距離だけ、貴女遠のくもんね。

                                       

猫のいる風景は、それだけで楽園のようです。

まったりしていたら、平和だなと思う。

猫に会えた日は、幸せの気持ち、ちょっぴり味わえるよ。

私はそう思う。

                                        

                                          

                                       

                                           

                                            

                                             

                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

                                     

| | コメント (10) | トラックバック (0)

名古屋発、食べもん屋紹介

名古屋発、飲食店で全国区に展開、もしくは展開途中のもの上げましょう。

かなり制覇しているのは、『coco一番』カレー屋さんです。

一番店が、未だに我が市にあります、私が始めて食べに行ったのもここ、洗面器のようなお皿で、食べたら無料に挑戦してる子がいました。

年に1回程度だけど、食べに行きます。

『コメダ珈琲店』、ここも最近、全国に広がっていますね。

落ち着いて珈琲が飲めるように、仕切りを立て、椅子も広めになっています。

名古屋に来られた友達は、コメダに行きたいって、希望を出すくらいファンが多いです。

『山ちゃん』、手羽先で有名なお店です。

安くて美味しくて、何時行っても満員で、楽しめるお店です。

『あつた蓬莱軒』、ひつまぶしはここの商標です。

うなぎの美味しい食べ方を紹介し、お値段は高めだけどお客は数珠繋ぎにやってきます。

『矢場とん』、まだ東京・福岡にお店を出しただけだけど、とんかつでは有名店です。

今日、食べに行ってきました。

毎日行列が出来ているので、少し早めに入店しました。

                                             

Img_8410

鉄板なので熱い、湯気がたっています。ご飯・味噌汁セットで1780円。

味噌は甘めで緩い、味を変えるためには、ごま・一味・辛子が置いてあります。

一口ほうばったら、固い!噛めない!

                                          

次から次から・・・お客さんが入ってきます。

遠くから、地図を片手に訪れる人も、名古屋に行ったら食べたいもんの中に、ここも入ってるようです。

                                       

「どうしてかなぁ~、前に来たときも評判が嘘のようだったし、今回も私には不満足、もう来ないよ・・・・・」

キャベツだけが美味しかった、お肉とご飯は残しました。

近所のとんかつ屋さんのほうが、はるかに美味しいと思ったのは私だけ?

                                         

名古屋発、まだまだあると思う。

土手焼きとか、味噌煮込みとか、すがきやラーメンとか・・・・

                                     

殆どは、食べたくなる懐かしい味です。

                                     

どこかで名古屋発店舗に巡り会ったら、ぜひいらしてくださいね。

そして名古屋の味、堪能してください。

                                          

                                          

                                         

                                            

                                         

                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

私も電機業界でリストラされました。

最近の新聞には、シャープの業績悪化が報じられています。

春は、パナソニックの巨額赤字が公になり、本社人員の大幅リストラに手をつけたとか、電機業界は今、巨大嵐のど真ん中にいるようです。

でもね、昨年までは衛星放送に移行するために、テレビの買い替えを必要としたしから、需要は伸びたけど、もう全世帯に行き渡ったから、買い替え需要は当分ないし、電力節約のために、冷蔵庫・クーラーの買い替えにエコ払い戻しがあったから、みんな利用したし、これからは売り上げが減るのは分かっていたと思うよ。

それに、もっと痛いことは、韓国の電機業界の伸び、品質などはさして変わらないのに安い、そうなれば世界は安いほうを買います。

日本では、日本製品の売り上げのほうが多いけど、大量に売れるアメリカは、今じゃ韓国のほうが勝っています。

どこかに差をつけなければ、もはや売れないと思う。

                                           

実は私も、電機業界のリストラ要員でした。

今回の業績悪化じゃなく、10年ほど前のバブル不況の流れで、大幅な人員整理を余儀されたのですね。

その頃は、毎日会社に行くのだけど仕事はなく、朝から掃除・草取り・機械を磨く、そんなことばかり、そして集められての説明、組合の話、上司との会談、辞めてくれとばかりの裁断の中で、意志を決断することを言われ続ける。

私は、辞め時と覚悟は出来ていたけど、家族のいる社員の男性は、暗い顔で先々の不安を口に出していました。

もちろん、退職金は手厚く、軽はずみの人は喜んで手を打ちましたけどね。

                                                     

結局、配置転換(機械作業から植木の世話)(清掃)(運転手)など替えられて、間に合わず辞めたとか、毎日の面接に耐えられず辞めたとか、かれこれ2割ほど減ったと思います。

私は、社員ではなく、定時に帰る定時社員という立場だったけど、この位置の人は大阪本社を含めて全て、リストラされました。

慰労金に上乗せを小額載せていただいて、満足でしたよ。

その頃は、自転車で5分のところにあった会社が、遠くの会社と合体し、電車で25分、降りてからバスで30分、随分遠くなり、朝は6時には家を出なければなりませんでしたからね。

                                          

私が辞めてからも、社員の方はあちこちの会社に預けられ、苦労をしていました。

仕事は、全て変わってしまったのですから・・・・。

行かれない人は、辞める選択しかなかったようです。

                                         

10年経った時、会社は無くなりました。

あの時の仕事仲間たちはどうなったのでしょう。

会社が無くなると言う事、リストラの果て、これが結果です。

私のいた会社は、パナソニックです。

                                     

                                      

                                     

                                         

                                       

                                         

                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

青い蜜柑をほうばって

空模様は、曇り。

暑さも、今週を乗り越えればって、気象予報士は言っていたけど、どうかなぁ~。

                                                

前から、何度も書いているけど、私には果物アレルギーがあります。

食べた後、喉にザラザラ感が残り、喉がせばまった気がするのが症状。

水を飲んだり、喉をなでたり、非常に気分の悪い思いをするので、果物をほとんど食べません。

初めて気がついたのは林檎、食べた後喉が狭くなる感じをたびたび経験しました。

その次はバナナ、さくらんぼ、なし、何時か少しだけ食べてみて、様子をみるのにも面倒になって、ほとんど口にしなくなりました。

                                           

でもでも、その私がパクパク食べられる果物があるんです。

そして今が、一番私好みにおいしい時、なんでしょう。。。

                                              

Img_8390

                                       

それは、青いみかんなんです。

温室育ちの甘いみかん、硬すぎる青いみかんじゃなく、皮の薄い早摘みのみかんが私は大好物です。

柑橘系のみ、アレルギーは出ません。

                                            

50才くらいまでは、こんなややこやしいアレルギーはなかったので、何でも食べられたのに、体質って変わるのですね。

青いみかんは、すぐに黄色いみかんに代わってしまいます。

今だけ、急いで果物補給いたしましょう。

                                           

                                           

                                           

   町をゆき子供のそばを通る時、みかんの香せり冬が又来る 

                             石川啄木

                                      

                                         

                                        

                                        

                                                                                   

                                             

                                        

                                            

                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

名古屋駅周辺で遊んでました

今日の私は、名古屋に出没です。(土曜日)

Img_8398 ミッドランドスクエアービルを見上げて。

天気は良かったけど、帰る頃パラパラしていました。  

ここで、旅行説明会に参加してきました。

友達が、面白くて素敵なガイドさんのお話だから

聞こうって・・・・

80代なのよ、びっくりでした。

                                            

Img_8409

この船は?飛鳥Ⅱです。

もちろん、クリスマスクルーズに参加、はしません。

宝くじが当たったら行こうねって、何しろ貧人同士ですからイジラシイね。

いいな・・・行きたいな・・・と思いながら、説明はしっかり聞いて、飛鳥の雑誌もいただいて帰ってきました。

                                         

その前に、

一月ぶりに会う友達だから、先ずはお食事です。

何処がいい?あそこここと候補の中から、三重県で農場を経営している「モクモクファーム」のバイキングに決定しました。

ところが、11時半なのに凄い混んでいて、待つこと50分ほど、お値段もこの手の店では高く1850円です。

                                                 

Img_8399

登場人物は、無関係です。(happy02

                                            

Img_8400

一皿目、お肉はないので、メインは魚とウィンナ、好きなマメを多く。

                                      

Img_8401

二皿目、メインに漬物各種。

                                      

Img_8403

三皿目、雑炊と洋風味噌汁、サラダ各種。

後は、オレンジ酢・コーヒー・水。

もうお腹いっぱい、食べすぎてしまったようです。

デザートも多々あったのに、私には別腹はありませんでした。

                                            

同級生の友達とはね、パンフを見ながらあれこれ計画をたてています。

今年は、どこへいこうかな・・・・

もちろん、日本よ、韓国は行かれないから・・・・

                                      

                                        

                                         

                                       

                                         

昨日今日、パソコンが遅くなってしまって、

砂時計が待てない、短気な私。

でも、何でだろう?

迷惑をかけてたらゴメンネ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

パラリンピックの思い出

今日から、9月です。

昨夜はブルームーンだったそうですけど、見られましたか?

私は、早寝早起きなので、寝ていました。

                                       

                                            

パラリンピックが始まりました。

みのもんたさんは、前から応援していて、取材でロンドンに行っています。

どうしても、オリンピックほど華やかに報じられないパラリンピック、テレビでもNHKが数時間放映されるだけです。

1960年、ローマ大会が第1回、現在まで紆余曲折があって、今はオリンピックの開催地で開催する事に決まっています。

不自由な体で、頑張っているのですよ。

                                             

私が始めて、このパラリンピックを知ったのは、中学3年生の時、1964年の東京オリンピックの年でした。

ニュース等に無頓着な田舎者の中学生には、すごい大きな出来事、なんと担任の先生が出場することに決まったのです。

私の担任と、隣のクラスの担任は同じ年で、不幸なことに、昔は平気で予防注射を5~10人ほど回して刺す事から、共に小児麻痺に罹ってしまい、右腕の骨がなかったのです。

今ほど、社会で話題にもならず、そのまま受け入れていたのだと思います。

                                           

左手しか使えなかったけど、本人も努力したのでしょうね、私たちの担任の時はとても人気のある先生で、明るいクラスでした。

出場競技は、卓球・水泳です。

卓球は、もともとクラブの顧問をしていたので上手なことは知っていたけど、水泳はどんなものか、不安でした。

私たちは、黒板全域に励ましの絵や文字を書き、全員で送り出しました。

                                           

結果は、卓球銀・水泳銅・・・・。

                                        

先生のモットーの言葉は、

  Do your best!

本当に、努力の人でした。

                                       

こんなことがあったので、私の中では先生の思い出とともに、パラリンピックは忘れられないものとなったのです。

今年も、健康な人以上の頑張りやさんが、ロンドンで闘っています。

みんなで応援しましょうね。

                                       

                                    

Img_8382

可愛いトカゲです。

南の国で、もっと大きいのを追いかけた日もあったっけ・・・

                                       

                                        

                                      

                                        

                                       

                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »