« 借金を申し込まれた・・・物語 | トップページ | 病院ディ・・・・今回も変わりなくて良かった! »

こんなに事故る人って・・・・物語

ようけい、雨が降りましたねぇ~。

え?明日も?

明日の天気予報には、大きな傘がありました。

 

 

私がここまで書いてきた物語は、本来の事例よりさらっと書いてあります。

正確に書くことは、やっぱり彼に対して多少の遠慮があるし、家族であると思っていた時期もあるので、すごいこと書いてるようで控えめなんですよ。

ほんとのこと書いたら、そんな人とどうして結婚したのか、許したのか、そう思われるでしょうね。

私は、婿はどうでもいい、孫が欲しかったんですよ。

それに、子供でもできれば、少しは考えも変えてくれるんじゃないかと、淡い期待もあったのです。

とにかく、仕事は一生懸命やっていましたからね。

 

その借金は、会社に収めたと思います。(300万)

我が家にも、結婚してた時期にも無縁な時の負債、だったんですけどね。

会社は、首になった?・・・・・分からないけど辞めました。

 

個人で、仕事を始めました。

車は、親に借金して中古の普通車を買いました。

仕事には、娘の軽で行っていたけど、ある日、猫をよけ損ねたと言って自損事故。

娘の車は、買って3年で廃車になってしまいました。

次の車は、若い娘とぶつかって事故で廃車。

次の車は、故障したんでしょうか?廃車。

次の車は、事故で廃車。

次の車は、またまた事故で廃車。

次の車は、・・・・・・・・・

 

10年で何台の車を、乗りつぶしたんでしょう。

そのたびにお金が必要になり、何回も婿の親に頭を下げ、お金を借りたけど返さず、孫の貯金まで手を出して・・・・。

 

今度は、何をしでかすのかって、びくびくの生活を、娘は続けていました。

 

 

今度何かあったら・・・・・

考えなさいねって、私も言い出していました。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

|

« 借金を申し込まれた・・・物語 | トップページ | 病院ディ・・・・今回も変わりなくて良かった! »

日々」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。今日も雨・・・です。
「風知草」が大好きなんですよ。雑草みたいだけど。

くっついたり離れたりの面倒を厭わない今時に娘さんは、よく一緒に暮らしていますね。金銭的な観念、女性問題、事故の数も半端じゃありませんよ!明らかに異常ですって!・・・失礼な事を連ねますね、ごめんなさい。女性問題で我家なら別れさせていたでしょうね。幸い、財力が無いから金銭的な要求は娘の踏み倒し程度に終わってますが、ついつい娘可愛さに手を差し延べてしまうのでしょうね。
ちるみさん宅は大きな金額です。きちんと御実家に伝えて返してもらわないと 私、腹が立って堪りません。

我家は隣の県です。息子の生かされるだろう治療が始め入院していた所に認可されてなかったので、その病院へと導かれるままに転院したのです。でも。。。担当医師に付いて転院した最後の数か月の病院は最悪でした。一日の入院費が高くて。。。涙も言葉を失くした息子は顔を見ると手を合わせ謝り続けましたが許せなかった酷い母でした。今は後悔ばかりです。

投稿: 風知草 | 2015年4月14日 (火) 14時04分

風知草さんへ

そうですね、雑草のように見えます。
実物は、きっと爽やかで可愛いのでしょうね。

あちらのご実家も、借金のことは知っています。
返してないと思ってると思いますよ。
我が家にとって、大切なお金・・・だけど、返してはもらえないでしょうね。
無いものは無い、そういわれたら、終わりです。

我が家は、がん患者ですから、医療費は莫大に使ってきました。
健康だったら、楽しい老後が待っていたと思います。
息子さん・・・可哀想でしたね。
お気持ちは分かるけど、双方が辛かったと思いますよ。
個室?
だとしたら、お金がかかりますね。

でもね、親を憎んでなんていない、息子さんのことを毎日思い出して、供養してくださいね。
私も、笑った顔、今でもしっかり覚えています。

投稿: ちるみ | 2015年4月14日 (火) 23時31分

こんにちは。晴れました。風が強いです。
風知草は、ささやかに花が咲きます。和風の鉢が似合います。我が家は買えないのでプラスチックの白い使い古しです。いつかは和風の鉢に入れて玄関の三和土に置くんだ!と小さな夢を抱いています。

長年の医療費+個室代など
息子の個室願望は新婚半年で闘病に入ってしまった嫁への気持ちだったろうと思います。潔く別れようとしなかった申し訳無さで息子に尽くして下さる嫁への私が唯一出来る精一杯でもありました。なりふり構わず息子を想い嫁の幸せを願った年月でした。(高校時代からの純愛を貫いたのです)
婿サマへ辛辣な気持ちを連ねてしまって、ごめんなさい。全く嫁の実家から見たら我が家の情けなさと変わりません。嫁の貴重な青春を頂いちゃったのですから。
あまりの心労を次から次へと重ねられる様子に私の比では無いと。。。改めて感じた次第です。それでも、ちるみさんからパワーが伝わって来て惹かれています。

息子18(発病の時)の時に「じゃ頑張ってね」と帰ろうとしたら「これ以上どうやって頑張るん?」とぽつりと呟いたのが背中に聞こえました。以来、「頑張って!」と言えませんでした。
代わりに「笑顔」を毎日見せ「笑顔」にさせようと身を持って思ったのです。
だから皆さんに「笑顔」を大切にと願うのです。

投稿: 風知草 | 2015年4月15日 (水) 13時36分

風知草さんへ

可愛がられているんですね、風知草。
夢は、とても大事、何時か叶えられたらいいね。

息子さんは、深い愛で結ばれていたんですね。
お嫁さんもいい人みたいで、息子さんある意味幸せな人生だったと思うよ。
短い一生だったけど、燃え尽きたと思いたいですね。
風知草さんも、よくやったじゃない。
全身でお世話して、そりゃお金はかかったけど、それをしてなかったら今以上に後悔してたと思う。

若くして、先がなくなっちゃうなんて、きっと幸せに暮らせたであろう未来を生きられないなんて、神様って本当に意地悪ですね。
それが悔しいです。

でもね、生きてる私たちは、笑って生きなきゃ・・・そうして暮らしましょうね。happy01

投稿: ちるみ | 2015年4月15日 (水) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 借金を申し込まれた・・・物語 | トップページ | 病院ディ・・・・今回も変わりなくて良かった! »