« もう我慢ができない・・・ | トップページ | 孫が生まれた時 ここから始まる物語 »

彼ってこんな人なんだよ 表向きはね

心配をおかけしました。

いろんな助言、嬉しかったです。

 

昨日書いたことは、私が迷惑をかけられた事柄で腹が立っているけど、それ以後は金銭的には迷惑はかけられていません。

まぁ、私の性分としては借金を返してからでしか、再びの借金などお断りですけどね。

 

 

婿の人となりを、少し書いてみようと思います。

昨日は、ちょっと気分の悪いことがあって、思いのまま書いてしまったことに、一方的であったという気持ちがあるからです。

婿は、仕事は一生懸命しています。

微妙に収入には結びついていないけど、ぐうたらで遊び人というのとは少し違います。

口は達者で弁は立ち、言いくるめようと思えば難なく出来る、似合う仕事は「詐欺師」と私はよく言っているけど、ブルーカラーの労働者で仕事に手抜きはしない男です、たぶん。

子供のことも可愛がり、非常に好かれていて、パパと一緒にお風呂に入る、寝ることを子供たちは喜んでいます。

誰よりもパパ好き、そうなんですよ。

ここまで書いて、ならどうしてそうなるの?って思われるでしょうね。

 

飲み歩くわけでもない、賭け事をするわけでもない。

朝仕事に出かけ、夕方帰ってくるそういう婿が、どうしても信用できなくなった理由は、わからない部分が多いことでしょうか。

 

私に関してじゃないことは、書くわけにはいかないけれど・・・・

 

私に対しても、決しておろそかに扱うことはありません。

口だけかもしれないけど、節度をもって接してくれます。

叱るときも、かしこまって聞いてくれます。

 

でも、不安はどんどん大きくなっていくんです。

 

多分私たち夫婦が、別れさせたがる要因の一つは、信用できない姿が垣間見えて、そこがたまらなく嫌いになったからだろうと思うんです。

将来のことは娘が決めること。

それは分かっています。

でも、歯がゆいですね。

このまま、丸め込まれていくんでしょうかしら・・・・・・

それは、お断り・・・だけど、当事者じゃないんですよね。 sweat02

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

|

« もう我慢ができない・・・ | トップページ | 孫が生まれた時 ここから始まる物語 »

日々」カテゴリの記事

コメント

まるで、私の弟みたい、、です。
そうなんです。「信頼できない」の一言なんです。心の底にある薄っぺたい冷たさ、が透けて見えるのです。私には。

仕事熱心、優しさ、を持ちあわせているので、
仕事関連や、女性には好かれてます。

そんな弟に振り回されてる母に、幾度、弟の本性を説いても、なかなか、、難しいです。
ひょろっと、優しい弁舌で、母の決意を鈍らせます。その弁舌は嘘ではないのでしょうが、
それを裏づける信頼性は皆無なんです。。

同じようなタイプの人がいるんですね~~。

もう、切るしかないと、思い、私は人生から
弟を削除しました。

投稿: sora | 2015年4月 3日 (金) 07時01分

子供の立場の経験者です。
子供ですから、両親揃ってくれてた方が嬉しいのは当たり前かな。
でも、私の中の両親の記憶は、ビール瓶の割れる音と「警察呼んでー!」の叫び声。
私の記憶にはこんな悲しい記憶しかないのよね。
週末に父親の家に預けられ、父親と銭湯にも行った記憶が残ってますが(未だ男湯に入れるぐらいの年齢(笑))、それはそれで楽しかった。後妻さんが嫌いでそれは嫌だったけど(笑)
中学に上がる頃には私も色々忙しくて、頻繁に会う事もなくなり、私が成人する頃には父親の方から縁を切られるような形で会う事も無くなりました。
一昨年、10年ほど前に亡くなっていた事がわかりましたが、不思議に寂しさも、悲しさも、恨みとかそう言う感情も何も無かった。
亡くなっていた事が分かった理由も父親の妹の死で、遺産相続がらみの判子が必要だったからなんですが、昔から言われてた、親子の縁は切れないと言うのを改めて感じた次第。
ま、私の場合とは違いますので、何の参考にもならんかもですが、おこちゃま達が望むのであれば、小さい間はいつでも会える環境にしてあげれば、高校に行く頃には関係とか距離感も自分で決められると思います。
一緒になる時は情熱があるからあっと言う間なんだけど、別れる時はその何十倍も大変らしいです。
ちるみさんも気を揉む日々でしょうけど、上手く解決できますように!
長々と失礼しましたm(__)m

投稿: ちなつ | 2015年4月 3日 (金) 15時50分

こんばんは。

前回の、ちるみさんの話しを聞いてる限りでは、とんでもない人だと思いましたが今回の人となりを聞いていると普通の夫にしか思えないよね・・・ちるみさんの感じてる様な感覚は会った事もないので全く分からないけど、きっとちるみさん夫婦だけが感じる微妙な皮膚感みたいなものなのかもしれないね。

でも娘さんが別れるのには旦那さんが親権で納得しない限り難しそうですね・・・裁判とかになっても、これと言って旦那さんの行状に相当、酷い事がない限りは裁判所も中々、認めて呉れないのではないかしらね。

これからも、まだ道のりは長いかもしれないけど娘さんも自分も親なのだから子供さんの為にもしっかりと対応して欲しいですね。

投稿: ホワイトタイガー | 2015年4月 3日 (金) 21時36分

ちるみ さん

こんばんは
今日の記事を読んで
どうのこうの言おうと思おうと
娘さんの 意思 次第だと 思いました。

投稿: しろ | 2015年4月 3日 (金) 22時10分

ちるみさん、こんばんわ。
勝手なことを書いて、気分を悪くされたら
削除してください。
私は娘さん、離婚された方がいいと思うけどな。
少し前の記事に、夜中まで説教された、ってありましたよね。あれなんかはモラハラ(モラルハラスメント)ではないかと思います。
モラハラはたんに言葉の暴力などでなく、根深いものがあります。人格障害者が身近な人をじわじわと責めるのです。外面はよく、会社でも真面目で仕事ができます。だから中々気づかれません。子供を味方につけるのことも多いのです。
娘さんは日々、息苦しく感じているのではないでしょうか? まだまだ若いし希望があります。
私は9年前に、全て(オーバーかも)を捨てて、息子たちには祝福されて再婚しました。
当時夫は、某一流企業の役員でした。カリスマとさえ言われてました。・・・でも結婚したら変でした。ずっと悩みました。なんだかわからなくって。
昨年、いろいろ調べてモラハラに行きつきました。家は究極のサイレントモラ。
ちょっとしたことで突然何も、アッもウっもじゃべらず、無視が始まります。
最近はしゃべらなくって楽だと思ってます。
それは私が若くないからです。居座ることにしたからです。娘さんは若いのだから・・・楽しい人生を歩んでほしいと心から思います。

勝手なこと言ってごめんなさいね。

投稿: amiami | 2015年4月 3日 (金) 23時07分

soraさんへ

初めまして♪
コメントありがとうございます。

弟さんが、同じような性格なんですか?
こういうのって、何なのでしょうね。
文を読んだ限りでは、似たところが多いよう・・・。
私が、一番気がかりなことは、嘘が多いことかな、わかりやすいウソを、よくつきます。
それも、心配をかけないようにとか、そのことにも理由をつけて、もう信じることが出来ないんですよ。
そうね、たぶん薄っぺらいやさしさと冷酷。

私たち夫婦は、彼を決して受け入れないけど、子供だけは信じ切っているんですよ。
それが悲しい。

投稿: ちるみ | 2015年4月 3日 (金) 23時20分

ちなっちゃんへ

ちなっちゃんの生い立ちは、ブログで触れているのでおおよそのことは知っていますが、幾つになっても、トラウマ的に思い出って残っているんですよね。
我が家は、暴力はないので、言葉だけの争いですが、今、子供は傷ついてると思います。
それでも、大好きなパパと別れることなど決して賛成はしないと思います。

もう少し年齢がいっていれば、詳しく説明も出来るのだけど、子供は何も知らないのですよ。
娘も、言わないですからね。

もう、私たちは結論を出したので、それにどう対処するのか、とにかく借金まであって、それでも堂々とされていては・・・・
困り果てています。

本当は、もっと早くにけじめをつけるべきだったのでしょうね。

投稿: ちるみ | 2015年4月 3日 (金) 23時30分

ホワイトタイガーさんへ

ああ書くと、そういう結論になりますね。
婿に、非がないと言われては、娘の我儘としか受け入れてもらえないと思います。
そして、婿は何時も口癖のように一生懸命やってるというしね。
そして子供にも好かれてる、ね、わかれるの難しいでしょう?

でもね、もう少し書けることを書いていきます。
少しずつ、見る目は変わっていくと思う。

もうしばらく、私の真実の記録に付き合ってね。。

投稿: ちるみ | 2015年4月 4日 (土) 12時47分

しろさんへ

そうです!
娘は、愛憎が付いてると思う。
積もり積もった悲しみは、見える部分とは違うもの。

でも・・・せめて私くらい弁がたてばね。
黙ってしまう娘に、歯がゆい思いばかりしています。

投稿: ちるみ | 2015年4月 4日 (土) 12時50分

amiamiさんへ

私も、モラハラと思っています、だから、録音機も買ってあげたんですよ。
相手は、もう滑らかに弁が立つ人で、お仕着せて話しできます。
口の重い人に、返すのは無理。
外面もよく、娘は性格が悪いから、誰も友達がいないと、ののしります。

別れなくちゃ、もっと不幸になると分かってるからこそ、言うんですけどね。

amiamiさん、今一緒にいる方のこと?
そうなら、私には幸せに見えましたよ。
記事だけでは、すべては見えないのですね。
そうそう、私たちの年では、受け入れてしたたかになるだけです。
食べていけることが大切ですもの。

投稿: ちるみ | 2015年4月 4日 (土) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう我慢ができない・・・ | トップページ | 孫が生まれた時 ここから始まる物語 »