« 風邪もボチボチ・・・&旬を味わう | トップページ | こっちの桜は八分咲き »

坂口良子さんを偲ぶ

昨夜、ピッタシカンカンの「坂口良子追悼番組」を見てて、泣けましたね。

8か月前、こんなに幸せな顔をして、うれし涙を流し結婚した人が、もうこの世にいないなんて誰が想像したでしょう。

再婚に子供なりの反対もあったけど、それも長い年月をかけて克服し、この日初めて、おじさんからお父さんと呼び名が変わって、思いっきり体全体で喜びを表していた坂口さん、尾崎健夫さん。

この時は、痩せてはいたけど元気そうに見えましたが・・・・

 

初めに腸閉塞で入院し、インフルエンザにかかったのが、死の要因と伝えられたけど、私には消化器系の病気という言葉で、おそらく大腸がんだろうと想像がつきました。

夫が、やはり腸閉塞で緊急手術をしたのだけど、この時の腸が詰まった原因は悪性腫瘍が大きくなって、腸を塞いだのが元です。

幸いにして夫の場合は、ストーマ人生が始まったけど、命までは取られることはありませんでしたが、坂口さんは、悲しい結果になられたようです。

横行結腸癌と肺炎、これが坂口さんの命を奪った本当の要因でした。

 

感動の披露宴をした時の出席者、尾崎3兄弟と義姉二人、坂口さんの二人の子供で葬儀等済まされたようです。

私にとって縁がない人とも思えない、悲しみが伝わるお別れでした。

だって、初めて坂口さんを見たのは、アイちゃんが行くでのデビュー作、もう結婚していた私は、夫と二人で19時から始まった30分番組を見ていたんです。

 

その時のこと、思い出しちゃった・・・。

 

 

Img_9173


ハナニラ。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

|
|

« 風邪もボチボチ・・・&旬を味わう | トップページ | こっちの桜は八分咲き »

日々」カテゴリの記事

コメント

ほんと、命って儚いなと言う言葉がぴったりですね。
私もしばらく考えさせられました。
我慢されたのかしら?
ご主人様は良かったですよ、少しぐらい
やり取りがあっても!?

「ハナニラ」も儚げで、、亡きワンコが
この上をふらふらと歩いていました。
もう最後の頃です。
6月に亡くなりましたが
私もいつまでも引きずっていますねー。

投稿: sumire | 2013年3月30日 (土) 14時01分

目の大きな可愛い人でしたね・・・・
勘三郎さんの時は私も入院中でしたので
なんだか気が沈んで眠れませんでしたよ。
若い人が続きますね。

アド入りでメールしておきましたので
よろしくお願いします。

投稿: のばら | 2013年3月30日 (土) 19時22分

ちるみ さん

大好きな女優さんでした。
病気を知ってられての。。。
尾崎さん、真の愛。。。
合掌

ハナニラ、我が家も、咲き始めました。

投稿: しろ | 2013年3月30日 (土) 20時42分

ちるみさん、今の時代50代で亡くなるのは早すぎますよね・・

私も母を55歳、姉を59歳で亡くしているのでこう言う話を聞くと切ない気持ちになります。

坂口良子さんも子供さん達が成人するのを見届け、やっと自分の幸せを手にし、これからという時に本当に残念だし可哀想な事だったと思います。

彼女のデビューの頃の笑顔を思い出すと死とは一番かけ離れた所にいた人の様に思います。

人の人生は色々だとは思いますが、かくも儚いものですね。

安らかに眠って欲しいと思います・・[合掌]

投稿: ホワイトタイガー | 2013年3月30日 (土) 21時42分

こんにちは。

坂口良子さん、本当に残念でしたね。
私もニュースで腸閉塞と聞いたとき
職場の仲間と「大腸がんだったのかも」と
話してたんですが、やはり予想通りでした。

若くして亡くなる方、最近多くてとても
悲しいですが、でも、なぜか坂口良子さんを
テレビで見てると病気で短い命だったけど
最後はとても幸せだったんじゃないかって
思えてくるんです。

私の勝手な感想ですけどね。

投稿: 夢かあさん | 2013年3月31日 (日) 08時42分

sumireさんへ

まさかね、こんなに早く逝かれるとは、露程にも思っていなかったですよ。
いくつならいいと、年齢では言えないけど,50代では・・・切ないですね。

ハナニラ、この花も儚さが滲み出ていて、記事に合わせました。
ワンコチャンの思い出、忘れないことが、思い出してあげることが供養、ひきづっても仕方がないことです。

幸せなワンコちゃんでしたね。

投稿: ちるみ | 2013年3月31日 (日) 16時22分

のばらさんへ

メール、出しておきましたが、届いているでしょうか?

坂口さんは、この頃の大きなコンタクトのお蔭じゃなく、本当に黒目が大きい人でしたね。
勘三郎も、早すぎて私、もったいないと思いました。
そのころ、入院なさっていたの?
私も病院に縁があり、病室で週刊誌を読んで病状を知りました。

早過ぎる死、早い別れが続いていますね。

せめて私たち、もう少し頑張りましょうね。

投稿: ちるみ | 2013年3月31日 (日) 16時29分

しろさんへ

しろさんのところで、ハナニラを見たのですよ。
儚げで優しい花・・・坂口さんにささげました。

お好きな女優でしたか。
尾崎さんは、知って結婚したのか、でも最後に密度の濃い暮らしが出来ましたね。
それだけでも、よかったねって思いました。

投稿: ちるみ | 2013年3月31日 (日) 16時32分

ホワイトタイガーさんへ

そうか・・・お母さん、お姉さん、共に若くなくなってるので、他人ごと以上に思われたでしょうね。
50歳代は、どうしようもなく早すぎます。

これから、御夫婦仲睦ましく暮らせたというのに、その生活までもごっそり持っていかれて、でも、幸せな思い出は出来ましたよね。

尾崎さんも切ないと思うけど、家族が出来たんだから、良子さんの分も愛してあげて欲しいです。
また、子供たちよ、尾崎さんをよろしくね。

投稿: ちるみ | 2013年3月31日 (日) 16時39分

夢かあさんへ

夢かあさんも、病院関係者ですから、あのお話を聞けば、大腸がんを思うでしょうね。
手遅れだったのでしょうか・・・・

私も、昨年度テレビを見ていて、坂口さんが娘とテレビに出るたびに、ああ、この人今幸せなんだろうと思っていました。
穏やかな表情をしていましたね。
充実した生活を送っていたのですね。

最後は、見事に早く旅立ってしまったけど、多くの人の心に、あの可愛い笑顔の思い出を残してくれました。
ありがとう・・・

投稿: ちるみ | 2013年3月31日 (日) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風邪もボチボチ・・・&旬を味わう | トップページ | こっちの桜は八分咲き »