« 人生最後の食事は「おにぎり」がいいんだって!! | トップページ | それでも自分が悪いと思っていない・・・・・物語 »

携帯でもこんなことがあったのよ・・・物語

晴れ、暖かい春の日。

あちこちで、咲き乱れる花に遭遇、うん、バッチグーな季節だ!

 

      tulip     tulip     tulip     tulip

 

車でも、散々な思いをしたけど、もう一つ携帯電話でも、おかしな思いをしてきました。

それは、珍しく社員として勤めていた時。

ある日、私がセカンドハウスにいるときに、書留郵便が届いたのです。

差出人は裁判所。

訴えられていたようです。

私が知ってしまったということで、彼は慌てふためいて、その理由を話しました。

社長が必要だというので、携帯電話を何台か彼の名前で買ったのだそうです。

名義貸しっていうんでしょうか。

その費用を払っていなかったため訴えられたけど、今は払ってあるので大丈夫なんですよ、って。

娘はその説明にも、納得していませんでした。

彼は、入社したての男、その彼に社長がなぜ携帯を買うよう頼んだのか、理由はすぐわかりました。

友達が携帯会社で働いてるから、安く買えます・・・・って売りこんでいたんです。

いつでもそう、自分を売り込んでいるようで、実は利用されているんです。

社長が、代金を払うのが遅れたことの理由は分かりません。

   

その会社には、数年前に解雇されたのですが・・・・2~3年前かな。

 

今でも、社長のお詫びの意味もあって、タダで携帯電話(スマホ)を使わせてもらっているというんです。

その携帯の使用料が、月5~7万ほど、もう1年以上続けています。

多分、訴えられた金額はすでに超えています。

毎月、請求書は来るけれど、支払いは社長がしてるというんです。

こんなバカな話ってありますか?

私は、まったく信用していません。

 

携帯こぼれ話もう一つ。

携帯電話を持っていないとき、どうしても携帯が必要ということで、娘の名義で携帯を買いました。

彼は、ブラックリストに載っているため、自分名義で買うことが出来ません。

その時も、無茶高い携帯使用料、20万近くの料金を滞納して、娘が訴えられました。

その費用は、分割で払うことになり・・・・いつもそうです。

(結婚した時の延滞料金とは別です)

 

彼との10年の結婚生活、もう終わりにしなければって、親じゃなくても思うと思いますよ。

理不尽なことに、耐える苦労などしなくてもよいことです。

 

私がこうして書き上げることに、娘は心配をしています。

あーちゃんが読むかもしれない。

私は、あーちゃんが読むことは想定しています。

もう中学生、分別は分かると思っています。

考えてほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

|

« 人生最後の食事は「おにぎり」がいいんだって!! | トップページ | それでも自分が悪いと思っていない・・・・・物語 »

日々」カテゴリの記事

コメント

今日、昼に何気に見ていたテレビで「人生最後に食べたい物は?」にダメって言われた物が食べたくなるんだろうなと昨日のブログを拝読した後だったから漠然と考えてました。息子の闘病中、人間、水だけでどれだけ生きられるんだろうと驚いたものでした。食べられない時の息子の意欲はすざましかったです。ノートにテレビで見た美味しそうなレシピが、びっしりだったんですよ。食べれるようになったら「そんな事あったっけ?」状態でした。
さて、凄い婿サマの過去に娘さんだけでなく、ちるみさん御夫妻の忍耐強さに、より理不尽さで身悶えしてます。
私も婿の不甲斐なさに毎日、主人の少ない年金で食事の世話をしながら苛々を募らせていますが、甲斐性が無くてもいいか~とまで考えるようになりました。小さな欲が目に付き、目に付く生活習慣の違いから苦手意識が高まり、家も土地も、大切にしてきた嫁の物にしようかなと内心考えていましたが、資産家の嫁には小さな土地にぼろ家は迷惑しかありません。我が家と同じ乏しい婿の状況に『孫に』与えようかとまで至りました。一昨日、娘が婿の決断ひとつで一緒に住みたいと言ってくれました。それには家を小さくして建て直したいと。そんな力は、もう我が家には残ってません。娘夫婦のローンをアテにしてリホームなり建て直しなり、どうぞって感じです。私の居場所はあるかしら。ぼろ家でも主人が私に建ててくれた家です。どう矛先が向いても空しさばかりです。まだまだ夢のお話ですが。。。
気候の変化に、どうぞ、ちるみさん御夫妻の体調に負荷がかかりません様にと祈ります。

投稿: 風知草 | 2015年4月19日 (日) 18時53分

なんかご本人だけでなく会社も社長さんも怪しい感じですね。
係わり合いにならない方が良いタイプの人々のようですね。
お疲れ様です。

投稿: 真奈美 | 2015年4月19日 (日) 21時22分

ちるみさん、こんばんは。

何か話しを聞いてると次から次へと色んな事が出てきますね・・・ここまで来ると犯罪スレスレの臭いがしますね。

これだけ酷い話しなら裁判所に詳しく話したら認めて呉れるんじゃないですか・・この先、良い方向に向かうとは思えないし、お孫さんが色々と解る年齢になった時に何かが起きたら、その方が怖いと思いますよ。

第三者が勝手な事を言って申し訳ないですが娘さんも、よく今まで我慢して来ましたね・・いくら子供たちの為とは言え一度しかない人生を大事にした方がいいと思いますけれどね。

今、決断しないで後悔する時が来てからでは遅いのではないかしらね。

投稿: ホワイトタイガー | 2015年4月19日 (日) 22時52分

風知草さんへ

最後の食卓って言っても、結局食べられないかもしれませんね。
せめて、少し前の体調の良い時に、好きなものを食べさせてあげたい、と思います。
息子さんの気持ち、わかります。
食べられなくても、目が美味しいものが食べたかったんですよね。
食欲はあったほうがいいです。

私も、一人になったら娘と暮らします。
その時に婿はいないと仮定してね。
お墓も石川で建てましたし、最後はセカンドハウスかな。
風知草さん、娘さんと一緒に住むのはいいですよ。
でも、建て替えるって・・・・それは大変です。
よくよく考えてね、これから先、また風知草さんが困らないようにね。

お互い、静かに暮らせませんね。

投稿: ちるみ | 2015年4月20日 (月) 00時00分

真奈美さんへ

はい!
私もそう思っています。
普通じゃないですからね。
たぶん、彼が言っていることは嘘です。

そうでなければ、考えられません。

これからどうなっていくんでしょう・・・・
不安です。

投稿: ちるみ | 2015年4月20日 (月) 00時04分

ホワイトタイガーさんへ

ね、普通じゃないでしょう?
充分、離婚の原因として認められるよね。
私もそう思うけど、娘は口下手なのよ。
上手く言えるか心配、相手は、これまた口が滑らかな男ですからね。
本当に、いろいろあんの。
 
今しかないと私も思っています。
このまま続けていても、幸せなんかに絶対なれない。
反対にまた、何かが起こります。

子供たちは、何も知らないので、離婚は反対していますが、何時かは分かってくれると思うんです。
今だよね、然りです!

投稿: ちるみ | 2015年4月20日 (月) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生最後の食事は「おにぎり」がいいんだって!! | トップページ | それでも自分が悪いと思っていない・・・・・物語 »