« お義姉さんとの最悪な出会い | トップページ | 薬の副作用確認で診察ありです »

初めが肝心・・・・大人げなく仕返しされたのね

昨日のブログ記事、私の後味の悪い思い出としては分かるけど、お義姉さんがどう思っていたかは伝わらないですね。

だから、その翌日の出来事を書いておこうと思います。

 

 

お義母さんは、もともと名古屋の生まれで、我が家から歩いて行かれるところに在所があり、弟家族が住んでいました。

こちらに出てくるときは、そこに腰を置ちつけ、我が家には寄るという感覚です。

 

次の日は一人で来て、私を叔父の家に誘うのです。

夫に連れられて、何度も行ったことがある家だけど、私は親族じゃないし、家人以外は知らない人ばかり。

人の出入りも多い家で、はっきり言って落ち着かない、行くのは嫌やと心の中で抵抗していたけど、行きたくないなどと言えるわけがありません。

仕方がなく、せめてもの抵抗と、おむつを持たずについて行きました。

おむつが無かったら、長居をせずに帰って来られるだろうと思ったのです。

 

叔父の家に着いたとき、ダイニングを仕切るふすまの向こうに、お義姉さん親子がいたのだけど、私が居る間、一度も出てきませんでした。

帰りたい、帰りたい・・・・・・・・・そう思いながら2時間ほどたちました。

 

娘がおむつを濡らしたのを幸いに、

「お義母さん、おむつが濡れちゃったから、もう帰ります。」って言ったんですよ。

そうしたら、お義母さんが「さーちゃんに貰えばいい。」って、お義姉さんに声をかけたの。

ふすまが、20センチほど開いて、紙おむつが投げられ、ふすまがピシャンと閉められました。

お義姉さんも、年が離れた赤ちゃんを産んでいて、その子が娘と同じ年だったんです。

またまた、1時間ほど延長・・・・・・です。

泣きたかった!

 

ここまでが、出会いの一部始終です。

 

  

この時のことを、30年ほど過ぎた頃、お義姉さんに話したんですよ。

「嘘よ~~私、そんなことしないわ~~」ですって。

もちろん、したんですよ。

 

こんな事がなかったら、きっとお義姉さんとうまくやっていかれたと思うけど、それは、ずっと後で分かったこと、初めが肝心なんですよね。

 

 

 

 

Img_1556

きたろうとは、会った瞬間からビビっときたよ。

フィーリングぴったし!

 

だから、噛みつかれても許しちゃう・・・・・

されたことなど忘れちゃう。cat

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« お義姉さんとの最悪な出会い | トップページ | 薬の副作用確認で診察ありです »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お義姉さんとの最悪な出会い | トップページ | 薬の副作用確認で診察ありです »