« 鬼の居ぬ間に | トップページ | 森のレストラン »

木曜日、朝から夜まで

10月4日夕、明日の天気予報が素人でも出来るような、夕焼け。

 

012


蜘蛛も喜ぶ?

 

孫たちが遠足・社会見学に出掛けたので、朝ご飯はお弁当の残り物でした。

ちょこちょこ食べるの私は好き、朝からカロリーを取ってしまいました。

 

007


このハロウィンかぼちゃは、娘が包丁で切ったんだって、よくやるよね~

卵焼きは美味しかった、娘は上手に焼くの、普通の丸いフライパンでね。

子供のいる家でなきゃ、ウィンナーは食べないわ。

食べ過ぎ、かもしんないね。

 

社会見学のの行先は、浄水場と手取りダム。(小4)

遠足は富山ファミリーパーク(小2)

 

セカンドハウスに来て、花が無いなぁ~って思ったけど、見上げたらね、物干しまで占領した朝顔が、涼やかな色で咲いているじゃないですか。

この花、私の部屋の前に植えたのに、そこいらには咲いていない、何で!

 

001


高い空、同じ色の空を目指して登って行ったの?

色が同化して、目立たないけど、上に行くほど元気がいいんだよ。

やっぱりね、空に恋してるんだよね。

 

幸せになあれheart04

 

 

夕焼けを含めた景色も、お腹を満たした食べ物も、好きな色の朝顔も、ごっちゃに混ぜてお届けします、今日の日記です。

 

夕焼けの3時間後、外は音を立てて雨が降っていました。

この世は、予想が本当に難しい・・・・・

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                   

|
|

« 鬼の居ぬ間に | トップページ | 森のレストラン »

セカンドハウス」カテゴリの記事

コメント

ちるみさ~ん、お弁当、ステキ!
美味しそう)^o^(

最近の若いお母さんたちって上手ね。
私たちの頃はせいぜい、リンゴや
ウインナの飾り切りくらい、、?

こんなかわいいお弁当作ってもらえる
お孫さん達もシアワセ♡ですね。

秋になったけど、朝顔もまだまだ元気!

投稿: 風信子 | 2012年10月 5日 (金) 09時46分

ちるみさん、結文がきっちり決まりましたwink
お弁当美味しそうですね。
若いママのアイディアは素晴しいshineflairshineです
ママをうんと誉めて上げて下さい。
おばあちゃまの言葉から、ママは素晴しいと感じたら、お孫さん達の心に生まれるものがありますね。
ちるみさんはお幸せ。
この世で四代女性がつなっがっています。
きっと若々しいおばあ様でしょう。
いつも拝見しては、喜ばせて頂いています(゚ー゚)

投稿: バラ | 2012年10月 5日 (金) 15時20分

風信子さんへ

私もね、自分の子供にきれいに飾ったお弁当なんて作ったことなかったです。
まぁ、他の人もそんなことはしない時代でしたよね。
ウィンナや、リンゴのうさぎちゃんがせいぜいでしたね、ホントです。

もう何時までも、保育園でもないのに、あきれちゃうけど、早起きして作っています。
暇なんですよ(happy01

朝顔の元気さ、見習わなくちゃ、暑い夏にバテテいちゃいけませんね。
エイエイオー、掛け声かけて頑張ります。

投稿: ちるみ | 2012年10月 5日 (金) 18時37分

バラさんへ

文の落ち、自分なりに考えています。
気づいていただいて、嬉しいです。

孫が小さい頃は、お弁当ブログを見て、勉強していましたよ。
作るのも、楽しかったのでしょうね。
褒めたら笑い転げるわきっと。bleah
「どうしたの・・・」なんてね。

娘とは若いころ、姉妹のような親子でした。
あちこちで、よく言われましたね。
母とは、姉妹なんて言われたことないけど、体の頑丈さは、私より勝るかも。
4世代の女、娘が早く結婚してくれていたら5世代になってもおかしくない年齢です。
私、若いおばあちゃんに憧れていたんですよ。

投稿: ちるみ | 2012年10月 5日 (金) 19時00分

 ちるみ さん

人参に器用な細工に、愛情の注ぎ具合もうかがえます。
玉子焼きを、♡形に、ここにも、
お子さん達、心身とも健康は、確実ですね。

投稿: しろ | 2012年10月 5日 (金) 20時17分

しろさんへ

おはようございます。

愛情を感じますか?
ありがとうございます。
孫たちは、可愛がられのびのび育っています。
学業は、どうかなという状態だけど、健康は自信ありということでしょうか。

とにかく大きな子たち。
6年生にもなれば、私なんて見下ろされるかもしれない・・・・。

投稿: ちるみ | 2012年10月 6日 (土) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鬼の居ぬ間に | トップページ | 森のレストラン »