« 練習しています | トップページ | 母の心配の種は・・・・ »

 母がいうには

いい天気~~~sun sun sun

でも、蒸し暑い・・・・・早く梅雨が明けないかな。

 

 

 

我が家はね、長兄は独身だし、次兄は早くに亡くなったし、親族の広がりがないのです。

母の姉妹も、目が悪かったり、寝たきりだったりで、誰かが亡くなっても参列はしないって決めてるんだとか。

それでね、母が言うの。

 

「ちるみ、おかあちゃん献体をしようと思うけど、あんたどう思う?」

寂しい葬儀は嫌だし、献体すれば、手厚く扱ってもらえるんだって・・・。

行きつけの医院で募集しているらしい。

 

「だけどね、Sちゃん(兄)がダメだって言うんだよ。」

Sちゃんだって、もう年だし働けなくなるから、貯めたお金は生活費に使って、葬儀なんかに使わなくてもいいと、おかあちゃんは思うんだけどね。

 

「私は、お母ちゃんがしたいなら構わないよ。」

でも、兄の意見は尊重するけどね。

 

私が、実家に行く時々、遺影はこれを使って・・・・・・旅立ちの衣装は何か探しといてよ・・・・・・。

私に、伝えてくる。

 

 

7月生まれの母は、今月で96才。

掃除、洗濯、料理、買い物、すべてこなしているけれど、先が長いとは思えない。

一日生きることは、一日死に近づいてるんだよね。

 

その時に慌てないように、NHKなどでも紹介していた「小さなお葬式」「家族葬」など検索しています。

我が家には、父や次兄が埋葬されているお墓があるのよ。

母も、ここで暮らすべきだよね。

 

優しいけど、頼りにならない兄を助けるべく、しっかり者の妹は忙しいです。

 

でも、そんな日、永遠に来ないことを願いたいわ・・・・・ 

 

 

 

Cocolog_oekaki_2016_07_14_15_07


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

 

 

 

|

« 練習しています | トップページ | 母の心配の種は・・・・ »

日々」カテゴリの記事

コメント

我が母は60代で施設の勧めがあり献体登録。
来週末に99歳ですが未だ役に立っていません。
私も賛同して自分も献体登録しました。
葬儀を希望しないので遺影は要りません。即献体します。だって皺くちゃなんだもん。
私の身体はサイボーグのようなので、医学生がビックリするのではないかと、今から楽しみにしています。
解剖室の入口に「ここでは死者が笑いながら教えている」という意味のドイツ語の表示があります。私にピッタリだと思っています。

投稿: ukumusi | 2016年7月14日 (木) 21時56分

こんなおバカでも お役に立つなら
検体しようかな

私は葬式はどうでも良い派

なるべく静かに消えたいです

投稿: ぬぅ | 2016年7月15日 (金) 03時35分

ちるみさんおはようございます♪ 東京は弱い雨が降っています。 私は、余命宣告された時に、亡くなった後は焼くだけだから、使える臓器などあれば、角膜なり何なりと使ってくれと担当医に伝えてあります(笑) 今後の医療に役立つなら解剖、検体提供もやると書面に記入して渡してあります(笑) 肺癌、乳ガン、キャッスルマン病なんて重なった人はいないみたいですから(笑) 旦那や息子には「リサイクルだね~」と言っていましたが、むすめは、部屋に籠もって泣いていました。 産みの母を亡くし、次の母が、こんな自己中心な奴で情けなくなったのかな?でも、私は、まだまだ元気!何十年後の事だと思いたいですからね~♪ もっと、検体とか普通に選択出来たらいいのにと思えてなりません。

投稿: みゆ | 2016年7月15日 (金) 08時10分

ukumusiさんへ

99才、お元気ですね~~。
私も、母が希望するなら構わないと思うけど、兄は反対しています。
普通におくってあげたいようです。

結局、お葬式は残された親族のためのもの。
その希望も大切だと思います。

もう少し、話し合わないと結果がでません。

ukumusiさん家族は、皆さん賛成なんですね。
それは、頭が下がります。

投稿: ちるみ | 2016年7月16日 (土) 08時51分

ぬぅさんへ

私もね、お寺さんに何も思いがないです。
暖かくおくってあげたい・・・とは思うけどね。

母の希望は、兄の反対で多分無理。
父と一緒に、お墓に入ることになるでしょう。

私は、どうしようかな・・・・・
献体は、いまいち決断出来ないわ~。

投稿: ちるみ | 2016年7月16日 (土) 08時56分

みゆさんへ

みゆさんは、実にさっぱりした方なんですね。
大きな病気をしながらも、家族的には幸せで、そこが素敵です。
娘ちゃん、優しい子ね。
みゆさんのこと、本当のお母さんのように大切にしてることが、言葉の端々で伝わりました。

リサイクルは、でも悲しい例え。

まぁ、すぐってことじゃないもんね。
娘ちゃんがお嫁に行って、孫を抱くまでは、何があっても負けたりしないでね。
あなたは、元気でいなくちゃダメなんですよ。

投稿: ちるみ | 2016年7月16日 (土) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 練習しています | トップページ | 母の心配の種は・・・・ »