« 我が家の時間は、こんな風に流れてる・・・ | トップページ | 家を買う・・・・物語 »

夫は、私にとって必要な人 いい関係を築いてます

朝、PCいじってたらね、あらら・・・おかしい。

ブログ村につながらない。

ホームページも、つながらなくなって・・・・

それから、すべてのインターネットに。

夫も仕事に行っちゃったし、このさい何にもすることなくなっちゃったから、わたし暇なのよ。

厚い本、内田康夫の「不平等三角形」8分目まで読みました。

今日中に読めちゃうね。

 

お昼寝3時間ぐっすり寝てたら、きたろうの奴、机の上の物落としまくって、ふて腐れてました。

外に出たいのになぁ~~~

欲求かなわずだね。

夫が帰って来たから、PCを見てもらって、それから電気屋さんに行きました。

つながってるコードが、切れかかってるっていうのよ。

無事、直りました~~~よかった!

夕食は、昨夜に鯵を始末して、油であげて、マリネにしてあったから、簡単に終わったのよ。

198円の鯵が、すごいご馳走になりました。

 

 

夫の足、ゼローダの副作用で、ピリピリ痛いそうな。

少しでも触ろうものなら、「イテテテテ・・・・触るな!」と罵られてしまう。

私も、ゼローダの副作用はあったけど、それぞれ違うのね。

私は、頭にきてたみたい、何時もふらふらしていました。

 

Img_3667


足の裏に、毎日ステロイド軟膏を塗っています。

もちろん、私が・・・・

気分は介護士で~~す!

ベッドを整えて、眠剤を用意して、水を枕辺に、「おやすみなさいsleepy

 

 

私たち夫婦もね、そりゃいろいろな過去がありました。

離婚する羽目に陥りそうになったこともね。

今は、がん友で、ともに戦う「がんサバイバー」です。

運命共同体ですから、愛より強い絆?

口げんかはしょっちゅうだけど、仲良くやってますよ。

ここまで来て、いい関係に慣れたのかな。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

|

« 我が家の時間は、こんな風に流れてる・・・ | トップページ | 家を買う・・・・物語 »

日々」カテゴリの記事

コメント

私もXELOXを始めしばらくしてから足の皮が剥けたので、ケラチナミンを塗り靴下を履き過ごしてていましたが、結局は土踏まずを除いて皮が全体的に剥け、今でもその部分は赤くなって皮が薄いままです。
今でもちょっと寒かったり乾燥したりすると指の間接部分が割れて痛いです(T_T)

投稿: 毒遊 | 2015年4月 9日 (木) 11時47分

ちるみさん、こんばんは!

夫婦の形は千差万別だよね・・ちるみさん夫婦も病気を共に闘う同志なんじゃないのかな。

私たち夫婦は以前、言ったと思うけど夫が長崎から高校を卒業と同時に歌手に成る為に出て来て、アルバイトをしながら歌のレッスンをしてた時に、私は母を亡くしたばかりで働く気になれず勤めていた会社を辞めて、ブラブラしていたら知人がうちの会社に事務のバイトでもしないかと誘ってくれて、あまり気乗りはしなかったけど何となく行ってみたら、そこでバイトに来ていた夫と出逢ったのよね。

でも、その時は付き合ってた人と母の死をきっかけに別れたばかりだったし、夫は1つ年下でしたから付き合う対象には無かったんだけど、仕事の合間に話してたら何となく意気投合してしまい付き合う事になり、でも歌手を目指してる人だから結婚の対象には考えてなかったのに、ある日プロポーズされちゃったんですよね。(笑)

でも私は歌手になる人の日陰の女には成りたく無かったから初め断ったのよ・・・そしたら歌手は止めるから一緒になって欲しいって言われちゃって、それは駄目だよ私は夢を捨ててまで一緒になる程の女じゃないし、そんな重荷を背負って生きていけないし将来、後悔されても困るって言って断ったんだけど絶対にそんな事はかいからと押し切られて今に至ってます。(笑)

長々とゴメンね!

投稿: ホワイトタイガー | 2015年4月 9日 (木) 22時09分

毒遊さんへ

夫も、毎日痛がっています。
触ろうものなら、猫にも私にも怒り出しますよ。
まぁ、仕方がないですけど。

毒遊さんも、ゼロックス治療の頃は、しびれたり皮がむけたり、ご苦労されましたね。
大体、がんの副作用って何なのよって思いますよ。
ここまで副作用があっても、効いているのかは分からないんですものね。

仕事、頑張っておられますか?
一度、会ってるからかしら・・・息子のように思い心配をしています。
お大事に、決して無理はなさらないでね。

投稿: ちるみ | 2015年4月 9日 (木) 23時19分

ホワイトタイガーさんへ

夫婦ね・・・いろいろだね。
ホワイトタイガーさんちは、ご主人が夢を断ってまでも一緒になりたかった人だから、愛されていたのね。
恋愛してたんだぁ~~。
今も、幸せそうだし、仲がよさそうだし、私は素敵なカップルだって思うよ。
そうねご主人、夢を断って正解だと思う。
素敵な人を手に入れたんだものね。
歌手になるのは、歌がうまいだけじゃダメ出し、難しい世界よね。
私の周辺にも、歌手志望で頑張っていた人がいたけど、今頃どうしてるかな。

私は、夫には嫌な思いばかりさせられてきました。
息子が死んだとき、別れる寸前まで行きました。
でもこの頃、もう昔は忘れてもいいなって思うようになったの。
がん友だもんね。

投稿: ちるみ | 2015年4月 9日 (木) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家の時間は、こんな風に流れてる・・・ | トップページ | 家を買う・・・・物語 »