« これから・・・・・・ | トップページ | コメントのお返事・・・・支えてもらいました(2) »

優しいお寺さん・・・・・お友達のように接していただきました

おはようございます。

良いお天気~~~きたろうは、朝早くから外猫をしています。

 

 

昨日、一人での初めてのお寺訪問をしてきました。

何時も、夫の車に乗ってのお寺さん行きだったと、その道すがら思い出しておりました。

これからは、夫婦で歩んだ道を一人でたどることになるのね。

なんと切ない、道なのでしょう。

細い路地を通ってのお寺、「とうさん、迷わずに行かれたよ。」

 

Img_20170214_110426

 

田舎家に囲まれた、決して豊かとは言い難いお寺です。

こちらで、長男・お義母さんがお世話になりました。

長男は、先代住職に、お義母さんは、その奥様住職さんに、そして夫は、息子住職さんに、それぞれお世話になりました。

 

この奥様住職さんは、私にとっては25年間に今回を含めて4度しか会っていないのに、とてもフレンドリーなお方で、困ったことは何でも相談して、足がないなら市役所なりつれてってあげるよ、と優しい言葉を掛けていただけました。

「あなたとは、とっても合いそうだと・・・・」

じつは夫もね、

「お前に合いそうだな。」って、言ってたんですよ。

お寺さんの方なのに、失礼な言いかたですね。

初めて会った時は、住職の奥様という立場でしたが・・・・・。

 

 

昨日は、東京在住で在職中に知り合った、一番仲の良かった友人が、訪ねてくれました。

まだ退職前ですが、羽島に家があり時々帰って来られて、その時は夫に会うのを楽しみにしていたんですよ。

 

寂しく思われたのでしょうね、涙がにじんでいました。

私も若い時から知ってる人、思い出を少しだけ話したりしました。

夫の工具、欲しいと言うものは貰っていただきました。

使っていただいたら、嬉しいです。

 

明日も、訪ねてくださる方がいます。

 

 

まだ、何も手を付けていませんが、家の中のことはそろそろ始めようと思います。

夫には、何時も話しかけています、「あれ、捨ててもいいかしら?」

不思議と、寂しくないのです。

以前と変わらない日常を送っています。

 

夫は、居るんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« これから・・・・・・ | トップページ | コメントのお返事・・・・支えてもらいました(2) »

日々」カテゴリの記事

コメント

ちるみさんおはようございます。無事に、お寺に着けて安心しました。住職さん女性なんですね!うちは代々男性ばかりで、近いのに、何かないと行かなくて…。余命宣告された時、これからどうしたらいいのか分からず、住職さんに会いに行って「大切だと思う方に全て話しなさい」と言われたのを思い出します。御主人はずーっとちるみさんの傍にいらっしゃいます。暫くは来訪者が途切れず、大変ですが、御主人、ちるみさんの人徳ですからね。きたろう君暫くは暖かいから、お外気持ちいいね♪

投稿: みゆ | 2017年2月15日 (水) 12時15分

お疲れさまです。

まだまだ諸事忙しい毎日ですね!
気をしっかり持たれてご主人様がいらっしゃった頃と変わりがないように お見受けします。
寂しさを感じないのは まだ実感がないのと きたろうちゃんもいるしですね。
それに娘さんやお孫さんとの新しい暮らしが始まるとゆう楽しみもありますね。
亡きご主人様も安心されていると思います。
お疲れが出ませんように・・・

投稿: てまり | 2017年2月15日 (水) 12時16分

しなきゃならないことがある。そして女性は、大地に足をつけられるところがあります。ご主人はまだそばに魂がおられるし。
毎日寒いけど、どうかお体にお気をつけてくださいまし。
いつもちょっと思うのですけれど、ちるみさんは自転車はお乗りになれないのかな?
電動アシスト自転車があれば、かなり楽ですよ。自転車そのものがご無理であれば、それはもういたしかたないですが。

投稿: まるみ | 2017年2月15日 (水) 12時25分

ちるみさん、今日は。

ちるみさんパパは、お家に居ますね、きっと。

で、退屈になれば! ボーリング場です。
私は、友人を癌で3人亡くしてます。
父も癌で他界。

何だかね、友人達は、よく傍に来てる気がしますよ。何が起きても友人達が守るでしょ^ ^的に感じてます。話かけたりしてね。

飛行機使わず、すっと横に来れるからよく会えるのよ。

寂しく無いの私。本気で信じてる?ってか、思ってます。痛みも無く笑顔で来る。

ちるみさんパパも、ちるみさんと一緒にお嬢様達の所にも行きます。

退屈になれば、ボーリング場だし。
便利にすっと行けるようになってますよチケット不要で移動してますね。

だから、寂しくならないですね^ ^

投稿: うふふ^ ^ | 2017年2月15日 (水) 13時20分

>不思議と、寂しくないのです。
>以前と変わらない日常を送っています。

ちるみさんもそう感じているのですね。
私もそうして1年4か月です。
滂沱の涙を流したのはつい最近のこと。
冷たいのかもしれない自分に呆れています。
いないことが頭では分かっていても、いないことが不思議です。
泣いたり立ち直ったり・・・いっしょに頑張っていくことができればいいなぁと思っています。

投稿: わすれ草 | 2017年2月15日 (水) 14時36分

以前よりちるみさんのブログを拝見させていただきました。
明るい人柄、元気な人柄がにじむ日記、
夫さんや娘さんのことを綴る正直な文面が好きです。

私もシニアです。
これから人生の後半戦です。
どんなふうに生きたいかは、希望もありますが
なかなか思い通りにはいきません。

ほんとに、神様はいろんな課題を与えてくれますね。
そして生きている限りはどんなことがあっても
前に進まなくてはいけない。

頑張っているちるみさんを周りの方々も
夫さんもきっと見ていますものね。

これからも楽しみにブログを拝見させてください。
新しい生活をどうぞゆったりと楽しんでください。
寒いのでお体を大切に。

投稿: かぜっこ | 2017年2月15日 (水) 16時08分

お寺さん無事に行けて良かったです。住職さんとのひとときも温かい時間であったようで何よりです。石川の娘さんのところに行かれる準備、始められるんですね。心の中のお父さんとお話ししながらゆっくり進めてくださいね。

投稿: こもも | 2017年2月16日 (木) 08時24分

みゆさんへ

私も、用事のある時だけどお寺さんです。
何故か、石川の住職さんも素朴な人、私は、そう言う意味で救われています。

ご住職は、今は息子がやってるけど数年前は奥さんがしていたんですよ。
私。この方好きなんです。

手続きは、大きなものを除いて、どうにか終わりました。
今週、娘がきたろうを連れに来るんですよ。

投稿: ちるみ | 2017年2月23日 (木) 14時40分

てまりさんへ

薄情に思うでしょう?
でもね、夫が何時も傍にいて、不思議と寂しくないのです。
気が張ってるから・・・忙しいから。
目の前の、遺影に「そう?」聞いています。

夫は、私が一人になっても生きていける人と安心をしています。
裏切らないようにしますね。
てまりさんとは、ご夫婦の年齢が近いせいか、親しみを持っていました。

コメントありがとうございました。

投稿: ちるみ | 2017年2月23日 (木) 14時47分

まるみさんへ

自転車ね、もう20年以上乗っていません。
勿論乗れるけど、歩こうと止め、処分しちゃったんですよ。
こんな時、あったら便利ですよね。

私、いまだに夫がいないと言う実感がありません。
何時も座っていた場所に、振り返ったらいるような・・・だから、寂しくありません。

体も元気しています。

投稿: ちるみ | 2017年2月23日 (木) 14時51分

うふふ^^さんへ

そうよね~~。
私も、何時もそこにいるって不思議と感じます。
でも今は、ゆがんだ顔はしてないよ。
遺影のように、穏やかな顔。
この時は、がんをわずらっていたけど、痛く無い時ね、楽しいボウリングの後かな。

何時も傍にいてくれるって、嬉しいね。
決して怒らへんし。
わたし、何時もでも仲良くやって苦自信ありですよ。

投稿: ちるみ | 2017年2月23日 (木) 14時59分

わすれ草さんへ

とてもその感覚が似ていますね。
私も、どうして寂しくないのかって、自分に問うています。

だって、そこにまだいるのだものね。
生活なんて変わらないよ。
私も、頭では分かってるよ、姿が無くなっちゃったの見てるしね。

このままの気持ちで生きて行かれたらいいな。

でも、辛くなったら、語り合いたいです。

投稿: ちるみ | 2017年2月23日 (木) 15時06分

かぜっこさんへ

はじめまして。

何時も読んでくださっていた、読者さんですね、コメントありがとうございます。

私など、正直に日常を書くことしか、ネタがありません。
毎日、同じ日々の繰り返しだもの。
娘のことも恥を承知で書きました。
夫の親族とのことも、婿のことも。
そして今回は夫の死までも・・・・・・
その時々の辛い気持ちも、書きました。

こんなブログです。
呼んでくれて、こうしてコメントをくれて感謝します。
これからも続けます。
新しい環境の日々、暇があったら読みに来てくださいね。
お待ちしています。

投稿: ちるみ | 2017年2月23日 (木) 15時13分

こももさんへ

細い路地をグルグル歩いて、お寺さんに着きましたよ。
思ったより近かった、歩いて20分くらいでした。

石川で、新しい生活を始めることに決めています。
ここにいたら、病気になっても見てもらえませんしね。
すぐ、転居とまではいかないけど、行ったり来たりになりそう。

これからも、ちるみおばさんの行く末を見守ってくださいね。

投稿: ちるみ | 2017年2月23日 (木) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これから・・・・・・ | トップページ | コメントのお返事・・・・支えてもらいました(2) »