« 夫が婿に電話をしました・・・・物語 | トップページ | 亀のごとくの足取りで 進むことしかできない・・・・・・ »

モラハラの日々・・・・・・・・夫の苦脳 物語

今日もまた、きたろうに脱出されました。

朝起きたら、網戸が開いていて・・・・・・困った仔ね。

一応、道路を見て、家の周りを一周しても見つからなかった。

カラスの鳴き声が妙に気になって、お隣の家の庭をのぞいてみたら、きたろうったらカラスを見て座っている。

きたろうを狙っているのよ、5メートルくらいしか離れていなくて、怖かったけど、きたろう救出に行って来ました。

夫も言うんです。

カラスにも、きたろうのトロさが分かるのかなぁ~。

カラスに狙われていても、無頓着に座っているけど、カラスに目を突かれたりしたらどうするんかしら?

怖さを知らない仔です。

 

 

   cherry      cherry      cherry      cherry

 

モラハラが止まりません。

娘を、この世で最低な人間、今まで会ったこともないと言い切り・・・・・

娘の作った料理には、毒が入ってるかも分からない、そんなもの食べられるかと罵り・・・・・・・

渡した生活費で、娘の物を一円も使うな・・・・・・

買い物は、事前に何を買うのか言い、買ったものは報告せよ・・・・・・

電気も水道もガスも、全部払ってる・・・・・・

埃を見せて、掃除もしないで子供を育てられるか・・・・・・・

お前に、子供を育てられるわけがない・・・・・・

子供の気持ちも考えず、一人で家をくちゃくちゃにしている・・・・・・

 作った夕食も食べてくれないので、結局娘も食べられず、このままだと病気になってしまいそうです。

毎日、言われ続けることに、疲れ果てているようです。

 

そうまで言うなら、明日にでも家を出てもらわねば、大体家賃に値するものをどう考えているのでしょう。

娘がいるから、その家に住めているというのに、私の家で、そんなことを言い続けることは許しません。

夫が、「Tよ、お前はその家を私物化してないか?その家はちるみの物だぞ。」と言ってくれたんですけどね。

彼の言ってることを聞いていると、危惧した通りのようにも思います。

 

娘が心配で、ご飯がのどを通らないと言う夫。

我が家は、どうなってしまうのでしょう(;ω;)

 

 

Img_3798

不安な毎日です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

 

|

« 夫が婿に電話をしました・・・・物語 | トップページ | 亀のごとくの足取りで 進むことしかできない・・・・・・ »

日々」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ご主人様、お嬢様 お辛いですね。
おひとりさまブログの 幸せの時間を生きる
訪問してみませんか?
今の、ちるみさんに読んで頂きたくて
余計なおせっかいかも?ですが~。
応援している一人としてお許し下さいね。
きたろう君 ぼく?も 居るよとあっぴーる
可愛い・・・・・。

投稿: mituばぁば | 2015年5月25日 (月) 08時57分

いつも気になってます。我妹も離婚裁判になりそうですが、それに備えて探偵やボイスレコーダ等、証拠集めをしてます。市民相談会や弁護士相談にも行きました。結局県外の弁護士さんに依頼しましたが、裁判の日には県外から来てくれますし、親身になってくれ、精神的に助かっています。自分たちだけで立ち向かうにはしんどい相手ですし、たくさんの時間と労力が要ります。まずは弁護士さんに早く相談に行かれること、そしてできるだけボイスレコーダなどで証拠を集めること。裁判で戦うにも証拠と知識が要りますから。弁護士さんの力が助けてくれると思います。頑張ってください。

投稿: アマリリス | 2015年5月25日 (月) 12時47分

本当にだらしないひとなんですね。そしてまぎれもないモラハラです。読んでいても寒気がします。むすめさんとご両親の心労はたいへんなものだと思います。
一日も早く解決するようお祈りいたします。

投稿: なっつ | 2015年5月25日 (月) 13時22分

mituばぁばさんへ

コメントありがとう!

もちろん、お勧めのブログ、読ませていただきました。
参考になります。
でもね彼女、私のブログに不愉快だと、メールくださった方なんですよ。
なんか・・・複雑。

応援は嬉しいです、元気もいただけます。
mituばぁばさんの気持ちは、しっかり受け止めさせていただきました。

投稿: ちるみ | 2015年5月25日 (月) 23時26分

アマリリスさんへ

コメントありがとうございます。

こうして記事を書いて、離婚で苦労してる方が多いのに驚きました。
いろんな知恵を教えていただいて、参考になります。

今度会って、話のいかんによっては、弁護士さんにもと考えていますが、娘ととことん話さないと、そこまではいかれません。
いずれは、弁護士さんの力が必要な時が来るでしょう。

ボイスレコーダー、もう渡してあるんですよ。
いい録音が録れるといいのだけど・・・。

投稿: ちるみ | 2015年5月25日 (月) 23時31分

なっつさんへ


コメントありがとうございます。

はい、だらしのない人だと思っています。
しかし本人は、一生懸命の人と思っています。
自分に、猛烈に甘い人だから。

モラハラ、腹が立ちます。

このままだと、みんなが体を壊しそうで・・・早く解決しないと・・・焦ります。

投稿: ちるみ | 2015年5月25日 (月) 23時36分

いつも どうなるんだろうと 興味津々で読んでいます (すみません) でも娘さんとセカンドハウスはセットでしょうが セカンドハウスにこだわりが強くて 憎さが余計につのるのでしょうね 娘さん離婚したいなら 旦那さんのご飯作る必要ないし 離婚届け 毎日見える所においたり 家裁に調停申し込んだり リアクションおこされないのは 決心ができないのではないのですか? セカンドハウス売るからと不動産屋に査定に越させたり 婿に揺さぶりかけて 離婚する事 進めてると 匂わさないと 話合いは無理そうてですね あ~大きなお世話ですけど気をもみます… 親は先に逝きます 娘さんは優しすぎて一人で子供守るのは 無理そう お荷物の旦那さんでも ちゃんと働いているならいた方がいい気もします

投稿: ローズ | 2015年5月25日 (月) 23時51分

はじめまして。深くはブログを読み込んでおりませんので失礼がありましたらお許しください。法律は、不理屈を都合よく真なる理屈にしてしまう怖さがあります。弁護士の解釈方法と知恵の使い方次第というところもあります。特別な事件以外、基本的に私は自分の人生の中で家庭内での痴話げんかの処理を、他人を介入し解決してもらう方法は?があります。調停は第三者のアドバイス。離婚裁判は法で訴えて闘うこと。裁判するに当たりデータや証拠は大切でしょうが、計画的にするデータ集めは、自分の人間性としての行為に疑問附が付いて回ります。・・・相手の立場も考える。お婿さんのモラハラ原因は何なのでしょう?ほんの小さなシンプルなことから大きく膨れ上がってしまったのではないでしょうか?愛情不足?孤独感?劣等感?・・・そしてモラハラという言葉は好きではありません。人間だれしも気付かないうちに人を傷つけているものです。・・・・離婚裁判は、下手をすれば、いえ、多くの離婚裁判は、相手を打ち負かし傷つけ、相手のあらを探しまわす非生産的マイナス行為に力を注ぎこむことになります。おかしな方向に力を注ぎこむことにならないよう、よりよい方向に行かれるよう、お婿さんとお嬢様とお孫さま家族がみんなで仲良くやっていける方法を探し出せることを深くお祈り申し上げます。

投稿: b | 2015年5月26日 (火) 09時36分

はじめまして。三毛猫です。

知人がちるみさんとよく似た状況なのできました。彼女(Aさん)は中咽頭がん4a患者です。

25年に渡り、娘婿と彼女の闘いは続きました。内容は、住居と孫の教育費など金銭面全般です。娘婿は人当たりがよく、Aさんの夫も言いくるめられてしまい、Aさんは四面楚歌の状態で、ずっと娘さんの愚痴を聞いていました。

でも、娘が家に帰ると婿と子どもだけになるので強くは言えない。娘が不憫でならない・・この葛藤が25年も続きました。娘婿は、我が子の結婚式にも1銭も出さないばかりか出席もしませんでした。

で、結局どうなったかというと、娘さんは子どもが結婚して独立したら、なんと娘婿と元サヤに収まったんです。いったい25年に渡る愚痴はなんだったんだろう(笑)

今は、Aさんが建ててあげた娘の家と娘さんが離婚した時のためにとAさんが用意したマンションの2つの家の間を夫婦で仲良く行き来するようになっています。

ちるみさんのご希望および皆さんのご意見とは少し違いますが、娘さんは離婚なさらないかもしれないとふと思いました。

Aさんの娘さんが何度もチャンスがあったのになぜ離婚されなかったのかは本人に聞いてみないとわかりませんが、きっと本人もよくわからないんじゃないかと思います。


投稿: 三毛猫 | 2015年5月26日 (火) 11時32分

きたろう君カラスの怖さを知らないものね。

人間でもあのクチバシは恐ろしいし襲われたら穴があき

かねない。でもカラスの家族は ( 夫婦か恋人同士か

分からないけれど )羨ましいほど仲がいいんですよね

ミーは相変わらず食事以外はグースー寝てばかり、きた

ろう君遊びにおいでよー !

投稿: チングルマ | 2015年5月26日 (火) 15時08分

ローズさんへ

コメントありがとうございます。

おっしゃること、とてもよく分かります。
このままで、そうですね、夫婦仲は良くなくても続くやもしれません。
娘は、婿が鬼のようだと言うには、優しすぎますから。

セカンドハウスは、セットとして考えたくはないです。
あれは、私の家だし、離婚とは別として考えてほしいと思っています。
婿は家を出ると言うことより、離婚の方にこだわりを持っているんですよ。
離婚はしない・・・子供を渡さない、そういうことでしょうね。

そこで争うというけれど・・・・・

今言ってることは、娘から聞いた話だけ、婿と直接向き合っていないので、今度会ったら、少しはその気持ちが分かると思うのですが、

投稿: ちるみ | 2015年5月26日 (火) 15時58分

bさんへ

コメント、ありがとうございます。

そうですね、離婚の話し合いって、結局、家庭内のいざこざを汚く罵ることで終始することになると思います。
悪口の言い合いでしょうかしらね。
それを、外の人に頼むと言うことに抵抗があると言われましたが、私も出来ることなら、二人の話し合いで決めて欲しいと思っていますよ。
でも、二人の離婚の気持ちには温度差がありすぎます。
どうしたらいいんでしょう?

このまま、幸せに暮らすこと、それはないと思います。
どちらかの我慢で、一生を送るのが、幸せなのか、選択の一つでしょうけど、今は無理じゃないでしょうかしらね・・・。

投稿: ちるみ | 2015年5月26日 (火) 16時23分

三毛猫さんへ

コメント、ありがとうございます。

同じような始まりですね。
我が家も、どうしようもない男でしたけど、立ち直ってくれると信じ、金銭面、家を買い助けてあげました。
今、12年目ですけど、いまだに最初と何も変わっていません。
借金の金額は、むしろ多くなっているかも。

家賃も払わない生活なのにです。

私たちは、たぶんそうはならないでしょうね。
私たちに、そんなに先はないし、そこまで見届けることも出来ないと思うから。

それから、我が家は豊な暮らしではなく、こうして援助したお金は、汗水たらして働いた老後のための資金です。
娘のためなら、出せるお金ですが、他人にはもう限界です。
同じでも、違いうようです。。。

投稿: ちるみ | 2015年5月26日 (火) 17時11分

チングルマさんへ

きたろうは、カラスでさえお友達だと思ってるようです。
怖がりもしないもの。
カラスって、私は怖いです、威嚇されたことがありました。
カラスって、利口で家族は仲良しみたいですね。

だけど、私は嫌い!
きたろうに、言い聞かせたけど、分かってくれたかな。

ミーちゃんが、お隣にいたら、きっと会いに行くと思うよ。happy01

投稿: ちるみ | 2015年5月26日 (火) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夫が婿に電話をしました・・・・物語 | トップページ | 亀のごとくの足取りで 進むことしかできない・・・・・・ »