« 孫が生まれた時 ここから始まる物語 | トップページ | それからの日々の物語 »

なんという日なのよ^^;

今日も天気が悪かった。

ここ数日、桜を見に行っていなかったが、今の花の具合はどうだろう?

花びら・・・・・十分あるかな。

 

 

朝、起きてくる夫を待ちながら、新聞を読んでいたら、すっごい音が!

立ち上がったけど、一瞬ビクッとしました。

急いで、音のした場所へ行ったら、あらまぁ~~階段の下でこけていました。

夫ったら、階段を踏み外して、そのうえ持っていたコップの水もひっくり返してあたり水まみれ。

眠剤の効き目が残っていておまけに、副作用で手足の感覚がなく、我が家の狭い階段を降りるのは、危うかったようだ。

幸いに軽い打撲程度で事なきをえました。

良かった。(o^-^o)

 

 

Img_3648


 

昼から、送別会を兼ねた花見をやるというので、出かけていきました。

夕方まで帰ってこなかったので、ボウリング場にでも寄っていると思っていたら、なんというこっちゃ、飲み過ぎて休んでいたそうな。

調子に乗って、つい飲んじゃったらしい。

この頃は、缶1個でも飲み干せないほどだったのにね。

帰ってからも、調子は戻らなかったけど、まぁ楽しかったならいいんじゃない。

こんなことは、何度もあるわけじゃないしね。

 

だけど・・・・・

仏滅?

朝から、あんまりいい日じゃなかったね。

 

お風呂に入った後も気持ちが悪くて、私が背中などバスタオルで拭いてあげたんだけど、その体、見事にやせ細っていました。

筋肉も脂肪もなく、干からびちゃってる・・・・・

なんかなぁ~~~涙が出そうになっちゃったよ。

こんな体を見るのは、辛いよ。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

 

 

 

|

« 孫が生まれた時 ここから始まる物語 | トップページ | それからの日々の物語 »

日々」カテゴリの記事

コメント

ちるみさん、こんばんは!

ご主人様、大丈夫ですか〜?

高齢者の家の中での骨折が増えてると聞きますしね・・・私も大した段差でない所でつまずきそうになる事が玉にありますからね。

打撲で済んで本当に良かったです・・・お薬の副作用が有るのなら尚更、階段を下りる時は気を付けないとね。

大病されて食べる物も元気な時の様にはいかないと痩せちゃうよね・・・傍で見ている方も辛いよね。

ご主人様お大事にして下さいね。

それに、ちるみさんも娘さんの事でも思い煩う事があって大変だと思います・・・でも娘さんの気持ちもだけど、お孫さんの気持ちも大事にしつつ少し距離を置く事でそれで気持ちが変わる訳では無いと思うけど、徐々に相手が納得して貰える方向に持って行けるといいよね。

投稿: ホワイトタイガー | 2015年4月 6日 (月) 00時44分

 うちにも適齢期をとっくに過ぎた娘がいるのですよ。いつか私達がこの世にいなくなったらたった一人でどうするの~ 。その何かうっとおしい心配が心の奥の奥でじっと隠れていて何かある度にムックリ出てくるのです。  親は誰でも自分のことより子供の幸せをと思っています。でもその度  (本人がその道を選んだんだから、もう知らん!! ) と自分をムリムリ納得させて終わるのです。でもその何かはまた私の心の定位置に居すわって出るのを待っているのですよ。
 大事な娘さんとお孫さんがいい方向に向かって歩けるといいですね。応援しています。

投稿: チングルマ | 2015年4月 6日 (月) 18時34分

ちるみさん、こんばんは。

ご主人、骨折などの大事にならなくって
良かったですね。階段は上りより下る方が
足腰に負担がかかりますね。

ちるみさんご夫婦は何気なくいたわり合い
寄り添い合って生活していて、羨ましく
思ってます。
以前、ちるみさんが手を骨折したことありましたよね? 
お風呂で髪をご主人が洗ってくださったと・・
不覚にも私は、その記事読んで、泣いてしまったのですよ。私は無理だ・・とってもしてもらえない・・と。

私のブログは夫の会社関係(本人はもう退職してますが)夫の親類縁者、島関係などが読んでおり、夫の本当のことが書けません。それで時々、自分でいやになりブログ放置してます。
今まで書いてきたことも嘘ではないのですが・・ 落差が激しく、他の人には解りづらいのです。

ちるみさんご自身もご自愛くださいね。

投稿: amiami | 2015年4月 6日 (月) 22時39分

ホワイトタイガーさんへ

ホントにね、一瞬ドキッっとしましたよ。
怖かった~~。
でも、怪我が無くて良かった、気をつけてもらわないとね。
という私も、抗がん剤の頃はベッドから落ちたり、階段で滑ったり、何度もありましたね。

夫は痩せました・・・・
見るのも辛いくらい、ボウリングが出来るうちは、精神的には大丈夫と思うけどね。

婿は、きっと考えてるよ。
私たちに嫌われたら、嫌でも家を出ないわけにはいけないでしょう?
娘は、アホでも馬鹿でも、私たちの子供だから、孫同様見放せません。bearing

投稿: ちるみ | 2015年4月 6日 (月) 23時44分

チングルマさんへ

お嬢様がいらっしゃるんですね。
最近は、結婚しない人が多いから、世間的にはどうってことないけど、親としては、普通に幸せになってほしいと願っちゃうね。
まぁ、それも親の我かもしれないけど。

私は、孫が欲しかった。
婿なんてどうでも良かった、なんちゃってね。
ただ、将来のことを考えたら、我が家の場合は、今のままじゃダメと思う。
子供のことを真剣に考えて結論を出してほしい。
良い方向へ・・・願っています。bearing

投稿: ちるみ | 2015年4月 6日 (月) 23時50分

amiamiさんへ

やっぱり、現在進行形だったんですね。
魚を釣ったり、長閑に暮らしてるとばかり思っていました。
だって、憧れの田舎暮らしよ。

私の骨折の時、ずいぶん前から読んでもらってるんですね。
そうそう、文句を言いながら、あちこち洗ってもらっていました。
服も着せてもらって、包帯を巻いてもらって・・・お世話になってましたね。
こんな立場になったら、案外やってくれるかもよ。
私だって、昔は離婚の話し合いをするほど、不仲でしたよ。
でも、今はがん友、同志ですからね。
amiamiさん、ブログに素直な気持ちが書けるといいね。
この頃、更新が無いからどうしたのかって思っていましたよ。
理由が分かりました。bearing

投稿: ちるみ | 2015年4月 7日 (火) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 孫が生まれた時 ここから始まる物語 | トップページ | それからの日々の物語 »