« 術後2週間目の一日は | トップページ | 病院からの請求書、来る。 »

広島のお義姉さん

外を見る、空を見る。

寂しいですね、秋の夕暮れ・・・・・

                                     Img_8710

何時も走る、病院への道もコスモスが両側に咲いています。

この道、車も少ないし、花の手入れも怠りなくて、走りやすいきれいな道です。

                                             

                                               

昨日、久しぶりに広島のお義姉さんに電話をかけました。

どういうわけか、初対面の日からとっつき難くて、仲が良いとはとても言えない間柄です。

ことごとく腹が立つ事があれば、電話で怒りをぶっつけ、言いたいだけ言って電話を切る、そんなこともたびたびしてきました。

私もまた、相手側から見たら、可愛げのない弟嫁だったんです。

こうなったのもそれなりの事情があり、どこかで軌道を修正していたら、もう少しは近づけたと思うけど、なにせ周囲の人、そんなことには無関心でした。

特に私の夫は、お姉さんなのに仲がよいわけでもなく、口もあまり聞きません。

私がどう思おうと、どうでもよかったんですね。

                                              

一回り年上で、上から目線のお義姉さんですが、こちらからの出方によっては優しい所もあります。

今回も、夫は知らせないでも良いと言ったけど、一応姉弟なので、夫の入院のことは伝えました。

すぐ来ると言ったけど、夫は「うるさいから来ないでもいい。」と。

「まぁ~ホッホッホッ・・・」

そう言われて、コロコロ笑っていました。

                                          

私たちが、夫婦共がん患者であることから、あまり無理をしないでもいいように、食事の仕度がたいへんな時は、ご飯にかけて食べてと、お決まりのジャコを送ってきました。

                                            

Img_8713

                                              

たしか、前回はおでんにどうぞって練り物セットでしたね。

                                           

昨日開けていただきました。

美味しいよ、お義姉さん。

                                        

                                          

実は、お義姉さんのご主人(義兄)も大腸がんで、ストーマをつけていました。

そして、今年5月に7~8年の闘病の末亡くなりました。

同じ病気で、気持ち的に近くなったような気がします。

                                         

これからも何でも言って、欲しいものがあったら送るから・・・・

                                       

親戚は仲良くしなきゃいけませんね。

遅ればせながら、悟った私でした。

                                        

                                           

                                         

                                           

                                          

                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

|

« 術後2週間目の一日は | トップページ | 病院からの請求書、来る。 »

日々」カテゴリの記事

コメント

「広島」にどきんとしました。
来週、じいさんは法事で広島に出かけます。
ここからだと泊りがけ、疲れます。
私はお留守番です。

私にも10歳年上の義姉がいます。
でもとっても気遣いのある人で、地震のニュースの度に
電話が鳴り恐縮しています。

こっちも年上の姉妹に心配りをしなくてはいけないのだけど、、、

あの「ちりめん」、美味しいでしょ。

私は先月、「きんごまいわし」を送りました。

投稿: sumire | 2012年11月 1日 (木) 17時12分

ちるみさん こんばんわ

本当にがんになる人が多いですね。
先月、友人の実母と義父が相次いで大腸がんになり義父はストーマになり毎日忙しそうです。

もうガンなんてイヤだぁ ゚。(p>∧ 泣き言でご免なさい、ちょっと疲れちゃった…

義姉とのわだかまりも少しずつ無くなるといいですね。
ちるみさんも旦那様も無理されませんように☆彡

投稿: tomuta | 2012年11月 1日 (木) 22時14分

sumireさんへ

こんにちわ♪
sumireさんは、広島のお生まれでしたものね。
懐かしい場所ですよね。
来週はご主人がご帰還、sumireさんも帰りたいでしょう?
ふるさと・・・・幾つになっても懐かしい場所です。

このちりめん、食べた事ありますか?
お義姉さんは、時々送ってきます。
ご飯にかけたり、そのままつまんだりしています。

きんごまいわしは、風信子さんお勧めでおいしそうでしたね。
きっと、お喜びになると思います。

投稿: ちるみ | 2012年11月 2日 (金) 12時47分

tomutaちゃんへ

そうよね、何でこうもガン人口が増えるんだろう。
お友達の家も、たいへんね。
大腸がんて、早期に発見するのは難しいから、どうしても発見時進んでしまってるし。
ストーマ、思ったとおりトイレの時間もかかるし、この先思いやられるわ。

がんなんて嫌、誰でも思う。
tomutaちゃんが泣き言言うのも当たり前よ。

お義姉さんとのわだかまり、徐々に取れるかも、でも、そんなに会う距離じゃないから、どっちでも、私の生活には変わりないな。
ストレスだけは溜めないようにします、
夫婦喧嘩、しないようにしなきゃ・・・・

投稿: ちるみ | 2012年11月 2日 (金) 12時55分

お久しぶりです。3度目のコメントになります。金沢、今年は名古屋に行った内容でした。
ご主人様、無事退院良かったですね。気になりながら毎日覗きに伺っておりました。順調な回復を祈念致します。
私の亡き父は咽頭癌とS字結腸癌に罹りストーマになりました。退院後は母と色々工夫しながら生活をしていました。

私も主人も広島出身です。先月、私は一人暮らしの母に会いに帰省しました。主人の両親も高齢の2人暮らしなので、毎月1~2度帰省しています。義父に痴呆の症状が現れ、義母が義父の世話に精神的に参っています。都内で勤務後、週末新幹線での帰省を続ける主人も大変そうです。先週は練り物とちりめんじゃこを持って帰って来ました。

投稿: さくら | 2012年11月 2日 (金) 19時23分

さくらさんへ

お久しぶりです。

なんとなんと、金沢から始まって、名古屋そして広島、本当に縁があるのですね。
余りにも偶然でびっくりします。
みーこさんが、さくらさんとの縁を作ってくださったのね。

お父様が、我が家と同じS状結腸癌だったのですか、しかもストーマ。
喉頭がんもありとは、辛かったでしょうね。
そして、年老いたお母様・お義父様・お義母様が遠い広島に住んでいらっしゃるのね。
通いでお世話をするには、遠すぎる距離ですから、疲れて、倒れてしまうのではと心配です。

今の時代の、切なさを感じます。
無理はしてしまうだろうけど、抜く所は抜いて、ご自分の体のことも考えてくださいね。
とにかく、私には真似が出来ないことです。

ちりめん・練り物、何もかも縁があります。。。

投稿: ちるみ | 2012年11月 2日 (金) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 術後2週間目の一日は | トップページ | 病院からの請求書、来る。 »