« 予定変更、検査先行、抗がん剤延期 | トップページ | お見舞いお礼の準備も済んだし・・・ »

3人の医師の連携プレー

いい天気でしたね。

最近寒くなったと思っていたのに、今日は暖かでした。

こんな日は、幸せ気分に浸れるかな?

 

 

今日は、夫の命を救ってくれた3人の医師の連携プレーについて、書こうと思います。

10月15日、掛かり付けのクリニックに行き、K医師に腹痛を訴えた。

実は数日前から夫は、腹痛が継続的に続いていて、便通もなくなっていた。

K医師の診断は、『腸閉塞』しかも大腸がんの疑いがあり、危険な状態であるというものだった。

K医師は、すぐに救急車を手配するから、大きな病院へ行くように言われた。

さすがに夫は、それは躊躇した、明日、必ず行くからということで、紹介状だけをもらって帰った。

K医師の診断は、結果的に全くその通りだった。

 

翌日の経緯は、話を聞いて驚いて帰って来た私の、ブログに書いてある。

私の通院している病院へ行った夫を担当した消化器内科の医師は、私の内科の担当医でもあるN医師である。

N医師は、この病院の中で非常に評判の名医で、その点でも幸運であった。

N医師は、検査結果を待つまでもなく、まだ我々に診断結果を説明する前に、直ちに手術室と連絡をとり、緊急手術の準備を指示したのだった。

 

直ちに、手術は行われました。

執刀したのは外科のS医師でした。

緊急手術であるけれど、取れるだけの悪い部分はとり、「私はいい加減な手術はせんよ。」と、術後私にしっかり説明をしてくれた。

これが、病院一キツイ医師で、術後翌日は寝ないで起きてることを、夫にかし、顔を歪めても座っているはめに・・・・

それも、結果は良いほうに向かったのか、大きく切った割には退院は早かった。

 

結果的に、この3人の医師の最高の連携プレーによって、夫は救われました。

今、元気でいます、体力も日に日に回復していくでしょう。

3人の医師に、ただただ感謝しています。

 

今日、掛かりつけのクリニックに、病院からの手紙を持参し行って来ました。

そこには、「とても我慢強い患者さんでした。」と書いてあったそうです。

これ、皮肉?

 

昨日は、やっぱり行った日の内視鏡検査はありえないね、日にちだけ決めてきました。

N医師の笑顔もあり、気分は楽でしたよ。

でも私は、何故だかとっても疲れてしまい、夕食も手が抜きぬき、卵焼きのみで我慢してもらって、早めにおやすみしました。

毎日、出かけるって疲れるね。

今度は、15日が通院の日です。

この日に、胃の内視鏡、腸はストーマからと残った直腸の内視鏡をします。

たいへんだよ~~~

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                              

|

« 予定変更、検査先行、抗がん剤延期 | トップページ | お見舞いお礼の準備も済んだし・・・ »

夫のS状結腸がん」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

大変だったんですね。
腸閉塞は場合によっては緊急手術になる
病気。先生方の迅速で正しい判断が
ご主人の命を救ったんでしょう。

ラッキーでしたね。

それにご主人の頑張りもあって早く
退院できたんですよ。

15日に胃と腸の内視鏡ですか。
一日にするんですね。
体のためとはいえしんどそうですよ~。

寒くなってうちのクリニックでも風邪の
方が増えてきてます。ちるみさんも
ご自愛くださいね。

投稿: 夢かあさん | 2012年11月 7日 (水) 20時44分

とにかく、とにかく お二人は幸運に守られているんですねー。
良かったなーと読んでいてうれしくなりました。
我慢、頑張るご主人様によろしく。

投稿: sumire | 2012年11月 7日 (水) 20時50分

ちるみ さん

罹るも 辛い
愛される 人の 付き添いは それは。。。

日々 穏やか日に近づく

タイミング V 先生 環境 !

投稿: しろ | 2012年11月 7日 (水) 21時05分

名医っているのですね。
そう言う先生に出会う幸運もあるのだと
思いました。よかったですね。
家は心臓だったけど、難しい手術ですが
90%は大丈夫だと医者は言ったけど
術後帰らぬ人になりました。
信じられなかったより、何が起こったか
解らなかったです。

この先、まだまだ大変だと思いますが
どうか頑張ってくださいね。

投稿: しょこらろーず | 2012年11月 8日 (木) 05時53分

ご主人、いい先生に巡り合えて本当に
良かったですね。
当日の緊迫した雰囲気が伝わってきます。
緊急手術、大変だったんですね。

病院って、行って帰るだけでも
疲れちゃいますね。。
毎日、ご苦労様です。
食事の手抜き、ちるみさんこそOKですよ(笑)

投稿: 風信子 | 2012年11月 8日 (木) 09時23分

夢かあさんへ

こんばんわ。

我慢しすぎで、限界までいっていたんですね。
本当に早い対処で救われました。
ラッキー、まさにその通りです。

回復室から出てすぐに、喘息も出て、うつぶせに猫のように座っていたんです。
もう、私の出番ばかりでした。
それでも、退院は順調に有難かったです。

風邪の方、増えましたか?
気をつけないとね、家に菌を持ち込まないようにしなきゃ・・・・

投稿: ちるみ | 2012年11月 8日 (木) 20時33分

sumireさんへ

こんばんわ。

幸運としか言いようがないですね。
私も、大腸がんは幸運で見つかってるし・・
まだまだ生きてなきゃいけないと、神様が思われたのでしょうか。

我慢することは、いいことだとは思わないけど、それで褒められるとは・・・
頑張る主人に、sumireさんからよろしく言っていたよ、って伝えます。

投稿: ちるみ | 2012年11月 8日 (木) 20時38分

しろさんへ

こんばんわ。

今まで、面倒をみてくれたのですから、やはりここは、私の出番かと。
妻の勤め、って言えば格好いいかしら。

穏やかな日、早く来て欲しいです。

今は、抗がん剤の前のつかの間の穏やか、それを味わっています、

投稿: ちるみ | 2012年11月 8日 (木) 20時43分

しょこらろーずさんへ

こんばんわ。

名医と言っても、名古屋市にはもっと大きな病院は幾らでもあり、私たちの病院は、中堅で、だから、良い先生は他にもいらっしゃるでしょうね。
ただ、何年も通った病院なのでシステムはわかります。
適度の大きさが、良かったのかもしれません。
運、に恵まれていました。

ご主人、どうして亡くなられたのかと、しょこらろーずさんを知った時から、思っていました。
そうですか、心臓だったんですね。
治ると思っていて、帰らぬ人になってしまったとは、辛かったでしょうね。
唖然とした・・・分かるような気がします。

ありがとう。
出来うるかぎり頑張っていきます。。。

投稿: ちるみ | 2012年11月 8日 (木) 20時59分

風信子さんへ

こんばんわ。

もう、この日の朝は、私も焦ってしまいました。
病院に着いたのは、9時半ごろ、かろうじて検査の初めから間にあいました。
先生の的確な判断が、夫を救ってくれました。
ありがたいですね。

毎日、病院へ行ったり、用事もあったりで、出かけてばかりいるので、今までと違った生活、もうかなり疲れが溜まってきました。

今日は、お昼寝もしたし・・・
夕食は、肉じゃが・豚汁を作りました。
お肉はダシ程度にしてね。
疲れたら手抜き、これも仕方がないかな、
風信子さんに優しい言葉もいただいたしね。happy01

投稿: ちるみ | 2012年11月 8日 (木) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予定変更、検査先行、抗がん剤延期 | トップページ | お見舞いお礼の準備も済んだし・・・ »