« ご近所の紫陽花の花 | トップページ | どうしたらいいんだろう・・・・・ »

娘に甘いでしょう・・・・そのうち返してもらうよ

厚い雲だけど、明るくなってきました。

雨は?

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 

私のブログを読んでいて、変だって思うことあるんじゃない?

大人になってる娘に、親が翻弄されて、どういう子よ~~って、普通に思うよね。

私が、読む側だったら、ほっとけば~って言うかもしれない。

そうよね・・・・私って甘い親なのかもしれないね。

 

息子が生きててくれたらね、嫁に行った娘に、こんなに助けたり援助したりしないよ。

息子も、自慢の子とは言えないけれど、私には優しい子だったからね。

迷惑もかけてくれたけど、全部忘れちゃったわ。

 

夫がね、娘に貯金は使われてしまうぞ!

なんて言うほど、結婚してからも助けてきました。

まぁ、援助しなかったら、とうに路頭に迷うような生活、孫可愛さに盲目になってしまったのね。

今にして思えば、これが間違っていたのかも・・・・・反省しています。

 

Img_0698


                                                                                                       

娘って、どこって取り柄のない普通の子、普通のお母さんです。

結婚相手が普通の人だったら、たぶん、何事もなく添え遂げられたでしょう。

欠点のうちの一つは、男を見る目の無さ(?)ですかね。

これには、頭を悩まされました。

 

甘い親だけど・・・・・

どのみち、お金は残しても娘に行くんだし、要るときに使ってもいいとは思っています。

家も、残るものですしね。

何時かは一緒に暮らして、目一杯お世話をしてもらうんだから、内金という解釈でも・・・・・・・・・打算あり?

 

私たち母娘は、昔から友達親子でした。

これからも、そんな形を続けていくでしょうね。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

|

« ご近所の紫陽花の花 | トップページ | どうしたらいいんだろう・・・・・ »

日々」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

いいですね。友達親子なんて。
仲が良くて羨ましい。。。

ちるみさんの「甘い親」よくわかります。
わたしもそうですから。
甘い親っていわれてもいいじゃないですか。。
親だから出来るのです
他人様にはとっても出来ませんよ。

私も 今老体に鞭鞭打っ働いているのは
ズバリ娘のためです
自分達の楽しみではなく
娘達に少しでも残してやりたい・・その
一心です。

子供はちゃんと見ているものですよ。
ある日 娘が言いました。
「親って子供のためには自分を捨ててでも守ってくれる存在と当然のように思っていたけど
そうでない親もいる事がわかった」と
社会に出た時に言いました。

私は娘にしてやっても返して欲しいとは思っていません。
自分がしたように娘はまた自分の子供達を可愛いがればいいだけの話ですから。。。

投稿: チャッピー | 2015年6月14日 (日) 19時34分

こんばんは。

うちはね、年をとってから授かった子供なので、主人が甘い甘いお砂糖の様に甘い父親です(笑)
私はそれなりに怒ったり喧嘩したりと、普通の母親じゃないかしら、、、
でも娘もそれなりの歳になったので、怒ったり喧嘩する事も少なくなりました。
でもね、子供は幾つになっても子供ですもの、、、私だっていざという時は子供を守りもするし、かばいもすると思いますよ。

投稿: かのこ | 2015年6月14日 (日) 21時23分

「後から考えたら間違っていたかも」

なんて事私なんか数えたら大きいのから小さいのまでい

くつ有ったか、考え出したら頭を抱えて生きた心地もし

ませんよ。でもみーんなあっちの遠くの方へほかってし

まって忘れた事にしています。

元に戻るならいっぱい考えるけど戻らないものね、とて

も心残りで残念な事だけど。

その度仕切り直しです ! <ため息つきながらね>

投稿: チングルマ | 2015年6月14日 (日) 21時42分

子育てには、反省が沢山ありながら、今となりましたわ^ ^過去には戻れ無いし。
何が良い育て方かは、子達が、最期にか分かる。然し、こちらは、既に多分い無いですわ。お嬢様が、見る目が無かったかもしれ無いけど。若くして、結婚したら変身すると見抜く女性は中々い無いですよね。何でもマイナスだけでは無いし
お勉強だから^ ^ 何事も無い人生は無いですもんね。結果良ければ全て良し^ ^
ご両親が今回は、力貸してあげれるし
お嬢様、お幸せになれますよ!

投稿: うふふ^ ^ | 2015年6月14日 (日) 22時15分

ちるみさん、こんばんは!

今月の30日で63歳になります・・この歳になると、おめでとうと言われても嬉しいよりは気恥ずかしい感じだよね。(笑)

私はちるみさんと違って娘には甘くなく厳しい方かな・・私は末っ子で母親っ子だったのに21歳の時に母を亡くしたせいで、あまり甘える事も出来なかったのよね。

そのせいか自立出来ずろくに働きもせずにパラサイトしている娘と対立し一緒に住んでるのも嫌で家を出させて長女とは一時期、絶縁状態でした(夫は甘かったので私に内緒で連絡は取り合っていた)が結婚を機に徐々に元通りになっていった感じかな。

まあ今は孫を通して長女とも少しずつ良い関係になれたかも知れませんね。

まあ母と娘の関係って難しいですよね・・娘でも相性が有りますし大人になると女同士の意味合いも強く出て来ますからね。

ちるみさんの所は友達関係の様と言うのはある意味、理想ですよね・・羨ましいですね。

早く娘さんに平穏無事な日々が訪れると良いね。

投稿: ホワイトタイガー | 2015年6月15日 (月) 00時45分

チャッピーさんへ

ずっと友達親子でしたね。
良く二人で、話してきました。

私の場合は、どうしても一人きり、甘やかせてしまいました。
もう十分に大人、早い人なら孫もいる年齢ですよ。
それでも、親を頼る娘です。

老後は一緒に暮らすつもりでいるから、面倒は見てくれるでしょうね。
1人暮らしをするには、遠すぎますもの。

チャッピーさん、まだ現役で働いていらっしゃるのね。
素晴らしい!
娘のために・・・偉いね~~。

投稿: ちるみ | 2015年6月15日 (月) 19時54分

かのこさんへ

甘いお父さんでしたか・・・・
我が家はね、父親には数歩離れている、そんな関係でした。
一緒に寝たこともないですよ。

子供は子供、そうですね。
いくつになっても、子供だという目で見ています。
助けるところは助けたい、そう思うけど・・・悲しい思いもしますよ。
親を安心させてくれる娘、そうなってほしいけど、思うようにならないですね。

投稿: ちるみ | 2015年6月15日 (月) 20時02分

チングルマさんへ

ホントね~~~後から反省、あるよね。
まぁ、今までの私のここまでの年月、反省ばかりの日々でしたよ。
全く、自慢できることは、一つもありません。
忘れることで、臆面もなく生きてきましたね。

子育てもそう!
もっとあーしていれば、こーしていれば思います。

その結果、今、苦労させられているのかしらね。

投稿: ちるみ | 2015年6月15日 (月) 20時10分

うふふ^^さんへ

娘には、幸せになってほしいですよね。
なにしろ、血を分けたたった一人の子供だもんね。

子育ては、あまり上手ではなかったかもしれんわ。
今、娘を見てるとそう思う。
もう少し、強い子に育っていたら、ここまで苦労しなかったね。
それと、男を見る目。
そりゃ騙されることもあるけど、娘の場合は酷過ぎです。

普通に幸せな市民、それが理想だけど、どうもよけてきたみたいで・・・・。

娘を救う、頼りないけど頑張ります!
私たち親の最後の子供孝行です。

投稿: ちるみ | 2015年6月15日 (月) 20時21分

ホワイトタイガーさんへ

まだ、若いじゃん、3つも違うのよ。
お誕生日は、嬉しいという年齢じゃないけど、がんを患った身としては、大事な記念日と思っています。

私も、娘には厳しく育てるべきだったと、今になって思うのよ。
理解しすぎる母親、それがいけなかったのかも・・・。
ホワイトタイガーさんは、それでよかったのよ、親が一緒に厳しくしちゃいけないけど、父親は優しかった、それがいいのです。

今は、孫も出来て、娘さんも親の気持ちが分かって来てるんじゃない?

私と娘は、相性がいいほうかもしれませんね。
ケンカもするけど、たぶんお互い一番話しやすい友達と思っていると思う。

友達少ない人だから、家族で間に合わせてるのよ。

投稿: ちるみ | 2015年6月15日 (月) 20時38分

こんばんは
つらい事が続きますね
こんなブログを見つけました
役立つかどうか???ですが
http://sinsd.com/index.php?QBlog-20150520-1

投稿: 光子 | 2015年6月16日 (火) 20時59分

光子さんへ

ありがとう。

紹介のブログ、見に行ったのですが、それブログじゃなかったです、
英語ばかりで・・・・

でも、ありがとうございました。

投稿: ちるみ | 2015年6月17日 (水) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご近所の紫陽花の花 | トップページ | どうしたらいいんだろう・・・・・ »