« お気に入り、テレビドラマです♪ | トップページ | 初めが肝心・・・・大人げなく仕返しされたのね »

お義姉さんとの最悪な出会い

優しく気遣いをしてくれる、広島のお義姉さん。

私とは一回り違う、とてもきれいな女性です。

 

 

 

私たちの出会いは、ひどく惨めな瞬間から始まりました。

娘が生まれて4か月頃のお正月、夫が親しくしていた喫茶店のママが子供と一緒にお年始に来られていた、その時です。

いきなり、チャイムが鳴りお義母さん、お義姉さんとその息子が、狭い玄関先に立っていたのです。

我が家は、とっても貧しくて6畳と台所だけ、お茶を出そうにも湯呑はママと子供に使っていました。

その上、結婚したとはいえ、私はまだ精神的に大人になっているとも言えず、気の利いたセリフも話せません。

結果的には、ママと話していて、無視をした格好になってしまっていました。

お義姉さんたちは、狭い空間に黙って座っていました・・・・・・。

 

 

私はずっと、知らせもせずいきなり来るとは、なんという人たちだろうと、内心は思っていたのです。

だって、知らせてくれていれば、湯呑もお菓子も用意できます。

貧しくても、それくらいは出来ました。

 

後に知ったことですが、夫は知っていて私に話していなかったんです。

お義姉さんには、初めて会うというのに・・・・・・しかも、夫は留守。

 

お義母さんは、夫に告げ口をしました。

 

「お茶も出さなかったのか!」と言いながら、頭をコツン。

湯呑など、2つしかないことを知っててですよ。

 

私たちは、結婚式をあげていなかったから、嫁いでいたお義姉さんには会っていなかったんです。

この日から、私たちの関係は微妙に・・・・・お義姉さんとお義母さんは、よく悪口を言っていたそうです。

ありだな・・・・・・・(笑)

 

 

もう、何を言われても揺らぐ年じゃなくなったけど、昔はね、私もしおらしかった。

言いたい言葉を、みんな胸に仕舞いこんでいたの。

その結果、素直過ぎた私が、したたかな強い女に生まれ変わったかな?

 

 

Img_1555

 

きたろうには、お手伝いさんであり、遊び相手であり、家来であり・・・・・

お母さんでありだねheart04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

|

« お気に入り、テレビドラマです♪ | トップページ | 初めが肝心・・・・大人げなく仕返しされたのね »

日々」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私も若い時は義弟の奥さんとよく喧嘩しましたよ(笑)
今はお互いに歳をとって来てますので、良い話し相手になってます。
いろんな事があってお互いに分かり合えるんだと思います。

きたろう君可愛いですね。
うちのおでぶちゃんによく似ています。
スローだけどおいたは激しいですよ(笑)

投稿: かのこ | 2016年8月28日 (日) 16時32分

ちるみさん こんばんは。
それは、御主人が酷いと思います。
ちょっぴりの思い遣りが欲しかったですね。
頭コツンは、御主人に! ですよ
消えない思いですね。
ちるみさんは、ご苦労されていたんですね。
明日の朝は涼しいらしいです。
風邪をひきませんように。

投稿: 風知草 | 2016年8月28日 (日) 22時27分

わたしも同じような経験があります。

夫の母が突然夫の留守にやってきて何時間も居座ったんです。生まれたばかりの孫見たさとはいえ、常識をかいています。わたしも休みたいし、しなければならないことがたくさんあるというのに。

たびたびの奇襲に、わたしは精神的にまいってしまいました。義母がわたしに大量の生鮮食品を手渡すときに、アンタとちがってうちの子はたくさん食べるんだからね、と言われてキレました。

義母が帰るときに持ってきた食品を、全部ありますからいいです、と言って持って帰ってもらったんです。
それ以降めったに来なくなりました。
お茶もださなかったのか、と夫に言われたことももちろんありました。遠い日のことですが。

投稿: はる | 2016年8月29日 (月) 10時12分

かのこさんへ

おはようございま~~す♪

台風は、どうですか?
心配してるでしょうね。

私たちは、遠い所に住んでいるので、会うこともほとんどないけどね、お義母さんが亡くなって、ご主人が亡くなって、気が弱くなったのでしょうか。
最近は、静かなお義姉さんになったような・・・義姉のことは夫も、嫌っていたんですよ。

きたろうも、褒めることはしないですね。
でも、どこか抜けていて・・・そこが可愛い。かのこさんの孫ニャンは、ハンサムボーイだよね。 

投稿: ちるみ | 2016年8月30日 (火) 06時17分

風知草さんへ

おはようございま~~す♪

私も、本心はすべて夫の責任だと思っています。
思いやりなど全くなくて、私は惨めな思いをたびたびしていました。

湯呑だってね二つ、お皿も2枚、お茶碗も2個、それしかない家で、大勢を向かい入れるなんて無理だったんですよ。
家財道具は、雑巾1枚まで私が貯金で買いました。(21才の頃)

苦労はありましたね。
辛い思い出も、いっぱいです。(笑)

投稿: ちるみ | 2016年8月30日 (火) 06時26分

はるさんへ

おはようございま~~す♪

鬱陶しいお義母さんだと思うけど、お孫ちゃんがそれだけ可愛いかったんですね。
我が家は、幸いにして義母が住んでいたのは本州の先っぽ、島根県の山口側ですから、一年に一度くらいしかこれなかったけど。

食べ物を持ってきてくれるなんて、そこはうらやましくなりました。
一日300円が、我が家の家計、お肉でも100グラムがやっと、ほとんど買えませんでした。
厚揚げとか、昔安かったクジラのベーコンがメインだったんですよ。

私は、娘の面倒を見ながら、終日ベビー服に刺繍をする内職をやっていました。
私の服どころか、娘の服も買ってやれない時期、どん底の貧しさの中で、お義姉さんが来たんですよ。

まさか、ご飯茶碗でお茶を出すわけにもいかんじゃん?

投稿: ちるみ | 2016年8月30日 (火) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お気に入り、テレビドラマです♪ | トップページ | 初めが肝心・・・・大人げなく仕返しされたのね »