« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の28件の記事

緩やかに過ぎる日々

今日は・・・・・・

ここ数日の中で、一番何にも無い日だったの。

昨日と同じ今日、今日と同じ明日、毎日が同じって、ホントはとっても幸せな日なんだよね。

改めてそう思う・・・・日。

                                           

夫は、ガンになる前のように、ボーリング場に出かけていきます。

そういえば、週5くらい通っていたな。

ただね、見てるだけの身らしい、ボールを投げるのに躊躇してるみたい、お腹のストーマが気になるそうだ。

まだいいよ、投げなくてもいいよ。

                                        

私は留守番しています。

                                       

Img_8829                                                 

本を買いました。

読み始めています、「晩秋の読書」いえ「初冬の読書」かな。

                                           

明日からも、予定はありません。

同じ明日を思いつつ、幸せを感じつつ、暮していきましょう。

抗がん剤までの、しばしの余裕時間です。

                                       

                                             

                                           

                                          

                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                         

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (4)

あら恥かしや恥かしや・・・(^-^;・

北海道には、大寒波が来ているのに、暖かい地域に住んでいることが、申し訳ないような今日の青空です。

今日は、朝から病院へお出かけ、ストーマ外来の日です。

 

時間は9時半から、殆ど待つこともなく呼ばれて、アラレちゃんそっくりなストーマ専門の看護師さんからの指導をうけます。

私は、本でも読んで待っていようと思ったのに、呼び込まれちゃってしょうがなく、夫と看護師さんの様子を見ていました。

なにげなく、あれれ・・・・・・・・・・

夫のズボンのジッパーが開いてる・・・よ。

「準備をしてたんだ。」って、そういうことにしましょう。

また、あれれ・・・・・・・

パンツが裏返しじゃん・・・・・・。

「機能的には、問題がない!」だってhappy02

もう、おとうさんったら、恥かしいよ!

 

ストーマの装着は、まぁ問題もなく出来るようで今度は3ヵ月後に、何かあった場合はその都度予約をとってということになりました。

少し余裕が出来たでしょうか。

 

終わった後で、おとうさん恥かしかったでしょうって聞いたら、アラレちゃんならそんなことはないそうです。

手術をした外科病棟は、きれいで若く、おまけに優しい看護師さんばかりで、それだと恥かしい・・・・と、何を言っていますか、70才にもなってね。

 

Img_8759

 

帰りは買出しの為、大きなショッピングセンターへ、たぶん1週間は買わずに済むかも、それほどの量を買いました。

そしてお腹に入れたもの。

 

Img_8871

モスの野菜バーガー。

 

街は、もうクリスマス商戦が始まっています。

大きなもみの木と、プレゼント。

私たちジジババも、孫達のためにサンタさんになる季節になりました。

お財布、軽くなるなぁ~~dollar

 

Img_8870

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                           にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (2)

町猫ちゃん、オーイ!

寒くなりましたね。

空の色、冬色になりました。

                                       

我が家には、もう呆けてるんじゃないかと思うおばあ猫がいます。

寝てる時間は、異常に長く、起きてる時間は、「何かくれ~~」と鳴いてばかり、満20才と言えば、人間で言うと105才にあたるとか、認知症になっても当たり前ですね。

レトルトの猫のえさを、朝と夕ににあげるのだけど、私を見ると「もっとくれ~~」兎に角食欲だけはあります。

おしっこは猫のトイレに、う〇ちはトイレの前に、これは習慣になりました。(ノ∀`) アチャー

                                         

本当に長生きの猫ちゃん、若いときはきれいな猫だったけど、今は面影もありません。

猫も老けるのよ。

                                                  

cat       cat        cat         cat          cat

                                             

外出した時、猫に会ったら挨拶をすることにしています。

目が合った途端、逃げちゃう子もいるけど、好きだよオーラーを出したら、振り向いてくれる子もいます。

                                           

Img_8779 Img_8780 Img_8778                          

「何かよう?」

「急いでるんだけどね。。。」

                   

と言った訳じゃないけど、私に警戒を解きました。

こうなると、離れがたし。

                                             

Img_8786 Img_8787 Img_8789                          

カラスに、苛められていました。

突っつかれて、猫パンチrock

                    

ロシアンブルーのミックスみたいです。

レッキとした公園猫ちゃんだよ。

                            

                                              

いそうでいない町猫ちゃん、一日に2匹に会えるのはラッキーです。

まだホントはいたけどね、花束出したのに「ごめんなさ~い」されちゃった。

                                         

                                          

                                           

                                         

                                           

                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (4)

路上芸人『えぐれ笹島』さん

見られる地域の方、見ていただけたかしら?

もっと早くからアピールすればよかったね。

                                          

Img_8867

この方が「えぐれ笹島」です。

私と同じ63才のおばちゃん、テレビニュースで扱ってもらってるなんて、それだけで私にはすごいと思います。

                                            

Img_8836

一番悲しいことは、圭君との別れだよね、今でも写真が見られなくて隠してる、圭君、野球に頑張ってたね。

私に言ってくれたんだぁ~「子供を亡くす悲しみなんて知らないほうがいいよ。」って、これは、経験した人にしか分からない深い悲しみです。

私も、圭君の時少しもわかってやれなくて、ごめんね。

                                         

Img_8837

一人で生きてるって、そうかな・・・・・

仲間は家族は、鬼瓦は・・・・・

                                        

Img_8843

ご主人の借金も、働いて払ったじゃない。

                                     

Img_8848

畑で歌うのって、青空で広くって、年ちゃんに似合っています。

                                             

Img_8855

おばちゃんの応援ににこやかに応えて、ファンは嬉しいね。

                                           

Img_8856

「おばちゃん、ウクレレ1000円で売って。」

「それは出来ない、仕事道具だよ。」

おばちゃん、カッコイイって、この子いいこだね。

                                         

Img_8860

かぼちゃ入りぜんざいを作っています。

彼女のライフワーク、ホームレスの人たちに炊き出しを手伝っています。

「美味しいよ・・・」

                                          

大勢の人が並んでいました、その中で「えぐれ笹島」は歌います。

彼女が公園で歌っていたら、聴いてくれた人たち、ここが原点です。

「お前の歌は悲しすぎるから、聞きたくない!」と毒付くくせに愛情いっぱいの取り巻き立ち、仲間っていいね。

                                     

今回の放映は、とってもいい出来でした。

「えぐれ笹島」を、見事に前面に出してくれていて、私も感動しました。

「えぐれ笹島」こと年藤さんは、こんな人です。

幾つになっても、何年たっても私は、貴女を失いたくない。

ずっと、ファンであり友達でありたいと思います。

                                           

                                          

                                       

                                          

                                          

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                       

| | コメント (0)

この人を見て!

                                                                                                          

私からのお願いです

                                          

今日、夕方名古屋テレビ『UP!』にて

私のお友達、「えぐれ笹島」のことが放映されます

ぜひぜひ、見てください、チャンネルを合わせてくださいm(_ _)m

                                       

happy0160才の路上芸人、子と夫亡くし失意の中、歌う事で生きられるhappy02

                                         

と言うようなサブタイトルが付いています

                                             

                                              

彼女と私の付き合いは、因縁みたいなものがあり、遠く離れたり近づいたりしながらも、切れることはありません。

偶然、電気関係の同じ会社で働いていた事から知り合いました。

その頃からも、笑いのエンターテーメントで、人気者でした。

                                                

おかしいけれど、せつない芸が、彼女の売りかな・・・・私はそう思う。

シニアになっても、路上で頑張ってる「えぐれ笹島」にエールをsign03

                                          

                                           

えぐれさんの事を書いた記事

他にも、カテゴリー「友人の事」のなかに 数回書いています。                                       

                                             

                                             

                                        

                                        

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                           

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ                                               

                    

| | コメント (4)

今頃『タニタ食堂』ですか?

本屋さんで、山積みされていたこの本を見たときから、何度も手に取り開いて、欲しいなぁ~買いたいなぁ~と心の中でつぶやいていました。

でもやっぱり、その価格の高さから、元の場所に戻しバイバイ。

振り返ってバイバイ。

                                          

近くにある超大型ショッピングセンターイ〇ンの店内に、新書と並んで古書も売っているお店があります。

行くたびに、夫はその隣のCD屋さん、私は古書のお店をのぞきます。

自然素材を扱った、見ているだけでほのぼのとしてくる雑誌、時間つぶし、気分転換によく数冊購入。

お隣の場所に「タニタ食堂』が置いてありました。

お値段は?735円、定価が1143円ですから、少し安いでしょうか。

このお店は、古いユーストの本も扱っているけど、私が買うのは、時期が遅れただけの新品です、だから欲しい本だったら、お買い得ですね。

続と2冊購入、真似して献立を考えましょう。

昔の家庭の食事のような写真、今は遠くなったおかずを作って懐かしがられるかしら、私が目指すのは主菜じゃなく副菜です。

                                                

Img_8827

                                                 

Img_8828

                                           

作った惣菜、近いうちにbleah)アップしますね。

この言葉、流行語大賞になりそうです。←私の当たらぬ予想です。

                                          

                                           

                                           

                                           

                                               

                                              

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (8)

妻の意志をそこまで軽んじるとは・・・

今日は、最近頭に来たこと、一つ。

                                            

今は、夫婦共家に居ることが多くて、テレビを見たり音楽を聴いたりしてのんびり暮しています。

こんなゆったりの生活の中に、突然割り込む失礼な輩、それは電話でセールス、いわゆる勧誘です。

                                           

某テレビ放送配信会社(ス〇〇ー)断っても性懲りもなく電話をかけてきます。

それがね~~ス〇〇ーには入らないって私が断ったの、電話がかかったときにね。

そしたら、こういうの。

「ご主人は在宅ですか?」

                                              

私は妻ですよ、それが断ったのに、夫の言葉しか重要と思っていないの。

今日も電話がかかってきました。

「ご主人は在宅ですか?」

家にいるけどね、私は居ないって答えますよ、失礼だもんね。

                                                

夫の言葉は妻の言葉。

民主主義の世に、男も女もどちらが上ってないですよ。

それなのに、この勧誘員全くわかっていないのか、妻である私の言葉など、まるで子ども扱いでどうでもいい聞き方、これってなんなん!

                                           

明日もかかってくるかもしれへん。

当然、夫はいません、と答えるけど、それでもかかってくるんだったらね、一発ガ~~~っと、言ってやらなければいけません。

「あんた、耳があるの、私が断ったのに聞いとらんかったの。ご主人、ご主人て妻の言葉は夫の言葉よ。そんなことも分からんなら、もう一度勉強しやぁ!」

ふふ、ふふふ・・・・

すっきりするかな。

                                         

今の時代に、妻をないがしろににするなんて、珍しい勧誘会社のお話でした。

                                           

                                          

Img_8822

昨日、大手ショッピングセンターの屋上から見た『御岳』です。

名古屋からでも、高い所に登ったら、「御岳」「乗鞍」など雪山が拝めるんです。

この日、晴れていました。

                                          

                                       

                                            

                                        

                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (6)

森光子訃報に喪服を用意した

昨日も病院の帰りに探したけど、気に入ったものが、いえ私の体が入る物がなかったので、今日も探しに行きました。

それは「喪服」です。

                                          

夫ががんになったから、何時でも間にあうように慌てて買いに行ったんじゃないよ。

私がって言うより、夫がどうしても用意しておかにゃあかんて言うの。

そうだよね~森光子さんが亡くなったんだから、用意が必要だよねぇ。

                                          

私の母は大正9年生まれ、森光子さんと同じ年です。

80才代の頃は、あちらさんは若いのに、お化粧もしたことのない母は、何処から見ても勝てないなって思っていたけど、90才代になったら、あれ、母のほうが若いと思えるようになっていました。

目が母のほうが力があったし、表情がぼやけていなかった。

森光子さんの老け用が、私には異様でした。

                                               

こんな日が来る前でしたのね。

突然のように訃報を報道で聞きました。

                                        

実は一昨年、みーこさんの悲報で「喪服」を用意しました。

そのときは、抗がん剤の副作用で痩せていて45キロそこそこ、今は私の人生最高の体重60キロに少し切れるくらいです。

しかも肉の付き具合が、若い人とは違うようで、体の真ん中辺りがぷくぷくふくよかになって、その「喪服」残念ながら着られません。

今日、デザインは気に要らなかったけど、それなりに体に馴染む一枚を購入しました。

しかも、少し余裕があるものに・・・・・

「大きいのを買うんじゃなくて、痩せよ!」

なこと、無理ですよぉ~。

                                           

好きなデザインが何でも着られるって、今更ながら幸せな事なんですねぇ。

私も、その仲間だったのに、今は過去の思い出になってしまいました、とさ。

                                       

母は、100才まで生きて欲しいです。

ただ準備だけは、そんな気遣いをした一日でした。

                                           

                                          

Img_8814_2

                                         

石榴が弾ける季節になりました。

3ヶ月予報、今年は寒くなるんだってよ。

                                         

                                            

                                             

                                             

                                             

                                             

                                         

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                            

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (4)

乳がん6年7ヶ月検査クリアー「やったね。」

この頃は、付き添いばかりだったけど、今日は私が主役。

乳がんの検査結果を聞き、診察をするために病院へ行ってきました。

乳がん手術をしてから6年7ヶ月、今回も無事クリアーさせていただいたので、主治医麗子先生とは、主人の話などをして、にこやかに診察は終わりました。

次は来年2月、今度はマンモ・CT・採血がある区切りの検査になります。

                                            

腫瘍マーカー

CEA・・・・・・・・・・・1・1

CA15-3・・・・・・17・1

CA19-9・・・・・・2・0

                                         

乳がんの頃、一緒に抗がん剤を受けていた同病の方と、5年ぶりくらいに顔を合わせました。

何時も時間が同じで、2時間くらい抗がん剤をしてる時間は座談会をしている仲間で、気分が滅入るのをお互い助け合っていたのですが、主治医が替わり曜日も替わり会うことがなくなっていました。

それが、また主治医が替わって。私と同じになったので、今回会うことになったのです。

彼女は、両肺に転移してるとかで抗がん剤を受けに来ていました。

「そうか・・・・そうですか・・・」

でもね、元気で明るく話されました、まだまだがんなんかに負けていなかったです。

それが嬉しかったです。

                                              

                                           

                                              

自然素材を扱ってるお店の前に、何時も気になっているものがあったので、今回は思い切って写真を撮ってきました。

お店の人に見つからないように、斜めからそっとね。

                                          

Img_8826

このバケツです。

こんなバケツ、昔使っていました、今も何処かに転がっているのでは・・・

錆びて凹んで、もしかしたら漏るかもね、それなのにこのお値段、高い!

新品を買うより高いのでは、古いことに付加価値があると思えないのに、不思議です。

もしかしたら「ありかも・・・」

いいや、私なら只でも要らない代物だと思いましたよ。

                                             

                                        

                                       

                                           

                                             

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (14)

障害者手帳が交付されました

『障害者手帳』が、申請より3週間で認可されたので、今日、市役所に受け取りに行って来ました。

1~2ヶ月かかると、窓口の方にも言われ、PCで検索しても書いてあったので、遅いけどしゃーないな・・・と覚悟はして、ストーマなど必要な分は自費で買ってきていました。

今日、お店にも行き見積もりを書いてもらったので、今月・来月の補助は出るようです。

早いって、損をしないで済む事、こうじゃなくてはね。

それにしても役所って、どうして住所や名前をあれこれの用紙に書かされるんだろう、面倒だったらありゃしない、一枚に2通りの名前を書くものも、上を見れば書いてあると思うのだけどね。

夫は、今日から障害者4級になりました。

 

高速の割引手続きもしてきました。

そう乗る事はないけど、受けられるサービスは取り合えず登録しておきます。

 

Img_8820  

鶴舞にある介護用品などを扱っているお店に行ったついでに、coco壱番屋で、カレーを食べました。

私は、今日のランチ「ホウレン草とウィンナ・ハンバーグ」のカレーで、ご飯は少なめ。

夫は、「牡蠣フライのカレー」私が、牡蠣フライを食べたって言う話をしたので、夫も無性に食べたくなったそうです。

夫婦とも少なくしてもらったのに、それでも多かった・・・残してしまいました。

 

帰りに大須によって、修理に出していたオーディオを受け取り、今日の予定は全て終わりました。

 

明日は、私の通院日です。

また病院へ行きます、検査何事もありませんように、祈りつつ。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                         

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (8)

退院後の予定は・・・・

病室のカーテンを開けたら、夫はパジャマを脱いで靴を履き、荷物も全てまとめてあります。

ハ、ハ、ハ、、、早くここから出たいんだ。

甘いね、今日は外科の診察があります、入院患者は、外来が終わってからだから、お昼過ぎだよ。

案の定、お昼の病院食も食べさせられ、私のサンドイッチもつまみ、待つこと待つこと、かなりの時間。

やっと呼ばれて外科の担当医とお話、これからの治療計画を聞きました。

 

12月12日、残したポリープ切除の為の腸カメラと入院一日。

12月17日、抗がん剤初日です。

12月25日、ピロリ菌治療のあとの検査。

 

今年は、ここまでで終わりでしょうか。。。。

 

11月21日、私の診察日。

11月28日、ストーマ相談日。

 

毎週のように、病院へ行かなくちゃいけません。

いやはや、お得意様になりました。

 

先日切除したポリープは、全て「良性」でした。

これが悪性だったら、入院手術で腸がガボッと取られる所でした、まずまず良かった、ホッとしました。

心配したけど、こんな空振りは嬉しいですね。

 

16時ごろ、タクシーで家に帰ってきました。

 

 

Img_8813

私が、歩く散歩道です、何時もは鴨やサギが泳いでるけど、今日は見当たりません。

桜並木が紅葉しています。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (4)

明日は退院だよって言われました。

朝干した洗濯物、笑っているような青空、昨日と大違い。

東京に住む夫の友達が帰省に合せて、夫の車もスタットレスに交換してくれました。

今年の初雪は早くて、きっと冬は駆け足で来るようなそんな予感がする一日です。

 

治療とてない一日、夫は退屈で本ばかりを読んでいます。

日にち薬みたいなもんだから、しょうがないよね。

例のジイ様は、ナースコールを押すのが趣味のよう、聞いてると腹も立つけど面白くもあります。

ナースコール。

「奥さん、まだ来ないか?」「今日、来るのね、じゃ待っていよう。」

ナースコール。

「奥さん、何してるか聞いてくれ。」「もうすぐ来ると思うよ。」

ナースコール。

「奥さんに電話して、早く来いって言ってくれ。」「待っててね。」

ナースコール。

「奥さんに電話しろ、緊急だ。」「電話は出来ないのよ、待ってて。」

ナースコール。

「お菓子が食べたい。」「どれがいいの、これ?」

ナースコール。

「まだ来ないか、電話してくれ。」お菓子を食べてる音がしています。

 

夫の言葉、

甘やかし過ぎてる、看護師もはっきり言わなきゃあかん。

 

こんなジイ様に、看護師さんは優しいですよ、呼んだら勝ち、本当に助けが欲しくてもコールしない人は、多分置かれてるね。

忙しくって、手が回らばいはずなのに、本当によく応えています。

来月も入院予定だけど、部屋は注文つけなくちゃ・・・・。

 

Img_8808

 

たまには、ご馳走でも食べといでって夫が言ったから、何時も昼食はコンビニのサンドイッチだったけど、外へ行ってみました。

病院の隣の喫茶店で、今日のランチ、牡蠣フライプレートをいただきました。

牡蠣がメチャクチャ食べたくなる日、最近あるんですよね。

亜鉛不足?

 

夫は、今日から重湯の食事が始まりました。

 

明日は、取ったポリープの検査結果も出ます。

ヒヤヒヤ・・・・・良い結果でありますように、祈らずにはいられない。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (6)

でも・・・・・・

昨日は、よく雨が降りました、行きも帰りも・・・・

シトシトシト・・・・

                                          

Img_8806

それは、それで風情はあるけど、私は心が寒い。

                                               

夫は、病院で退屈を持て余しています。

「何も食べないようにすれば、入院していなくてもいいだろう?」

「点滴しなきゃ死んじゃうよ。」

元気なのでお腹も空くし、早く食べられるようになればいいけど、こんな様子じゃ退院出来るんだろうか、今日はどうだろう。

同室のジイ様は、相変わらず看護師さんを呼び、帰ったと思ったらまた呼んでる、怒りん坊の甘えん坊、お菓子ばっかり食べています。

                                              

                                              

Sさんはね、お姫様のように美しく、親切ですごく優しい、お仕事も出来るし非の打ち所が無い女性、私も知り合えて本当に良かったと思っている。

でも・・・・・・・・

私が読んだ「しらゆき姫殺人事件」、こんな理由の殺人事件です。

女の人って、激しい悪口も言うけれど、それは余程怒ってる最中で、普段は適当に良い所を並べて褒め、その後で覆すようにボソボソと小声で嫌な部分を言う、よくありますね。

自分は、相手を攻めるばかりじゃなく、相手のこともよく見てるのよ、だから、一方的に貶してる訳じゃない、と同調を求めるかのようにね。

私にもある性格です。

私にも、とっても理解出来るお話でした、しかし殺人はしない、これは小説です。

後半のドキュメンタリー的、またはゴシップ週刊誌的、今風つぶやき、新しい試みだけど、趣味的に私にはいただけなかった・・・・な。

この本私の後に24人も予約してる人がいるの、湊かなえは人気あるね。

                                            

ボチボチ、病院へ行きます。

夫、首を長くして待ってるよ。

                                           

                                               

                                                

                                             

                                            

                                         

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (8)

同室の老人は迷惑爺さん

冷たい雨が降っています。

昨日はあんなにいい天気だったのに、今日は終日傘をさす日になりました。

 

今回の夫の入院は、腸のポリープ切除跡の回復のみなので、安静にして寝ているだけ、食事も点滴で腸を使っていないので、ストーマもきれいなままです。

私が行っても、さして仕事はないけど、一人でボンヤリしてるのは退屈なので、来ないでもいい、とは言いませんね。

二人で読書・・・・週刊誌を読んでいます。

テレビは見ないと決めているって、カードは置いてあるのにスイッチを入れないので、休憩室へ行こうか?と言っても、「安静にしてる。」だもんね。

 

やっと頭の中のモヤモヤも取れたのか、私の言う事を頭に止める事が出来るようになりました。

「ポリープが幾つあったんだ?」

「また、あのニフレックスを飲まなければいけないのか?」

「抗がん剤は遅れるって?」

「ストーマ外来はどうなるんだ?」

私に分かる事は答えるけど、他は自分で聞いてよ。

 

夫は窓側だけど、廊下側の老人、夜間もベルを鳴らし続け寝られないって・・・。

私が来てからも、10分置きくらいに看護師を呼ぶベルを押しています。

すぐ飛んできて「どうなされました?」

お菓子をとってくれ、書くものが欲しい、紙をとってくれ、パジャマを替えてくれ。

こんなの自分ですることで、いちいち看護師さんの手を煩わせることじゃありません。

その上、深夜の急患で忙しい時に、読んでも来ないと300回もベルを押し続け、どれほど説明されても、来る人来る人に〇〇看護師が意地悪をして来てくれなかったと言いつけ、それを私がいる時にも、先生に、奥さんに、別の看護師に、悪口三昧。

嗜まれていたけれど、一緒の部屋の者には迷惑なじいさんです。

私もつい、聞こえる声で「これじゃ寝られないね、父さん眠剤もらってね。」

皮肉を一言、聞こえたかな。

同室の方に迷惑だから、個室に移動するよう促されていましたが、お金がかかるし・・・・だって。

ここは、救急拠点病院、老人専門じゃありません。

 

さて、夕べは寝られたでしょうか。

これから、出かけて見ます。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (6)

まいったなぁ~腸の中はポリープがいっぱい・・・

寒い寒い朝でした。

雨も降り、私たち夫婦の病院行き、嫌な予感です。

 

8時40分、消化器内科の受付に、そのまま内視鏡の部屋に行くように言われて、そこで時間になるまで待ちました。

9時より、説明を受け2リットルのニフレックスを飲み始めました。

夫は、全く始めての検査、この薬の感想は気持ち悪い・まずい、みんなそういいますね。

2時間以上かけてゆっくり飲み続け、腸の便がきれいに洗い流されるのを待ちます。

 

13時過ぎから、4人いた挑戦者は呼ばれ検査に、夫は3人目でした。

残った直腸にも浣腸をして、そこも検査します。

私は、来週診察があるので、今日は採血をついでにしてから、隣でずっと本を読んでいました。

夫が内視鏡室に入ってから、私も呼ばれ、映し出される画面をずっと見せられました。

これ結構キツイ映像で、目をそらすことも幾たび、夫の腸には、かなりたくさんのポリープがあって、大きいのを何度も針金の輪のようなもので切り、血を洗い、また切り、表面を焼き、それが1時間近くも続きました。

幾つ?わかりません。

今日は、全部を取り切れず、後日に再び挑戦ということになりました。

胃のほうは、私が見ても問題がなく、ピロリ菌の検査のみしました。

ポリープは、悪性・良性を精密検査し結果は月曜日に出るそうです。

 

たくさんのポリープ切除で、腸が荒れてしまったので、食事が出来るようになるまで、5日間入院が決まりました。

出血もかなりしたので、仕方がありません。

夫も、検査前からポリープがあることを予想し、一日入院は覚悟しておりましたが、まさかの5日間、予定が狂うのはどうしてくれるんだ・・・・って、体の事だけ考えましょうね。

鎮痛剤を使っているので、言ってる事もおかしいし、先生の話も理解していないので、誰がそんなことを言ったんだ、とか・・・後で先生がお話してくださるよ。

もう帰っていい?

分からんから、看護師さんに聞いてって、あのね、あなたは今晩は食事もないの、これから寝てるだけなの、私がすることもないのよ。

それに帰ったら、17時も過ぎて暗くなってしまうのよ。

 

また、抗がん剤接種の時期が変更になり延びるようです。

月曜日からとなっていましたが、ポリープ切除を先にして、消化器内科の治療が終わってから、時間をかけて抗癌剤に挑むとか。

夫の場合は、散らばったガンが2~3個あるかもしれないので、予防という形で抗がん剤をするのではなく、あくまでも治療という形で、腰を落ち着けて一年くらい続けるそうです。

「仕事復帰は・・・・・」

「抗がん剤をしていても、仕事は出来るけど、それは体力との勝負だよ。」

 

今夜からしばらく一人。

そして明日は、5日分の入院生活に必要なものを持って、また病院へ行きます。

どんなに疲れても、私にはまだ夫が必要、かなり必要、だから出来ることをしていきます。

 

「きつい言葉がいやだなぁ~。」

「甘い事言ってたら、闘えんよ!」

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (20)

鶴舞公園の風景ー秋ー

大須から1キロくらいの所に、鶴舞公園があります。

鶴舞公園は、名古屋市が最初に整備した公園で、さくらの名所100選にも選定されています。

東京の上野のように、名古屋のその時期はニュースに取り上げられる事が多いですね。

少し前は、酔芙蓉が満開、秋バラが見ごろでしたけど、今は秋、美しい街中の紅葉が見られます。

                                              

Img_8756

Img_8766

Img_8770

                                              

見事に色着いた木々、山の紅葉もいいけど、街中の紅葉も捨てがたいですね。

夫は、先にさっさと行ってしまい、私は取り残されたけど、デジカメの友達がいれば、一人でも楽しく回れます。

目があっちこっちに引き寄せられ、足もつられて歩きます。

                                           

Img_8767

花だって咲いています。

Img_8772

皇帝ダリアが、私の背のはるか上から、話しかけてくれます。

5メートルはありそう、背の高い立派な花です。

                                    

Img_8790

Img_8794

Img_8791_2

バラだって、盛りは過ぎたけど妖艶に華やかに咲いています。

                                           

Img_8775

Img_8802

黄色のコスモスも普通のコスモスも、競い咲けとばかりに・・・

                                         

Img_8795

胡蝶ヶ池

                                         

Img_8799

奏楽堂

                                          

他にも名古屋市公会堂、図書館、茶室、野球場などたくさんの施設が建っています。

囲碁を楽しんでいるグループ、読書に夢中な若者、公園の風景っていいですね。

さて、夫はどこ?

ここからまた、あっちにいったりこっちに来たり、案内板を見て位置を確認したり、私の放浪が始まります。

不安ではないけど、私は迷子?

                                       

迷子らしいです。

                                           

                                            

                                             

                                            

                                             

                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (8)

八丁味噌って美味しいね

またまた、夫のオーディオの故障、ノイズが酷いから、保障期間のうちに大須の中古専門店へ持って行きました。

これで、3度目?4度目?

中古だけど、6万ちょっと払ったから、やっぱり治さないともったいないね。

                                             

ついでに、鶴舞まで足を伸ばして福祉用品のお店へ、初めに行った店は、商品は何も置いてなかったけど、ここにはまぁまぁある、パンフを貰い、必要な商品を買いました。

どれが良いか決められないけど、最初に病院で着けてくれたものが、どうしても馴染んでしまうのね、そこから移動する不安が取り去れない、病院の指導って、結構重いものだし、業者にとっては有難い存在なんだと思う。

消臭潤滑剤とストーマを安定させるベルトを購入しました。

以後の必要な商品は、電話にて注文、配送してもらうつもりです。

                                                

Img_8803

                                        

Img_8804

                                          

ランチは、八丁味噌の県だから、どの観光施設にもある『菜めしでんがく定食』

この店のでんがくは、絹ごし豆腐らしく柔らかい、ついでに菜飯も柔らかくて、私たち夫婦にはまことに良い。

大豆の煮物・玉麩のお吸い物・香の物+寒天あんこのせのデザート、ご飯は少なくしてもらったのにまだ多くて残したけど、結構美味しかったです。

                                        

今日は、まだ食べられます。

夜は、牛丼風煮物を作りました。

                                  

でも明日は、朝から柔らかいもの、うどんとかお粥とか、夜も20時までで食べる事は終わりです。

しっかり効く下剤、ラキソベロン内溶液を飲み、ゆっくり寝るだけ・・・・・

初めての胃・腸カメラ、心配する事ないよ、意外にラクチンだから、なんてね。

頑張ってください。。。

                                             

                                              

                                               

                                              

                                            

                                         

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                                 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (8)

ほんとに解散する?選挙する?

今日、報道番組を見ていると、何故だか民主党議員の口から解散の話が語られています。

一人だけじゃない、2人3人・・・ありかも?

ありかも・・・・・・・・?

22日解散、16日選挙、ありかも、ありかも・・・・・?

                                           

これだけ国民から信任されていない政党が、何時までも政治を行っていてはいけない、国民が付いて来ないことを確認したら、さっさと身を引くべきです。

新しい政治に憧れていて、結局騙されちゃったけど、私も少し、いえかなり勉強しました。

同じ間違いを犯したくない、でもね、信頼できる政党がいないことも事実、私、誰を応援すればいいのか、私、誰に入れればいいのか、私、どの政党に?

                                          

                                               

この頃の報道、新聞・週刊誌・テレビ、みんな同じ方向を見てるような気がして、これじゃ私たちも誘導されてしまいます。

物事には、どちらが正しいとか決められない案件が多いのに、一方方向からだけ記事に書く、あるいは放映されると、間違った認識を植えつけられてしまいます。

そんなこと、最近多いですね。

真紀子さんの言葉然りです。

本質を突かないで、大学を受けようと思っている少女に焦点を合わせ、進学で出来ないと涙を見せるやりかた、これは認可の正当な過程とは別問題です。

報道を見てる人は、真紀子さんって酷い人ねって、そう単純に思ってしまいますよ。

この事案は、何故だか殆どのマスコミが大学側についたけど、本当にそれでいいのかしら?

疑問、疑問。疑問・・・・?ですよ。

大学の認可、私も知らなかったけど、実に簡単に行われていたのですね。

聖域なき構造改革によって、03年から設置基準さえ満たせば認可されるようになったそうです。

厳しい事前の審査から、事後のチェックに変わったんだって。

今、行っていた大学が倒産して、泣いてる学生もいるとか・・・・

それに、一石を投じた、真紀子さんにプチックリック!

                                           

忙しい師走、寒い時期に、熱い戦いが始まりそうだから、選挙大好きな私は、妙にそわそわしだしました。

ホントに、解散するんかなぁ・・・・・

頭ん中フル活動して、今度こそ間違った選択をしないように、それが課題です。

それが難しい・・・・・

                                                                                                          

Img_8753

                                   

                                             

言葉が足りず失礼しました。

不愉快な思いをした方には、ごめんなさい。(*_ _)人ゴメンナサイ

                                                                                                                                                                                   

                                           

                                          

                                         

                                             

                                          

                                             

                                              

                                               

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

|

夫の研究心に火が着いた?

雨、久しぶりの雨の日、ひやっこいよ。

ストーブの前の特等席は、オバア猫の指定席、暖かいかい?

 

夫が退院してから、一度も外出しなかったはじめての日、ゆっくりテレビを見て過ごしました。

大好きな「たかじんのそこまで言って委員会」これ、メチャ笑えるの、吉本なんか少しも面白くないのにね。

その後は、久しぶりの優勝がかかってる遼君のゴルフ、危なげない勝ち方で2年ぶりの優勝でした、本人が一番嬉しいだろうね。

吹っ切れたかな・・・・

 

Img_8741

 

夫の日頃の関心ごとは、どうもストーマにまつわる事らしい。

誰がデザインをし作ったのか、使用する夫には、イマイチ使いにくい不満があるようです。

改善箇所の要望が数多くあるようで、私が会社勤めの時「提案」なるものを課せられていたけど、 それと同じように、一つ一つ見つけては、プラの板を切って、修正したり、スポンジを貼り付けたり、研究に余念がありません。

夫って・・・・そんな人なんですよ。

器用で、研究家で、何でも好奇心を持ち、使い勝手のよいようにする、今まではストーマなんて関心の外にあったけど、今では毎日の生活の一部、そりゃー快適に使えるのがベストですものね。

何時か、発明が商品化され、ストーマ患者が心より快適に使える物が出来たら、きっと喜ばれるでしょう。

前向きさが嬉しいです。

 

明日は、またお出かけあり、だって。

今日はゆっくり休んだから、「うん。」頑張りましょう。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                        

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (4)

澄んだ青空に誘われて

澄み渡る青い空が、家の中にいるのは勿体無いぞって言ってるようで、外出日。

何処へ行こうかな?遠くは疲れるし、近くには秋はいないし、いえ探せばあるけどね。

夫が、小牧でもと言ったので、そっちに向かってゴー。

車で1時間少々のところに、お城があり、明治村があり、湖があるけど、今日は入鹿池にいきました。

ここは、ブラックバス釣りが有名で、我が家の子供も小さい頃は遊びに行っていました。

紅葉を楽しみに来たのだけど、少し早かったようです。

                                       

Img_8746

ボートがたくさん出ていました。

みんな釣りのため、なにしろ時間貸しじゃなく一日貸しなんですから。

                                          

Img_8748

お隣にある「明治村」の建物が少し見えます。

明治時代の建物が、数多く建っていて、ここはとっても素敵な場所だけど、病上がりの夫と私では、広い村内を回りきれません。

電車も汽車も走っていて、それを利用すれば回れない事はないですけど、時間が・・・もう15時でしたから、もっと早く家を出ねばね。

計画無しの外出です。

                                          

Img_8751

秋色に染まる桜の木。

空の澄んだ青さが、目にまぶしい。

                                         

家でゆっくりしてるのもいいけど、少しでも外の空気に触れてるほうが、病後にはいいような気がする。

歩数を、一歩一歩増やして、体力回復をしてもらわねば、それにしても疲れてしまうのは何時も私、なんちゅう体力のなさだろう。

二人三脚、明日も一歩、二人で歩いて行こうね。

勿論、助け合ってよ、いえ助けてよ、かも・・・・・

                                           

                                             

                                             

                                         

                                          

                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (6)

喉から手が・・まだ読みませんよ。

最近では珍しいほどの暖かい日、「今日の予定は?」

                                            

お見舞いに来てくださり、また退院の日は、病院から家まで送ってくださった夫の友人さんのところへ、お礼に伺いました。

ご夫婦でもてなしてくださり、オマケに昼食までご馳走になり、お礼なのか迷惑をかけに行ったのかのか分からない状態の訪問になってしまいました。

本当に恐縮・・・・・・

いつかお返しが出来る日、あればいいと思う。

                                           

                                              

最近、読書も遠ざかっていましたけど、今日、図書館から予約していた本が貸し出しできると連絡が入りました。

もう忘れていました、確か9月に予約したような、誰の本かは分かっていたけど、タイトルも忘れていました。

昨日、本屋さんに行った時、買おうかななんて思った本だったんです。

買わなくてよかったわ。

                                       

Img_8744                                                 

あいも変わらず、湊かなえさんの本、嵌っています。

今、映画が上映されている吉永小百合さんの「北のカナリヤたち」も彼女の作品でしたね。

見たいような・・・・決断できぬまま悶々しています。

この本は、まだ読みません。

夫が、胃と腸のカメラをするとき、とっても長い時間待つと思うの、そのときの為にとって置きます。

病院じゃ、時間を潰すもの何もないですからね。

                                            

夢中で読んでたら、夫の検査が終わるまで時間のことを考えないでいられる、その役目よろしくね。

                                            

それにしても、読みたくなるタイトルですね。

                                          

                                           

                                         

                                         

                                          

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (10)

お見舞いお礼の準備も済んだし・・・

お見舞いのお礼の準備のため、近くのお店に出かけました。

快気祝い、ならいいのだけど、お見舞いお礼なんですね。

何がよいか悩んだけど、手ごろなバスタオルセットに決めました。

                                               

お昼は、喫茶店でランチ。

                                      

Img_8730

夫はミックスサンドプレート、ヨーグルトがついていました。

                                          

Img_8733

私は、名古屋発祥のあんかけスパゲティ、ホントはベーコンじゃなくて赤いウィンナなんだけどね。

ピリ辛で、とろんとしていて、美味しいですよ。

                                         

この喫茶店が入っている大きなスーパーは、広大な貨物の操車場があった所を再開発したところなので、表の公園に貨物車の最後尾車が、2台展示されています。

店内にも、部品が飾ってあります。

                                            

Img_8737

近くで見ることも無い貨物車、私、古い汽車かと思っていました。

なにしろ、子供時代は汽車など見たこともなく育ったのですものね。

                                           

私は疲れてしまってるのに、夫はまだ歩けそうですよ。

少しずつ、体力が戻ってきています。

傷口が突っ張らなければ、もう普通だと申しています。

                                              

                                         

                                         

                                        

                                           

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (4)

3人の医師の連携プレー

いい天気でしたね。

最近寒くなったと思っていたのに、今日は暖かでした。

こんな日は、幸せ気分に浸れるかな?

 

 

今日は、夫の命を救ってくれた3人の医師の連携プレーについて、書こうと思います。

10月15日、掛かり付けのクリニックに行き、K医師に腹痛を訴えた。

実は数日前から夫は、腹痛が継続的に続いていて、便通もなくなっていた。

K医師の診断は、『腸閉塞』しかも大腸がんの疑いがあり、危険な状態であるというものだった。

K医師は、すぐに救急車を手配するから、大きな病院へ行くように言われた。

さすがに夫は、それは躊躇した、明日、必ず行くからということで、紹介状だけをもらって帰った。

K医師の診断は、結果的に全くその通りだった。

 

翌日の経緯は、話を聞いて驚いて帰って来た私の、ブログに書いてある。

私の通院している病院へ行った夫を担当した消化器内科の医師は、私の内科の担当医でもあるN医師である。

N医師は、この病院の中で非常に評判の名医で、その点でも幸運であった。

N医師は、検査結果を待つまでもなく、まだ我々に診断結果を説明する前に、直ちに手術室と連絡をとり、緊急手術の準備を指示したのだった。

 

直ちに、手術は行われました。

執刀したのは外科のS医師でした。

緊急手術であるけれど、取れるだけの悪い部分はとり、「私はいい加減な手術はせんよ。」と、術後私にしっかり説明をしてくれた。

これが、病院一キツイ医師で、術後翌日は寝ないで起きてることを、夫にかし、顔を歪めても座っているはめに・・・・

それも、結果は良いほうに向かったのか、大きく切った割には退院は早かった。

 

結果的に、この3人の医師の最高の連携プレーによって、夫は救われました。

今、元気でいます、体力も日に日に回復していくでしょう。

3人の医師に、ただただ感謝しています。

 

今日、掛かりつけのクリニックに、病院からの手紙を持参し行って来ました。

そこには、「とても我慢強い患者さんでした。」と書いてあったそうです。

これ、皮肉?

 

昨日は、やっぱり行った日の内視鏡検査はありえないね、日にちだけ決めてきました。

N医師の笑顔もあり、気分は楽でしたよ。

でも私は、何故だかとっても疲れてしまい、夕食も手が抜きぬき、卵焼きのみで我慢してもらって、早めにおやすみしました。

毎日、出かけるって疲れるね。

今度は、15日が通院の日です。

この日に、胃の内視鏡、腸はストーマからと残った直腸の内視鏡をします。

たいへんだよ~~~

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                              

| | コメント (10)

予定変更、検査先行、抗がん剤延期

初めて、病院へ行った日に、交通違反を起こしてしまったから、今日は気をつけて、違う道から行きました。

私を送って行っていた時は、一通じゃなかったのに、いきなり一通になる、しかも時間内だけ、これじゃ違反しちゃうの当たり前だね。

 

Img_8726

 

道は混んでいて、信号が変わるまで何度も待って、それから動き出す、病院に着いた時間は何時もより余分にかかってしまいました。

不便になりました・・・・・。

 

早い時間(8時半)なので、採血も二人待っただけ。

でも、結果が出るまでに一時間はかかるので、ずっとひたすら待ちました。

10時ごろやっと呼ばれて、夫だけ診察室に入りました。

何時も一緒じゃ、子供に付き添う母みたいだもんね。

 

抗がん剤をする予定だったのに、消化器内科で胃と腸の内視鏡検査をしてからのほうがいいと変更があり、明日急遽内科を受診することになりました。

またまた、待合室の退屈時間、明日はなにか持っていこう。

 

今晩は、食事をしたけど、明日は朝から絶食、お水のみになります。

検査は、やってもらえるかしら・・・・話はとおしてあると言うけれど。

 

「主治医のこと信頼できる?」

「難しい問題だな、そうとも言えない。ただ命を預けちゃった。」

・・・・・・・・・・・・・・・

 

明日は、また忙しくなりそう。

私に叱咤激励、ゆっくりするのはもう少し先だよ。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                             

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (8)

明日は抗がん剤の日

今日も寒い日。

一日中、家の中でまったりと過ごしました。

                                          

今日の朝の食事。

食パン半分ずつ・牛乳・野菜ジュース・ヨーグルト。

お昼は、うどん。(あぶらげ・ホウレン草)

夜は、これです。

                                                                                          

Img_8724_2

                                                                                                

ご飯茶碗三分の一です。

それでも、しっかりした量でした。

                                            

                                            

明日は、朝8時前に家を出て、病院へ行きます。

採血を済ませ診察、それから初めての抗がん剤挑戦です。

                                           

自分のことのように不安で、検索ばかりしてそれを言うと。

「もういい・・・・」

そうよね、やってみてから心配しましょう。

                                              

                                          

                                           

                                         

                                         

                                         

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ                                         

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                        

| | コメント (8)

今日の献立

寒い、いきなりの冬、夏から冬?

ファンヒーターを一日点けっぱなしの日が続いています。

                                         

Img_8719

                                             

今夜の夕食、おかずは二人分。

                                     

朝は、食パン半分・ブルベリージャム+ヨーグルト・牛乳・野菜ジュース。生野菜。

昼は、マルちゃん生麺(ねぎ・もやし・豚肉)

                                           

おやつは、シフォンケーキと紅茶。

                                         

毎日、ご馳走はないけど、食事を作っています。

何でも食べていいと言うけれど、お肉は少なく少なく出し程度に使います。

食べる食材を選ぶより、いろいろ種類を食べる事のほうが必要だと感じています。

                                

たまには、外で「うまいもん」食べたいな。

                                           

                                          

                                        

                                          

                                             

                                       

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (10)

病院からの請求書、来る。

一気に寒くなりました。

今日は、薄手のコートでは物足りないような、そんな日。

夫と買出しに出かけました。

 

 

お肉、魚、豆腐、野菜、果物・・・・冷蔵庫がいっぱいになって、

しばらくは安心です。

のんびり暮していたのに、今日この頃は、夫が毎日家に居る。

朝ごはん・昼ごはん・夕御飯、ご飯ばかり仕度してる。

なに食べようか・・・・・・。

献立を考えるのは面倒だから「なに食べたい?」

「うまいもの。」当たり前じゃん。

 

夫が何時も行く喫茶店から、お花を貰ってきました。

退院のお祝いだそうです。

 

Img_8714

気持ち、きもち、嬉しいですね。

早く元気になって、また友達と通ってください。

 

病院から請求書がきました。

入院・手術代。

55120円、安い、助かったわ~~~

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (8)

広島のお義姉さん

外を見る、空を見る。

寂しいですね、秋の夕暮れ・・・・・

                                     Img_8710

何時も走る、病院への道もコスモスが両側に咲いています。

この道、車も少ないし、花の手入れも怠りなくて、走りやすいきれいな道です。

                                             

                                               

昨日、久しぶりに広島のお義姉さんに電話をかけました。

どういうわけか、初対面の日からとっつき難くて、仲が良いとはとても言えない間柄です。

ことごとく腹が立つ事があれば、電話で怒りをぶっつけ、言いたいだけ言って電話を切る、そんなこともたびたびしてきました。

私もまた、相手側から見たら、可愛げのない弟嫁だったんです。

こうなったのもそれなりの事情があり、どこかで軌道を修正していたら、もう少しは近づけたと思うけど、なにせ周囲の人、そんなことには無関心でした。

特に私の夫は、お姉さんなのに仲がよいわけでもなく、口もあまり聞きません。

私がどう思おうと、どうでもよかったんですね。

                                              

一回り年上で、上から目線のお義姉さんですが、こちらからの出方によっては優しい所もあります。

今回も、夫は知らせないでも良いと言ったけど、一応姉弟なので、夫の入院のことは伝えました。

すぐ来ると言ったけど、夫は「うるさいから来ないでもいい。」と。

「まぁ~ホッホッホッ・・・」

そう言われて、コロコロ笑っていました。

                                          

私たちが、夫婦共がん患者であることから、あまり無理をしないでもいいように、食事の仕度がたいへんな時は、ご飯にかけて食べてと、お決まりのジャコを送ってきました。

                                            

Img_8713

                                              

たしか、前回はおでんにどうぞって練り物セットでしたね。

                                           

昨日開けていただきました。

美味しいよ、お義姉さん。

                                        

                                          

実は、お義姉さんのご主人(義兄)も大腸がんで、ストーマをつけていました。

そして、今年5月に7~8年の闘病の末亡くなりました。

同じ病気で、気持ち的に近くなったような気がします。

                                         

これからも何でも言って、欲しいものがあったら送るから・・・・

                                       

親戚は仲良くしなきゃいけませんね。

遅ればせながら、悟った私でした。

                                        

                                           

                                         

                                           

                                          

                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (6)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »