« 「大須骨董市」かなり面白い場所でした | トップページ | 「牡蠣定食」 我が家にぴったりランチ♪ »

我慢・・・・・・・・・なんだかなぁ~~

昨日、仕事から帰ってきた夫が、私に伝えました。

「3月いっぱいで、仕事を辞めることになった。」

仕事は、何時辞めてもいいと思っていたんですよ。

夫が、最年長だと言うし、経験等何も認めてもらっていないし、仕事内容の割に給料は安いしね。

本人は、社会と繋がっていたかったと思うけど、治療より優先しなければいけないなど、私としてはやりきれない思いをしていたんです。

辞めてくれた方が、私としては良かったです。

 

夫が、その時、ぽろっと言ったんですよ。

仕事の代わりに、何か生きがいを見つけないと・・・・と。

え~~~!!

夫婦一緒に旅行など楽しんだり、孫に頻繁に会いに行ったり、それは生きがいにつながらないの?

 

向こうと同居しようなんて、もう言わないよ。

ゆっくり滞在して、娘や孫と暮らす日々は、楽しいと思わないの?

行っても、一泊で帰るって言うんだからね。

 

雪が降らなくなったら、家の修理に取り掛からなきゃいけないし、私は通わなければいけないのよ。

「行くことに反対しないよ、行きゃあいい。」

手伝ってくれる気はない様です。

 

私は、確かに今でも行こうと思えば行けます。

ただね・・・・・・病人を置いていくのは、何かがあっても対処できないし、気にかかりますよね。

この頃の夫は、ロキソニンを常に飲むくらいの痛みがあります。

ストーマ痛だと言ってるけどね。

 

一緒に、行ってくれるだけで、何もしてくれなくても気楽なんだけど・・・・・

解ってはくれません。

なんだかなぁ~~~~夫は、私の我儘だと言うけれど。

旅行だって友達といけばいい、孫のところへも行ってこい、行っちゃいかんと言ったことはないと。

この夫の融通の利かなさを、私、ずっと我慢していかなければいけないのかしら?

そういうと、自分も我慢してると返してきますけどね。

 

とにかく、何をしようにも、一緒に行動してくれない夫に、この先の行動が縛られてきます。

石川と愛知を、行ったり来たりでてんてこ舞いなんて、私は嫌ですよ~~。

我慢しろって・・・・・・なんだかなぁ~~~。

 

Img_1026


夫の後ろ姿です。(大須にて)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                              

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

 

 

|

« 「大須骨董市」かなり面白い場所でした | トップページ | 「牡蠣定食」 我が家にぴったりランチ♪ »

日々」カテゴリの記事

コメント

背中が伸びてシャキッとしているご主人。

少し気持ちが丸くなってくれるといいのにね。


投稿: 桂 | 2016年2月26日 (金) 17時27分

一応、◯行こう〜^ ^◯食べたいから一緒しましょう^ ^とお誘いして、行きたく無いって言うなら仕方ないよね。つまんないけど変わらないなら仕方ない。
お嬢様の為、パパの為と、ウルトラ良妻賢母なのよ、ちるみさんって。
自覚無しでしょ。いくらお身体心配でも居ない時、、とか考え無いで下さい。
ちるみさんも自由にして欲しいわ。
私は、多分悪妻ですよ、金食い虫だし。専業主婦でお稽古好きに遊び、夜もお昼も遊びました。子供も構わないしね。
然し!ママが死んでも家族は楽だわと娘が言う。やったね!ママ苦労させて可哀想な人生だったなんて子や夫に思わせ無い私は、良い奴なんだよ。
ちるみさん、パパはちるみさんが友人と遊びに行っても旅しても、多分良いって言うわよ。どうか遊びに出て下さい。
ちるみさんには、姉妹みたいなお友達いらっしゃるのに。女友達や友人達とも私は旅したよ。夫お仕事、子供学校でもね。私の個人の時間も大切だったわ。
大丈夫子供は、そこそこ大丈夫^ ^に勝手に育ちました。パパを心配しないで、息を抜いて下さいな。パパも楽かもしれないよ。良い女房で悪いな我儘でとは、思ってらっしゃいますよ。^ ^ 今から不良妻して下さい。本気で言ってます!

投稿: うふふ | 2016年2月26日 (金) 18時11分

ちるみさん、こんばんは。

こんな事を言っては何ですが、ご主人様の生き方に対する価値観は世の夫たちとは少しずれてるみたいだね。

まあ大体は定年後に仕事を辞めたら夫婦で旅行に行ったり孫の顔を見に行ったりが普通になって来るよね・・夫婦で色んな楽しみを共有出来ないのは虚しいね。

今さら70歳、過ぎて性格を変えろって言っても難しいし、ご主人様は女の気持ちを解ってないですね。

かと言って病持ちの夫に無理強いする訳にも行かないしね・・ちるみさんも割りきってご主人様には期待しないで自分中心に行動するしか方法は無いかもしれないね。

でも、そうなると夫婦って何なのよ!って言いたくなるよねぇ・・・ホンとに何だかなあだよね。

その点、私は幸せ者だと思います。スミマセン!

投稿: ホワイトタイガー | 2016年2月27日 (土) 00時47分

ちるみさん、こんにちは。

ちるみさんのご主人と我が夫は年が近いと思います。

一回り以上年が離れている私達。
今や妻と言うよりも元気な介護人状態ですよ、目薬さえ一人でさせないので、
どこに出掛けても昼までに帰宅をして1日4回世話をしています。

何かこれから学ぼうとか、努力しようなんて気持ちはさらさらないみたいです。

この記事を拝読して
ちるみさんの我慢あるのみ。
そう呟いて、私も我慢あるのみ^^;

力強い包容力があるから
ご主人はちるみさんに甘えられるのだと思うの。

寄り掛かれないと気付いたら変わるかもしれないけど、
それだけ力強い存在なのだと思います、ちるみさんが。

ちるみさんのご苦労を想像して
首降り人形のようにうなずいてしまいました。

ただ抱え込み過ぎて爆発しそうになるのはダメだと思うので、
その前に息抜きをなさってください、どんな形でも、ちるみさんの息抜きは忘れないでね。

ご主人様の子守!頑張って下さい、
私も頑張りますよ。

投稿: 菜菜 | 2016年2月27日 (土) 13時06分

こんにちは。

うちも主人とは10才も年が離れています。
勿論物の考え方は全然違いますよ。
でも今まで連れ添ってこれたのは、主人は私を、私は主人をと、お互いの思いやりの気持ちだと思っています。
私だってたまにはイラッとしますよ(苦笑)
主人も私にイライラしてると思いますが、長年連れ添ってると自然に流せられる様になるみたいです(笑)
あまり考え込まないで、ご自分の時間も作られてた方が良いと思います。
私も適当にストレスを発散してますよ(笑)
野山に花を見つけに行ったり、空を見上げたりと、、、(笑)

お互いに頑張りましょう!
とにかくあまり考え込まないで下さいね。

投稿: かのこ | 2016年2月27日 (土) 14時53分

桂さんへ

全くその通りです!

家族に丸くなってほしい・・・・

今さら、変わらないけどね。

投稿: ちるみ | 2016年2月27日 (土) 20時16分

うふふさんへ

うふふさんの言うように、思うように行動出来たらいいんだけどね。
相手が健康ならいいのよ。
病気だもの、無理ですよ~~。
何かあったら、その時私がいなかったら、困ったことになるでしょう?
2日3日なら、なんとかなると思うけど、自由なんてそんなものよ。
我慢してる方が楽だと思う。

私は、良妻でも良い母親でもないよ。
好きに遊んでいた時期もある、子供を失ってから特にね。
今は、我慢の時?
そして、時々不満を愚痴を、聞いてもらうだけが、私に出来ることと思う。

夫は変わらない。
これも、私が選んだ道、もしくは運なんだよね。

投稿: ちるみ | 2016年2月27日 (土) 21時05分

ホワイトタイガーさんへ

貴方が幸せだって、私も良く知ってるよ。
優しいご主人様だもんね~~。

夫は、世間の旦那さんとは、初めから違っていました。
何時も自分の事ばかり考え、子供や私のことなど二の次だったと思う。
家事などは、いっさい手伝うこともなく、その頃もボウリングに興じていました。
病気じゃなかったら、今の考えはおかしいと言ってやれるけど・・・・この年で、病気じゃ何も言えないよね。

仕方がないです。
私だけで、できることはします。

私も娘と同じく、男を見る目が無かったのかもしれませんね。
夫の中では、何時も自分は正しくて、私が我儘だと思っていますが、そうなんでしょうか・・・。

投稿: ちるみ | 2016年2月27日 (土) 21時16分

菜菜さんへ

我が家の夫は、73才です。
病気だけど、ストーマの処置は自分でしています。
薬は、私が管理。
若い時の方が手が掛かりました。
今は、最低のことは自分でしてくれています。
そう思ったら、菜菜さんの方が大変かもしれないわ。

家族のことに関しては、協力がないですね。
娘のことも、向こうの家も、すべて私の管轄みたいです。
やるっきゃないですよ。

けっして、包容力があるとは思わないけど、家のことは任されていたから、その延長線にいるんでしょうね。
任せられているんです。
まぁ、このままいくしかありません。

幾つになっても私、ボケられない。
そのための試練?
だったら、笑えますよね。

投稿: ちるみ | 2016年2月27日 (土) 21時49分

かのこさんへ

かのこさんのご主人さんは、娘さんちに何日もお泊りなさるでしょう?
別に用事がなくても、かのこさんと一緒に行くでしょう?
我が家には、それがないんです。
1年か2年に一回、2日間くらいお泊りで行くだけ。
孫がいてもですよ。
私が用事があっても、一緒に行くことはありません。

そんな普通のことに、私はイライラしてるんです。
どうして、家族のことを思ってくれないのでしょう・・・
会話などはちぐはぐだけど、そんなことは、気にしていません。
考え方の違いも認めているんですけどね。

家族に対する感情の差だけは、理解ができないのです。

投稿: ちるみ | 2016年2月27日 (土) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「大須骨董市」かなり面白い場所でした | トップページ | 「牡蠣定食」 我が家にぴったりランチ♪ »