« 今夜は、夫に我慢してもらって家に帰りました | トップページ | 良くなった?   いいえ、病状は悪化してる・・・・・・ »

しばらくは通いになりました・・・・大部屋に移動

寒い朝です!

寝ても寝ても眠い朝です。

 

 

昨日は義妹が、甥・姪と一緒にお見舞いに来てくれました。

優しい心遣いが嬉しい、夫もほとんど話もしなかったけど、最後にお礼が言えたんですよ。

嬉しかったのでしょうね。

 

Img_20170205_122916

日曜日は、病院付近のお店は休みになってしまうので、代り映えしないけど喫茶「のり蔵」で。

今日も、義妹がお支払い・・・・・

「家族みんな働いてるから。」って。

我が家は年金だけ、お言葉に甘えました。

 

 

昨日は、朝病院に着いたら、ナースステーションの中で食事介助の方たちと一緒に朝ご飯を食べていました。

1~2口程度ですが。

 

私を見たら、開口一番「はさみを探してる」と。

「何に使うの?」

どうも、手首に付けている本人識別のテープが気になるようです。

それを切るために使うらしい、角にこすりつけたり切るために出来そうなことをしているけれど、無理だと思ったのね。

 

ユニクロへ行って、ズボンを買ってきてほしいとも。

 

今は、体中に注射のコードや心電図のコードが付いていたり、オムツ着用なので、短い着物型のを着てるんですよ。

それが、開いてしまったり、寝てて捲れ上がるのが気になる様子。

看護師さんに言って、パジャマ型に変えてもらいました。

もう、言わなくなるかしら?

 

 

3日間、無料の個室を使用させてもらっていたけど、夫より必要な患者さんがいると言われ、今日から大部屋に移動になりました。

こればっかりは、仕方がありません。

夫は、ヨロヨロだけど歩けるし、大部屋でいけると判断されたようです。

私としては、しばらくは付き添いはできないけど、悪くなれば再び移動もあり得るので、その時まで体力を温存しておきます。

毎日、通いながら様子を見に行くことになりますね。

 

どんな形であれ、今は病院で看てもらってる方が、私としても有り難いです。

波のように感情の起伏もあり、おとなしい時もあれば怒るときも、一人では対処できません。

看護師さんには、笑顔も見せるんですけどね。

 

あんなに好きだった、猫の話もまったくしなくなりました。

頭の方も、少しずつぼやけているよう・・・・・・・

いつか、私のことも忘れてしまうのかしら・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

                                                 

 

 

|

« 今夜は、夫に我慢してもらって家に帰りました | トップページ | 良くなった?   いいえ、病状は悪化してる・・・・・・ »

夫のS状結腸がん」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ブログ更新ありがとうございます。
ご主人はちるみさんを忘れたりなんてしませんよ。
ふたりで笑いあえる日がかならずやってきます(^^)
これからも応援しています。

投稿: | 2017年2月 6日 (月) 08時23分

チルミさん、おはようございます。

優しい儀妹さんですね。
こちらも嬉しくなります。
ご主人様は大部屋に移って頑張っておられますね。
チルミさんの事を忘れるなんて決してありませんよ。

応援してます。

投稿: sakurako | 2017年2月 6日 (月) 10時47分

看病は本当に大変ですね。

ご主人の辛さは図り知れませんが、
看病するものの疲労は相当なものですね

ご主人には、お医者さんも看護婦さんも付いています。
どうかどうか、ご自愛ください。

投稿: ありさ | 2017年2月 6日 (月) 11時29分

大部屋へ移られるほどに回復なさったのですね。本当によかったです。

まだまだ山あり谷ありですが、ちるみさんご自身、「オン」と「オフ」をうまく使い分けなられて、長丁場を乗り切ってくださいませ。

投稿: まるみ | 2017年2月 6日 (月) 14時09分

ちなみに、英文コメントがあり、削除なさいましたが、正解でしたね。

さくっと訳すと
「男性的に元気になりたいなら、強精剤を飲みな!」(原文はもっとえげつないので、自己規制)

という感じでした。
英文のやつは、大体迷惑メールなので、コメントが来たら、即削除をお薦めします。

投稿: まるみ | 2017年2月 6日 (月) 17時04分

初めてコメントさせていただきます。
ブログの文章が大好きです。
わたしは、上小田井近隣に住んでおりますので、もしかしたら地域が近いかと思います。
父を肺がんで亡くしましたが、2年間の闘病の後、最期に入院したときを思い出しました。母に対して、罵声を浴びせる、叩く…同じです。主治医が母に「すべて病気がさせていること。お父さんの本心じゃないから。」とおっしゃってました。母は叩かれたとき「何やるの!」と叩き返したこともあります。
最期は本当に穏やかな父にもどりました。
息抜き大切です。ちるみさんのお体も大切になさってください。
近いところから応援しています!

投稿: ゆかりんぐ | 2017年2月 6日 (月) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今夜は、夫に我慢してもらって家に帰りました | トップページ | 良くなった?   いいえ、病状は悪化してる・・・・・・ »