« 年の瀬、訃報が続きます | トップページ | 『水曜日のネコ』と言う名の発泡酒 »

「嫁姑問題」否「婿姑問題」

今日は、セカンドハウスは雪が舞うかもしれない。

もう行けなくなってから2ヶ月、そろそろと思うけど、今はこっちで夫孝行かしら。

「妻の鏡」なんて、いい過ぎ?

                                        

                                          

「嫁姑問題」、世間では上手に暮している人が殆どですが、ちょこっと亀裂が入ると、それはもうかなりややこやしくて、頭を悩ます問題ですね。

大体、赤の他人同士ですから、どこかで妥協しなきゃ上手くなどいく訳がないのですが、一度ヒビが入ると、これは修復しがたいです。

幸い私は、娘だけですから、「嫁姑問題」はないのだけど、全く問題が何も無いってこともないのですよ。

私の頭を悩ますのは、主に娘の連れ合い「婿」です。

                                          

細かい事を羅列するわけにはいかないけれど、恥かしいしプライバシーもあるし・・・その都度ごと、私は何か変だな、と思っているのです。

彼の言う事が、常識的に信用出来そうになくて、そんなことあるのかよ・・・と疑っているのです。

一回だけなら、そのまま聞き流すけど、一緒になってからもう数回、おかしいと思い出したら、何から何まで信用が出来なくて、今では疑う事から始めています。

娘は、信用しているのか、騙された振りしているのか、私ほどは疑っていないけど、私は変だと思い出したら止まりがありません。

言葉は丁寧だし、私の前で態度も悪くはないけれど・・・・・・

                                               

「婿姑問題」なんてことも、世間には多様にあるのではと、内心思っています。

                                            

セカンドハウスは、私にとって隠れ家・別荘・孫との安らぎの場所、その空気だけは壊して欲しくないのですけどね。

何時か、一緒に暮そうと思ってる終の棲家、大切な場所なんです。

                                           

婿ね、私がセカンドハウスに行くと、

  「おかあさん、お帰りなさい!」と声をかけてくれます。

あ~また、口先で滑らかな言葉、と背中で聞くのですよ、意地悪ばあさんみたいな私は・・・・・取りこし苦労であってほしいですねぇ~。

                                          

Img_8892

                                               

                                           

                                           

                                          

                                           

                                            

                                              

                                                

                                            

                                          

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                         

|
|

« 年の瀬、訃報が続きます | トップページ | 『水曜日のネコ』と言う名の発泡酒 »

日々」カテゴリの記事

コメント

ちるみさん、今晩は。
いつも励まして下さって有難う!
じーさんが今日もちるみさんからの
コメントがあったよと聞くとうれしく
なりますよ。

また11日には2回目の治療で入院します。
古い「みなと」さんの本を沢山抱えて、、

私も娘だけですからお婿さんしか知りません。
言えることは自分では育てられない人物と
有難く思っています。

投稿: sumire | 2012年12月 6日 (木) 17時58分

こんばんは。

お嫁さん程話題にはならないけど
嫁姑、婿姑どちらも同じなのね。
ウチは息子二人とも独身で、それはそれで
心配だけど、、

結婚したらしたで、また心配
いつまでたっても親は悩みがつきないですねえ。。

投稿: 風信子 | 2012年12月 6日 (木) 22時03分

ちるみさん こんにちは。

土日仕事なので(^_^;)、今日はお休みです。
ということで、ちるみさんのブログの昔の部分を少し拝見してました。

乳がんからの経緯を拝見して、
この何年かを乗り越えてきたちるみさんは、
本当にすごいな~!と感じました。

私も、ちるみさん
のように、何とか乗り切っていきたいです!

ゼロータは確かに倦怠感というか、だるいですね。仕事に行くときは、1本1050円のプラセンタいり飲む点滴といわれるドリンク剤を
飲んでいってます(って、身体に鞭うっている感じですが)。

昨日娘は、ジジババに誕生日プレゼントを買ってもらってましたよ。
「子ども用のマージャン」みたいな玩具です。
昨日は、娘に7,8回相手させられました(笑)。うちの娘にはどんな婿殿がくるのかな・。

投稿: ミケ | 2012年12月 7日 (金) 09時16分

ミケさんへ

こんにちわ♪

私のがん、あるいは病気は、流されるように私を通り越して行ったんだと、この頃は思っています。
すごい元気だったのに、いきなり病気に襲われて、こんな事あり~~が実感でした。
通り過ぎた今は、メチャクチャ元気になりました。
ミケさんも、きっと私と同じ気持ちが味わえるんじゃないかと思います。
がんに勝つ、それが目標ですもんね。

12月は、娘ちゃんにとっていい月ですね。
お誕生日とクリスマスと、ジジババはその成長をとっても嬉しく思ってるでしょう。
私もそうですから・・・・

お婿さんは、どんな方がくるでしょうね。
楽しみですね。

投稿: ちるみ | 2012年12月 7日 (金) 10時51分

sumireさんへ

順番、ずれました、ごめんね。

私に出来ることなんて、コメントを書くことくらいしかないじゃん。
頑張ってるsumireさんが、元気になって、また楽しい記事を読めるのが嬉しいだけです。

みなとさんの本が、病室のsumireさんを和まされることを期待します。
読みやすいから、即読んじゃいますよ。

sumireさん宅のお婿さんは、できた方なんですよ。
我が家の娘は、くじ運が悪くて、きっと苦労の連続だと思うのですよ。
でも孫は、婿が大好き、とても可愛がります。
そこが、私の七不思議?

投稿: ちるみ | 2012年12月 7日 (金) 11時01分

風信子さんへ

順番、ずれました、ごめんね。

たぶん、婿姑問題あると思います。
普通は、夫の家族と暮らすことが多いし、マスオ君なら、それなりの遠慮もします。
我が家は、マスオ君じゃないけど、住んでる家は私の名義、だから、婿に近いですけど、微妙に違和感があるのね。

お嫁さんだったら、私は仲が悪くならないように、別居しますよ。
風信子さんは、優しそうな方なので揉め事になぞならないと思うけどね。
いいお嫁さんが来られるといいね。

何時までたっても、今時の子供、私たちの頃と違って、手がかかります。
いえ・・・我が家だけ・・・

投稿: ちるみ | 2012年12月 7日 (金) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年の瀬、訃報が続きます | トップページ | 『水曜日のネコ』と言う名の発泡酒 »