« これからの治療方法の選択は・・・・難しい | トップページ | ~~~と言うことで、大須へ »

食事の苦労&生きるのに積極的です

今日も朝の内、調子がいいとは言えなかったけれど・・・・・

夫は、会社勤めの頃からの友人と、会う約束があったので、一応準備をして待っていました。

出かける時間を遅くして、体調を整えお出かけ。

用事は、連れて行ってもらっただけで終わったの、お世話かけっぱなしです。

 

終ってから、我が家に電話がきて、昼食は一緒でってことに、まぁ、量も食べられない夫には、私が必要だね。

近所のうどん屋さんへ、行くことに決まました。

 

Img_0905


熱々の「味噌煮込みうどん」をいただきました。

写真は・・・・・気が付いた時は食べ終わっていたのよ。

夫も、美味しく食べられたよう・・・・それでいいのよね。

詰まっても困るけど、栄養が摂れなきゃもっと困る状態です。

 

 

夕食は・・・・・・・・

 

Img_0912


「鯖の味噌煮」です。

油の乗りの悪い、真サバ・・・・いまいちだったわ。

 

Img_0910


昨夜の残りの、「糸コンの入っていない肉じゃが」の菜花添え。

 

朝はね、ダメだって言われてるのに、「お雑煮」お餅一つをいただいたのよ。

何でもない、ほうれん草と蒲鉾が入ってるお雑煮に、黒豆と鰹節を入れたのが、夫の思い出というか、故郷おふくろの味。

お正月だもの、食べたかったんですよね。

幸い、大腸の方は大丈夫だったんですよ。

 

栄養と消化、夫の場合は繊維質の強いものはダメ、野菜は、そのまま排泄されるようです。

魚とお肉で攻めますよ。

100gでもいい、太って欲しいからね。

 

主治医と相談、許可はいるけれど、夫は働くことを望んでいて、私に反対に回らないで欲しいと言っています。

通勤さえできれば、仕事は座っているだけでも出来ると言う。

私には、反対など出来ないわ。

死ぬ前日まで仕事をしていたい、それが希望なんですよ。

ピンピンコロッ、理想ですよね。

 

明日は、ボウリング場に顔を出すそう。

まだゲームは無理かも・・・・でも、みんなに会いたいみたいです。

 

今日の一枚は、チャイコフスキー・・・・・(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

|

« これからの治療方法の選択は・・・・難しい | トップページ | ~~~と言うことで、大須へ »

夫のS状結腸がん」カテゴリの記事

コメント

ちるみちゃん

ご主人体調良い方向に戻ってきたようでよかった~。です

前向きに生きるって重要なことですよね。
私はいつもマイナス思考。
オットに私との違いを時々指摘されます

ちるみさんご夫婦は、ご自分の位置?
をしっかり理解していて実行。
尊敬します。

仕事、ボーリング、それに音楽。
日常が戻って。
一安心。

良かった。

投稿: 桂 | 2016年1月 7日 (木) 05時22分


余命の宣告なんて
塗り替えちゃえ!!

あなたのご主人ならできるよ。

私も応援します!

投稿: 桂 | 2016年1月 7日 (木) 09時25分

先日は失礼しました。

ご主人様、体調が良くなってこられてよかったですね。我が事のようにうれしいです。
自分の人生に真正面から向き合って生きていらっしゃる。素晴らしいです!

食事も大変ですが、やはりやりたい事を思う存分やれることが免疫力向上につながっていると強く感じています。

余命なんて、最悪のことしか言いませんから大丈夫ですよ。
明るく、前向き、が一番のお薬です!

投稿: かたくり | 2016年1月 7日 (木) 09時58分

ちるみさん、お食事気遣いながらお疲れ様です。
ちるみさんパパらしい決断でございますね!婿にもパパは毅然と決めました。やはり立派なお方です。昔、大学病院で男性が泣き椅子を蹴ってました。それもありですが、毅然となさってるちるみさんパパは、素晴らしく感じます。お仕事、ボーリングもなさるとおっしゃるご主人様。流石!ちるみさんのパパですね。
肉じゃがの菜の花季節感あり素敵です。お料理上手なちるみさんだから、食は、楽しませて下さいますよね。ご主人様、お仕事、ボーリングの為にも、お身体お愛い下さりながら美味しくお召し上がり下さいませ。ちるみさん頑張れ!

投稿: うふふ | 2016年1月 7日 (木) 11時04分

ちるみさんこんにちは。 お久しぶりです。

去年あれから夫が入院したり返したりでコメントを書く

気になれなくて。でもずーと読ませて頂いていました。

インフルや肺炎予防やしっかり色々気を使っていたのに

アッと言う間にガタガタと。「御守り」も何も何の役に

たたなかったねーと・・・・。

でも今ここに帰って来られ

「皆に守られていたんだ。病院の先生や看護師さんや大

切なお薬など人や物にも。恨んだりしてすみませんでし

た。そして有り難うございました」と言う気持ちです。

そして人間て意外と強いんだと気付かされました。新し

い御守りも頂きました。

ちるみさんのご主人様も正念場ですね。ちるみさんが前

向きでご主人様をしっかり支えていらっしゃるのが私の

支えでもあります。今年も宜しくお願い致します。

投稿: チングルマ | 2016年1月 7日 (木) 12時08分

桂さんへ

日に日に、体力は少しだけだけど、ついてきたように思います。
食欲もあるしね、

夫は、何もしないでいると病人になってしまうから、気力を持つためには仕事も必要だって言うの。
幸い、週1~2回でもいいって言われるし・・・。

ボウリングは、すぐには無理だけど、かかわっていたいみたい。

余命ね~~~これはあってないようなもの。
気にしちゃいけないね。

投稿: ちるみ | 2016年1月 8日 (金) 09時48分

かたくりさんへ

実はね、夫はかたくりさんのコメントを読むまで、緩和ケアーっていう治療を知らなかったんです。
少し、気にしておりました。
経験者の言葉だから、重みあったしね。

でも、まだ普通に生活が出来ています。
まだ、大丈夫だと思うんですよ。

今は、生きることに積極的です。
一端辞めると言った仕事も、2月からは行くと言ってるし、そんな職場ですからね。

ありがとう、これからもよろしくね。

投稿: ちるみ | 2016年1月 8日 (金) 09時54分

うふふさんへ

やっと、日常が戻ったと言うことでしょうか。
食事も普通に食べられるようになりました。
もちろん、量は少ないけれどね。

足の方も、よろよろしていたけど、力がついてきました。

しばらくは安泰ですね。

私の料理など、たいしたことないけど、一人だと作る気もしなかったのに、夫が帰ってきたら作るんだから・・・・家事が嫌いなことバレバレです。

ありがとう、もうしばらく夫婦不随で頑張ります。

投稿: ちるみ | 2016年1月 8日 (金) 10時00分

チングルマさんへ

あらら。
大変なことを乗り越えていらしたんですね。
時期的にも我が家と重なって・・・・

どうぞお大事になさってくださいね。
大病をすると、体力は中々もとに戻らなくて、感染にも弱くなっています。
夫も、気をつけないとね。

私は、アホみたいに病気を受け入れています。
闘うんじゃなく、共存です。
そのなかで、奇跡おこらないかな・・・なんてね。

夫は、多分信じないと思うけど。
先が真っ暗なんて嫌ですよ・・・・。

投稿: ちるみ | 2016年1月 8日 (金) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これからの治療方法の選択は・・・・難しい | トップページ | ~~~と言うことで、大須へ »