« 赤レンガ建物を訪ねて | トップページ | 懐かしく思ったセカンドハウス・・・・ »

「ごんきつね」読みましたか?

今年は、「新美難吉」生誕百年のあたります。

そこで、彼岸花を見ることももちろん目的でしたが、こちらも是非と思って出かけました。

なにしろ、ほとんど閉じこもりの私、出かける時はまとめて欲張りになります。

 

Img_0560


若くして、結核で亡くなられてしまったけど、幾つかの誰でも知っている童話を書かれました。

 

 

多分、知ってらっしゃるお話と思うけど、プチッとすれば読めます。

短い童話ですので、ぜひもう一度読んでくださればって思うんです。

とくに「ごんきつね」悲しいお話ですよね。

 

Img_0532
ここは、こきつねが手袋を買いに行ったお店です。

この隙間から、そって手をさし出したのですね。

 

Img_0536
おじいさんのランプの木です。

私、知らなくてこのブログを書くとき読みました。

 

 

 

Img_0525_2


ボランティアさんがやってるんですね、昔懐かしい紙芝居です。

あちこちで見かけました。

 

ときには童話も・・・・昔の本は結構残酷で、ごんきつねもそうだけど悔しい終わり方です。

教科書に採用されていたころ、どう対処したんでしょう。

現代は、童話がどんどん書き換えられていくそうですが、そのままで考えることも大切だとおもうのですが・・・。

殺した、死んだを書き換えても、子供の成長に影響があると思えないのは、私だけじゃないよね。

切なさなんて、言葉じゃ教えられないけど、お話なら、心で理解するんじゃないかな。

例え、子供でもね。

新美南吉の童話は、このままで続いていって欲しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

|
|

« 赤レンガ建物を訪ねて | トップページ | 懐かしく思ったセカンドハウス・・・・ »

日々」カテゴリの記事

コメント

ちるみ さん

「ごんきつね」、なんか聞いたことあるような?
忘却の彼方へ 汗

イソップ物語とかグリム童話なども
残酷な多いと聞いてます、読んだはずですが
忘れてる。
北風と太陽は、いい感じ 憶えてます。

はだしのゲン・・・視点で いろいろ
閲覧 90%

投稿: しろ | 2013年9月26日 (木) 19時40分

ちるみさん こんにちは!
ごんぎつね、悲しいですね。

娘が小学4年生のときに、
小学校の学芸会で「ごんぎつね」をしました。
娘は主役の「こんぎつね」役。
主役といっても今は数人で交代。
でも、ちょうど出番は最後でした。
鉄砲で撃たれ「友達になりたかった」と
言いながら亡くなる役でした。

小学生の劇でも泣けました。

今年娘は6年生、たぶん「はだしのゲン」です。

投稿: ミケ | 2013年9月26日 (木) 19時52分

新見南吉さん知っています。
本も手元にあって読みました。
なんと言うか
読んでて悲しみはあるものの
心暖まる童話だと思います。
よかったです。
いつの世も継いでいってほしい
物語です。

投稿: しょこらろーず | 2013年9月26日 (木) 21時00分

最近は、結末が変わってしまったお話とか
あるそうですね。

大人が先回りして、怖いもの、汚いもの、取り除いて。
そんなに真綿にくるんで育てなければいけないのかしら、、

わたし、子供の頃、怖〜いお話で、夢に出てきたことも
あったけど、それはそれで良かったのではとも思います。
怖がる子供には、親がきちんとフォローすれば、と
思うけど、古いのかな?

投稿: 風信子 | 2013年9月26日 (木) 22時34分

こんばんは。

新見南吉さん、私知らなかったです。
アンデルセンとかグリム童話は馴染みがありますが、、、

「ごんきつね」読んだ事があるかもしれませんが、もう忘れました。今度探してみます。

ちるみさんって読書家ね〜!
感心します。私なんか、見習うところが沢山あると思います。

またおじゃまします。
今日はパソコン操作でつまずいてしまい、私は更新しませんでした。
パソコンって、む・ず・か・し・い!

投稿: かのこ | 2013年9月26日 (木) 22時54分

しろさんへ

童話って、読んでるはずなのにね。
忘れてしまいます。
でも、私のブログの作品名を押したら童話につながるから、読んでみてください。
ごんきつねだけは・・・・
悲しいよ。

裸足のゲンに、政治は関係ないよね。
それと残虐って、ホントのことに目をつぶっちゃ駄目よ。
受け入れて、そうならないようにしなくちゃ、戦争って、おままごとじゃないから、目を覆いたいこともあるんですよね。
経験ないけど、反対者です。

投稿: ちるみ | 2013年9月27日 (金) 15時22分

とおりゃんせ~~後ろの正面だあれ~~
こわい~~

昔の童話とか昔話とかには、
恐ろしいお話が隠れていて、大人になってからはっとします。
かちかち山では、仕返しを~たっぷりと~

子供にはそれなりに、、でいいのでしょうに~

投稿: あきこさん | 2013年9月27日 (金) 15時43分

ミケさんへ

今の発表会って、みんなそうですね。
平等をうたっています。
でも、最後の一番じ~~んとくるところで良かったですね。
どうしようもないやるせなさ、そんな切ない感情が表わされている場所です。

知っていても、涙をそそります。

ことしはゲン、やっぱり悲しい場面がありますか?
どこを切り取って、劇にするのでしょう?

投稿: ちるみ | 2013年9月27日 (金) 15時46分

しょこらろーずさんへ

読まれているのですね。
さすが、しょこらちゃん。

そうそう、悲しい話の中に、優しい暖かさもあるお話もありますね。
絵本になってるものも多く、絵作家で選ぶ人もいるけど、みんな結構好きですよ。

何時までも、受け継がれて欲しいですね。
いいものは、何時の世だっていいもの。

投稿: ちるみ | 2013年9月27日 (金) 15時52分

風信子さんへ

あのね、子供にきれいな景色だけを見せても、成長はしないとおもうよ。
いろいろがあるのが、世の中じゃん。
それもきちんと教えておかなければ、ゆがんだ子供になっちゃいそうです。

怖い夢見ましたよね。
潜在意識の中に残っているから・・・
そういう気持も大切です。

全部ひっくるめて、心の勉強だと思うのですよ。

投稿: ちるみ | 2013年9月27日 (金) 15時57分

かのこさんへ

かのこさんは、御存じなかったですか?
私の子供時代は、紙芝居仕立てにして、読んでもらっていましたよ。
学校でね。

パソコンの調子が悪いの?
私も、今、云うことを効かないパソコンと格闘中です。
この、短い文を書く間に、3~4回勝手に半角になります。
そのたびに、ツールからプロバディ・・・嫌になります。
イライラですよ。

投稿: ちるみ | 2013年9月27日 (金) 16時04分

あきこさんへ

どうして、親は口を出すのでしょうね。
自分の子供の時、怖い思いはしたかもしれないけど、悪いことをしてはいけない、そういう教えだったのでしょう?

童話も、昔話も、極端でさえなければ、今のままでいいと思う。

子供に対する優しさ、そう言っても、今の子供は、感情が育っていないような気がするの。
全ての子じゃないですよ。
やっぱ、親の教えかな。

投稿: ちるみ | 2013年9月27日 (金) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤レンガ建物を訪ねて | トップページ | 懐かしく思ったセカンドハウス・・・・ »