« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の16件の記事

ここまでしか・・・・・

今日は暖かい日でした。

日差しが優しくて、春のにおいがしそうな日、いつものようにてくてく、踵、踵と唱えて病院へ向かいました。

リハビリの日です。

 

何時になったら、左腕は使えるようになるのでしょう?

相変わらず可動域の狭さが、自由を奪っています。

痛みをいとわず強引にリハビリをしたほうがいいのか、でも関節に負担を与えるのは「いけないよ。」って担当療法士さんは言います。

今日は浮腫んだところをマッサージ、左腕の曲げ伸ばし・右手首関節のリハビリをやってきました。

そして次に行くための宿題。

曲げ伸ばし前・横から双方。ダンベルを持って。

右手首前後折り、ダンベルを持って。

 

Img_8970


ここまでしか曲がらないので、掌が顔に届かない。

お風呂に入ったときは、5度くらい多く曲がってるから、顔に手が届くのですが、普通はこんなところです。

手術をしてから40日も経っているのにね。

今日は湯船で、首をつまむことが出来ました、少し頑張りました。

 

病院から帰ってくると、とっても疲れてしまって、何時もお昼寝をします。

リハビリした腕も、かったるくてジョワンジョワンしたしびれがあるようです。

 

だから今晩も早めに就寝。

明日は洗濯しましょうね。。。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (10)

病院ディ・長い長い一日でした

1月28日、骨折して40日目にして、シャンプーが出来るようになりました。

右腕一本で洗うから、シャワーは流しっぱなしにしてゴシゴシ、それでも自分で洗えるんです、夫に手伝ってもらっていたころは、悪いなぁと思ったり、気に入らなくて怒らせたりしていたけど、もう大丈夫です。

洗えない部分は背中だけ、ここだけはしょうがない夫を呼びます。

「おとうさ~~~~~~ん!」

機能的にはそれほど回復してるわけじゃないけど、力が少しずつ付いてきて、出来ることが増えてきました。

まだ時間がかかり、完璧とは言えないけど、人の手を煩わせなければ何も出来ない日々は、正直辛かったです。

こういうときの意地悪も応えましたよ・・・・誰が?もちろん夫です。

 

1月29日。

朝8時45分に家を出て、今日はロング病院ディの始まりです。

私の受付を済まし、夫の受付。

私は9時20分リハビリなのでそっちへ移動、夫を見たら外科受付をすまして採血場所にいる、ここでお別れね。

リハビリ、今日から両手をやってくれるんだって、左を超音波、右は手首の前後運動、それからマッサージ・ダンベル・・・・「痛タタタ・・・」

何時までも優しいリハビリじゃないみたい、今日は痛かった。

これを我慢しなきゃ、進歩なしだよね。

 

終わってから外科に行ったら、夫が診察待ちしていました。

10時なのに待たされて、待って、待って・・・ハハッ10時半に呼ばれました。

私は、終わるのを待っていようと思ったのに、一緒に診察室にどうぞって、夫の先生は言うことを聞いてくれないんだよね、今日も下剤の話をしたんだけど、先生には気持ち伝わらず、何時もと同じ、そう私の不安を増す例のマグミット錠を処方してくれました。

夫はそれを飲むけれど、違うんだよな~~~って思ってるんだよね、私。

夫曰く、隣の診察室の先生は、なんでも話しやすく聞いてくれる先生っぽかったって、夫の主治医は話すことは出来るけど、自信を持ってる人なので曲げない人なんだね、患者の気持ちもくんでほしいな。

 

ここで、12時からの抗がん剤まで時間が空いたので、夫と病院そばの「コメダ珈琲店」へランチに行って来ました。

カツサンド、目が丸くなるほど大きなパンで、とても食べられそうにもない、一人分なんだけど、二人でも多すぎました。

お持ち帰り・・・・・です。

 

抗がん剤は、11時50分頃から15時頃まで、外でずっと本を読みながら待っていたけど、この長さは疲れました。

終わってから呼ばれ、薬剤師さんから抗がん剤の説明がありました。

ハイハイって聞きました、殆どしってはいましたが。

それよりも、今回からはケモ室が出来、ベッドもあるようになったのにテレビは有料って何???

どこの病院だって、もっと設備整っていて、しかも有料なんてありえへん。

私の時より格段向上してるから、まぁいいっか。

 

薬局によって薬を処方、駐車場を出たのは16時、7時間もいたことになります。

さすがに長い逗留でした。

 

明日はゆっくり出来るけど、木曜日はまたリハビリです。

 

病人には、病院通いは出来ませんね、体力が必要です。

私はくたくた、夫は冷たいものにビクビク(抗がん剤の副作用)、今夜は早く寝ましょう。

暖かい電気毛布にくるまって・・・・。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (8)

「ミチル」って名前にムズムズ・・・

昨日は恐ろしく冷たい日で、案の定雪が舞いました。

私って、洗濯物を干したまま、朝は晴れて明るい青空でしたよ、騙されても雪の舞う日は好きです。

歩いてお出かけの予定があれば、当然キャンセルのお電話かけますけどね。

 

ある方のブログに、タイトルに興味を持って導かれました。

「ミチルの興味深い話」

何に?「興味深い話」に?違います。

「ミチル」っていう名前にです。

この名前が付いた主人公が出る「書店員ミチル」という番組がNHK で放映されています。

そして当然のように呼び名「ミチルちゃん」「ミチル」って何度となく呼ばれています。

これがね~~~~むず痒いのですよ。

耳に心地が悪いのです。

 

何故なら、今更ながらカミングアウトするけど、私の本名は「ミチル」って言うんです。

つまり私の名前をテレビの画面から聞くわけ、今まで60ウン年生きてきて、同じ名前の方と直接会ったことはありません。

だから、この名前を私を呼ぶこと以外に聞くことに、全く慣れていなくて、違和感が・・・・・むずむず・・・・むずむず・・・・・するんですよ。

 

だったら見なくても、いけません!私と同じ名前の主人公がこの先どのような運命に翻弄されるか見届かなければ、心配になるじゃありませんか。

むずむず・・・ヒヤヒヤ…むずむず・・・ヒヤヒヤ・・・

こんな思いをしながら見てる人、100人のうち何人?

いないわよね~~~~~

火曜日夜10時、疲れてしまうけどやっぱり見てしまう私です。

 

 

1月27日日曜日、12月12日骨折した日から全くしていなかったお台所洗い物が出来ました。

力は弱いし、重たい茶碗も無理だけど、工夫しながらやりました。

包丁だって、大きめなら切れます。

なんでもない出来ることの幸せ、たっぷり味わっています。smile  happy02  smile

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (16)

「歩きかた」を学ぶ

風が冷たい一日。

今日も病院へ、診察・リハビリに出かけました。

夫が勤務日だから、一人で駅までてくてく、転ばないようにの注意が自然に口からでてきます。

・・・・・・踵から、踵から、踵から・・・・・・・

 

何故私が転んだのか、その原因が最近の歩き方にあるような気がして、骨折から歩く用事があるときは考えてきました。

私の歩き方は、右足は踵から進み足全体を付き指先で払う、左足は全体を低く出し地面を擦るように歩く、完全に年寄の歩き方で、躓きやすいものでした。

こんなことも、骨折するまで意識したことがなかったけど、私の歩き方では何時か今日の日のように、怪我をする日が来るのは当たり前だと気づきました。

踵から進み、足を付き、指先で地面を払う。

踵を出すとき、つま先は上がっているため、わずかな段差にも引っ掛かることがなくなります。

「歩き方」で検索したんですよ。

これからは何時でも、踵から、踵からを繰り返し、妙な歩き方をしていた私の癖を追いやらねば、同じ過ちを犯すのは愚かですもんね。

 

リハビリは、先日と同じ流れで、腕の裏側の手術周りからを温湿布・超音波の後、ひたすら揉みほぐしてくれました。

ここが固くなったままなので、柔らかくしないと肘の屈折に支障が出ます。

痛いことはしないのに、終われば汗が出ていて、緊張してるんですね。

握力は右16、左8・2。これでも進歩していますよ。

 

診察は、レントゲンを見て骨はきれいに治ってることを確認、右腕は装置を時々外して日常生活を、左はリハビリに励むことのみ、今真剣にやらないと動かなくなるそうです。

腫れていてげんこつも出来ない手をみながら、「動くようになるのだろうか・・・」不安になります。

でもやるきゃないね!                        

 

Img_8967


                 最近読んだ本。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (6)

レ・ミゼラブルを楽しんだ

夫が大腸がんになってから、私が骨折してから、気が休まる日も余裕もなくて、楽しいことなんて何にもしてこなかったけれど、今日やっと身近なレジャー映画館に行って来ました。

スポットCMを見た時から、見ようと思っていたけど、行かれる日がなかったのです。

いえ、行こうと思えば行けたけど、気分がそっち方向向いていなかったというのが本音でしょうね。

 

レ・ミゼラブルのポスター

私たち夫婦は、平日に行くので何時もはガラガラの映画館だけど、今日は久しぶりに多かったですね。

この映画がヒットしてるのがよくわかります。

ジャンバルジャンはもちろんだけど、コゼットの子役の子も歌が上手で、きれいな声でした。

なんでもメロディをつけて話すのって、時間がかかるのですね、長い上映時間でした。

ラッセル・クロウ、私たち夫婦の見た映画って、何時も彼の主演作が多くて、ロビンフッド、グラディエーターなど最近続いています。

今回は、ジャンバルジャンを追いかける、ジャベールの役、何のためにここまで追うのか訳のわからない役柄、子供の時も嫌いだったけど、今回もそう思いました。

例え、ラッセルクロウが演じてもね。

色気のある俳優だと思うけど・・・。

「レ・ミゼラブル」の画像3                                      

 

 

火曜日、リハビリディでした。

10分温めて、超音波10分、それからマッサージなどリハビリが始まります。

すべてで40分、終わるころは動くようになったかな?と思わせてくれるけれど、戻るのも早くて、動かさないともう曲がりません。

指先が肩に届くまでが目的らしいけど、今は25センチもあるの。

 

春になっても、大好きなブローチ(いろいろ持っています)を付けることも出来ないですね。

それは寂しい・・・・。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (8)

綾ちゃん、方言でしゃべるの?

お正月も過ぎ、のんびりしているときに、学校が違ったため中学卒業以来会ったことがなかった友達から電話がきました。

初めは手紙が来ていて、そこに書いてあった電話番号にかけたのだけど、留守が続いて・・・・・開口一番彼女が言うんです。

「ちるみちゃん、声が変わった?」って、変わってるに決まってるじゃん、子供の声と若い娘の声を通り越して、今はシニアの声なんですもんね。

知らないまますれ違ったら、たぶん同級生なんて気付かず知らない人として、交差していくでしょうね。

 

伊豆地方に住んでいて、月に一度田舎のお母様を見舞ってるとか。

お母様は、偶然にも私の母と同級で、昔のことをご存じの方なんだけど、今は大きな家にただひとり、介護のお世話になっているそうです。  

 

昔とずいぶん変わり、よくしゃべる表に出ていく明るい性格になっていることにはびっくり、環境が変わるとイメージも変わっていくのでしょうか。

それほど仲が良いというわけじゃなかったけど、こうして懐かしい名前を聞くと、昔のセーラー服時代に逆戻りです。

「何々君」「何々ちゃん」思い出すねぇ~。

それに、郷里の人と話すときは、そのお国言葉でって、方言で話すの、こやつ何者って思いましたよ。

妙に、耳に心地いいんですね。

 

私、夫にお風呂に入れてもらわなくちゃいけなかったので、1時間弱で「ごめんね~」って切っちゃったけど、もっと話していたかったかな・・・。

どうしてかけてこられたか?

これは、それなりの理由があったけど、私は力になれないです。

母親としてのお願いでしたからね・・・。

 

Img_8965


こんな時代から、時間が飛んだお話でした。

 

 

今日は、手術記念日です。

一カ月たったけど、両手不自由なまま、それでも進歩はしています。

つまんだお菓子を、口まで持っていくことが出来るようになりました。

前髪に触れるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

 

| | コメント (4)

新年早々お金のかかることばかり

私の住んでいる町は、名古屋駅からJR一駅ほどのところなのに、未だに田畑が残り川があり田舎らしさが残っています。

「らしさ」じゃなく「だ」って決めつけてもいいのだけど。

我が家の前の家は、汲み取り便所、薪でお風呂を沸かしています。

ここまでの家族は少ないけど、それで生活出来ていたのですね。

 

昨年度から、下水道事業が始まって、道路を掘り起してパイプを埋め込んだりしていたけど、いよいよ市内先駆けて、私たちの居住地から下水道工事が始まるそうです。

昨夜は、趣旨の説明、負担金、各家庭にかかる工事費、工事業者などの説明を受けてきました。

夫は、こういうことは苦手で行くことはありません。

私も嫌いだけど、誰かがいかないとね・・・・・あぁ~~面倒・・・物入りだこと。

 

トイレを新しくしなくても、工事費のみで最低50万はかかります。

大きな浄化槽も取り除かなくちゃ・・・3月から始まるそうです。

「いやだよ!」は通らないって、そんなこといきなり言われてもねぇ~老後の蓄えがどんどん減っていく、夫は、銀行通帳を見るのが怖いっていいますよ。

質問の中にも、「年金生活者なのに、そんな金どうやって払うんじゃ・・」なんてのもあったね。

下水が整備されたら「蚊」がいなくなるって言ったけど、そんなこともないわね。

まぁ、今時はどこへ行っても下水整備はされていますね。

 

 

夫の抗がん剤副作用は、かなり抜けてきたようで、今日は冷やしていないビールを飲みました。

ずっと飲まずにいたけれど、調子が戻ってきたようです。

私の腕は、左腕は不自由ながらも、重いものが乗っていなければトレーで運べるくらいになりました。

右腕は、装置がつけてあるけど、もうボチボチ取れそうに思います。

12月19日に入院したんです。

今までも長い旅だったけど、これから数カ月も旅は続くようです。

 

Img_8961_r1_r2


手術跡、きれいに治っているでしょう?

ここがカチカチで、攣るのです、曲げさせてくれません。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (16)

微妙回復、大きな不安

今日も、夫の車でリハビリに行って来ました。

回復に向かっているのは分かっているけど、不自由さは変わらない、相変わらず肘は100度弱までしか曲がらず、顔を洗うまでには程遠い距離です。

それでも、私担当のリハビリ師牧井君は、「だいぶ良くなりましたよ。」

って、そうかなぁ~。

 

初の治療は、ジェルをつけて超音波で骨に電気をあてる・・・・ピリピリした感じで傷口がチクチクする、角度は5度くらいの進歩なのかな。

掌が顔を触れるくらい、もう少し、もう少し、もう少し、頑張ろう。

 

骨を固定している針金が、私の腕の曲げを邪魔しているのだという。

年齢がすこぶるお年でなければ、不自由さを解消するために、針金をとる手術をするそうだ、そうしなければ、腕の曲げはある程度のところで妥協しなければいけないと言われました。

あの痛かった手術を思い出した・・・・いやや・・・・

右手さえ治ったら、顔を洗えるじゃん、痛さに弱い心が囁いています。

 

一緒の部屋の入院仲間、幸子さんに出会いました。

「痛たたた・・・・」顔をしかめてリハビリをしていました。

彼女は、スーパーで水に濡れた床で転び、大腿骨を骨折したそうです。 

杖をつきながら帰って行きました、あなたがいてくれたから、入院生活も楽しく送れたよ、「ありがとう。」

 

Img_8938


4人部屋、幸子さんの前、見えないところが私の部屋でした。

この病院は、通路側にも窓があり外の景色がみられるようになっています。

 

 

今日出来るようになったこと。

出来なかったラップが切れました。

ずっと出来ないと思うこと。

ブラ、無理だろうなぁ~~~~。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (8)

当たり前なことだけど

朝のワイドショーは、関東の大雪の様子を伝えています。

一気に降った雪と、ビニール傘が壊れてしまうような風、またも爆弾低気圧に襲われた都会の風景、新成人の間の悪さ・・・・。

わが地方は、雨が激しく降っていたけど、午後には上がり夕方は美しい夕焼けが出ておりました。

風は、冷たかったです。

 

Img_8953


Img_8959


 

今日15日は、いい天気で「ハイ!」恵まれた病院行の日、リハビリをしてきました。

術後3週間はたったのに、見た目には全く変わらず進歩はないけれど、マッサージをしてもらってると痛気持ちよさがあり、癖になりそうです。

施術者は、みな若くハンサムボーイで、入院時も結構話題になったりしていました。

マスクの上の目、優しいですよ。

私の左腕を、温めたり冷やしたり、握ったり抱いたり、とても大切に接していただいています。

顔に掌が届くには、もっと長い日々が必要のようですが・・・。

 

出来るようになったこと。

車のドアが開けられる、閉められる。

缶のプルトップが開けられるようになった。

玄関の鍵の開け閉め。

ワタシ、すごい!

こんなこともやってもらっていた、それが出来るようになったんだよ。

ワタシ、\(^o^)/

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                              

| | コメント (10)

一カ月記念日?

土曜日12日は、私が両手骨折をしからてちょうど一カ月、台所の洗い物も包丁で切ることも、そしてお風呂で体を洗うことすらも出来なくなってもう一カ月も経ってしまいました。

不自由に慣れた、いいえ苦労した一カ月でした。

こんな記念日、何も思うことはないけれど、それでも自分の馬鹿さ加減を思い知った、私には必要な罰だったのではと、夫の私を見る目を見て内心思ったりもしています。

 

今日一日の献立は、朝は食パンと納豆と市販の野菜ジュース、夫はヨーグルトと牛乳。

この牛乳が、夫には冷たすぎて喉が痛いとか・・・・副作用です。

お昼は、ちいさんから頂いた石川県白山市のお米で作ったお餅いろいろの種類を焼いて海苔で巻いて、美味しかったです。

私が、トースターで不自由な手で駆使して焼きました。

夜は、夫がスパゲティを作ってくれました。

ニンニク・玉ねぎをオリーブ油で炒めて、赤ワインとレトルトのミートソースを入れます。

意外にいい味で、せっかく開けたワインも残してはもったいないし夫婦で少々。

おつまみには、広島のお義姉さんから送って頂いた「牡蠣入りかまぼこ」を切って、栄養的には偏ってはいるけど、協力して何とか作り食べています。

でも、こんな生活をこれからも・・・・・・は嫌です。

 

一人でコソコソ、少しでも動くようにとリハビリをしています。

後で浮腫むのは辛いけど、動かさないとだんだん硬くなってしまいます。

 

焦って落ち込んだり悩んだり、情けなく思ったりしてるけど、それでも少しずつ出来ることが増えてきました。

箸が持てるようになった、PCのキーを打つのに指が2本使えるようになった、トイレで下着の脱ぎ着が早くなった、持てる物が多くなった、腕は曲がらないけど、力が少しずつ付いてきています。

微妙な回復だけど、それでも嬉しいです。

応援してくれて、優しい言葉かけてくれて、本当にありがとう。

これからは、出来るようになったことだけ書いていきます。

前向きにね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (12)

昨日、今日のこと

腕のだるさに、ブログを書く気も起きず、毎日PCを開いて閉じて、ソファに横になっている時間が多かった。

それでも、10日はリハビリの日、夫の送迎で病院へ行った。

思うようにリハビリも進んでおらず、左腕はかろうじて鼻をつまめる程度で、顔を洗うことも出来ない。

骨が脆くなってる心配から、肘を90度以上曲げないまま2週間を過ごしては、筋も固くなってしまい伸縮運動をしても、進歩が見えないのがさびしい。

今月いっぱい・・・・で、もとに戻れるだろうか?

 

 

11日は、整形外科診察の日、夫は仕事だったので一人で病院へ行った。

相変わらず多い患者数で、1時間ほど待たされて診察は終わった。

手術後の経過・手首の骨折の経過は、きれいに治っているというけれど、やはりリハビリが遅れているという。

真っ直ぐで158度、肘で曲げて105度、それが現在動かすことが出来る精一杯の動き、その上掴むこともままならない。

 

出かけた日は、疲れる、腕がだるい。

夕方まで横になって過ごした。

 

今日はゆっくり寝て、明日コメントのお返事を書きます。

遊びにも行かせてもらいます。

今日は、ここまでで・・・・おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

| | コメント (10)

夫の手の甲紫色・・・抗がん剤

朝8時前に家を出て、病院へ向かいました。

素晴らしい晴天の、レジャー日和の日に、一日病院でつぶれるとは、夫も病気になって大切な時間を病院で待つだけという間に使い、老後資金を医療費として使う今、やるせなさを胸に秘めているようです。

健康なら、もう少し充実した老後もあったでしょうに・・・。

 

8時半に採決をし、結果が出てからと分かっていたけど、診察に呼ばれたのは11時近くになってからだったとか、それから抗がん剤が始まります。

当然、終わったのは13時を回っていました。

私は、10時から左腕のリハビリを40分ほどして、あとはひたすら夫の点滴が終わるのを本を読みながら待っていました。

点滴が終わって出てきた夫の手の甲は、内出血で紫に変り、かなり痛みが強いそうです。

点滴は、ダメージが強いので左右交代の腕で行うのが普通なんだけど、夫はボーリングが出来なくなるのが嫌で、左腕で続けて、もうアホなんだから、『ボーリング馬鹿』です。

 

お昼は名古屋でスパゲティを食べ、その後夫のストーマの見積もり書を書いてもらうために、鶴舞の介護用品店まで地下鉄で行ってきました。

満員電車に乗るのも、長い階段を上下するのも、転ばないように一足ごとに気にしている私には、かなりの疲労作業です。

でも、夫の痛んでいる腕では、車の運転は無理なので、しょうがないですね。

病院に戻って、近くの薬局で薬を出してもらい、駐車場に着いたのは16時まじか、(腕の痛みも少し和らいできた)それから市役所へ行って、ストーマ購入申請と、私の腕の装置の3割返金申請に行きました。

 

何だかね、左腕が抜けるように痛くて、冷や汗が出てきて、私の体おかしい?

家に着いたのは16時半ごろ、痛み止めのロキソニンを飲んで、しばらくベッドで横になりました。

 

どうも私が思っている以上に、私の体力は低下しているようで、ここまで動くとオーバーワーク、、、、なんだと夫が行っていました。

幸い、流行の病気には罹っていないようで、今日は元気です。

 

リハビリは今月いっぱいはかかるようだ。

両手握力は、双方7・2でした。

これじゃ、持っても落とす、当たり前ですね。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (8)

心配したり有難かったり、私の夫

朝、夫の調子が悪かった。

背中が痛い・・・・・胃が痛い・・・・・

そして、朝食べたものも、飲んだ薬もトイレでもどしてしまった。

もしや、インフルエンザ?ノロウィルス?

熱はないようで、お昼まで寝ていた。

 

「お昼、食べられる?」

「味噌煮込み食べに行こう。」

 

悪いものは、みんな外に出たようで食欲もあり、心配したけどたいしたことはなかったようだ。

近所のうどん屋で、てんぷら付味噌煮込みをいただく。

その後は、何時ものように「ボーリング場」へ出かけていった。

私は、昼寝。

腕を自分でリハビリしても、ただ痛くて悲しい、何時まで続くの。

 

夜、食事はコンビニのビーフシチューですまし、夫は溜まった洗い物に精を出す。

「あぁ~洗った、今日の洗い物はすべて終わったぞ。」

「まだ、大きいもんがあるんじゃない?」

「ない、ない、ない。」

「あのね、私の体がまだ残ってるよ。ウシ、ウシ、ウシ。」

シャンプーから、足の爪の先まで洗ってもらいました。

 

Img_8943              

        


 

明日は、夫は抗がん剤2セット目。(オキサリプラチン+ゼローダ)

私は、整形科でリハビリです。

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                              

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

 

 

| | コメント (4)

ギプスは取れたけど・・・・・

1月4日、整形外科に行ってきました。

年明け早々の病院は、もう人ひと、座る椅子もないほどの込みようで、この先を思うとうんざり。

隣のおばあさんが、正月前に転んだとかで話しかけてくる。

「あなた、60代でしょう?70才を越すと、もう病気がすごいのよ、追いかけてくるの。」

「はあ、、、、、私は既にその状況ですけど。

 

今日、外してくれると思っていなかったギプスが、回転ノコギリで切られた。

レントゲンを撮り、まだ治っていなかったのか、大事を取ったのか「手関節固定装置」をつけられた。

左腕は、包帯も添え木も取れました。

この不安感、なんか変・・・・トイレに行って、パンツが下せなかった、遭遇した方に上げも下しもお願いしました。

偶然病院関係者、やれやれ。

 

Img_8950

これ、7261円だそうな、保険適用ではなく市役所で手続きをすると3割返ってくるとか、面倒なこと、車のない老人にこの国はやさしくないね。

我が家は、病院から帰る途中に市役所があります。

この手で、中指一本でキーを打っています。

PCは、Windows8で新品だけど、使い勝手がこの手じゃーね。

 

今日の夕食は、おでんだよ。

大根だけは夫に頼み、竹輪ははさみで切り、後は丸ごとポンポン入れて、出来上がり美味しかったです。

すじ肉切ったね、ゆで卵の皮を剥いたね、←これも夫の仕事。

 

まだまだ、腕のほうは時間がかかりそうです。

来週は、リハビリと診察で3日も病院通いです。

疲れちゃうかな。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

 

| | コメント (10)

お正月の我が家は・・・

寒いけど、いい天気ですね。

昨日は雪が舞っていたので、今日一人で病院へ行かなきゃいけない私は、内心ビクビクしていました。

滑っても、体を庇う手がないなんて、雪の日には両手にわか不自由では、とても出かけられません。

今日、もちろん晴れてるから出かけます、一足一足踏みしめてね。

 

この頃は、お風呂は夫に入れて貰っています。

まず、服を脱がせてくれて、包帯は外し、ギプスが濡れないようにビニール袋を被せ、それからやっとお風呂へ、シャンプーは頭ぐらぐら、体は激しくゴシゴシ、5日程度お風呂に入らないだけで、汚くなるものですね。

2回入れてもらって、やっと痒くてかくと粉がボロボロこぼれる肌と卒業しました。

お風呂から上がれば、タオルで拭いて服を着させ、包帯を巻いてリハビリ・・・・・。

私、新婚時代から一度も夫とお風呂に入ったこともなくて、63歳にして初体験をしています。

恥ずかしくはないけど、みっともなくて、

「腹にも乳があるんだな。」

お腹を帝王切開からつごう4回も切ったのよ、癒着してるしぽこんと膨らんでるし、ねぇえぐれてる右胸に移動させたいよ。

 

Img_8948


このシャツ、ユニクロで1000円くらいで買ったと思うけど、左腕肘のへんで、ぷつんと切りました。

板付きじゃ、袖が入らないのです・・・・もう一枚同じように、替えがいります。

治ったら、半袖にしてきましょうね。

 

お正月は、元旦からスーパーに行って、お寿司や煮しめを買い、夫の料理は焼くだけのお肉、切って漬ける鉄火丼、お雑煮も二人で作りました。

お味噌汁はコンビニのカップスープ、充分美味しくいただきました。

若い同棲カップルみたいで、それなりにいい体験でした。へ、へ、へ、、、

強がり・・・・・かなhappy02

 

抗がん剤1セット目の夫は、ボーリングの毎日でした。

元気ですよ、ビールは常温ビールを飲んでいます。

今だけ・・・これからが苦痛だって言わないでね、聞きたがりません・・・。

私は駅伝三昧、満足しました。

 

そして、今日から通常の日々が始まりました。

静かな一年になりますように。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

 

| | コメント (10)

ご挨拶

Cocolog_oekaki_2012_12_31_15_33

 

 

今年の目標

一にも二にも三にも元気、元気が一番。

夫は、がん克服。

私は、入院しない一年。

共にガンバルゾ~~~~~~~

 

今年もよろしくお願いいたします。m(- -)m

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

| | コメント (16)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »